Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラの車検って疑問に思う事多いです。軽トラの車検基準ってどうなってるのか気になる人も多いのではないでしょうか。この記事では、リフトアップの基準からマーカー、作業灯の取り付け基準まで、あなたの気になることをまとめてみました。是非読んでみて下さい。

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラの車検について疑問に思う事を徹底解説!

この記事では、みなさんが軽トラの車検について疑問に思っている事を徹底解説していきます。軽トラの車検費用から車検に係る期間、リフトアップ軽トラの車検や車検に通るタイヤ等々みなさんの「これってどうなってるの?」「こういう時はどうしたらいいの?」と思うことが沢山あるでしょうが、そう言った疑問が解決出来るように書いていますのでどうぞ最後までお付き合いください。

軽トラの車検の値段とは?

軽トラの車検費用は、その車の登録方法によって異なる事をご存知でしょうか?「自動車重量税」が自家用と営業用では違ってきます。まずはあなたのお車がどの登録をしてあるのかを確認しなければいけません。その確認の方法ですが、「自動車検査証」いわゆる「車検証」を見て頂ければ直ぐに分かります。

諸費用

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラの車検で必要な諸費用について紹介させていただきます。軽トラの車検時には「法定費用」と呼ばれるものと、ディーラーや整備工場などに支払う整備費、手数料などがあります。詳細な金額は後に触れる事に致しますが、少し紹介いたします。「法定費用」とは、①「重量税」②「自賠責保険」③「手数料」、この3つで構成されています。

事前に必要な書類

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

次に、車検時に必要な書類を紹介します。まずは①「車検証」です。車検証はどんな車にも乗っているので車を持っている人なら誰でも知っています。②「自賠責保険証」これは強制加入の保険でほとんどが車検証とセットになっている場合が多いです。③「自動車税納税証明書」毎年掛かってくる自動車税の証明書になります。払い込み用紙が郵送されてきますのでそれを納付するとハンコが押してもらえますが、このハンコが無いと車検を受けられないので気を付けて下さい。

その他に④「リサイクル券」や⑤「2年定期点検整備記録簿」などがあります。この2つは車検証とセットになっている事があります。ここまでの書類は車検場に行く前に用意する書類です。

当日必要な書類

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

上記の他に、当日車検場で必要になる書類が3種類ありますので、そちらも紹介させていただきます。①「継続検査申請書」、②「軽自動車検査票」、③「自動車重量税納付書」の3つになります。①「継続検査申請書」は今まで乗っていた車を引き続き乗る場合の検査料になります。②「軽自動車検査票」これは検査結果が記入される用紙になります。③「自動車重量税納付書」は重量税の支払いが完了したという証明書になります。当日必要な書類は、見本が車検場に置いてありますので心配いらないです。

軽トラの車検の法定費用は?

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

諸費用のところでも少し触れましたが、軽トラに限らず車検で最低限必要な費用があります。それは「法定費用」と呼ばれるものです。「法定費用」の詳細といたしましては、①「重量税」②「自賠責」③「手数料」です。この3つを合わせた物が「法定費用」になります。具体的な金額としては、①「重量税」が約6600円、②「自賠責保険」が26370円で、③「手数料」が約1400円程度となっています。合計で①+②+③=約34370円になります。

この他に、書類代等が掛かってきますので約35000円前後は見積もっていた方が無難だと思います。しかしこの金額はどこも修理する所が無く、ユーザー本人が持って行った場合の金額になります。なのでディーラーや民間工場に持っていく場合にはこの他にも手数料や工賃等が掛かってきますので、約100,000円前後は見積もっている方がよろしいです。

リフトアップ軽トラの車検について

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラは、機能性が多様なのに比べると軽なので維持費が安いのもあり、少し手を加えるとかなり性能がアップする事から農家や自営業者の方達にとても人気があります。そのような軽トラをリフトアップして乗る方が最近増えているということなので、リフトアップ軽トラの車検について紹介していきます。

リフトアップ軽トラの車検で気にしなくてはならない事が「保安基準」です。これは「構造変更申請」無しで車検に通る範囲になります。この「保安基準」では車検証記載の高さからプラス4㎝までは大丈夫です。もしそれ以上にリフトアップしたい場合などは「構造変更申請」が必要になってきます。この「構造変更申請」は通りにくい上に費用も3万円程と高いのでどうしてもという方以外にはあまりお勧め出来ません。

軽トラの車検に通るタイヤはどれ?

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラの車検に通るタイヤについてみなさんはご存知でしょうか?普通に付けたタイヤがいざ車検に出そうとしたら車検に通らないタイヤだった為にまた新たなタイヤを購入しなければならなくなったなんて、絶対に嫌です。そのため、今回は軽トラの車検に通るタイヤについて紹介していきます。

現在、普通に軽トラが履いているタイヤは145R12,6PR,LTが基本になっていますので車検に通すのに無難なタイヤは145R12,6PR,LTにするのが一番です。カスタマイズしたい場合は下のサイトが詳しく書いてありますので、参考にしてみてください。

軽トラの車検期間はどのくらいかかるの?

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラの車検時に、費用の次に気になるのが「期間」についてです。軽トラックは、大体事業用などに持っている事が多いため車検に入れるタイミングがとても重要になってきます。そのタイミングを考える上で重要なのが「車検期間」です。その期間が1日なのか2日なのかもしくは1週間なのか、農家さんなら出荷などもあるので大変です。なのでここでは「車検期間」について詳しく見ていきましょう。

軽トラの「車検期間」についてですが、1日~というのが結論です。というのも車検を通る「条件を満たして」いれば当日車検というのもあって朝納車して夕方に出来上がる事もあります。なので最短ではその日のうちに仕上がります。

定期点検を受けましょう。

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラなのでやはり車検は1日で終わらせたいです。「何日も使えないと困る」と言う人が多いでしょう。そういった人達は定期点検を受ける事をおススメします。3ヶ月に1回あるいは半年に1回でもいいので、定期点検を受けていると1日で済む場合が多いからです。しかも定期点検を受ける事によって、事前に車検時の大体の費用が予想出来るのでプランを立てやすくなります。故障率もグッと下がるので定期点検はとてもおススメです。

マーカーランプや作業灯を取り付けても車検に通る?

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

軽トラのマーカーランプの取り付けに関してですが、側面に関して言うと、黄色や緑は大丈夫です。ただしそれ以外の色は「陸運局」で許可を取らないとダメです。デコトラ等は、陸運局で特別に許可を受けているようです。作業灯に関してですが、作業灯は使わなくても付くようにしておかなければ車検には通りません。何故かというと車両に取り付けてある物はすべて使えるような状態にしておかなければならないと決まっているようです。

他にも、そこが切れているのなら他の電気系統例えばバックライト等も切れているかもしれないとなるでしょう。

自分で車検場に持っていきましょう!

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

これまで軽トラの車検についてまとめてきました。最後まで見てきた人はここに書いてある記事を元に実際に自分で車検場に持っていってください。軽トラの車検は他の車に比べると初心者向けですのであまり知識が無くても自分自身で持っていけるでしょう。自分で車検に持って行くメリットはいっぱいあります。それは費用が安く済む事です。修理する必要もないのにディーラーや修理工場に持って行って出してもらうなら、その足で車検場に持って行った方が絶対にお得です。

もう一つのメリットとしては、自分自身のスキルアップにも繋がります。今まで車検場に自分で持って言った事の無い方は、是非一度試されてみてはいかがでしょうか。みなさんの疑問に思っていた事が一つでも解決され、スキルアップの手助けが少しでも出来たのなら幸いです。

まずは45秒で簡単査定をしてみませんか?

査定って、すごい時間かかりそうだし、めんどくさそうって思っている方に、簡単査定をする方法をご紹介します!
「かんたん車査定ガイド」というサービスなら、9項目を45秒くらいで埋めるだけで、最大10社の簡単査定を受けることができます。

どんなSTEPを踏めばいいの?

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

簡単STEP3

  1. 無料一括査定に申し込む(45秒で完了)
  2. 愛車査定
  3. 最高額で売却

どういう会社が査定してくれるの?

軽トラの車検はいくらかかる?|諸費用/必要書類/リフトアップの場合

画像に写っている提携会社49社から、最大10社の査定を受けることができます
よく名前を聞いたことある企業さんもいますし、車買取査定会社は、JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟しております優良企業です。

査定を考えているけど、めんどくさそう、時間かかりそうとおもている方は、ぜひこちらのサービスを使ってみてください!

Related