Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月18日

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

「4ナンバー」あまり聞き慣れない言葉です。「3ナンバー」や「5ナンバー」は聞いたことある人もいるでしょうか。各ナンバーによって維持費が変わります。今回は、経済的にもメリットがある4ナンバーと他のナンバーの維持費を比較していきます。

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

4ナンバーとは気になる維持費は?

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

「4ナンバー」あまり聞き慣れない言葉かもしれません。3ナンバーや5ナンバーはもしかしたら聞いたことある程度の人もいるでしょうか。実は、各ナンバーによって維持費が変わります。特に4ナンバーは経済的にもメリットがあるので今回は4ナンバーと他のナンバーの維持費を比較していきます。

4ナンバーは小型貨物車

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

まず4ナンバーとは小型貨物車で登録された車の事です。ナンバーの上の方に小さな数字で「品川500」5ナンバーや「練馬300」3ナンバーという表記があります。4ナンバーはこの表記が「練馬400」となっているのが目印です。

この数字は分類番号と言われるもので、500は小型乗用車、300は普通乗用車と区別されており、排気量や車のサイズで分けられているのです。ちなみに、小型自動車は全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下、総排気量2000cc以下と決まりがありこの数値のいずれかでも超えるとまた別の分類になります。

トヨタ・プロボックスという車が法人の営業車でよく使用されており、こちらは4ナンバーで乗られていることがほとんどです。4ナンバーはサイズの他にも自動車税や任意保険や車検の方法も違いがあるのでご説明します。

4ナンバーの維持費は?分類番号別に比較

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

車の維持費が高いというイメージを覆すのが4ナンバーです。他のナンバーも目安の金額を出し比較しました。今回は「4ナンバー」「1ナンバー」「5ナンバー」が登場します。それでは維持費を比較していきましょう。

1ナンバー維持費

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

1ナンバーは分類番号100、普通貨物自動車として登録されている車両です。

全長4.7m超
全幅1.7m超
全高2.0m超
総排気量2000cc

を超えているものが1ナンバーとして登録することが可能です。代表的な車として、アメ車のシボレー・サバーバンや日本車のトヨタ・ランドクルーザーは1ナンバーで登録することが可能です。ではこの1ナンバーは維持費はどれくらいかかるのでしょうか。

自動車税
16,000円(最大積載量によって変動するが一般的に常用するタイプは表記の金額)

自賠責保険料
23,970円(12ヶ月)

車検・年1回

メリット部分は自動車税が安いということ、排気量が5000ccを超えたとしてもこの金額なので助かります。デメリットとしては自賠責保険料と任意保険が高いことと車検が年に1回ある事です。車検はユーザー車検で通せば安く抑えることが可能なので1ナンバーを所有した機会に挑戦してみるのもアリです。高速料金は中型料金となり、5ナンバーに比べて約1.2倍の金額になります。

4ナンバー維持費

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

4ナンバーは1ナンバーと維持費の内容が似ています。

自動車税
8,000円(最大積載量1トン以下、1トン〜2トンは11,500円)

自賠責保険料
17,270円(12ヶ月)

車検・年1回

4ナンバーも車検が年に1回ありますが、自動車税と自賠責が1ナンバーと比較してさらに安いのが最大のメリットです。任意保険は5ナンバーに比べると高くなりますが高速料金は普通料金で大丈夫なのでお得です。

5ナンバー維持費

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

いわゆる普通の乗用車です。代表的な車はホンダ・フィットやトヨタ・ヴィッツなどです。

自動車税
1000cc超~1500cc/34,500円
1500cc超~2000cc/39,500円

自賠責保険料
13,920円(12ヶ月)

車検・2年に1回

5ナンバーは自賠責は安く車検も2年に1回と経済的に見えますが、自動車税が高額です。

4ナンバーが安い

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

4ナンバーがダントツに維持費が安い結果になりました。1ナンバーは高速代がネックになってしまいますが、4ナンバーでは普通料金で走れてしまいます。

車種で維持費を比較して見る

車種によって復数のナンバーに対応できるものが存在します。代表的な車種で維持費を比較してみましょう。

ランドクルーザー70・1ナンバーor4ナンバー維持費

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

ランドクルーザー70は40シリーズに代わり1984年にデビューし2004年まで販売されていたシリーズです。こちらは1ナンバーと4ナンバーが選択可能です。維持費を比べてみましょう。

1ナンバー
自動車税 16,000円
自賠責保険(12ヶ月)23,970円
重量税 12,300円
合計 52,270円

4ナンバー
自動車税 16,000円
自賠責保険(12ヶ月)17,350円
重量税 12,300円
合計 45,650円

差額は6,620円、毎月約552円の違いなので劇的に変わるわけではありませんが、高速料金をよく利用される方は4ナンバー必須というところです。保険会社や免許証の色によって金額が変わりますが任意保険も4ナンバーの方がお安くなってます。

軽自動車・5ナンバーor4ナンバー維持費

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

軽自動車にも4ナンバーと5ナンバーが存在します。

4ナンバーは分類番号が40~49、400~499、600~699で表記されています。5ナンバーは50~59、500~599、700~799の表記です。

4ナンバー
自動車税 4,000円
自賠責保険(12ヶ月)15,130円
重量税 2,700円
合計 21,830円

5ナンバー
自動車税 7,200円
自賠責保険(12ヶ月)15,130円
重量税 3,800円
合計 26,130円

さすがは軽自動車、維持費が格安です。差額は、4,300円なので毎月約359円となり、維持費はほぼ変わらない印象です。どちらも車検は2年に1回ですし、任意保険も保険会社次第でほぼ同じ位です。貨物登録用に作られた車は同じ年式でもグレードが全然違うので安く手に入れることが出来ます。内装やホイールがチープだったりウインドウが手動になっていたりします。なので購入を含めると4ナンバーの維持費の方が安いです。

78プラド・3ナンバーor4ナンバー維持費

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

4ナンバー
自動車税16,000円
自賠責保険(12ヶ月)15,130円
重量税 13,200円
合計 44,330円

3ナンバー
自動車税 56,100円
自賠責保険(12ヶ月)12,915円
重量税 50,400円
合計 119,415円

78プラドは1ナンバーも可能ですが、ランドクルーザー70の1ナンバーは紹介していますので、ここは3ナンバーの維持費を比較します。

なんと差額75,085円、月に6,257円とかなり変わります。年1回車検ですが、ユーザー車検と4ナンバーの合計でも年間の支払額はかなり安くなります。

ご参考までに、違いは乗車定員が8人(3ナンバー)か5人(4ナンバー)かです。

NV200・5ナンバーor4ナンバー

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

日産のNV200、こちらは商業目的で作られたバンでタクシーにも利用されている車です。

4ナンバー
自動車税16,000円
自賠責保険(12ヶ月)15,130円
重量税13,200円
合計44330円

5ナンバー
自動車税39,500円
自賠責保険(12ヶ月)12,260円、
重量税 36,900円
合計88,660円

差額はちょうど半分の44,330円、月に3694円なので経済的な維持費としては4ナンバーに軍配があがります。5ナンバーは、3ナンバーよりやや安い維持費というイメージでいいでしょう。

1ナンバーと4ナンバーは似ているが3ナンバーは桁違い

4台を比較した結果として、1ナンバーと4ナンバーの大きく違うポイントは高速料金だけということになります。共通して言えることは、排気量にかかわらず自動車税と重量税が安いということがポイント。3ナンバーは、自動車税が高いが車検は2年に1回というところが大きな違いです。ナンバーが選べる車種は他に何があるのか、追加で3台ご紹介します。

キャラバン・1ナンバーor4ナンバーor3ナンバー

ハイエース・キャラバンも3種類のナンバーから選ぶことが出来ます。3ナンバーの重量税が内装やカスタムによって32,800円〜41,000円と幅があります。1ナンバー4ナンバーに関してはほぼ変動はなく、カスタム具合で最大積載量が変化すれば重量税が12,300円になることもあります。

ジムニー・5ナンバーor4ナンバー

ジムニーも維持費は軽自動車のご紹介と同じです。ここで注意すべき点があります。軽自動車全般に言えるのですが、通常販売されている乗用の軽自動車はそのままでは4ナンバーになりません。管轄の軽自動車検査協会というところへ構造変更届けを出して4ナンバーになります。。その際、乗車定員は2名になります。つまり4ナンバーにすると2人しか乗れないのです。シートを外したり基準の荷室を確保したりと、中々手間とお金のかかる作業なので理解しておきましょう。

4ナンバーはメリットが多い

【車種別】4ナンバー登録で維持費が安くなる?|ナンバー別の維持費比較

今回他のナンバーと比較しながら4ナンバーの維持費を検証しました。車検が年に1回あることを毎年点検に出しているというプラスのイメージで考えればデメリットではなくなります。大排気量のアメ車に安い維持費で乗ることが可能なので夢も広がります。車の購入や乗り換えを検討している方や、車に乗りたいけど維持費が気になって手が出せなかった方も4ナンバーという選択肢を入れてみてはどうでしょうか。

Related