Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

あなたが車を買うときには、営業マンが「車の保険も一緒にいかがですか?」と聞いてきます。自動車保険という言葉は知っていても、詳細はよくわからないという方が多いのではないでしょうか?あなたが知っておくべき車の保険に関する知識をお教えします。

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

車の保険加入の基礎知識

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

あなたにとって「車の保険」とはどのようなものでしょうか?「難しい」「よくわからない」あるいは「助かるもの」という印象でしょうか。

車の保険は、「任意保険」です。任意保険とは、「相手のケガや物の補償・自分のケガの補償・自分の車の補償・その他オプションの特約など」のこの4つで大きく分けて成り立っています。どこの保険会社も4つの構成は同じですが、同じ特約でも補償範囲が異なることがあります。

そうすると大事になってくるのが、「あなたが何を基準にして車に保険をかけるのか」ということです。

例えば、「保険料が安い」「事故対応が良い」「補償内容が充実している」などが挙げられますが、何を重視するかによってあなたが加入する保険会社が変わってくると思いますので、まずは、この部分を考えてみることが必要です。

保険料は、年齢や運転免許の色・車を使う目的などでも変わってきます。必要な補償を必要な分だけつけるようにしましょう。

車の保険について基本的な部分を挙げていきますので、保険を加入する際の参考にしていただけたらと思います。

年齢条件とは?

車の保険は、年齢条件というものを設定します。年齢条件は「年齢問わず補償(18歳以上補償)」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」と分けられます。保険会社によっては、26歳以上補償や30歳以上補償がない場合もありますので、よく確認することが必要です。

年齢条件は、同居の親族が対象となります。例えば、被保険者が25歳・両親が50歳の場合、年齢条件は21歳以上補償・家族限定と設定します。ただし、別居している親族は年齢条件は問われません。20歳の別居している人がいた場合でも、21歳以上・家族限定の設定で補償されます。いろいろなケースが考えられますので、担当の方に相談していただくことが重要です。

保険の種類は車の使い方により変わる

保険の種類は大きく2種類に分けられます。
1つ目は、被保険者をあなた個人の名前で保険をかけるやり方です。
2つ目は、被保険者をあなたの会社名義にするというやり方です。

1つ目のやり方は、あなたに合った条件になりますので問題はありませんが、2つ目のやり方の場合は、被保険者が法人ですので、事故が起きた場合の補償は、会社の業務で車を運転していた時の事故の場合に限られる可能性があります。

保険のかけ方を間違えてしまうと万が一の時に補償が受けられないなど大きなトラブルに発展してしまいますので、保険担当者とよく相談していただくことをオススメします。

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

保険の等級とは何か?

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

車の保険料の割引率を決める「等級」というものがあります。これは一般的に1等級から20等級まであり、等級の数字が高ければ高いほど割引率は大きくなります。

保険を初めてかける場合は6等級からのスタートとなり、1年間事故等で保険を使っていなければ、翌年1等級上がりますが、事故で1度保険を使うと翌年3等級下がり、事故有割引率というものが適用されます。これは、保険を使って翌年3等級下がると、3年間適用されるものです。

通常の割引率と事故有割引率はどのくらい違うのか次の項目の表で見ていきます。

通常の割引率と事故有割引率の違い

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

等級別の割増引率をみていきましょう。
左から、等級・通常割引率・事故有割引率の順番で記載しています。
ただし、1等級から6等級までは通常割引率と事故有割引率は同じですので、「共通」と表しています。

等級 通常・事故有    
1等級 +64%(共通)         
2等級 +28%(共通)         
3等級 +12%(共通)         
4等級 -2%(共通)         
5等級 -13%(共通)        
6等級 -19%(共通)        
7等級 -30%・-20%      
8等級 -40%・-21%      
9等級 -43%・-22%      
10等級 -45%・-23%      
11等級 -47%・-25%
12等級 -48%・-27%
13等級 -49%・-29%
14等級 -50%・-31%
15等級 -51%・-33%
16等級 -52%・-36%
17等級 -53%・-38%
18等級 -54%・-40%
19等級 -55%・-42%
20等級 -63%・-44%

以上が各等級別おおよその割増引率です。各保険会社によって割増引率は異なります。
6S等級と7S(セカンドカー割引)等級については、年齢条件によって割引率が異なりますので保険会社に確認するようにしましょう。

例えば、今15等級(割引率51%)の場合、1年間保険を使わなければ翌年16等級に上がり、割引率は52%になります。万が一事故で保険を使ってしまった場合は、翌年3等級下がり、等級は12等級となり、事故有割引率が適用されますので、割引率は27%となります。

この表でおおよその目安はわかりますので、ぜひ参考にして下さい。

見積もりの取り方

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

車の保険の見積もりは、保険会社に電話すればその場ですぐ保険料試算してくれたり、ネットで一括見積りをとることができます。

ネットで見積もりを出す際に、あなたが準備するものは、運転免許証と車検証だけで大丈夫です。必要事項を入力すれば、おおよその保険料が出てきます。

細かく試算する場合は入力漏れがないかどうか確認しながら進めて行きましょう。
保険会社に電話して保険料を試算してもらう場合は、担当の方が誘導してくれますので、問題ないと思います。

一括で見積もりを出してその中から選んで加入する場合は、保険料のほかにも補償内容をじっくり比較したほうが良いといえるでしょう。

年齢別車の保険料相場

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

軽自動車以外の乗用車を普通車と呼びますが、普通車の場合の任意保険料はいくらぐらいが相場なのでしょうか?保険料は年齢条件や補償内容によっても異なりますが、下表の一般的な補償内容でみていきたいと思います。

 補償内容   補償額

対人賠償保険   無制限
対物賠償保険   無制限
搭乗者傷害保険  1000万円
人身傷害補償保険 3000万円
車両保険     一般タイプ

上記はよくある一般的な任意保険例です。こちらの補償内容で実際の保険料は下表のようになります。【車種:プリウス、7等級、使用目的:通勤、使用者:家族限定】で見積もりをとっています。

年齢条件  年間保険料

20歳以下   115,214円
21~25歳以下 91,200円
26~29歳以下 71,385円
30~34歳以下 65,857円
35~49歳以下 61,301円
50~54歳以下 64,897円
55~59歳以下 69,885円
60~64歳以下 74,649円
65歳以上   78,520円

年齢別に普通車の保険料を見積もってみると、20歳以下が最も高いことがわかります。これは20歳以下の方の事故率が最も高いからで、年齢が進むにつれて保険料は段階的に安くなっていき、35~49歳以下の年齢が最も保険料が安くなります。

そして50歳を超えると逆に保険料が高くなっていきます。年齢を重ねるとどうしても咄嗟の判断力や動きが鈍くなってしまうため、事故率が上がるからです。

上記の結果から、普通車の場合の任意保険料の相場は"およそ6万円~12万円"であるということがいえます!

ちなみに上記の保険料を少しでも安くしたければ、車両保険を「一般タイプ」から「なし」にすることで、年間の保険料は2万円~5万円から節約できます。

しかし「なし」にすると自分の車への補償が全くなくなりますので、保険料は抑えながら自分の車への補償も欲しい方は「エコノミー+限定A」にすることをおすすめ致します。

出典: https://www.carhoken-tokoton.com/main/souba-nenrei.html | 任意保険料(自動車保険料)の相場【普通車の場合】

保険の加入の仕方と注意点

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

車の保険に加入する場合、車検証・運転免許証、現在加入している場合は保険証券が必要となります。保険料の支払方法によっては、預金通帳と銀行印、クレジットカード払いの時は、カードが必要になりますので、忘れないようにしましょう。

契約の前に、1年契約にするのか複数年契約にするのか、保険料のお支払いは一括払いか月払いかということはあらかじめ決めておきましょう。

あとは、契約内容を確認し、申込書にご署名、口座情報の記入と捺印もしくはクレジットカード情報を記入して契約は成立となります。
申込書にご署名をする前に、今一度補償内容の確認をするようにしましょう。

2台目の車を購入した時に保険料がお得になる方法

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

あなたがすでに保険をかけている車を持っており、2台目の車を購入し、保険をかける場合にある条件を満たせば、1年目から保険料がお得になります。

1台目の車の等級が11等級以上あることが基本的な条件です。通常6等級からスタートしますがこの条件を満たせば7S等級からスタートすることができます。これを複数所有新規(通称セカンドカー割引)と言います。

違うケースを考えてみますと、例えば、同居しているあなたの両親の保険が11等級以上あり、あなたが車を購入し、初めて保険をかけるときは、11等級以上という条件と同居の親族という条件を満たしていますので、7S等級からスタートすることができます。

現在は、1家庭に2台以上車があるのが当たり前です。この方法はぜひ知っておいてほしいと思います。

保険の見直しは大事

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

車の保険は、契約をすると次の更新案内まで、事故や内容変更がない限り気にかけることは少なくなるのではないでしょうか。

1年契約に場合は年1回、3年契約の場合は3年に1回ですので、補償内容の確認を兼ねて多少手間がかかるかもしれませんが説明を受けたほうがいいと言えます。

車の保険は、年に1度もしくは2年に1度、何らかの改定が入ります。その場合、値上げの改定や値下げの改定、特約の追加などある可能性がありますし、年齢条件などの変更もその時にお話することができますので、年に1度の車の保険の更新は、決して担当者任せにはせず、説明を聞いた上でご自身で判断をするようにしましょう。

保険を使って修理する

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

万が一、事故等でご自身の車や相手の物などを修理するときは保険を使って直すことができます。いざという時に、「保険金が支払えません」と言われないように保険料は必ず払っておきましょう。

相手の車や事故で壊してしまったものを直すときには、「対物賠償保険」というものを使います。これは、物を直すときにかかった修理代を金額に応じて保険会社から支払うというものです。

また、車で相手をケガさせた時に使うものを「対人賠償保険」といいます。これは相手の治療代を保険会社が支払うというものです。これらの保険と、ご自身の車を直すときに使う「車両保険」は、使うと次回の更新時に「3等級ダウン」しますので覚えておいてほしいと思います。

保険の契約時には、対人賠償と対物賠償は「無制限」にすることをオススメします。

対物賠償無制限の落とし穴

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

対物賠償を無制限にしたからといって、実は油断はできないのです。対物賠償では相手の物の時価額の限度までしか補償してくれません。

例えば、相手の車の時価額が50万円だとします。相手の方が車を廃車にする場合は、保険会社は相手の方に50万円を支払って終わりなのですが、相手が車を修理すると言った場合、このままだと問題が起こる可能性があります。

時価額が50万円で、修理した時にかかる金額が70万円の時、対物賠償保険で支払われる金額は時価額50万円です。差額の20万円はどうなるのかというとあなたの自腹ということになってしまいます。

その場合は「対物超過修理費用特約」というものがありますので、保険にこれが付帯されていれば差額の20万円は保険で賄うことができます。

この特約は、保険会社によっては、自動付帯であったりオプションであったりと様々です。オプションの場合は必ず付帯するようにしましょう。

3等級ダウン事故と1等級ダウン事故の違い

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

保険を使って車を修理すると、等級が下がりますが、3等級ダウンのケースと1等級ダウンのケースがあります。

1つの事故で、対人賠償・対物賠償・車両保険の自損事故や当て逃げなどに当てはまるケースは、保険を使うと3等級下がります。

1等級ダウン事故の代表的な例は、飛び石など窓ガラスのみの修理に該当する場合が挙げられます。その他、車両火災や車の盗難なども1等級ダウン事故に該当しますが、保険に車両保険の付帯がされていることが必要になります。

車両保険は、一般条件・車対車+A・限定Aという3種類に分けられています。車両保険の付帯は加入時に相談してみることが大切です。

車の保険の解約について

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

解約は、車を手放す時や運転免許を返上する場合、他の保険会社に乗り換える時には、保険会社に契約者が連絡をしなければなりません。連絡した際に、「~日付で解約します」と伝えるようにしましょう。

その後、書類が送られてきて署名をして返信すれば解約の手続きが完了します。ここで注意をしなければならないことは、車を手放した場合に保険解約の連絡を忘れてしまうと、保険は効いている状態ですので、保険料は払い続けることになります。

その場合の保険料は戻ってきませんので、車を手放した場合はすぐに保険会社に連絡をしましょう。

車の保険解約の時に等級を維持する方法

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

車の保険を解約するときに、ある条件を満たしていれば、1度保険解約して後日違う保険会社で加入した場合でも、解約時の等級で加入することができます。

条件は、解約時の等級が7等級以上あり、解約した車が手元にないこともしくは車検が切れていることが証明できることが条件となります。この場合、保険会社から書類の提出などを求められますが、保険会社によって書類が異なる場合がありますので、説明を受けて頂いた方が良いと思います。

手続き完了後には、中断証明書が届きます。これは、次に契約するときに保険会社に提出することになりますので、捨てずに保管しておきましょう。

車の保険を他社に乗り換える時の注意点

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

A社で保険をかけていて何らかのきっかけでB社に乗り換える場合は、いつからB社に乗り換えるのかということが大切です。満期で変えるのか、車が新しくなったタイミングで変えるのかあなたにとってどちらが得なのかということは必ず相談してください。

乗り換える際に気を付けなければならないことが2つあります。まず、例えば、車の保険期間がH28.12.1~H29.12.1の場合、1年間保険をかけなければ翌年に等級が1つ上がりません。つまりH29.11.30付で乗り換えてしまうと同じ等級をもう1年間続けることになります。

次に、A社での車の保険期間が上記と同じだと仮定して、H29.8.1に新しい車に変わり保険もB社に変える場合、A社にH29.7.31付で解約をしてB社でH29.8.1付けで契約をしてしまうと、1日とはいえ期間が空いています。そのため、等級を引き継ぐことができません。その場合は、スタートの等級に戻ってしまいますので注意しましょう。

おすすめの車の保険ランキング

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

2017年人気自動車保険ランキング。リスク細分型のネットで契約できる自動車保険が人気です。保険会社によっては電話でのお見積りが可能です。自動車保険の更新前にぜひ補償内容と保険料を比較してみてください。人気急上昇中なのが、セゾン自動車火災損保のおとなの自動車保険。40歳代~50歳代の方に特化した自動車保険です。

通販型自動車保険の場合、保険料の魅力以外に充実のロードサービスなど、付帯サービスもおすすめポイント。補償内容と一緒にロードサービスの内容が各社異なりますので、保険料、補償内容、ロードサービスを確認しながら吟味してみてください。

第1位 チューリッヒ(スーパー自動車保険)
第2位 セゾン自動車保険(おとなの自動車保険)
第3位 アクサダイレクト(アクサダイレクトの自動車保険)
第4位 SBI損保(SBI損保の自動車保険)
第4位 三井ダイレクト損保(三井ダイレクト損保の自動車保険)

出典: http://lify.jp/%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82... | http://lify.jp/%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82...

車の1日保険について

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

現在、1日自動車保険を扱っている保険会社は、東京海上日動・三井住友海上・あいおいニッセイ同和の3社です。

各社1日から保険をかけることができ、事故時の補償は対人・対物・搭乗者傷害・ロードサービス・オプションで車両復旧費用上限300万円(車両保険)がついています。

保険料は、車両保険無しの場合は1日500円、車両保険ありの場合は1日1500円です。保険料のお支払いは携帯電話料金に上乗せされる形です。

また、ソフトバンク・au・ドコモが1日保険の販売窓口になっており、上記3社のほかにセブンイレブンやローソン、Times Clubでも1日保険を扱っていますので、補償の比較などしやすく感じられるのではないでしょうか。

車の1日保険の加入

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

加入の仕方は、あなたの携帯電話やパソコンから申込みサイトにアクセスして、運転免許証情報などを入力する事前登録をします。この登録が終われば、1日保険に申し込みができますが、車両補償をを付帯する場合は、事前登録後7日間の待機期間を要するため、事前登録日より8日目以降から付帯が可能となりますので、注意が必要です。

加入の条件としては、運転免許を持っていても車は持っていないという方が中心になります。お友達の車を借りて運転する場合や、運転している方の体調が急に悪くなったときなどにすぐに加入することができますので、ありがたい保険ということが言えそうです。

もしも事故に遭った場合は

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

車を運転していると、事故に遭ってしまう・事故を起こしてしまうケースが考えられます。その場合は、「慌てずに落ち着いて行動する」ということは難しいかもしれません。事故の場合にやらなければいけないことを記していきますので、以下のことは慌てていてもいいので行動しましょう。

1.車検証と自賠責保険証を用意する。
2.警察に連絡する。
3.相手と名前・住所・連絡先・保険会社・車種の情報を交換する。
4.保険会社に連絡する。

以上4つのことを行います。その際、トラブルを防ぐために事故現場で相手と何らかの約束はしないようにしましょう。後は、保険会社が相手の方とお話をしてくれますので、すべてをお任せすることが重要です。

自動車保険の必要性

車の保険加入の基礎知識・おすすめの保険ランキング

自動車保険は、自賠責保険(強制保険)と任意保険があります。

自賠責保険は、基本的には相手のケガのみを補償するもので、ケガは120万円までしか補償されません。それを超えた分の相手のケガの補償を任意保険からするという流れになります。

仮に任意保険に加入していない状態で、事故などが起き、相手に重傷を負わせてしまったらどうでしょうか?また、相手の物を壊してしまったらということを考えると、あくまでも任意とはいえ、加入しないと大変なことになるということは想像がつくでしょう。

全国に自動車保険を扱っている保険会社が約20社あります。それぞれが異なった強みがあり、異なった特徴を持っています。あなたに合った保険会社が必ずありますので、加入をお考えの場合や乗り換えをお考えの場合は、ぜひ比較してみて下さい。

Related