Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月10日

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

交通事故の加害者が被害者に支払う賠償や慰謝料などの金額を決める示談交渉は、交通事故の加害者が交通事故の被害者に対する責任と誠意の表れでもあります。示談交渉は、ほとんどの場合は加害者側の保険担当者との交渉になりますが、示談交渉の知識として情報をお届けします。

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

交通事故の示談金相場

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

車を運転する人も車を運転しない人も肉体的なダメージと精神的にもダメージを受けるのが交通事故です。また、交通事故を起こしてしまうと、被害者の人に肉体的なダメージによる苦しみや精神的なダメージの悲しみに対して、刑事罰にならないための示談のために慰謝料や賠償金を支払うことになります。

では、交通事故の示談金相場はどのくらいなのでしょうか。まず示談金の相場を説明する前に交通事故での慰謝料や賠償金の本来の意味について説明します。

慰謝料や賠償金の本来の意味

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

交通事故で被害者となってしまった場合、加害者に対して損害賠償を請求することができます。損害賠償には、怪我などの治療費の実費や精神的な損害、怪我や精神的なダメージで会社に行けないなど休業損害などの人身損害に対するものと、交通事故で物損事故を起こしてしまった時の物的損害に対するものに分かれます。

また、人身損害には、法律上保護に値する利益(財産権や生命など)を侵害したことに対しての精神的損害として支払われる賠償金と、財産に不利益が生じたことに対して支払われる財産的損害の賠償金があります。

さらに財産的損害は、交通事故による怪我の診療・治療のための費用の積極損害と交通事故による怪我や精神的なダメージで会社などへ行けなくなり、収入に影響するような消極損害に分類されます。

示談とは

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

ここでは、示談の意味について説明します。示談とは、当事者間で起きた交通事故・離婚・傷害事件などに対しての慰謝料の金額やその他の条件などを当事者間が合意という形で解決することです。交通事故・離婚・傷害事件などを早く解決するために、弁護士が中に入って示談交渉するケースが多く見られます。

また、弁護士が中に入って示談交渉することで相手から受け取れる示談金が多くなることもあります。さらに傷害事件などの刑事事件の示談の成立は、検察官・裁判官などの量刑に影響するので早めの示談の成立が大事です。

鞭打ちの後遺症の示談金相場

ここでは、交通事故による鞭打ちの後遺症による示談金相場について説明します。車の追突、衝突などの交通事故や、車の急ブレーキ操作などによって首が鞭打ちになります。この首の鞭打ちは正式には、頚椎捻挫、バレー・ルー症候群、神経損傷などの診断を受けます。

首の鞭打ちは、交通事故の事故直後に痛みや不調を感じないといった特徴を持っています。また、首を動かすと痛さや、上肢のだるさやしびれ、首を曲げた時の痛み、頭が重い、疲れが取れないなどさまざまな症状があります。また、後遺症が残る悩ましい病気です。

後遺症が認定されれば

そんな辛い首の鞭打ちの示談金相場は3ヵ月の通院で30万円~50万円ほどの示談金(慰謝料)になります。

また、交通事故の以前のように仕事はほとんど可能な状態ですが、交通事故前はできていた体の動作が難しくなった後遺障害等級第12級や、頚椎の周りの筋肉・靭帯の損傷により首回りや肩などに痛みが生じるなど後遺障害等級第14級の後遺症が認定されれば、後遺障害慰謝料を受け取ることができます。

後遺障害慰謝料の相場としては第12級で自賠責保険基準93万円、少し軽めの第14級で自賠責保険基準32万円を受け取ることができます。また、任意保険基準では、第12級で90万円から100万円ほど第14級で35万円から40万円ほど受け取ることができます。

さらに後遺障害等級の認定を受けることで、将来的に受け取れたであるとされる収入の損失を補償する後遺障害逸失利益も請求できます。

後遺障害逸失利益とは

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

ここでは、後遺障害逸失利益について説明します。後遺障害逸失利益とは一般的な会社員の場合は交通事故から昨年の年収、会社などの法人を設立せずに自ら事業を行っている個人事業主や企業代表者などは昨年に提出した確定申告の収入を基準計算される1年あたりの基礎収入額で後遺障害逸失利益の損害賠償額が決まります。

詳しく説明すると1年あたりの基礎収入×後遺障害該当等級の労働能力喪失率×ライプニッツ係数で計算されます。後遺障害該当等級の労働能力喪失率は、労働能力喪失率100%の後遺障害等級1級から労働能力喪失率5%の後遺障害等級14級まであります。

また、被害者の年齢を基準に決められるライプニッツ係数は、労働能力喪失年数1年の0.9524から労働能力喪失年数51年の18.339まであります。

交通事故で鞭打ちの後遺症を負った場合

さらに交通事故で鞭打ちの後遺症を負った場合は、軽い鞭打ち症の14級で労働能力喪失年数の目安5年の場合はライプニッツ係数は4.3295、重い鞭打ち症の12級で労働能力喪失年数の目安10年の場合ライプニッツ係数は8.8633になります。

次に後遺障害逸失利益の具体的な計算例を紹介します。交通事故前の年収が550万円のサラリーマンが労働能力喪失率20%の後遺症を負った場合は、1年あたりの基礎収入×後遺障害該当等級の労働能力喪失率×ライプニッツ係数で計算すると労働能力喪失年数によって少し違いはありますが、1600万円から1700万円ほどになります。

また、交通事故前の年収が400万円ほどで軽いむち打ち症の人の場合は、労働能力喪失率が5%となり75万円から85万円ほどになります。

交通事故の示談交渉の期間

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

示談交渉と言えば慰謝料を支払ってもらうということを強くイメージしますが、示談交渉には、慰謝料には限らず、損害賠償金を請求することができることが理解できました。では、その示談交渉の期間はどのくらいかかるのでしょうか。

示談交渉は、交通事故で加害者になった相手の人から賠償金を支払ってもらうために大事な交渉です。交通事故で被害者にとってもからだの怪我や精神的なダメージも大きく、交渉は早めに終わりたいです。

では、示談交渉はどのくらいの期間がかかるのでしょうか。示談交渉が開始するまでの期間は物損事故の場合、人身事故(死亡)の場合、人身事故(傷害)の場合とでは違ってきます。

まず物損事故の場合には、交通事故で壊れた車を修理するために修理工場などに出せば修理にかかる費用や全損の場合などの買い換え費用などするにわかるので示談交渉の期間は短くて済みます。

人身事故(死亡)の場合の示談交渉の期間

人身事故(死亡)の場合の示談交渉の期間は、交通事故で人を即死させた場合や交通事故で怪我の完治の目的で入院していた人が死亡した場合にも死亡事故となります。この人身事故(死亡)の場合の示談交渉の期間は、とても複雑になります。

交通事故で人を死亡させた場合は、その死亡した人の葬儀が終わった段階で損害額が確定するため、それまでは示談交渉はできません。また交通事故で死亡させた人の葬儀が終わっても49日の法要にかかった費用なども損害金額の対象になるため49日の法要が終わった頃から示談交渉を開始するようになります。

また、交通事故で怪我の完治の目的で入院していた人が死亡した場合は、入院費や治療費に加えて49日の法要が終わった頃から示談交渉を開始するようになるので何ヶ月もかかるケースもあります。

人身事故(傷害)の場合の示談交渉の期間

では、交通事故で人に怪我をさせた人身事故(傷害)の場合の示談交渉の期間はどのくらいでしょうか。交通事故で人に怪我をさせた人身事故(傷害)の場合の示談交渉の期間は、人身事故(死亡)の場合の示談交渉の期間よりも長くなります。

交通事故で怪我をした人の怪我の状況により完治する人もいれば、後遺症などで何年も通院などになるケースもあり、交通事故後1年、2年が経過しても、示談交渉を開始することができないケースもあります。

以上の物損事故・人身事故(傷害)・人身事故(死亡)の場合を示談交渉が開始するまでの期間を纏めると物損事故の場合1ヶ月ほどで示談交渉が開始できます。人身事故(傷害)の場合は、怪我の状況にもよりますが、治療期間に1年や2年がかかることもあって示談交渉が開始できるのは1年や2年後ということになります。

人身事故(死亡)の場合の示談交渉の開始期間

では、人身事故(死亡)の場合の示談交渉が開始するまでの期間は、交通事故で死亡事故の場合には、葬儀が終わった段階と49日の法要にかかった費用で計算されるため最短でも交通事故後2ヶ月くらいしてから示談交渉を開始することになります。

また、物損事故の場合の交通事故後、示談ができるまでのだいたいの期間としては、示談交渉が始まるまでの期間を1ヶ月程度、示談交渉が開始されて、示談が成立するまでの期間1ヶ月程度となり合計の期間としては2ヶ月程度となります。

さらに交通事故による人身事故(死亡)の場合の示談の期間は、示談交渉が始まるまでの期間が2ヶ月程度、示談が成立するまでの1ヶ月~半年程度で合計の期間としては3ヶ月~8ヶ月程度となります。

交通事故による人身事故(傷害)の場合の示談の期間

また、交通事故による人身事故(傷害)の場合の示談の期間は、示談交渉が始まるまでの期間が3ヶ月~1年程度、示談交渉開始後、成立するまでの期間1ヶ月~半年程度で合計の期間としては4ヶ月~1年半程度となります。

交通事故の加害者になってしまった場合の示談の進め方

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

交通事故の加害者になってしまった場合は、交通事故で怪我などをしたあるいは車を破壊させた被害者に対して損害賠償をすることはもちろんですが、その交通事故が車の破損だけではなく、人に危害を与えるような人身事故であった場合には刑事責任となります。

また、交通事故の祭に加害者が飲酒、無免許であった場合など悪質な交通事故の場合は、逮捕や起訴されることもあります。しかし、交通事故の加害者と交通事故の被害者の間で示談が成立している場合は、起訴が行われることもありません。

このため、交通事故の加害者になってしまった場合の示談の進め方としては、早めの示談成立に向けた動きをすることが大事です。また、交通事故の加害者が道路交通法に違反して交通事故をおこした場合は、交通反則金と違反点数の加点がされます。

次項では保険会社の示談の進め方・弁護士の示談の進め方について説明します。

弁護士に依頼するタイミング

交通事故の被害者になった時、入院費や治療費などは交通事故の加害者から支払われると知っているが、どのくらいの損害賠償がいただけるか気になります。また、交通事故に関する知識もなく、満足のいく損害賠償が請求できるかなどの不安があります。

そんな時には、交通事故に関する知識や法的知識のプロである弁護士に頼みたいと考えます。では、交通事故の示談交渉を弁護士に頼む時のタイミングはいつがいいのでしょうか。交通事故の示談交渉には、加害者からの保険担当者と対応することになり、交通事故に関する知識が豊富な保険担当者にかなうわけがありません。

交通事故の示談交渉を問題なく、スムーズに行うには、交通事故の直後から弁護士に依頼した方が交通事故の流れからスムーズに入っていけるので、満足のいく示談交渉になる確率が上がります。特に死亡事故のような交通事故の場合の示談交渉は、交通事故の直後から弁護士に依頼しましょう。

入院中に弁護士に依頼するケース

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

死亡事故のような交通事故の示談交渉は交通事故の直後から弁護士に依頼したほうがよいということはわかりました。交通事故の被害者が、入院中のケースの場合は、交通事故で入院の場合は被害者が重傷を負い入院したケースも考えら、損害賠償金額が高額になることも予想されます。

そんなケースの場合は、交通事故の加害者の保険担当者との賠償金額を巡って食い違いや争いになることもあります。そのために法的知識のプロである弁護士に依頼することが満足のいく示談交渉になります。

また、交通事故の被害者に後遺障害が残ってしまいそうな場合は、後遺障害の認定が必要となり、その認定には書類による申請が必要なります。後遺障害の認定に必要な申請書類の入手また、納得のいく等級に認定されるのは、弁護士の力が必要になります。

弁護士の示談の進め方

弁護士をはじめ、示談交渉の進め方には、交通事故の被害者本人や親族が交渉するケースと交通事故の加害者側の保険会社が、出した損害賠償金額に納得いかないというケースの時に、便利な交通事故紛争処理センターに申し立てて和解の斡旋を依頼する進め方があります。

まず、弁護士に示談交渉を依頼する場合は、高額な費用が請求されるのではと不安を感じます。しかし、交通事故の場合には、満足な示談交渉ができた時だけに増額した報酬を請求する弁護士も多くいますので、そのような弁護士を選びましょう。

次に交通事故紛争処理センターに申し立てて和解の斡旋を依頼する進め方ですが、無料で保険会社との和解してもらえますが、立場的には中立なので交通事故の被害者の満足のいく示談交渉にはなりにくくなります。

保険会社の示談の進め方

保険会社の示談の進め方を見ると、交通事故の被害者に対して損害賠償をどのように算定するかという基準が記載された「交通事故損害額算定基準」など専門用語や過失割合を表す難しい数式使って説明するケースが多くあります。

そのように言葉や態度で交通事故の被害者に対して、「こちらは交通事故の示談のプロ」といった威圧のような態度をとる保険担当者もいますので、ひるまず示談交渉を進めるようにしましょう。

また、示談交渉の注意点として交通事故の責任が加害者と被害者にどれだけの割合であるかを数値にした過失割合があります。この割合によって受け取れる慰謝料・損害賠償金額が大きく変わりますので納得がいくまで確認をするようにしましょう。

交通事故の示談の時効

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

ここでは、交通事故の示談の時効について説明します。交通事故による被害者が交通事故による加害者に損害賠償請求できるのは、交通事故が発生した時から3年です。重症の怪我などで入院や治療が長くなり、3年の時効になりそうな場合には、弁護士に相談し、示談を早めに成立させましょう。

また、入院や治療などの期間に正当性を認めさす裁判を起こせば時効の進行を中断することもできます。また、後遺障害認定を受けた場合は、ある程度症状が落ち着いた時期からが時効のスタート時点となることも知識として頭に入れておきましょう。

交通事故の示談の流れ

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

ここでは、交通事故の示談の流れについて説明します。交通事故が発生し、怪我をしている怪我をしていないに関わらずまずは警察に連絡を取りましょう。また、怪我をしていても「物件事故」とされると治療費などが保険会社から支払われないこともありますので、まずは交通事故証明書をしっかりと確認することが大事です。

そして後から症状が現れる場合もありますので、怪我をしていない時や軽傷でも病院に行き必要な検査を受けるようにしましょう。この病院での検査は、もし後遺障害が残った時の判断材料となりますので、しっかり受診することが大事です。

また、後遺障害が残った時は、後遺障害の等級認定に必要となる検査を受け、認定に必要な後遺障害診断書の作成が必要です。次に示談交渉ですが、保険会社から示談金として賠償額が提示された場合は、すぐに承認しないで、自分が加入している保険会社などの専門家に確認しましょう。

示談の流れ

示談の流れのまとめると、1.事故発生2.治療(通院・入院)3.症状固定(症状の安定)4.後遺障害の等級認定5.示談交渉6.示談成立といった流れになります。1.事故発生の注意点は人身事故か物件事故かを交通事故証明書で確認することです。

2.治療(通院・入院)の注意点は、後遺障害の等級認定に必要になる十分な治療のためにきちんと通院することです。3.症状固定の注意点は、症状固定になると、かかった治療費や通院交通費などが請求できなくなるので症状固定の時期は慎重に確認することです。

4.後遺障害の等級認定の注意点は、後遺障害診断書の記載もれや曖昧な表現があると、満足いく認定が受けられなくなる可能性があるのでしっかりとしてチェックが必要です。5.示談交渉の注意点は、示談が成立するとやり直しができませんので、承認する前に、弁護士などの専門家へ相談が重要です。

交通事故で示談しないとどうなるのか

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

ここでは、交通事故で被害者と示談しない時のデメリットについて説明します。交通事故で被害者と示談しない時は、被害者側から損害賠償金をとるための民事裁判になる可能性が高くなります。では交通事故で被害者と示談しないケースにどんなものがあるでしょうか。

交通事故で被害者と示談しないケースには、治療費・入院費、休業損害、入通院慰謝料などの金額を水増した不当な請求を受けていて、示談ができないケースがあります。また、加害者と被害者の事故の責任の割合の認識が違っている場合もあります。

交通事故の示談の破棄は可能?

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

交通事故の加害者と被害者とで、事故の責任の割合や賠償金など加害者側の保険会社の担当者と話し合い認識が一致し、示談をしてしまった場合、基本的人は成立した示談を取り消すことはできません。しかし、民法上にある勘違いや間違いを意味する「錯誤」を理由にして示談の無効を訴えることは可能です。

交通事故の加害者が示談金を払わなかった時には

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

ここでは、交通事故の加害者が示談金を払わいなど不誠実な態度をとった場合の対処法について説明します。交通事故の加害者は交通事故の被害者に対して自動車運転処罰法という法律によって処罰される刑事責任、被害者に賠償金を支払う義務などの民事責任、違反点数の加点などの行政上の責任があります。

交通事故の加害者が示談金を払わいなど不誠実な態度をとった場合は、犯罪被害者保護の制度を利用して刑事責任を追及することができます。また、告訴状を作って警察署や検察庁に提出する刑事告訴もできます。

交通事故の示談交渉は引き延ばした方が得?

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

交通事故で軽症の怪我した場合は、痛みなどの症状がすぐに表れないケースもあります。鞭打ち症など後遺症が残るケースもあります。そのため、示談交渉にはすぐに応じないで示談交渉を引き延ばした方が、保険会社から満足のいく賠償金を受け取ることができます。

納得のいく示談金で交通事故をスッキリと解決しましょう!

交通事故の示談金相場・流れ・破棄する方法・引き伸ばしする方法

交通事故の加害者が交通事故の被害者に支払示談交渉や示談金について説明してきましたが、交通事故の示談に関することが理解できたでしょうか。示談交渉には弁護士に依頼する方が後に発生が予測されるトラブルなどのことを考えると得策と言えます。

今回、説明した示談交渉や示談金のことをよく理解して、交通事故の加害者や交通事故の被害者になった時にはお互いが納得のいく示談交渉ができるように心がけましょう。

Related