Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月25日

自動車税金の種類は?年別・月別/支払い/免除・還付・返金

自動車の税金もさまざまな種類があり排気量別、車種別、車自体が何をエネルギーとして動いているかにも自動車の税金の種類は変わってきます。廃車の際や延滞した場合の対処法などを知っておくこともドライバーとしてのマナーとルールになります。決まりを守り楽しく乗りましょう。

自動車税金の種類は?年別・月別/支払い/免除・還付・返金

自動車税金はさまざまな種類がある

自動車を運転する上で絶対必要になってくるのが、車のメンテナンスとガソリン代やハイブリッド車ならば電気代や日々に掛かってくる費用があり、自動車の税金を支払わないと自動車の運転自体が不可能になります。

自動車の税金は、排気量の違いで種類が違ってきます。税金の支払い用紙は、排気量別に料金が決まっていて支払えば良いのですが、期日を守らなかったり郵便の行き違いで納付できなかった場合などもあり、クレジットカード払いやなどの支払い方法も種類があります。

とにかく納税をしないと自動車には乗れなくなるので、最低限の税金の知識を知って車に乗りましょう。

自動車税金の区分

自家用乗用車と自家用軽自動車、次世代自動車と車の種類で納める税金が違います。自家用乗用車は6.0リットルの場合111,000円です。自家用軽自動車の税金は一律10,800円であり、維持費が安く人気がある種類の車です。

次世代自動車の場合は、軽貨物車も含めて75%減税されます。次世代自動車の税金はエコカー減税というものであり、これからの時代はハイブリッド車やEV車が増えていくので、しばらくはエコカー減税の需要があるでしょう。

10年以上乗っている場合

10年を越えてガソリン車やディーゼル車に乗っていても増税の対象にはなりません。環境を考え10年を過ぎたら乗り換えを考えましょう。

13年乗っている場合

13年乗っている場合、ガソリン車でもディーゼル車でも自動車の税金が10%から15%に上がります。環境問題を考えての国の施策です。ガソリン車やディーゼル車という種類の車は維持費も二酸化炭素を排出するもの規定を満たせなくなるので、増税の対象になります。

13年以上乗っている場合

ディーゼル車は11年で増税の対象になり、ガソリン車も13年で増税の対象になります。二酸化炭素を多く排出する種類の車なので、どうしても環境税がかかってきてしまいます。

排気量別の税金の違い

軽自動車の場合660ccで10,800円の税金がかかります。一番大きい4500ccで76,500円程で、普通乗用車は1000ccから2500ccは3万円から4万円台です。

軽自動車の税金

軽自動車は660ccしかないので、一番自動車の税金がかかない種類の車です。中古車として購入する際は高く値段が設定されますが、新車で買えば長く乗る事のできる車です。他の種類の車よりは維持費が安く済みます。

排気量による税金の比較

軽自動車が660ccなので10,800円かかり、大きな貨物車だと4500ccが76,500円かかります。メンテナンスなどの維持費も含めると、排気量の種類だけで税金がこれだけ違う事が分かります。車が大きくなると税金も含めた維持費がより高くなる事が分かります。

計算方法など

今乗っている自動車がどの種類の排気量かで、自動車の税金が分かります。1001ccから1500ccの場合だと34,500円になり、今乗っている車の排気量の数値で知る事ができます。車を購入する時は、ある程度いくら自動車の税金がかかる種類の車なのか知っておく必要があります。

納付期間はいつまで

毎年5月31日が納付期限となります。もし遅れた場合、車の種類にも税金が変わってきますが、1ヶ月で月率3,4%かかり、1年で14,6%の年率で延滞金が発生します。郵便で知らないうちに届いたりするので支払いは期日までに支払いましょう。

支払期日はいつまで

5月31日です。その日を越えると、延滞金が自動車の車の種類で税金が加算されます。加算された後は郵便の支払い表では支払えないので、税務署に問い合わせましょう。

税制の法改正

標準税率の引き上げは平成27年4月から開始されました。同時にグリーン化特例という税率を軽減する税率が導入されました。

税金の証明書

支払いを済ませた時に受け取る領収書が証明書になります。税金を納めた証明書となるので最低1年はとっておきましょう。

税金の問い合わせ

もし、今の自動車の税金に納得ができない場合は、支払い書に同封されている自動車の税金の金額が不服だと、申し立てることができますが、税務署や国が決めた事なので決まった額の税金はなくなりません。

年別月別の税金の違い

3月に車を購入した場合は自動車の税金がありません。軽自動車も年度途中に購入した場合も自動車の税金がありません。なるべく賢く買う時期を決めて購入しましょう。車の種類を選ぶことで安く税金を済ませられるのかを知る事も大切です。

2016年の場合

自動車の税金が上がって2年目の年なので、違和感を持ちながら納税をしている人も多いでしょう。2015年4月から自動車の税金が上がったので、軽自動車などに乗り換え人も増えました。

2017年の場合

2015年2016年と変わりませんが、エコカー減税などを利用して長く乗れる車を選ぶ人が増えています。自動車を維持するためには、税金の安い種類の車を選ぶ事が重要になります。

4月に税金を払う場合

4月に税金を払う場合はそのままの税率で払う事になります。5月31日を過ぎたら税率が加算されますので、通常の支払い表では支払いができなくなります。

5月に税金を払う場合

5月に払う場合も4月に払う場合と同じです。31日を過ぎなければ税率は加算されません。31日までに支払いましょう。

税金の支払いについて

自動車の税金が高くなってきているので、車自体を維持できる人が少なくなってきています。ハイブリッド車やEV車の最新の車種がでてきていますが、ハイテクな種類の車に乗るにはエコカー減税があるにしろ、長くハイブリッド車などを維持するには難しくなってきています。軽自動車のガソリン車の需要が伸びています。

自動車税金の値上げ

平成27年4月から増税されました。ガソリン車やディーゼル車といった種類の車をエコカー、ハイブリッド車やEV車に乗り換える事を推奨した上で、環境問題や排ガス、車の維持にかかるコストを最新の車を乗る事で税率を下げ、エコカーに乗りように推奨して環境問題に取り組む時代になってきています。

滞納した場合

自動車の税金を滞納した場合は通常の支払い表では支払いができません。税務署に連絡をして滞納分の税金も一緒に支払いましょう。

クレジットカード払いの場合

ネット上で支払いをクレジットカード支払いにする事ができます。その場合、家から納付ができ納付期限を延ばす事ができます。クレジットカード払いにすれば便利な面もあるので、支払う本人にとって利点となれば利用しても良いでしょう。

コンビニ払いの場合

郵送で届いた支払い表をコンビニ払いをすることができます。通常は、この方法ですが郵便局でも支払う事ができます。期日の過ぎた支払い表は税率が変わってきてるので、コンビニ払いはできません。

月割りの種類

自動車の税金は月割りですが、税務署からは一括で払うようになっているので、自動車の税金は月割りで計算されていますが一括で払う事になります。軽自動車は初めから月割りではなく一括ですが、軽自動車の税金が安いため月割りはしません。

年間で見た場合の税金

今乗っている自動車がどの種類でいくら税金がかかる車なのかを知る事で、年間にかかる税金を見直して違う車へ乗り換えるのもいいでしょう。税金は必ずかかる経費です。今の経済状況に合わせて車の種類も選びましょう。

自動車税金を免除還付返金を希望する場合

車を廃車にしてしまった場合、自動車の税金を還付金として返金する事ができます。一括で払う車の税金を廃車にしてしまった時点で乗れなくなるので、還付金として返金を求める事が可能です。また、免除を求める場合は身体障害者の方などが手続きをして利用することができます。

年別の自動車税金の違い

2015年に自動車税が上げられてから、今年2017年までは変動がありません。しばらく自動車の税金は上がりませんが、世界中で二酸化炭素を減らす活動がされているので、増税の対象となることは確かです。

2016年場合

2015年と変わりません。税金の低い車を乗り換える人が増えてきた兆しがあり、エコカーが注目されてきて、車の発表会のイベントでは電動で走る車の需要が増えてきています。2016年は、増税2年目でそんなに車を利用する人には変化はありません。

2017年の場合

エコカーなど税率の安い車、または軽自動車などに乗り換える人が増えて、エコカーを国が推進しています。税率は変わりませんが、より安い税率の車に乗り換える人が増えてきています。

障害者の人が自動車税金を払う場合

障害者手帳を持っていて、自動車の税金を免除する手続きを取っている場合、減税または免除されます。障害者手帳を持っている人でも申請をしなければ免除はされません。障害者の方は免除を受けましょう。

自動車税金と車検の費用

自動車税納税証明書があれば、車検の申し込みができるようになっています。車検の種類は、その排気量やエコカーやガソリン車、何をエネルギーとして走っている車の種類かでも変わってきます。車検を受ける際は、自動車税納税証明書を提示しましょう。

自動車税金と廃車の費用

廃車自体の費用は12,000円程です。自動車の税金は一括して払うので、廃車をして乗っていない期間の税金を返金してもらえます。また、軽自動車を廃車しても自動車の税金を月割りにしていないので、自動車の税金は返ってきません。

自動車税を種類別に理解して納付して楽しいドライブライフを過ごそう!

ヴィンテージ車、エコカー、乗り馴れた車など車にかける思いは人それぞれです。乗っている排気量から自動車の税金はわかるようになっています。税金を払わないと車に乗る事はできません。

自動車の税金を滞納してしまっては、楽しいカーライフという気分も壊れてしまいます。無理をして車の税金を払っているのならば、軽自動車やエコカーへの乗り換えを考えてみましょう。

また、障害者の方への自動車の税金の免除や廃車の際の還付金などは知っておけば、いざという時に役に立ちます。税金を払って乗る以上、交通ルールを守って乗る事はもちろん最低限のドライバーのマナーを持つことも大切です。

自動車の税金の仕組みを知る事で、快適なカーライフをエンジョイできるように普段から税金の知識を高めて楽しく車に乗りましょう。

Related