Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月14日

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

今回の記事はスバル「フォレスター」の維持費について記載しています。国産SUVの中でも珍しいハイオクエンジンを持つフォレスターは維持費が高いイメージがあります。そんなフォレスターの維持費を他車種との比較を交えながら評価しました。

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

スバルフォレスターの維持費は高い?

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

今回はスバル「フォレスター」の維持費について見ていきます。フォレスターはスバルのクロスオーバーSUVであり、使用燃料は「ハイオク」です。現在クロスオーバーSUVは非常に人気があるジャンルであり、有名な車種がいくつもありますが、そのほとんどの車種は使用燃料が「レギュラーガソリン」です。

つまり、フォレスターは使用燃料がネックとなり、どうしても「維持費が高い車」というイメージがついてしまっています。しかし、維持費はガソリン代のみではなく、細かく探っていけば様々な項目があります。

今回はガソリン代から税金までを含めた維持費を項目毎に見ていきます。さらに、他車種の維持費と比較し、フォレスターの維持費について評価します。今回調査に選んだフォレスターは2017年4月に発売されたモデルで、標準グレードである「2.0iEyesight」です。

月単位でかかる維持費とは?

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

まずは月単位でかかるフォレスターの維持費を見ていきます。月単位でかかる維持費は「ガソリン代」と「駐車場代」です。

ガソリン代は月間走行距離を1,000kmとし、フォレスターの燃料であるハイオクの価格は、現時点の価格である「135.9円」としました。また、駐車場代は地方か都心部かで大きな差がありますが、ここでは「1万円」として計算しています。詳細は下表のとおりです。

維持費項目維持費
ガソリン代11,214円
駐車場代10,000円

年単位でかかる維持費とは?

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

次は年単位でかかるフォレスターの維持費です。年単位でかかる維持費は「自動車税」「車検代」「任意保険料」「メンテナンス費」です。

自動車税は車のエンジンの総排気量で金額が決まっています。2.0iEyesightの総排気量は2.0L以下ですので、金額は39,500円になります。なお、この自動車税は、対象車がエコカー減税対象車であり、かつ「平成32年度燃費基準」において+10%を達成すると減額されるのですが、2.0iEyesightは後者の条件をクリアしていませんので、減額はありません。

次に車検代ですが、上表の車検代はカーショップや車検専門店での価格です。ディーラーに依頼すると、この金額より高くなる可能性があります。また、車検代には自動車重量税が含まれてるのですが、対象車がエコカー減税対象車であれば、この税は減額されます。2.0iEyesightはエコカー減税対象車ですので、自動車重量税が減税される分、車検代が安くなります。

次に任意保険料ですが、条件は「30歳以上補償、13等級、運転手範囲は本人と配偶者、車両保険あり」であり、下表の価格は各保険会社の見積平均額です。価格は非常に高くなっていますが、半分以上が車両保険によるものです。

最後にメンテナンス費ですが、「オイル交換費」「タイヤの買い替え代」「バッテリー交換費」を合計したものとなります。なお、下表の金額は年平均で必要な維持費です。オイル交換は走行距離5,000kmまたは半年で交換で、費用は3,000円としましたので、年2回で6,000円です。

タイヤ買い替え代は5年で交換としています。費用は50,000円で、年平均で10,000円です。バッテリー交換費は5年交換で費用10,000円としましたので、年平均で2,000円となります。合計で18,000円です。以上、メンテナンス費を含めた4つの項目を下表にまとめております。

維持費項目維持費
自動車税39,500円
車検代61,250円
任意保険料109,200円
メンテナンス費18,000円

2.0iEyesightの維持費まとめ

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

上述の月単位と年単位でかかる維持費をまとめ、月平均と年平均でかかる維持費に算出しました。詳細は下表のとおりです。

維持費項目月平均維持費年平均維持費
ガソリン代11,214円134,568円
駐車場代10,000円120,000円
自動車税3,292円39,500円
車検代2,552円30,625円
任意保険料9,100円109,200円
メンテナンス費1,500円18,000円
合計37,658円451,893円

上表を見ると、最も高額な維持費項目はガソリン代となりました。クロスオーバーSUVは他のジャンルに比べて決して燃費がいいとは言えないため、やはりこの項目は高額になります。また、冒頭でも述べましたが、使用燃料がハイオクである点も無視できないでしょう。

次に高額なのは任意保険料です。原因は車両保険の高さにあります。クロスオーバーSUVは車体価格が高いため、どうしても車両保険料は高くなってしまい、任意保険料の半分以上を占めます。

種類別のフォレスターの維持費

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

この項では、フォレスターのグレード別の維持費を見ていきます。フォレスターには歴代モデルも含めると様々なグレードが存在しますが、その中でも人気のあるグレードをピックアップしました。

2.0XTEyesight

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

先に紹介した2.0iEyesightは4代目フォレスターの最新モデルですが、この2.0XTEyesightも同様です。今回採用したのは2017年4月発売モデルです。2.0iEyesightはエコカー減税対象車ですが、2.0XTEyeSightはエコカー減税対象車ではありません。

維持費項目年平均維持費
ガソリン代127,406円
駐車場代120,000円
自動車税39,500円
車検代39,520円
任意保険料109,200円
メンテナンス費18,000円
合計453,626円

2.0XS

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

2.0XSは3代目フォレスターの標準グレードです。今回は最新モデルの2011年8月発売モデルを採用しました。詳細は下表のとおりです。

維持費項目年平均維持費
ガソリン代137,388円
駐車場代120,000円
自動車税39,500円
車検代35,420円
任意保険料87,900円
メンテナンス費18,000円
合計438,208円

クロススポーツ

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

クロススポーツは2代目フォレスターのモデルで、ローダウンサスペンションを採用した高いオンロード性能を持っています。今回採用したのは最新モデルである2007年1月発売モデルです。

維持費項目年平均維持費
ガソリン代165,228円
駐車場代120,000円
自動車税39,500円
車検代35,420円
任意保険料85,900円
メンテナンス費18,000円
合計464,048円

STiバージョン

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

STiバージョンは2代目フォレスターのグレードで、上述のクロススポーツのスペシャルチューニングモデルになります。詳細は下表のとおりです。

維持費項目年平均維持費
ガソリン代179,802円
駐車場代120,000円
自動車税45,000円
車検代35,420円
任意保険料92,800円
メンテナンス費18,000円
合計491,022円

他の車との比較

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

この項では、他車種とフォレスターの年平均維持費を比較していきます。ガソリン代や任意保険料等の条件は、上述と同じ条件としています。また、駐車場代とメンテナンス費は全ての車種で同じですので、「その他」の項目にまとめています。

CX-5

マツダ「CX-5」は、フォレスターと同じクロスオーバーSUVであり、エコカー減税対象車です。今回比較対象に選んだのは最新モデルである2017年8月発売モデル、グレードは標準グレードである「20S」です。比較の詳細は下表のとおりです。

維持費項目フォレスターCX-5
ガソリン代134,568円133,589円
自動車税39,500円395,00円
車検代30,625円33,120円
任意保険料109,200円109,200円
その他138,000円138,000円
合計451,893円453,409円

XV

スバル「XV」は、フォレスターと同じクロスオーバーSUVであり、エコカー減税対象車です。今回比較対象に選んだのは最新モデルである2017年5月モデル、グレードは標準グレードである「2.0i-SEyesight」です。比較の詳細は下表のとおりです。

維持費項目フォレスターXV
ガソリン代134,568円113,600円
自動車税39,500円39,500円
車検代30,625円30,620円
任意保険料109,200円101,600円
その他138,000円138,000円
合計451,893円423,320円

エクストレイル

日産「エクストレイル」は、フォレスターと同じクロスオーバーSUVであり、エコカー減税対象車です。今回比較対象に選んだのは最新モデルである2017年6月発売モデル、グレードは標準グレードである「20S」です。比較の詳細は下表のとおりです。

維持費項目フォレスターエクストレイル
ガソリン代134,568円127,587円
自動車税39,500円395,000円
車検代30,625円30,620円
任意保険料109,200円109,200円
その他138,000円138,000円
合計451,893円440,907円

ハリアー

トヨタ「ハリアー」は、フォレスターと同じクロスオーバーSUVであり、エコカー減税対象車です。ハリアーはクロスオーバーSUVというジャンルのパイオニアでもあります。今回比較対象に選んだのは最新モデルである2017年6月発売モデル、グレードは標準グレードである「エレガンス」です。比較の詳細は下表のとおりです。

維持費項目フォレスターハリアー
ガソリン代134,568円133,822円
自動車税39,500円39,500円
車検代30,625円33,120円
任意保険料109,200円109,200円
その他138,000円138,000円
合計451,893円453,642円

オデッセイ

ホンダ「オデッセイ」のジャンルはミニバンです。オデッセイもフォレスターと同じくエコカー減税対象車となります。今回比較対象に選んだのは最新モデルである2016年2月発売モデル、グレードは標準グレードである「G」です。比較の詳細は下表のとおりです。

維持費項目フォレスターオデッセイ
ガソリン代134,568円149,038円
自動車税39,500円45,000円
車検代30.625円33,430円
任意保険料109,200円109,200円
その他138,000円138,000円
合計451,893円470,668円

レヴォーグ

スバル「レヴォーグ」はステーションワゴンであり、フォレスターと同じくエコカー減税対象車でもあります。比較するのは最新モデルである2017年8月モデル、グレードは標準グレードである「1.6GTEyesight」になります。比較の詳細は下表のとおりです。

維持費項目フォレスターレヴォーグ
ガソリン代134,568円144,407円
自動車税39,500円39,500円
車検代30.625円33,120円
任意保険料109,200円109,200円
その他138,000円138,000円
合計451,893円464,227円

ここまで同ジャンルの4車種と、異なるジャンルの2車種の維持費とフォレスターの維持費を比較してきました。上表を見ると、比較した6車種はフォレスターとガソリン代以外の経費がほとんど変わりません。そして肝心のガソリン代ですが、XV以外はほとんど変わりません。SUVの4車種と比較すると最下位ではあるのですが、そこまでの差は生じませんでした。

また、他車種と比べると、使用燃料がハイオクであるにも関わらずガソリン代が安いということがわかります。これらの結果からわかることは、フォレスターは実燃費に優れた車だということです。この実燃費があるため、フォレスターは使用燃料がハイオクであるにも関わらず、同ジャンルの車種とほぼ同等の維持費となっています。

フォレスターの維持費は高くない!

スバル フォレスターの維持費は高い?種類別・他の車

以上、フォレスターの維持費について書いてきましたが、いかがだったでしょうか。フォレスターの維持費は、使用燃料がハイオクであるにも関わらず、他のクロスオーバーSUVと同等であることがわかりました。維持費が高いイメージのあるハイオク車ですが、フォレスターはレギュラーガソリンとの差分を実燃費でカバーしています。

また、税金や任意保険料等では他車種との差が無い事もわかりました。ただし、任意保険料については、各保険会社によって値段がかなり違うため、数社の見積を取って比較してみるといいでしょう。維持費をさらに抑えることができる可能性があります。

Related