Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月26日

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

今回の記事の題材で「ディーラーでのオイル交換」について主に日本車ですが、一部BMWオーナーやディーラーからのお話も入れて、外車を補填しております。御興味有りましたら一読下さいませ。オイル交換以外についても書いておりますので、メンテ用にもどうぞ。

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

ディーラーでのオイル交換について

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

車のエンジンオイルは消耗品で、定期的なオイル交換がエンジンの寿命を延ばします。交換する方法には、ガソリンスタンドやカーショップでオイル交換する方法とディーラーでオイル交換する方法があります。交換の時期ですが、ターボ車は5,000キロか6ヶ月、普通車は15,000キロか6ヶ月が目安ですが、軽自動車は10,000キロで替えた方が無難です。

交換方法には「上から吸い取る方法」と「下のドレンから流す方法」があり、不純物まで流せる後者がおすすめです。ディーラーはこちらの方法がメインで、最適なオイルを入れてボルト・ワッシャーも交換するうえ、ショールームで飲み物をいただき待っていられるのでおすすめです。6ヶ月、1年点検もかねて入庫してはいかがでしょうか。

費用について

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

オイル交換に掛かる費用には、オイルそのものの他にオイルの交換工賃とオイルエレメントの交換費用があります。オイルそのものには粘度による違いがあり、数字が高いほど粘りの強いオイルで夏場に強く、大型車やスポーツカーに向いています。そのオイルは高粘度の方が安い傾向にありますが、交換費用はエンジンに入るオイルの量に比例します。

すなわち、軽自動車の4,000円前後から大型の乗用車の8,000円前後になります。また、オイルはエンジンから出る不純物で汚れていきますので「フィルター」でろ過する仕組みになっています。それが「オイルエレメント」ですが、これも定期的に交換しないと汚れたオイルがエンジン内を循環してエンジンを傷めます。交換費用約2,000円です。

予約について

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

ガソリンスタンドではガソリンを入れるついでにオイル交換をしてくれるところが多くありますが、ディーラーではそうもいきません。特に土日は混んでいるので担当営業マンかサービスフロントに予約を入れておく必要があります。営業マンはどうしても外出が多くて不在が多いのですが、最近はディーラーのホームページから予約ができるようになっています。

点検・修理で代車が必要なければ翌日に取れることもありますが、ホームページから予約できるのは1週間以上前です。これより短い場合はホームページで予約を入れても電話が必要になります。いずれにしろ、店によって差がありますし、忙しい時期は当然のことながら予約が取りづらくなります。余裕を持って予約をいれましょう。

国内メーカー別のオイル交換について

トヨタのディーラー場合

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

トヨタ系ディーラーでオイル交換をすると、マジェスタのクラスで6,853円から7,611円、クラウンのクラスで5,965円から6,891円、プリウスのクラスで5,246円から5,965円、ラクティスのクラスは4,265円から5,142円、軽自動車は3,805円です。軽自動車のオイルがだいたい3リットル入るとすると、1リットルあたり1,260円になります。

オイルエレメントを交換すると別途で2,160円です。また、オイル交換単体ではありませんが、「メンテナンスパック」という、定期点検と基本メンテナンスをパックしたディーラーのサービスがあって、オイル交換が安くなっています。

日産ディーラーの場合

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

日産ディーラーの場合ですが、「やや高い」という話もあり、軽自動車のオイル交換のみが5,800円、オイルエレメントの交換が2,200円という例もあります。これだと1リッターあたり1,933円ですので、確かに少し高いですが、入れるオイルの種類にもよります。

日産ディーラーにも「メンテプロパック」というメンテナンスを6ヶ月先払いするメニューがあって、これはオイル交換とオイルエレメントの交換が整備費に含まれるサービスです。また、点検・修理といっしょにオイル交換を頼むと1リットル1,340円で入れてくれるディラーもあります。

ホンダなどのディーラーの場合

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

ホンダディーラーの場合は純正品で1リッターあたり1,252円から1,485円になります。3リッター入るとすると3,756円から4,455円です。するとトヨタディーラー、日産ディーラーより少し安めに感じられます。また、最高級オイルとしてモービル1を推奨しており、こちらは1リッターあたり2,049円から2,525円なので、3リッター入れば6,147円から7,575円になります。

ホンダディーラーの場合はオイルエレメント交換が4,212円ですからやや高めの設定です。
スバルディーラーの場合は5,011円から14,375円ですが、他の点検などと同時作業で1,296円割り引いてくれるディーラーもあります。

海外メーカー別のオイル交換について

BMWの場合

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

BMWには「指定オイル」がありますので、国産車のようにガソリンスタンドやカーショップでオイル交換をしてはいけません。BMWの場合はロングライフエンジンオイルを使っているので、20,000キロ、30,000キロ交換不要な場合もあります。

しかも最近の車種はエンジンに付けたセンサーで監視しているので、しっかりエンジンオイルの寿命を把握しながらオイル交換することができます。ディラーでのオイル交換の値段は、エレメント込みで24,000円ほどです。

アウディの場合

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

アウディに限りませんが、ヨーロッパの車はオイルの消費量が多く、減ったら補充を繰り返して15,000キロか1年で交換します。実はエンジンオイルのロングライフ化が進んでいるので、ドイツでは30,000キロまで交換しなくて良いです。しかし交通事情が悪い日本では、15,000キロで交換します。交換するに当たっては、A4などはオイルチェックゲージが見当たりません。

そのかわり、オイルの量がインパネで表示されるようになっています。費用としては、1リッター2,614円、オイル交換とエレメント交換で23,000円というディーラーがあります。しかし、新車の場合は新規登録から3年間は一定条件のオイル交換が車両販売価格に含まれる、「アウディフリーウェイプラン」というメンテナンスサービスがあって実質無料になっています。

ベンツなどの場合

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

BMWやアウディに限らず外車の場合は指定オイルがあって、国産車のようにどこでも交換ができるわけではありません。当然、メルセデスベンツにも指定のオイルがあり、どれでも良いというわけにいきません。自社の試験にパスしたオイルだけが指定番号を表記してあります。また、新しい年式の車になるとオイルレベルゲージがなくて、専用の機械でコンピューターにアクセスしてオイルの量がわかります。

これはもう、ガソリンスタンドやカーショップは無理、ディーラーでオイル交換する以外に方法はありません。むしろ、ガソリンスタンドやカーショップでは断られることさえあります。速度無制限のアウトバーンを高速で走るように作られたドイツ車はオイル交換が高いもの、と割り切るべきです。

ディーラーでオイル交換するのがベスト

ディーラーでのオイル交換(国産車/外車)・費用/予約

車のエンジン内部に油膜を作って潤滑を良くしたり、エンジンを冷やしたり、エンジンオイルがなければ車は動きません。非常に重要な消耗品であるオイル交換はガソリンスタンドやカーショップではなくてディーラーに任せるべきです。ガソリンスタンドやカーショップでは下から抜いて不純物を流さなかったり、ボルト・ワッシャーを交換しなかったりしますし、中にはアルバイトもいて作業に若干の不安も残ります。

特にドイツ車など高性能な車には指定のオイルがあり、オイルゲージがなくてオイル量がわからなかったりしますのでディーラー以外に選択肢がありません。技術的な面以外にも、ディーラーは快適なショールームでテレビや雑誌を見ながら、飲み物を飲んで待つこともできますのでお勧めです。

Related