Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月17日

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

今回は「【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー」と題して、「【都道府県別】車検を安くする方法・コツ」についてのご紹介をはじめ、車検を安く済ませるためのディーラーの利用法についての詳細情報をご紹介します。ぜひご参照ください。

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

車検とは

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

車検というのは「車の所有者に必ず一定期間において課される車両検査」のことであり、「その車両のメンテナンスや、登録規制に違反していないかどうか」などのチェックを行なう、国から定められた法律上の措置になります。

この車検を受けないでそのまま車を運転していると当然「無免許運転」とされるため、それなりの罰則に当たります。この場合に下手をすれば免許停止だけでなく、免許取り消しとなった上で、以降、何年間か免許を取得できない状態になる可能性もあるため十分注意をしておきましょう。

車検の法定費用は安くならない

車検を受ける際に「安くあげたい」というのは、これは誰でも希望することでしょう。しかし、車検料金というのは「車検基本料金」と「法定費用」という2つの費用を足した金額となるため、このうちの車検基本料金の方は車種によって安くなりますが、法定費用というのは「すべての車両に一律で課されている費用」となるため、安くできません。

この法定費用には「車両重量税」、「自賠責保険料」、「印紙代」の3項目が組まれており、はじめの「車両重量税」は普通車や軽自動車などの車種によって変わりますが(この場合でも軽自動車なら軽自動車で一律の料金になります)、自賠責保険料、印紙代については安くなりません。

車検で安くあげたいと言う場合には、まず上記についてしっかり把握することが大切です。

車検の車体基本料金で安くする

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

車検を受ける際には、先述しました「車体基本料金」の場合であれば安くすることができ、この方法をぜひ覚えておきましょう。この車体基本料金には「24か月点検整備検査代」と「代行手数料」が組まれており、この検査代と手数料は各種ディーラーや車検専門店によって変わります。

最寄りの専門店や、あるいは掛かり付けのディーラーによって設定されている検査代と手数料が安価であれば車検代をそのまま安くできますが、これが逆の場合であれば高くなります。

車検を安くするための条件

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

先述からの引き続きとなりますが、車検で安くあげたいとする場合は「少しでも24か月点検整備検査代や代行手数料が安くなるディーラー・専門店」を見つけることが大切です。このディーラーや専門店によって随分と車検代が変動する場合があるため、ぜひこの点は押さえておきましょう。

一般的に言われている「車検を安くするためのコツ」ですが、これは「事前に見積もりを何社かで確認する」、「早期に車検の予約を取っておく」、「車両メンテナンスを日頃から行なっておく」、「ディーラーや専門店で行なわれているキャンペーンなどを利用する」といった4点がまず見受けられます。

ディーラーでの車検を安くするコツ

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

車を車検に出す場合、非常に多く利用されているのがディーラーでしょう。ディーラーというのは各種車両メーカー提携の店や整備工場などが多く、また掛かり付けであれば、それだけ各種車両別で車検を安くする可能性が生まれます。

この場合でもまず、「日頃から車両メンテナンスをしっかり行なっておくこと」や「キャンペーンなどを利用して車検に出す」などといったメンテナンス・オプションを踏まえた上での車検が勧められ、それらの努力によって10,000円から30,000円ほどの差異が出るほど、車検代が安くなる場合も普通にあります。

ディーラーが車検を行なう時期

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

ディーラーに車検を出すからと言っても、「すべての場合が安くなる」ということではありません。当然、ディーラーによっては車検専門店よりも高くなる場合もあります。このため、まず「ずっと掛かり付けのディーラーがあればそのディーラーで、実際にどれくらいの見積もりになるか」という車検代を予測することも大切になります。

上記を踏まえた上で、ディーラーで取り扱っている「車検実施キャンペーン」を利用した場合、さらに車検代を安くすることができます。たいていこのキャンペーンは(ディーラーによって違いますが)平均的に見て毎年9月から10月頃に行なわれていることが多く、この期間をねらって車検に出すことも検討してみましょう。

都道府県別車検を安くする方法

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

車検というのは車検専門店や各種ディーラーによってその代金が違ってきます。多いときでは50,000円から60,000円程も違ってくる場合があるため、日本各地域の車検専門店やディーラーの情報を集めておき「どれくらいの専門店・ディーラーが、一体いくらくらいで車検代を設定しているか」ということを把握するのも大切です。

千葉

「川久石油あすみが丘店」で有名な「らくらく車検」では、主に車検代の割引きがされる場合が多く、法定費用は車種によって安くなりませんが、車検基本料金は割引によって20,000円ほど安く見積もることができます。

所有している車種によって当然車検代は違ってきますが、それでもその車検基本料金は、軽自動車の場合であれば27,000円、小型自動車の場合は28,100円程度、中型自動車の場合は30,000円弱、大型自動車の場合でも30,000円前後となります。

これらの総額で計算してみても、軽自動車の場合で40,000円程度、大型自動車の場合でも70,000円程度の車検代で済みます。

愛知

愛知県で有名な車検専門店の1つに「エムシー車検」というものがあり、これは割引価格に配慮した上で、安く車検代を見積もる場合でも「40,000円台」で済ますことができます。もちろん車種の違いやメンテナンスの状態によって車検代は変わりますが、それでもたいていの場合において平常価格よりも安くあげられるため多く利用されています。

年中無休の上にインターネット予約も可能となるため(もちろん電話予約が基本です)、車検に出そうと言う場合でもすぐに出すことが可能となります。加えてさらに「1日車検」も採用しているため、車検をすぐに済ませたい場合でも好都合となるでしょう。

神奈川

鎌倉大船店で採用されている満足車検では、先述しました千葉県の場合と同じく「割引車検」の採用があるため、この場合も通常の車検費用と比べてかなり安くあげられます。

この場合も法定費用は安くなりませんが、車検基本料金は軽自動車の場合で「31,720円」、小型自動車の場合は「31,720円」、中型自動車で「33,770円」、大型自動車の場合でも「33,770円」という料金になります。

平均して9,000円ずつの割引がされているため、総額費用から比べてみると約10,000円は確実に安くなるという寸法になります。

三重

三重県では「中部ネクスト車検」というかなりお得な車検があり、この場合もお得の利点は割引となりますが、神奈川県の場合と比べてさらに3,000円の割引が加算される形で「12,000円」割引」が採用されています。

法定費用は安くならない代わりに車検基本料金を安く見積もることが大幅に可能となるため、通常の車検総額費用にしても10,000円以上は安くあげることができるでしょう。

兵庫

兵庫県の場合は主にガソリンスタンドで行なってくれる車検となりますが、セルフステーションあかし(コスモ石油)で行なわれている車検で掛かる費用は、県内でも最安価の定評があげられています。

基本的な料金提示として法定費用は「重量税は6,600円」、「自賠責保険料は25,070円」、「印紙代は1,100円」と一定ですが、車検基本料金が47,000円弱」であり、そこから割引がされた形で39,000円台まで安くすることができます。

しかし別途料金の発生も可能性としてあるため、すべての場合がこのように安くなるわけではなく、たとえばワンボックスカーや特殊車などは合成オイルやハイブリットなどの調整・メンテナンスもあるため、3,000円から4,000円がかかる場合もあります。

栃木

栃木県で有名な「アクセル車検」ですが、ここでは割引がされない代わりに、どの車種でも車検基本料金が「10,800円」と一律であるため、軽自動車の場合で車検総額「43,000円台」、大型自動車の場合でも「70,000円台」と、通常の車検費用と比べてかなり安くあげられます。

ただしこの場合も、ハイブリッド車や特殊車の場合は別途料金がかかることもあるため、それへの視野は必ず持つようにしておきましょう。

滋賀

滋賀県で有名な車検としては「スーパーグリーン車検」というものがあり、この車検を受ける場合の最大割引額は18,200円であるため、車検総額をほぼ20,000円程安くあげることが可能となります。

軽自動車の場合の車検総額は「39,000円」、小型自動車の場合は「50,000円弱」、中型自動車の場合は「60,000円弱」、大型自動車の場合でも「66,000円台」と、かなり良心的な値段設定にしてくれています。

ただしトラック類の大型車種や、8ナンバー車、また並行輸入車や改造車などはあらかじめ車検依頼を行なっていませんので、この点には注意が必要です。

車検を安くしたい時の方法

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

先述でもご紹介しましたが、車検を少しでも安くあげるための日頃からできることとして、「日常の車両メンテナンス」と「車検専門店やディーラーの検索」があり、これらの作業を継続して行なっておくだけで、随分車検代の差額が生まれてきます。

特に法定費用は変わらないため、大きく車検費用が変わる部分は車検基本料金や割引料金となるため、この車検基本料金に掛かる費用をなるべく抑えておくことが大切です。またメンテナンスを継続して行なっておくことによって「修理する部位が少なくなること」があげられるため、この点でも車検基本料金が安くなる場合が十分あります。

そしてさらに注意する点が、自分が所有している車の車種をしっかり把握しておくことです。先でご紹介しましたように、トラックや8ナンバー車、改造車の車検依頼をしていない専門店やディーラーもあるため、その辺りの情報を押さえておきましょう。

車検を安くするコツをしっかり覚えておきましょう

【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー

いかがでしたか。今回は「【都道府県別】車検を安くする方法・コツ|ディーラー」と題して、「【都道府県別】車検を安くする方法・コツ」についてのご紹介をはじめ、車検を安く済ませるためのディーラーの利用法についての詳細情報をご紹介しました。

車検費用というのは「法定費用」と「車検基本料金」の2種類の費用によって算出されるもので、法定費用が一律で設定されているため、車検基本料金をいかに安くあげるかということがポイントになります。

この車検基本料金は各種専門店やディーラーによって違い、またそれぞれの場所によっては割引料金にも差額があるため、その辺りの情報をしっかり把握しておくことが大切になります。

Related