最高速度が大きい原付ランキング・改造して上げる方法|改正

話題の車

原付の最高速度は実は半世紀も前に定められたものです。今もずっと同じままで、逆に危険です。ここではそんな原付の最高速度にまつわる法改正の話や、改造方法など、さまざまな原付のスピードに関する最新情報を紹介します。これから原付ライダーになりたい人、必見です。

更新日時:

原付の最高速度は法改正されるか

一般的に原付と呼ばれる乗りものは「原動機付き自転車」で、エンジンは50cc以下のものを指します。後述しますが、もっと細かい話をすると、125ccのエンジンまでは法律によっては原付とされるのですが、一般的な話では原付はイコール50ccまでのエンジンのバイクです。 この原付の最高速度制限はご存知のとおり、時速30kmまでです。実はこの制限は昭和20年代に設定されたもので、現在の車社会では交通の流れに乗ろうとするだけで、原付は違反をしてしまいます。他が時速60kmで走っている中、ひとり時速30kmで走行していてはかえって危険です。しかし、法律では仕方ありません。

実際に改正しようという動きはある!

このままでは原付ライダーはただ走っているだけで死んでしまう確率が上がります。それはよくないということで、2006年に一度、原付の最高速度に関する法改正の動きがありました。しかし、警察などによって却下されています。 2013年に新たな運動団体が発足し、政府などに改正を投げかけています。これによって125ccまでを原付に統一し、今の原付免許(正確には原付一種)で125ccまで乗れるようにしようという動きが出ています。そうなれば最高速度は時速60kmまで出せることになります。 しかし、まだしばらくは原付の最高速度の見直しはないでしょう。近年はバイクそのものに規制が多い時代になったこともあります。 今回は、そんな原付の最高速度の法改正の可能性を見越し、原付の速度に関係した事柄をいくつか解説します。

最高速度が高い原付ランキングTOP3

今の原付の最高速度が時速30kmとなった昭和20年代後半なら、原付の性能そのものがよくなかったので、スピードもその程度しか出なかったといえます。しかし、技術が発達した今、50ccのエンジンでも30kmを余裕で超す速度を出せるようになっています。 2018年上半期時点では法改正などが続いてきた流れで、高速走行が可能な原付が新モデルで登場することはほぼありません。しかし、性能としては時速30kmを超えるものはたくさんありますし、中古車であれば法改正前のモデルなどはかなり高い速度を出せるものもあります。 ここではそんな新旧をひっくるめて、最高速度の高い原付のモデルを紹介します。もし速い原付がほしい人はこれらのモデルを中心に探してみてください。

最高速度原付TOP3「ホンダ・ライブディオ」

ホンダ・ライブディオはスクータータイプの原付です。1988年に登場したディオシリーズの3代目にあたり、この3代目までがディオシリーズで2ストロークエンジンを採用していたモデルになります。 細かい説明は省きますが、ディオの4代目からもそうであるように、レースの最高峰GPレースを見てもわかるように、2ストロークエンジンはあまり採用されなくなり、今は4ストロークが主流になります。事情はいろいろとあるのですが、残念なことに、4ストは2ストエンジンほど爆発的なパワーを出しません。 そのため、このライブディオはディオシリーズ最後の2ストであり、当時も原付スクーター最速と呼ばれたほど、最高速度の高い原付になります。今は中古しかありませんし、かなり古いですから、扱い自体に慣れが必要な原付です。その分、所有欲が満たされ、愛着が湧くでしょう。

最高速度原付TOP2「ヤマハTZR50」

ヤマハTZR50もまた発売当初は最高速度の高いバイクとして人気がありました。50ccながら、シリーズ兄貴分にあたるTZR250にサイズ的にも似ていることや、フォルムがフルカウルでスポーティーだったこともあります。当時はGPレースでもヤマハは強く、人気があったことも一因です。 ヤマハTZR50は1990年から98年までの生産で、すでに日本国内の市場には中古車があるかないかといったほどの稀少車になっています。しかし、海外では後継車種が生産されているなど、似たタイプであれば、日本の法律に合わせることで手に入れることは不可能ではありません。 海外生産の原付であれば最高速度の制限など法令が違いますので、日本市場の原付よりも最高速度が高いモデルを手にできる可能性が高まります。

最高速度原付TOP1「ホンダ・スーパーカブ」

日本が世界に誇るモデルがこのホンダのスーパーカブです。もちろん、ノーマルの状態ではスーパーカブの最高速度はたかが知れたものになってしまうのは仕方がありません。そもそも日本の市場の原付だからです。 しかし、スーパーカブは海外でも生産されていますし、世界中に愛好家がいるため、さまざまな部品やチューンナップ方法が出回っています。これらを使用することで最高速度を上げることができるでしょう。 また、東南アジアでは日常的にスーパーカブのようなバイクが今も利用されています。見た目はイマドキのデザインに変更され、最高速度も時速30kmどころか100kmも余裕で出るようなモデルがあります。タイやマレーシアでは、このスーパーカブの進化版といえるバイクでレースも行われているほどです。 これらの進化版スーパーカブを扱うバイクショップも日本国内にあります。最高速度の高いスーパーカブが手に入ります。

乗っている原付の最高速度が落ちた原因とは

日本の法律上、原付は最高速度が時速30kmとなっていますが、坂などの起伏を考慮して、実際には日本の原付でも30kmを多少超える速度を出すことが可能です。ただ、それでも勾配のきつい坂を登るときや長く乗っていると、ときに最高速度が購入時よりも落ちてきたと感じる瞬間があります。 では、そんな原付の最高速度が落ちてしまう原因・要因とはなんでありましょうか。ここではノーマルで利用しているときの原付の最高速度が低下していると感じたときの原因と対処法を探ってみます。

エンジンの劣化?

原付の最高速度が落ちるとき、最も疑うべきはエンジンの性能劣化です。走行距離が長くなるにつれ、いくら4ストの丈夫なエンジンになったとはいえ、壊れるときは壊れてしまいます。 考え得るエンジン劣化の要因としては、整備不良が大きなポイントになるでしょう。エンジンオイルの交換を怠ったり、プラグに煤がついていたり、ピストンリングやシーリング部分などが劣化し燃焼効率が悪くなっていることも考えられます。 対処法としては、整備士や整備工場など、プロに任せてエンジンを見てもらうことです。エンジンの性能が落ちているということは、ほかの部分、例えばサスペンションや駆動部分なども悪くなっている可能性が高いです。二輪車は転んだら命取りですから、整備はしっかりしておきましょう。

体重もその原因

原付の最高速度の低下が実が外部の要因だったということもあります。坂道だったり、向かい風が強いなどでも最高速度は落ちます。原付はたった50ccのエンジンです。信頼しているよりも馬力は小さいと考えるべきです。 それから、そんな非力なエンジンであるために、ライダー自身の体重も強く影響してきます。極端には50kgの人と80kgの人では30kgと子どもひとり分くらいの重さの違いがあります。これによってどうしても体重が最高速度に影響をおよぼしてしまい、速度が遅くなったと感じる場合があります。 よって、原付の最高速度を追求するのであれば、ライダー自身の身体も気遣う必要が出てきます。逆にいえば、ほかのチューンナップ不要で体重管理のみで原付の最高速度を上げることが可能だということになります。それほど体重は強く影響をおよぼします。

原付の最高速度を上げる改造方法とは

法的な規制の厳しい原付ですが、日本市場で販売されている原付を改造することで最高速度を上げることは可能でしょうか。その答えは「イエス」です。改造パーツや特殊なチューンナップをエンジンと車両に施すことで、原付でも最高速度を上げることは難しくありません。 しかし、原付のエンジンなどを改造しようと考えている人はひとつだけ大切なことを忘れないようにしてください。原付の改造は、どんな事情があっても違法になります。サーキットでレースをするためで、公道で利用しないのであればまだいいのですが、改造した原付を公道で走らせることはどんな事情があれ、違法です。 それを前提にした上で、ここでは原付の最高速度をアップさせる改造方法を考えてみます。

手っ取り早いのがリミッターカット

原付の最高速度アップで手っ取り早いのが、リミッターカットをする方法です。昨今は原付であっても簡単なシステムでエンジンの性能を制御しています。元々、日本の原付でもいくら最高速度制限があるとはいえ、本当の性能はずっと高いです。これをリミッターで制限しています。 このリミッターをカットする違法なパーツなどが手に入りますので、それを使うことで原付のエンジン性能を最大限に引き出し、時速30kmを優に超えるスピードで走行することが可能になります。

腕に自信があればエンジンを改造する

リミッターカットでエンジンの性能を上げても、いずれ車体のバランスが崩れます。車両のパーツなどはすべて時速30kmを前提にしていますから、それ以上の速度で走るとバランスがおかしくなってしまいます。 空力の問題もあります。エアロパーツなど、市販されている違法パーツを利用するか、自作しないと、エンジンだけチューンナップしても意味がありません。しかし、空力パーツやほかのパーツを自作するのはかなりの技術力が必要です。そのため、誰にでもできる作業ではなくなってしまいます。 技術があれば排気量を上げるボアアップや、ピストンやギアの交換という方法もあります。ただ、あくまでも技術があっての話です。 これらもまた、結局は違法な作業ですので、ここではあくまでもそんな方法があることを紹介するに過ぎず、違法改造を推奨するものではありません。

知っておきたい容量別原付の最高速度

原付は細かく分けると一種と二種に分かれます。そして、その種類によって最高速度の制限設定が違っています。ここでは一種の50ccまでのエンジンの原付と、51cc以上125ccまでの原付二種の最高速度を見てみましょう。

50ccの原付バイクは?

50ccまでのエンジンを搭載した原付はすでに何度も書いたように、最高速度は時速30kmまでになっています。これは昭和20年代後半に設定された数値で、今もまだ変わらずに続いています。 2006年に法改正案が出されましたが、事故率の可能性を指摘され却下されました。2013年には125cc、つまり二種と一緒にしてしまうことで法定速度時速60kmに引き上げる話もありました。そして2015年には最高速度を時速40kmにという案も出ましたが、いずれも2018年上半期時点では実現していません。

125ccはそもそも原付バイクなのか

125ccまでのエンジンを搭載したバイクを原付と呼ぶのかどうか。これは法律によって解釈が違います。 まず、道路交通法では小型自動二輪にあたります。そのため、免許証は原付免許のままではこのサイズを運転することはできません。では二種原付と呼ばれるのはなぜなのか。これは道路運送車両法において、125ccまでのバイクは第二種原付に分類されることになっています。 法によって解釈が違いますが、一応125ccまでなら原付です。一般的な認識ではこのサイズを原付とはいわない人が多いです。

標識における原付の最高速度は?

住宅地などの小さな路地などでは時速20km制限の道路などがありますし、その場合は原付レイダーも特に迷うことなく運転ができるでしょう。しかし、幹線道路などでは道路の標識が時速60km制限になっていることも一方ではあります。その際に原付ライダーはどうすればいいのでしょうか。基本的な話ですが、念のため紹介しておきます。

50ccまでなら

道路標識における制限速度が時速60kmだった場合、原付ライダーが厳守するべき最高速度はあくまでも時速30kmです。原付はいかなる場合でも最高で時速30km以上を出すことは許されません。 これがひとつの大きな問題でもあります。時速60kmで車が走っている中、原付だけ30kmではあまりにも速度が違いすぎ、追突されるなどで逆に危険が増してしまいます。ましてや車と原付では体格が違いすぎ、危険は増すばかりです。 しかし、いずれにしても、原付は最高速度は時速30kmまでしか出せません。

原付二種と呼ばれる原付は?

125ccまでの二種の原付の場合、最高速度は時速60kmまで出せます。そのため、最高速度が時速60kmで制限されている道路ではほかの車両と同じ速度を出すことが可能です。 車やバイクは最高速度が上がるほどに事故の際の死亡率が高まります。危険ではありますが、交通の流れに乗れない50ccのバイクもまた違った意味で危険です。そのため、原付よりはこの二種のタイプの方がまだ乗りやすいといえます。

最高速度を上げるなら免許をステップアップ!

原付の最高速度は半世紀も前に制定されたものではありますが、現実問題として、その速度域で法令上は運用されています。そのため、日本の市場ではそれに合わせた原付が販売されています。 これをさまざまな方法で改造したり、最高速度を上げる方法がありますが、いずれも違法です。公道を走っていても、結局時速30km以上で走れば違反になってしまいます。そのため、これ以上の最高速度を望む人は、サーキットでレース用に改造するか法改正を待つしかありません。 「原付の最高速度を上げたい」ということはイコール「もっと早いバイクに乗りたい」という欲求ではないでしょうか。それであれば原付よりも原付二種、原付二種であれば二輪免許など、自身が運転できるバイクを上げるために免許をステップアップした方が合法的で手っ取り早いです。スピードを求めるなら、大きなバイクを選びましょう。

Related tag関連タグ

アクセスランキング

キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)