Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

今回の記事はジープブランドのかつてのジープのウィリーのDNAを、唯一直属の後継車として受け継いだレネゲードについて色々と紹介しました。レネゲードはグレードごとにエンジンが異なることや、個性的なデザインなど、見所がたくさんありますので、気になる方はご確認下さい。

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

ジープのレネゲードとは一体どんな車?

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

ジープのレネゲードと言えば、やはりこの個性的な可愛らしい見た目が特徴の車になります。一度レネゲードを知った方はなかなか忘れられないフォルムをしていますが、こちらはジープ生産の外車であり、海外ではとても人気の車になります。最近ではクーパーやハスラーなど個性的な車が若い人を中心に流行っているので、ジープのレネゲードなどもそのターゲットに入りそうです。ハスラーとデザインが似ていることもあり、またコンパクトな車なのでその点でこれからさらに人気が出る車種と言えるかもしれません。

昔のジープと現在のレネゲード

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

実はジープはもともと米軍の軍事車両として使われていて、1941年に「ジープ」として開発が始まりました。そのため、その後継車であるレネゲードはこのように個性的な見た目をしています。ジープの開発したこのレネゲードは実は初代ジープのウィリーズのDNAを受け継いだとして作られた車です。初代ウィリーズという車はデザインからするとそのDNAを受け継いだと言われる現在のレネゲードとはあまり似ていないように思われますが、細部を見ると似ている点もあります。レネゲードが主にウィリーズのそうした基本的なデザインを継承しながら、現在の形に合ったよりユニークなデザインへと進化した車なのです。

ジープ レネゲードの特徴とは?

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

レネゲードはジープブランドとしては初のスモールSUVとして開発された車です。過去のジープのDNAがデザインやパフォーマンスの面で大いに凝縮されていて、スモールSUVのためかつての男らしいといったジープの印象とは打って変わって可愛らしい印象を感じさせます。やはり、大きな特徴はそのコンパクトさにあり、もともとのジープ特有の力強い走りへのこだわりと、そこにユニークなデザインが見事にハマっています。そしてスモールSUVとして初の電子制御式9速オートマチックトランスミッションが採用されており、優れた発進加速と低燃費を約束しています。 レネゲードはそうしたデザインや大きさだけでなく、滑らかな走りを可能にし燃費効率を高めるような新しい技術も使われているため、かなり先進的な車と言えるかもしれません。

SUVとは?

ジープはスモールSUVという位置付けをされていて、本来のSUVよりも小規模的と言われていますが、実際SUVとはどのようなものなのでしょうか。SUVの意味はスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略称であって、そのままの意味で考えれば「スポーツにも役に立つ車」というニュアンスになります。もともとSUVはアメリカ市場ではいわば中心的な位置にある車なので、アメリカではどちらかと言えば一般的な車の形はSUVとなります。それはやはり、荷物が多く積めることや、その頑丈さ、また4WDといった長距離走行に向いていることなどの点で多くの人に受け入れられています。つまり、SUVとは端的に言って、そうしたアメリカで一般的な位置づけの車であり、スポーツ的な仕様も兼ねた車のことを指していると考えられます。

ジープ レネゲードの安全性

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

ジープのレネゲードは安全性の面において様々な工夫がなされています。まず、約60個ものセーフティとセキュリティ機能を採用しているのでこと安全面においては色々な形で保障されています。まず、レネゲードのボディは強靭なスチールを70%を使用していて、モノコックボディ構造になっているのでその表面は頑丈に守られています。さらにリアパークアシストという機能で、リアバンパーに超音波センサーが内蔵されているので、障害物に衝突しそうになった時に知らせてくれます。また、安全性に配慮したエアバッグも搭載されているので消灯してしまった場合も安心です。

レネゲードの安全性その2

また、エレクトロニック・スタビリティ・コントロールという車内全体に配置されたセンサーによって、走行時にコースからずれてしまった際などにアシストしてくれる機能があります。さらにエレクトロニック・スタビリティ・コントロールの拡張的なシステムとして、エレクトロニック・ロール・ミティゲーションという、コントールが危険な状態になった場合強制的に軌道修正してくれる機能まであるので、ドライビングテクニックに自信がない方も安心なバックアップ機能が搭載されています。その他、リアバックアップカメラで、広角映像で後退時のアシストを行ってくれますし、前面衝突警報や車線が逸脱した際に警告してくれる機能まで搭載されていますので、レネゲードは安全性において信頼できる面が多くあります。

ジープ レネゲードの燃費は良い?悪い?

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

SUVと言えばなんとなく燃費が悪いと思っている方も多いかと思いますが、実際にはレネゲードはスモールSUVという、普通のSUVに比べて大きさが一回り小さいタイプのSUVなので、そうなってくるとまた燃費に関しては、普通のSUVに比べればよくなる傾向になります。さらにスモールSUV初の技術が使われていたりと、性能面でも新しいレネゲードなので、それらがどのように燃費効率に繋がっていくのかとても気になるところだと思います。

レネゲードの価格と燃費はどうか?

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

では実際にレネゲードの燃費はどのようになっているのでしょうか。価格と共に紹介していきたいと思います。まず、価格ですが、グレードによって違いはありますが、LONGITUDE¥2,970,000~、LIMITED¥3,186,000~、TRAILHAWK¥3,456,000~というのが相場になっているようです。一番安いもので、300万近くしますから、それが新車でレネゲードを買おうと思った場合の最低金額になります。燃費の方はというと全体的にリッター15㎞程度とあまりいい方ではありませんでした。ちなみにこの燃費消費率は国土交通省がJC08モードを採用して計測したものになります。

タイプ別にレネゲードの燃費を比較してみた!

やはりジープのようなアメリカで生産された車は、日本では過去に生産されたものは燃費が非常に悪かったといった印象を持った方がほとんどだったので、世の中には「ジープは燃費が悪い。」や「アメリカ産の車は燃費が悪い。」と未だに根強く思っている方がいるかと思います。しかし、実際のところはそれほど最近のアメリカ産の車は絶望的に燃費が悪いことなどはなく、エンジン性能の向上で燃費効率もだいぶ上がってきています。みなさんも実際今の燃費はどの程度になっているか気になっているかと思います。レネゲードはタイプやグレードによって燃費効率に違いがあるので、ここからはそのタイプ別に燃費やその特徴について紹介していきたいと思います。

トレイルホークの燃費は?

やはり、コンパクトSUVといってもFFや4WDなど採用している方式に違いがありますが、どうせ買うならレネゲードのような4WDの方がいいという方は多いです。トレイルホークはジープレネゲードの中で唯一4WDを採用している車です。4WDとは4輪のタイヤに均等にエネルギーを配当することができ、主に高速時の走行がかなり安定するというメリットや、スピンしにくいといったメリットがあることで有名です。唯一の4WDなので、4WDに乗りたい方はこちらのレネゲードのトレイルホークを選ぶことになりそうですが、一体燃費はどれほどなのでしょうか。

トレイルホークのカタログ燃費と実燃費は?

トレイルホークのカタログ燃費は10.4km/リッターとなっていますが、実際の燃費の方は一体どうなっているのでしょうか。実際に走った方の口コミを見ると、街乗りでは6~8㎞/リッターで、高速道路では約10㎞/リッターという結果におおよそなりました。基本的には4WDということもあって高速道路や、通りの良い道路での使用となることが多いので、やはり燃費が悪くなりやすい街乗りはレネゲードのトレイルホークはあまり向いていないのかもしれません。平均燃費は8㎞~10㎞/リッター程度という結果と、一般の車と比べると低い数値ですが、そのあたりはSUVや4WDといった特性に因るものが大きいのだと思います。

チェロキーの燃費は?

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

ジープのチェロキーは2014年5月から現在まで生産されている4代目の車になります。デザインはレネゲードに比べると、ジープの本来のイメージのワイルドなフォルムをしていますが、スマートな形状をしていますので、その点も人気が高いようです。しかし、やはり「ジープと言えば燃費が悪い。」と思っている方も多いようで、実際ジープの車はカタログ燃費を見ると、一般の車に比べるとかなり低いものが多いです。実際のところはどのようになっているのでしょうか。

チェロキーのカタログ燃費と実燃費は?

やはり気になるのはチェロキーの燃費ですが、まずはカタログ燃費から見ていきましょう。最新型のチェロキーのカタログ燃費はJC08モードでの計測で8.6~10.4km/リッターとなっています。こちらも一般的にみて高い数値とは言えない範囲になります。実際走った方によると市街地では約8.1km/リッター、高速道路では約11.9km/リッターとなったというデータもありました。。やはり、チェロキーはカタログ燃費、実燃費ともにあまり高くないので、燃費にこだわる方が使うのは難しいかもしれませんが、それでもSUVとしてはこれぐらいが妥当と言えるかもしれません。

チェロキーの実燃費は?

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

他の燃費を総合してみますと、実燃費の方は平均として6km/リッターといったそのあたりのラインになってくるようです。これを見ますと、やはりチェロキーは燃費がいい方だとはあまり言えないことが分かります。もともと燃費の良さを売りにしている車ではなく、そのデザインや運転のし易さ、頑丈さなどが評価されている声も多いので、その点で燃費の弱点を上回ることが出来るかもしれません。

レネゲード新型の燃費は?

レネゲードの新型はグレードごとに燃費も違うのですが、先ほど紹介したトレイルホーク以外にはオープニングエディションとリミテッドの二種類のグレードがあります。オープニングエディションのカタログ燃費は15.5km/リッターになります。トレイルホークと燃費を比べてみると燃費効率は大きく上がります。ちなみにオープニングとリミテッドで使われるガソリンはハイオクとなっており、トレイルホークではレギュラーガソリン対応となっています。実はトレイルホークがレギュラーガソリン仕様なのは、初代ウィリスの後継者となっているからだと言われています。ウィリスはアメリカ仕様のエンジンを使用しているため、レギュラーガソリン仕様になります。

レネゲードのディーゼルタイプは?

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

先ほど言った通りレネゲードのグレードは二つありますが、ジープ・レネゲード 1.6マルチジェットII 120 リミテッドはエンジンは1.6ℓディーゼルを搭載していまして、21/リッターとかなり高い燃費効率を実現しています。実際の燃費記録は二桁を超えているものが多く、平均すると15km/リッターあたりの実燃費になるようです。こうして見るとやはりカタログ燃費よりは落ち込んでしまいますが、2WDのスモールSUVとしてはなかなかの燃費であるとの評価が多いです。

みんカラでのレネゲード燃費記録の情報!

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

やはり、レネゲードの実際の燃費はどのようなものかの生の声が気になる方も多いと思うので、今回はみんカラで実際に走行した方の記録を見ていきたいと思います。みんカラというのは、自分と同じ車に乗っている方の燃費記録やその他クチコミを見ることができるSNSになりますが、そちらでレネゲードの燃費記録をグレード別に紹介していきたいと思います。

レギュラーガソリン仕様のレネゲード燃費クチコミ

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

みんからでレギュラーガソリン仕様のレネゲードの燃費クチコミを調べてみました。レギュラーガソリン仕様ということはおそらくトレイルホークになりますが、9.53 km/リッター、6.97 km/リッター、8.53 km/Lといった数値が出ていました。基本的には長距離を走っている所有者の方の燃費は8〜9km/リッター程度で、ほぼカタログ燃費通りの数値が出ています。

ハイオクガソリン仕様のレネゲード燃費クチコミ

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

ハイオクガソリン仕様のレネゲードと言うと、おそらくオープニングエディションとレネゲードのグレードになります。ハイオクガソリン仕様車の実際の燃費クチコミを調べると15.03 km/リッター、9.710km/リッター、12.06 km/リッターの値が出てきました。カタログ燃費が、オープニングで15.5km/リッター、リミッターで14.4km/リッターなので、あまり実燃費と差がないクチコミもありますが、大きく離れているものもあります。やはりそのあたりの実燃費との差はどういった道を走るかということに大きく影響しますので一概に統一することは出来ません。やはり、レネゲードは高速道路など加減速が少ない場所に適しているので、その辺りが燃費の違いを生んでいるのかもしれません。

ジープのDNAを受け継ぐレネゲート

レネゲードの燃費は良い?悪い?トレイルホークやチェロキーの燃費

ここまでジープのレネゲードついて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。やはり、「ジープは燃費が悪そう。」といったイメージが多いようですが、実際のところはそれほど燃費が悪くないという意見も多く非常に可能性を感じる車と言えます。最近では個性的な見た目の車が走っていることは多いので、デザインが少し個性的なレネゲードもこれから広く乗られるようになってくるかもしれません。

Related