Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月22日

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

外国産車のBMWは若者から大人まで人気があります。いつかそんな、「BMWに乗ってみたい」なんて夢を持っているけど維持費ってどのくらい掛かるかご存知でしたか。今回はそんな人気な外車メーカーBMWの維持費についてご紹介します。

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

車の費用の種類4つ

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

私たちが、車を所有するとなれば誰もが気になるのが、「車の維持費」です。特にBMWを含めたなど輸入車ともなると「国産車と比べたら、外車の維持費はとんでもなく高いのでは」という意見が多々見受けられます。

今回はそんな、「BMWの維持費」についてご紹介します。人気外国産車メーカーBMWの維持費には、どの程度掛かるのでしょうか。

まずは、車を購入する際に必ず掛かる4つの費用から見ていきましょう。

購入時

BMWのディーラーなどでBMWを購入すると、保証プランがありますので、車の購入後も保証があり、故障があっても3〜5年は維持費に関しての心配がありません。

BMWは見た目もかっこ良くそして、キビキビと走り乗り心地がとても良いです。そしてなによりその伝統のブランドに乗れるというステータスがあります。

国産車では、味わえない走る楽しみを、BMWで味わうことができます。

保険料

BMWの維持費のひとつでもある保険料は、車両保険を付帯させると、10万以上と高めです。

減価償却されたとしても、BMWの場合は最高で何百万円もの保険金額が設定できます。BMWでも、車体保険の安いクラスの車種に乗れば、維持費の一つである保険料を安く抑えることが可能です。

また、車体保険を付帯させないで対物や対人だけの保険にすれば、BMWの維持費である保険料を数万円節約することが可能になります。

維持費

BMWの維持費は大きく分けて税金と、修理代・点検代・ガソリン代などの経費の2つに分かれます。

BMWの維持費は、昔ほど高いイメージはありません。日本にBMWが普及したため、ディーラーなども増え、部品交換などの修理代に高額な金額が必要なくなったからです。

中古のBMWを所持しても維持費があまりかからなくなりました。多くのBMWが減税対象車になっているため、車種によって維持費が違ってくることも特徴です。

処分費

BMWの処分費用には、レッカー代や手続き代がかかります。

BMWの処分費は意外とかかります。BMWを処分する際は、ディーラーや中古車取扱店、廃車買取業者などに依頼します。どの店も買取に特徴がありますので、多くの店舗で見積もりを立ててから売ることが大事です。

店によっては、処分費を差し引いてもお金が戻ってくる場合があります。根気よく交渉してみましょう。外車専門の店を利用してみてもよいでしょう。

BMWの維持費の内訳

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

BMWを含めた車の維持費は大きく「固定維持費」と「変動維持費」の2つに大きく分けられます。

まず、固定維持費ですが主に税金です。コチラでポイントなのは「国産車とBMWの車の維持費の金額の差額」ですが、ほとんど差がありません。

次の見出しからは、車の維持費の詳細を確認し「車の維持費の違い」とは何を意味するのかを進めていきましょう。

固定費

BMWの固定維持費の内訳は以下になります。

自動車取得税(購入、車検時)
重量税(購入、車検時)
自賠責保険料(購入、車検時に支払う)
自動車税(毎年)
任意保険(毎年)

変動費用

BMWの変動維持費の内訳は以下になります。

ガソリン代(ガソリン種別、燃費)
低額の消耗品(オイル、ワイパー、ブレーキパッドなど)
高額の消耗品(バッテリー、タイヤなど)
修理代
12ヶ月点検
車検代

燃費

もうひとつの「変動維持費」は、修理費用やガソリン代などの急な出費です。

車によりガソリンの種類により値段が変わりますが、国産車か輸入車という違いから、メーカー・車種により掛かる維持費用が大きく変わります。BMWをはじめとする輸入車の維持費については、この変動維持費がポイントとなります。

故障

BMWを含めた輸入車も国産車も維持費の差額は、車の部品代が大きいです。BMWは他の外国産車メーカーと比べて、車の維持費はあまり高くはならないそうです。

BMWなどの「輸入車の維持費は高い」といわれていたのは、車の故障が多くその度に部品交換を行っていたからです。現在は、BMWを含めた輸入車も故障が昔よりはほとんど無くなったので「輸入車の維持費が高い」と、あまり気にする必要はなくなりました。

整備

BMWの維持費である整備費が高いのは、国産車に比べて部品代が10パーセントから30パーセント高く設定されているからです。

BMWの維持費である整備代が高いのは、輸入部品であることを考慮すると仕方のないことです。特にハイブリッド車やプラグイン車両は、専門的な知識を覚えて、整備の際に無駄な部品交換がないようにチェックしましょう。

BMWの整備には、長い実績のある専門の業者に依頼することをおすすめします。

車検

BMWの維持費である車検代は、国産車に比べて割高です。

BMWの車検代が高いのは、部品の金額が高めに設定されているからです。ドイツのメーカーは点検制度が非常に厳しく、まだ使える部品でも、どんどん交換してしまう傾向にあります。

これを未然に防ぐためには、自身がBMWの性能や部品について熟知していくことが必要になってきます。車の状態についてしっかりと説明ができれば、まだ使える部品を交換せずに済みます。

駐車料金

BMWの維持費のひとつである駐車料金は、1000円ほど割増になることがあります。

BMWjの大型車は、駐車できるパーキングに制限があります。大型のBMWは、大型車専用の駐車場に停めることで、安心感を得ることができます。

BMWは高級車です。普段から駐車には気をつけて、愛車に傷などがつかないように注意しましょう。

BMWが気になるあなたにおすすめのサービス

外車を専門に扱う「外車王」は、BMWの買取に定評があります。

特に、レアなボディカラーや個性的なオーダーで作られた特徴のあるBMWは、ディーラーなどでは安く叩かれて敬遠されがちです。しかし、「外車王」にはさまざまな販売ルートが確立されているため、個性のあるBMWに値を付けてもらえるチャンスがあります。

外車王には独自のショールームがあり、大切な愛車を、責任を持って次の人へと橋渡ししてくれます。

BMWの車の種類

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

BMWは車種によって車の維持費が異なります。

BMWなどの外車は、車種によって税金などが安くなる場合があります。購入前によく調査して、賢い維持の方法を学びましょう。

整備会社なども工夫して、維持費が出せる車種のBMWを購入しましょう。

大型車

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

BMWの大型車は排気量が大きいため、自動車税が他の車種と比べて高めです。

BMWの大型車は人気のシリーズなので、愛車として持つ人が多いことでも有名です。多少維持費が高くても、トータルバランスに優れているBMWの大型車はおすすめです。

中型車

BMWtの中型車は、日本車よりも維持費が安いタイプもあります。

BMWの維持費が高いのは、部品交換の部品が高いという理由が大きいです。その部分は整備のときに注意してクリアしておけば、高級国産車に乗るつもりの費用でBMWを維持できます。

小型車

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

BMWは軽自動車のような見た目の小型車でも、その排気量は普通車クラスで性能には定評があります。

海外では軽自動車という区別がないので、日本では軽自動車と比べて維持費などが高いと思う方が多いです。しかし、日本車には無いお洒落な見た目と内装が、BMWならではの人気の秘密です。

BMWを所有するなら維持費も考慮しよう

BMWの維持費/費用の種類/固定費/変動費/燃費

ひと言で”BMWの維持費”といっても、その詳細は多くの税金やメーカー側の経費が含まれています。

BMWは維持費がかかるから乗れないのではと考えていた方も、国産車とそれほど違わない維持費で乗れることを理解していただけたでしょうか。

BMWのディーラーが増え、街でBMWを見かけることが多くなりました。それだけ多くの日本人が、BMWを愛好して気軽に乗っている証拠です。

次はぜひ、BMWに乗ってみてください。

大型の外車と選ぶコツ

BMWの7人乗りの2シリーズなど、大型の外車が人気です。大型の外車に思い切って乗ってみるのもすてきです。

大型の外車を選ぶコツは、メーカーやランキングを参考にするとよいでしょう。

いちばん人気はBMWの2シリーズです。FFか4WDかが選択できます。低燃費を実現したミニバンで、トータルバランスに優れた、たいへん乗り心地の良いBMWです。ポテンシャルの高さも、はずせない魅力です。

Related