Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月30日

スタッドレスタイヤの適正空気圧・状況別空気圧の使い分け

今回は、これからの季節に大活躍するスタッドレスタイヤの空気圧について詳しくご紹介していき、タイヤメーカーの指定空気圧についてや、車種別の空気圧について、そして、窒素を空気圧に利用した場合に、空気圧の調整が新たに変わるのかについても詳しくご紹介していきます。

スタッドレスタイヤの適正空気圧・状況別空気圧の使い分け

スタッドレスタイヤの会社別適正空気圧と魅力

今回は、これからの時期に必要なスタッドレスタイヤの状況別に合わせたご紹介を詳しくご紹介していきます。

そして、会社によってスタッドレスタイヤの適正空気圧が違ったりする場合もあったりし、普段は、乗用車の運転席側のドアを開けた部分にカーメーカー指定の適正空気圧がありますので、こちらを参考にスタッドレスタイヤの空気圧を調整しましょう。

それでは、スタッドレスタイヤの空気圧について詳しく触れていきましょう。

ブリヂストン

ブリジストンの現在最新のスタッドレスタイヤがブリヂストン「BLIZZAK VRX2」(ブリザック ブイアールエックス2)というスタッドレスタイヤとなっております。

この最新のブリジストンのスタッドレスタイヤには、タイヤ装着初期でも、雪道でのグリップを稼ぐために、タイヤの溝に凹凸のパターンを採用しており、この技術を「マイクロテクスチャー」と言い、ブリジストンだけの技術なので、とてもおすすめなスタッドレスタイヤとなっております。

ブリジストンのスタッドレスタイヤは、カーメーカー指定空気圧のおおよそ「10kpaから20kpa」多く空気圧を入れるように推奨しており、少し多めに空気圧を入れるようにしましょう。

ヨコハマタイヤ

ヨコハマの新作スタッドレスタイヤの「YOKOHAMA「iceGUARD 6」」と言います。

こちらのスタッドレスタイヤは、雪道には当然効くのですが、業界で初めて雨などの路面であるウェット路面でのグリップも重視したモデルとなっており、高速道路などのハイスピードな場面であっても、今までのようにウェットで不安定になることが軽減されました。

なので、雪道もウェット路面でも安定したグリップを確保をしたい方にすごくおすすめです。

そして、ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤの指定空気圧ですが、こちらもカーメーカー指定空気圧の「10kpaから20kps」ほど多めに重鎮するように推奨されておりますので、少し多めにと覚えて頂けたらわかりやすいでしょう。

ミシュラン

ミシュランに新作スタッドレスタイヤは、「「MICHELIN X-ICE3+」ミシュラン エックスアイス3プラス」であり、ミシュランのスタッドレスタイヤには「表面再生ゴム」が採用されており、タイヤの性能は、走行を重ねるほど落ちてしまいます。

しかし、ミシュランの新作スタッドレスタイヤは、長く使っても「表面再生ゴム」によりグリップ力を維持し、スリップを抑制し、安全な雪道走行を実現できます。
長く使っても、性能の落ちにくいスタッドレスタイヤと言われ、とても支持されているスタッドレスタイヤです。

ミシュランのスタッドレスタイヤの指定空気圧は、決定されておりませんので、カーメーカー指定の空気圧で、抜群の性能を発揮してくれますし、とてもおすすめなタイヤと言えます。

グッドイヤー

グッドイヤーの最新スタッドレスタイヤは「グッドイヤー「ICE NAVI 7」(アイスナビ7)」は、世界的なタイヤメーカー「グッドイヤー」が日本専用に開発したスタッドレスタイヤです。

日本は、全国的にも稀で、南北に広い土地に、雪質の違いが多い国と言われており、水分の多い雪と、パウダー状の水分の少ない雪では、全く変わってきます。
ここに「グッドイヤー」は着目し、溝の表面に「エキストラ・マルチプル・サイプ」を採用することで、日本の雪質の違いにも対応し、全ての地域にて、最大のグリップを実現可能にしました。

この雪質に特化した「グッドイヤー」のスタッドレスタイヤの、指定空気圧は決められておらず、カーメーカーの指定空気圧を推奨しています。

状況別スタッドレスタイヤの空気圧の使い分け

次の分野では、スタッドレスタイヤの状況別に合わせた、空気圧の使い分けをわかりやすくご紹介していきます。

空気圧の調整「高め、低め、高速、インチダウン」などの場合に、スタッドレスタイヤがどんな変化を起こすのかについても、詳しく触れていきますので、空気圧の調整であなたにあったスタッドレスタイヤにすることも可能であり、雪道をより安全に走行できるようになりますので、参考にしてみましょう。

空気圧高め

もし、スタッドレスタイヤの空気圧を高めに、重鎮した場合に起こることは、スタッドレスタイヤが硬くなり、雪道の上では滑りやすくなります。

しかし、逆に言えば硬くなることで、転がり抵抗が少なくなり、燃費の向上が期待できますので、雪が今年はあまり降らないというシュチュエーションであれば、空気圧を高めにすることで、燃費の向上を促進することが可能です。

ですが、雪道やアイスバーンの走行が多い場合は、カーメーカー指定の空気圧で走行することを推奨します。

なぜなら、空気圧が高めであると、滑り出す可能性が高くなるからです。
なので、空気圧が高めだと滑る可能性も高まると覚えて頂けたらわかりやすいでしょう。

空気圧低め

次は、スタッドレスタイヤの空気圧を低めに重鎮した場合に起こることをご紹介していきます。

スタッドレスタイヤの空気圧を低くすることにより、タイヤは、地面により接地して、密着しますので、より雪道やアイスバーンでのグリップが期待でき、滑りにくくなります。

タイヤが雪に密着することで、通常よりも雪を捉えてグリップをすることが容易になるため、少し溝の減り出したスタッドレスタイヤや滑りやすいと感じた場合は、空気圧を低くすることで解決できますので、ぜひ一度試してみましょう。

ちなみに、あまりにも空気圧を減らすタイヤがより磨耗しやすくなりますので、カーメーカーー指定空気圧のマイナス30kpaまでに留めておくことを推奨します。

高速道路での空気圧

次に、スタッドレスタイヤで高速道路を走行する場合の、空気圧をご紹介していきます。

高速道路は、通常の走行スピードよりも、極めてスピードが出る状況であり、タイヤの性能がより堅調に現れます。

スピードがより出ることで、タイヤが弾みやすくなり、空気圧が低い場合には、振動が発生したり、タイヤに負担がかかりますので、指定空気圧より高めに入れることを推奨しておりますから、高速道路に入る前に、空気圧の点検を行なってもらうとより安全に走行できます。

もし、高速道路状でも、接雪がある場合はカーメーカーの指定空気圧で走行するのが一番安全な方法ですので、覚えておきましょう。

インチダウンの場合は?

スタッドレスタイヤの適正空気圧・状況別空気圧の使い分け

次に、インチダウンを行なった場合の空気圧の調整方法について詳しくご紹介していきます。

インチダウンを行なった場合には、通常よりも空気圧を高めに入れる必要があり、なぜかというと、タイヤの面積が増えるため、よりタイヤに負担がかかるので、空気圧を高めに入れて調整します。

インチダウンを行うと、タイヤのたわみが増えるので、トランポリンのように柔軟になり乗り心地の向上が期待できますが、逆にたわみが増えることで、高速時には安定感が損なわれえる面もあり、普段高速に乗らない方なら、インチダウンがおすすめなメンテナンスとも言えますので、一度試してみましょう。

スタッドレスタイヤ車種別の空気圧使い分けとは?

スタッドレスタイヤの適正空気圧・状況別空気圧の使い分け

次に車の種類によって空気圧の使い分けを行うことで、よりスタッドレスタイヤの性能を引き出すことが可能となっております。

車によって、重量が異なるため、実際に使い分けることで、より雪道での安定した走行が可能であり、スリップ事故などを未然に防ぐことも可能になります。
タイヤは、空気圧の加減で、ゴムの硬さを調整できるため、車によって調整する必要があります。

今回は、車種別の空気圧の使い分けという分野で、わかりやすくご紹介していきます。

軽自動車の場合

軽自動車であれ、普通乗用車よりも軽い車であり、スタッドレスタイヤの性能が出やすい傾向にあり、空気圧の良し悪しで、走行性能も大きく変わってきます。

なので、カーメーカー指定空気圧が、一番推奨される空気圧なのですが、物などを多く積んでいたりする場合は、推奨条件が変動してきますので、もし多く荷物を積んでいる場合は、少し標準よりも多く空気を入れることで、より安定した雪道走行が可能となっております。

ほとんどの軽自動車のカーメーカー指定空気圧が200kpa前後ですので、この値を基準に空気圧を調整するとスタッドレスタイヤの性能をより引き出すことができます。

軽トラックの場合

次に、田舎で抜群の利便性のある「軽トラック」の空気圧の使い分けについて見ていきましょう。

あなたが雪道を走行して、滑りやすいと感じたら、空気圧を下げて調整し、走りにくいと感じた場合は、少しずつ空気圧を高めて見ましょう。
おおよそ「10kpaずつの調整」を推奨しており、いきなり高めたり、低めたりするとスタッドレスタイヤの動きが急に変わり事故の原因となりますので、気をつけましょう。

他にも、積載量が増えることが多い軽トラックの場合は、空気圧を高めることで、より安定した性能をスタッドレスタイヤが発揮してくれますので、雪道走行を行う場合は、空気圧の点検をしっかりと行うことをおすすめします。

スタッドレスタイヤ窒素使用時の空気圧は?

空気圧を重鎮する際に、普通の空気を入れるのではなく、より効率のより「窒素」を重鎮した場合には、空気圧を新たに調整する必要があるのかについて詳しくご紹介していきます。

スタッドレスタイヤに、窒素を重鎮した場合でも、空気圧は前と同様であり、窒素だからといって多く入れたり、少なく入れる必要はありません。

窒素は空気が自然に抜けにくいので、長く同じ空気圧を保ってくれますので、よちタイヤの負担が軽減されるメリットがあります。

窒素はメリットが多い?

先ほど解説したように「窒素」は空気よりも、タイヤ内の空気圧が減りにくいので、タイヤに負担が減りますし、点検回数も減り、より安全な雪道での走行が可能となっております。

これにより、タイヤも長持ちし、ホイールの負担もわずかですが減らすことができるので、とてもおすすめなメンテナンスです。

窒素は最寄りの、ガソリンスタンドやかーショップにて、重鎮可能ですので、点検も同時に受ければ、万全な雪道対策を行うことができますので、一度足を運んで見ましょう。

空気圧によって性格が変わる!

スタッドレスタイヤの適正空気圧・状況別空気圧の使い分け

スタッドレスタイヤをより自分にあった脚とするために、空気圧を調整することで、より安全な雪道走行を可能としますので、ぜひスタッドレスタイヤの空気圧を点検して見ましょう。

そして、一度タイヤショップなどを訪れることで、よりスタッドレスタイヤに詳しくなることも可能ですので、スタッドレスタイヤ巡りに行くのもおすすめですし、より安全なスタッドレスタイヤを選ぶことにもつながりますので、ぜひ行って見ましょう。

Related