Search

検索したいワードを入力してください

オートバックスでのタイヤ交換の際のタイヤ持ち込みは大丈夫?

初回公開日:2017年11月08日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は、オートバックスにて持ち込みタイヤの交換ができるのかについて詳しくご紹介していきます。オートバックスでの、持ち込みタイヤの工賃や予約方法に作業時間なども詳しく解説していき、オートンバックス以外の店舗の持ち込みタイヤ交換の工賃もご紹介していきます。

オートバックスでのタイヤ交換の際のタイヤ持ち込みは大丈夫?

オートバックスでのタイヤ交換の際のタイヤ持ち込みは大丈夫?

今回は、通販などで新しく購入したタイヤを持ち込み、オートバックスで作業した場合の正確な工賃や内容について詳しくご紹介していきます。

通販などで購入したタイヤなどを持ち込み、タイヤ交換を行なってくれる店舗は比較的に少ないです。しかし、オートバックスは、店舗によりますが「持ち込みタイヤのタイヤ交換」を行なってくれます。

実際に、オートバックスにて「持ち込みタイヤのタイヤ交換」を行なった場合の、工賃や予約方法、持ち込みタイヤのタイヤ交換にかかる作業時間などを詳しくご紹介していき、お得になるプランがあるのかも詳しく解説していきます。

オートバックスの持ち込み工賃はいくら?

オートバックスにて、持ち込みタイヤのタイヤ交換を行なってもらう場合に必要な工賃は、ホイールのサイズで工賃が変わります。

「タイヤ・ホイール 17インチ以下」にて脱着+組替+バランス合計2,500円
「タイヤ・ホイール 18インチ以上」にて脱着+組替+バランス合計3,000円

1本あたりの金額ですので「17インチ以下」を4本作業した場合「10000円」となり「18インチ以上」を4本作業した場合「12000円」です。

この中にオートバックスのタイヤ交換には、タイヤとホイールのバランスを適切にする「タイヤ・ホイールのバランス調整」も含まれているので、オートバックスのタイヤ交換は他店に比べてお得です。

(参考)https://www.autobacs.com/static_html/srv/pit.html

オートバックスの持ち込みタイヤ交換の予約方法は?

次に、オートバックスの持ち込みタイヤ交換の予約方法をご紹介していきます。

持ち込みタイヤ交換の予約方法ですが、「Amazon以外での通販」での新品タイヤの購入は、予約ができないので、最寄りのオートバックスに電話で持ち込みタイヤ交換を行なっているかを確認しましょう。店舗によっては、「持ち込みタイヤ交換」を行なっていません。

web予約もある

オートバックスでは、「Amazonで購入した新品タイヤ」の持ち込みタイヤ交換を依頼する場合のみ、インターネットのwebサイトから、予約フォームにて必要事項を記入することで、最寄りのオートバックスにて、持ち込みタイヤ交換を予約することができるので、ぜひ活用してみましょう。

オートバックスのタイヤ交換の作業時間は?

オートバックスで持ち込みタイヤ交換の予約が完了して、実際に店舗に出向き作業を行なってもらう際の「持ち込みタイヤ交換の作業時間」をおおよその範囲でご紹介していきます。

持ち込みタイヤ交換は、普通のタイヤ交換と違って、ホイールから古いタイヤを外して、新品のタイヤを装着するので、少し時間がかかることがあります。

本数によって作業時間も変わってきますし、店舗の混み具合でも変わってきますが、作業にかかる時間はおおよそ「1時間から2時間以内」の店舗が多いです。また、これよりも早く持ち込みタイヤ交換の作業が終わることもあります。

オートバックスにお得プランはある?

オートバックスには、会員カードに入会することで、たくさんのサービスを受けることができ、オイル交換の工賃やタイヤローテーション、ワンコインメニューなどが充実しており、お得なサービスがあります。

しかし、オートバックスの「持ち込みタイヤ交換」での作業にお得なプランは残念ながらなく、作業工賃がこれより安くなるキャンペーンなどはありません。

持ち込みタイヤ交換は、カーショップにとって、タイヤの利益が取れない分、優遇されない傾向にありますが、持ち込みタイヤ交換の作業を行なってくれる店舗が少ない中、オートバックスは「持ち込みタイヤ交換」を行なってくれる店舗なので良心的な店舗だと言えるでしょう。

持ち込みによるタイヤ交換の料金比較をご紹介

イエローハット

イエローハットは、日本国内でも有名なカーショップであり、タイヤが安いことで有名ですが、イエローハットでのタイヤ購入の際に、安くなるキャンペーンであり、持ち込みタイヤ交換はあまり優遇されません。

それでは、イエローハットに「持ち込みタイヤ交換」を行なった際にかかる工賃は「4本あたり16000円」となっています。また、店舗によって多少工賃に差があるので、最寄りのイエローハットに連絡をしてみることをおすすめします。
 
イエローハットの店舗の中には、持ち込みタイヤ交換を行なっていないお店もあるため、事前に連絡をすることがポイントです。

(参考)http://www.yellowhat.jp/product/tire/

タイヤ館

タイヤ館は、カーショップの中でも「タイヤ専門」の店舗であり、スタッフがタイヤに詳しく車にあった最適なタイヤを選んでくれるので、とても評判のよいカーショップです。

そして、タイヤ館での「持ち込みタイヤ交換の作業工賃」ですが、「4本あたり17380円」となっており、持ち込みタイヤのタイヤ交換は、少し工賃が高くなってしまいます。

こちらの「タイヤ館」も店舗によっては、タイヤの持ち込みタイヤ交換を行なっていない店舗がありますので、予約をするついでに、「タイヤの持ち込みタイヤ交換」が行えるか聞いてみましょう。

(参考)https://www.taiyakan.co.jp/service/tire/exchange/

ガソリンスタンド

どこにでもある「ガソリンスタンド」なら、どの地域でも持ち込みができるので、とても便利です。しかし、店舗によって作業工賃の幅が広い傾向にあります。

このため一概には言えませんが、おおよそ「4本あたり15000円」で持ち込みタイヤ交換を行なって頂けます。

ガソリンスタンドは、比較的に「持ち込みタイヤ交換」を行なってくれる店舗が多く、初めてで少し心配に方におすすめです。オートバックスと比較すると工賃は高い傾向にありますが、最寄りのガソリンスタンドへ連絡してみましょう。

ディーラー

次は、大手カーディーラーである「トヨタ」での「タイヤの持ち込みタイヤ交換」の作業工賃を詳しくご紹介していきます。

カーディーラーにて、「タイヤの持ち込みタイヤ交換」の作業をしてもらうなら、購入したディーラーや車種と同じディーラーに行くことをお勧めします。

少し作業時間が早く終わったり、工賃を少しでも安くすることができる可能性があります。
それでは、「タイヤの持ち込みタイヤ交換」の工賃ですがおおよそ「4本あたり8400円」となっており、オートバックスよりも安く持ち込みタイヤの交換を行える可能性があります。

ディーラーであっても、店舗によっては作業工賃が変わってきますので、あらかじめディーラーに、問い合わせてみましょう。

こちらの作業工賃はトヨタでの工賃ですので、他社ではこれより安い可能性があったり、高くなってしまう可能性もあるので、一度最寄りのディーラーへ連絡してみることをおすすめします。

オートバックスなら安心

オートバックスは、他のカーショツプよりも、持ち込みタイヤ交換の工賃や内容を公開している店舗が多く、安心して持ち込みタイヤのタイヤ交換を依頼できるでしょう。

そして、通販であれば「Amazonショップ」にて新品タイヤを購入すれば、オートバックスの公式インターネットのWebサイトから予約の申し込みを行えるので、手軽に持ち込みタイヤのタイヤ交換を依頼でき、とても便利です。

店舗によって、持ち込みタイヤ交換をすることができない店舗もありますが、「Amazonショップ」を通しての新品タイヤの購入なら、オートバックスが正式に持ち込みタイヤ交換を行なっています。このため、オートバックスの店舗なら、高い確率で持ち込みタイヤ交換を行えることができるでしょう。

事前にリサーチしておき、「Amazonショップ」にて新品タイヤを購入して、オートバックスのwebサイトを利用し、手軽に持ち込みタイヤの交換をしてみてはいかがでしょう。

Related