Search

検索したいワードを入力してください

プリウスにおすすめのタイヤ・交換時期・価格・サイズの種類

初回公開日:2018年05月17日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ここでは今人気のプリウスのタイヤ選び、ホイール、プリウスの魅力やお出かけ前のタイヤの空気圧、少し苦手と感じてしまうチェーンの取付方法など、その他にもプリウスに適しているタイヤの価格の相場を少しでも参考になればとおもいご紹介しています。

プリウスにおすすめのタイヤ・交換時期・価格・サイズの種類

プリウスにおすすめのタイヤ

皆さんの中には、プリウスファンが多くいるのではないでしょうか。そんな時もっと快適にドライブをするには、タイヤをきちんと選びたいと考えている方もいることでしょう。ここでは今プリウスに人気のタイヤを説明します。

「人気タイヤ」
・LM704
・ルマン4
このタイヤはもっとも静かな走りのプリウスに人気のタイヤと言えるでしょう。これらのタイヤは静かな走りのプリウスにはたまらないタイヤです。一度履いたらリピーター率も高いタイヤなので、満足すること間違いなしでしょう。

次に「スタットレス」をご紹介します。

スタットレスタイヤは

1年間車が欠かせない方もいるのではないでしょうか。ドライブが好きな方、アウトドアやウインタースポーツが好きな方と多くいることでしょう。そんな時雪道の凍結が心配でスタットレスを履いても怖いと感じてしまいがちですが、大好きなプリウスと楽しく冬でもドライブができるスタットレスを説明します。

「燃費を考えるならミシュラン」
ミシュランは雪の上でも、雪がない道でも、スタットレスでありながら、夏のタイヤのような役目をしてくれるのが人気の秘密でもあります。

「凍ってる道を走りたい時はブリジストン」
ブリジストンは雪が多く降る場所、冬に山を走りたい方におすすめです。スタットレスでも雪道を感じさせない走りが魅力的と言われています。

次に「プリウスのタイヤの交換時期」をご紹介します。

プリウスのタイヤの交換時期

タイヤ交換の時期ですが、だいたい何年位を目安にしているでしょうか。例えばプリウスを新車でとか中古で購入した方もいることでしょう。ここではプリウスを新車で購入した時の場合に絞りタイヤの交換時期を説明します。

タイヤは何年持つとおもいますか。新車でプリウスを購入した時、純正のタイヤなので約4年~6年は大丈夫でしょう。しかし条件があり、きちんとタイヤのローテーションをしてあげてるともう少しは長持ちするのですが、ローテーションをしていない、忘れてしまうとタイヤの交換時期が早まってしまいます。

必ず出掛ける前にタイヤの確認はしているのではないでしょうか。そんな時、タイヤがおかしいと感じたら即交換が良いでしょう。例えばスリップサイン、ひび割れ、ワイヤーが出ていると感じた時期とか待たずに交換することをおすすめします。

次に「プリウスのタイヤの値段・価格相場」をご紹介します。

プリウスのタイヤの値段・価格相場

ここで気になるのが、あの美しい走りをするプリウスのタイヤの値段や価格相場はと疑問におもってる方も多いのではないでしょうか。少し値段や価格を説明します。

では、プリウスのタイヤの値段ですが、例えば16インチで1本3000円~約20000円近くのタイヤがあります。値段的には結構ばらつきがあるのですが、タイヤのメーカーさんによって値段が違く、ブランドとなるとそれなりの値段になってしまいます。

そして、価格の相場が余りブランドなどこだわらないのであれば、16インチで約6000円~9000円前後で比較的購入がしやすい価格になっています。

これからプリウスのタイヤを購入したいと考えている方、サイズがわからなく悩んでいませんか。次は、プリウスのタイヤのホイールの選び方をご紹介します。

プリウスのタイヤのホイールの選び方

タイヤのホイールの選び方ですが、プリウスはランクに応じて若い方や年配の方まで人気がある車ですが、特に若い方に人気の30系プリウスのタイヤのホイールを説明します。

30系プリウスとはドレスアップやツライチにすると、良く似合う車とも言えるでしょう。そんなプリウスには19インチのホイールと215/35‐19のタイヤの組み合わせが多いと言われています。その理由は少し車体を下げたいと言う方に多くの組み合わせとも言えるでしょう。

プリウスのホイールは約15インチ~20インチまで履かせることはできるのですが、雪道や海沿をドライブしたいなど、日頃のスタイルに合ったホイールやタイヤを選んだほうが良いでしょう。しかし20インチはギリギリ履けるホイールなので、きちんと専門店に行き相談することをおすすめします。

次に「車種別プリウスのタイヤのサイズ種類」をご紹介します。

車種別プリウスのタイヤのサイズ種類

プリウスのタイヤの種類は多くあるのですが、この頃は見た目も、走りやすさも人気のプリウスは、オーナーさんに合わせた感じのタイヤが多くなっています。純正のタイヤから幅が大きいタイヤもあるのですが、例えば19インチのホイールを中心に考えたら、これより小さいタイヤはあまり好ましくないでしょう。

プリウスは車のランク的に、タイヤが決まってくるので気を付けましょう。中には特には後輪のタイヤに大きいタイヤを履き車体からはみ出してしまうと言うこともあり、それで公道を走ると危険なので、タイヤの種類は豊富なので一度メーカーさんに聞くのをおすすめします。

特に良いのが純正タイヤで215/40R18、例えばメーカーさんのダンロップ、ヨコハマタイヤなどまだあるので、ランクに合ったタイヤを選んでみてはどうでしょう。

g´s

g´sのタイヤは、ほぼ純正のタイヤと言っても過言ではないです。プリウスのg´sのタイヤは、特に215/40R18はホイールは18インチになるのですが大きさ的にも適していると言えます。

20系

では20系ですが、ホイール的には15インチと16インチになります。タイヤは185/65R15と195/55R16のタイヤがもっとも適してると言えるでしょう。この他にタイヤを細くしたり太くする場合はメーカーさんもしくは近くのタイヤの専門店で相談することをおすすめします。

30系

30系プリウスのタイヤ選びも正直迷うのでないでしょうか。車に合ったタイヤなどきちんと履かせないと、おもわず車検が通らないと言う結果になってしまうので気を付けましょう。

では30系プリウスにはホイール15インチで185/65R15タイヤとその他に17インチのホイールで215/45R17が見合うとされています。例えばこれよりタイヤやホイールを大きくしてしまうと高速道が走れなくなったり、小さいとタイヤが車の車体に耐えられないと言う不具合もあるので注意が必要です。

プイリウスのタイヤチェーンの付け方

冬になると、おもいがけない雪にチェーンを掛けなければいけなくなった時に、余りチェーンに慣れていない方は、大変なおもいをしたことがあるのではないでしょうか。ここでは少し簡単にチェーンの掛けかたを説明します。

まずは、チェーンを掛ける時は、プリウスのタイヤは当然ですがFFなので前輪にチェーンを掛けます。そしてハンドルを左右どちらかに、おもいきり切って、できれば路面が濡れていないばしょで作業をしましょう。

そして、チェーンを広げ金具が折り返してあるほうが外向きにします。チェーンをタイヤに被せ、その時に絡めたり斜めにしたりせず注意しながら被せましょう。その後は内側の金具を留め、スプリングかゴムを掛けて完成です。

次は「プリウスのタイヤの適正な空気圧」をご紹介します。

プリウスのタイヤの適正な空気圧

誰もが楽しい、ドライブやあるいは仕事で車を利用する時に、必ず安全運転をするために確認をしなくてはいけないのが、空気圧ではないでしょうか。そんなプリウスでもっと多い15インチと17インチの空気圧を説明します。

15インチ
・前輪約250kpa、後輪約240kpa
17インチ
・前輪約220kpa、後輪約210kpa

タイヤは走れば少しずつ空気が抜けていきます。楽しいドライブや仕事などで車を利用する場合は空気圧を必ず確認をすることをおすすめします。

さらにプリウスとドライブが楽しくなるでしょう

いかがでしたでしょうか。今は特にプリウスファンが多くいます。タイヤ1本で燃費や走りも変わってくるので、自分のライフスタイルに合わせて、タイヤを変えて雪道や海沿いのドライブを楽しむと、今まで以上にプリウスの良さに出会えるでしょう。

人気の高いプリウスはオーナーさんの良きパートナーとなり、長く美しい走りを見せてくれます。これからも運転に気を付けて楽しいドライブをしましょう。

Related