Search

検索したいワードを入力してください

テンパータイヤのサイズの種類・購入する時の注意点・空気圧

初回公開日:2018年05月11日

更新日:2018年05月11日

記載されている内容は2018年05月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

テンパータイヤとは、予備タイヤの一種であり、車に備え付けられ万が一の状況に使用するために常備されています。しかし、テンパータイヤの存在を知らない人も多くいるのではないでしょうか。ここでは、テンパータイヤの詳細を紹介しているので、参考にしてください。

テンパータイヤのサイズの種類・購入する時の注意点・空気圧

テンパータイヤのサイズと種類

テンパータイヤとは、予備のタイヤとして車のトランクなどに備え付けられている可能性があります。予備のタイヤの使用用途は、タイヤがパンクなどの異常が生じた際に、整備会社までの移動用のタイヤとして備え付けられています。

車を所持している割合が多く、基本的な車の知識を持っている人も多くいます。そのため、車には一本の予備のタイヤが備え付けられていることを知っている人も多くいます。

乗用車の場合は、トランクの底に保管されている割合が多く、なかにはトランクのドアに備え付けられている場合もあります。トラックなどはトランクが存在しないので、車外に付けられている場合がほとんどです。

一般のドライバーは、予備のタイヤがあることを知っていますが、スペアタイヤと呼んでいる場合が多く、テンパータイヤと聞いても理解できないこともあります。テンパータイヤとスペアとでは違いがあるので、理解することが必要です。

外形が小さい

テンパータイヤは、普通に使っているタイヤの外形より小さく設定されています。そのため、よく観察するとテンパータイヤだと区別することができます。乗用車でもタイヤの大きさにも違いがあるため、テンパータイヤもその車に合うサイズが乗せられて、極端にサイズが小さいテンパータイヤが備え付けられていることはありません。

乗用車には、予備のタイヤであるテンパータイヤかスペアタイヤが常備されていますが、トラックなどの場合が予備としてテンパータイヤが備え付けられていることはありません。トラックなどの大型の車の場合に、少しでも小さいサイズのテンパーサイズに交換してしまうと重さに耐えきれずパンクしてしまう可能性があります。

そのため、トラックなどの車の場合は、テンパータイヤではなく同じ外形のスペアタイヤが常備されています。

テンパータイヤとスペアタイヤの違いは?

テンパータイヤかスペアタイヤが備え付けられているのか理解している人も少ないため、間違った使い方をしてしまっている場合もあります。その結果、事故を発生してしまう事もあるので、どちらのタイヤなのかを把握することが大切です。

スペアタイヤとの違いを知ることで、事故を予防に防ぐことができるので、ドライバーなら知っておくことが常識でもあります。しかし、テンパータイヤという言葉さえ知らない人が多いため、スペアタイヤという言葉しか知らない人も多くいます。

走行できる距離が決まっている

テンパータイヤでも当然公道を走ることができますが、長い期間走行することはできません。そのため、整備会社までのタイヤという意識を持つことが大切です。外形が多少小さくても問題なく走行することができるため、本来のタイヤに交換することなくテンパータイヤで走行してしまう場合があります。

しかし、交換せずに長い月日使ってしまうとパンクなどを起こしやすく、トラブルの原因になりやすいので、速やかに整備会社に寄り、本来のサイズのタイヤに交換してもらう事が大切です。

スペアタイヤの場合は、現在付けている他のタイヤと同じ大きさなため、ホイールを付け変えるとスペアタイヤで走行していることも外見では分かりません。また、長い月日を走行してもパンクなどする可能性は低いです。

スペアタイヤは、普通のタイヤとして使う事はできますが、予備のタイヤが常備されていないため、万が一のトラブルに対応することができません。

軽量化されている

テンパータイヤは、スペアタイヤより外形が小さく作られています。それには理由があり、軽量化を目的としているため、一回り小さいサイズを常備しています。さまざまな部分の小型化が進められているため、予備のタイヤも小型化した結果誕生したのがテンパータイヤです。

車を軽量化や小型化を売りにしている車が多くあるように、そのような売り文句は消費者にとっては魅力的に感じやすいです。車を買うのなら軽量化を表に出して宣伝している車の方が、売り上げが良くなる傾向があります。

予備のタイヤを常備することは決まっているため、タイヤを常備しない方法を取ることはできませんが、予備のタイヤを保管すると場所を取ってしまい、軽量化や小型化の妨げになります。そのため、予備タイヤ自体の大きさを走行するのに問題ないサイズまで小さくすることで、必要をする空間を狭くすると同時に軽量化にも成功しています。

スピードを出すと危険

テンパータイヤは、スペアタイヤより外形が小さい他にタイヤの幅も狭い場合もあります。そのため、一つのタイヤだけの幅が違っているので、タイヤの劣化スピードにも違いがあるので、パンクなどの異常が発生しやすいです。

また、幅が狭いため、いつもとハンドルの効き方に違和感を感じることもあり、そのような場合は、慎重に運転することを心がけましょう。スピードを出し過ぎてしまうとスリップなどを起こしやすい傾向があるので、無理にスピードを出さないように心がけましょう。

上記の説明のように長い間使用することは危険なため、早く整備会社に持っていかないといけない心理が働いてしまいますが、焦ると事故を起こす可能性も高まるの辞めましょう。バンドルの効きも普段と違うこともあるので、ハンドル操作のミスにも繋がりかねません。

駆動輪には付けない

車には四輪駆動の車もありますが、一般車の多くは二輪駆動の仕組みです。駆動輪とは、エンジンの力を直接借りて回転しているという意味です。そのため、四輪駆動の場合は、全てのタイヤが回転しますが、二輪駆動の場合は前か後ろのタイヤしか回転しません。

四輪駆動の方が力を発揮でき、悪路でも走行することができますが、一般車はそのような悪路を走行する機会が少ないため、二輪駆動の仕組みが多いです。

二輪駆動の場合は、主に後ろ側に設定されている割合が高いため、前のタイヤは後ろのタイヤで前に移動する力だけで回転していることになります。そのため、後ろのタイヤの方が摩擦や負荷がかかりやすいので、定期的に前後のタイヤを交換する必要があります。

駆動輪は力がかかりやすく、テンパータイヤを使用してしまうとトラブルが発生してしまうので、前タイヤにテンパータイヤを取り付けるように心がけましょう。

ホイールにラインがある

テンパータイヤとスペアタイヤの違いは、外見が小さかったり、性能に違いがあったりさまざまな違いがありますが、一目で見分けることもできます。スペアタイヤのホイールは、ホイールカバーを外した状態で、現在使っているものと変わりはありませんが、テンパータイヤのホイールには一目でわかる印が存在しています。

昔まではテンパータイヤのホイール自体が、特別な色などをしていたためすぐに判別できましたが、現在はテンパータイヤのホイールも黒色と統一されています。しかし、普通のホイールにはない白いラインが入れられているので、この知識さえ知っていれば素人でも判別することができます。

テンパータイヤを購入する際の注意点

車を購入した際には、予備のタイヤとしてテンパータイヤかスペアタイヤが備え付けられているため、購入する必要はありません。

しかし、パンクなどをして予備のタイヤをしばらく使ってしまった結果、予備のタイヤを使用することも危険な状況になることも少なくありません。そのような場合は、新たに予備のタイヤを購入し直す必要があります。

テンパータイヤは、整備会社などでも購入することもできますが、解体業者の会社でも販売されているケースもあるので、一度会社に寄ってみることも大切です。

テンパータイヤかスペアタイヤを購入するかは、ドライバー個人の自由なためどちらを購入してもお問題ありませんが、テンパータイヤを購入した場合は、注意しなければならなこともあると頭の中に入れておく必要があります。

テンパータイヤの方が値段が安いため、購入する割合が高いですが、正しい使い方や購入する際にも注意が必要です。

中古の場合

テンパータイヤを中古で購入することでより少ない費用で予備のタイヤを手に入れることはできますが、中古がゆえに長く使用することができません。使用していなくても年月が立つだけでもゴム製品でもあるタイヤは劣化してしまいます。そのため、中古を購入する際にはタイヤの状況を良く確認しておくことができます。

確認せずに中古のテンパータイヤを購入してしまうと、届いた時に酷い状況のタイヤが備え付けられていることもあるので、自分の目でしっかり確認して品定めをすることが重要です。

特に、ひび割れや溝の深さを注意深く観察することがポイントです。小さなひび割れがあるのなら将来さらに広がる可能性があり、溝が浅いとスリップなどの原因に繋がるので、購入することは控えましょう。また、空気圧も減ってしまっている可能性もあるので、購入を決めた際には空気も入れてもらうように頼んでおきましょう。

新品の場合

テンパータイヤを新品で購入する場合は、中古のように状況に変化はないため、直接目視をしなくてもドラブルになる可能性はありません。しかし、中古より値段がかかってしまうデメリットがあります。そのため、自分の車の状況に合わせて選ぶことも重要です。

この先長く同じ車を愛用する予定なら新品のタイヤを買った方がお得ですが、すぐに買い替える場合は中古を買う事が結果的にはお得になります。予備タイヤであるテンパータイヤやスペアタイヤは、保管していても徐々に劣化してしまいますが、トランクの底に設置されているため、劣化に気付かない場合も少なくありません。

長年使う予定の車に中古のタイヤを備え付けてしまうと、トラブルが発生するまでの期間で劣化が進んでしまい、使用しなければならない時に使用できない状態に変化していることもあります。新品の場合は、そのようなことになる可能性は低いのでおすすめです。

テンパータイヤの空気圧の確認方法

自転車などのタイヤの場合は、直接手で押さえて空気圧を確認できますが、車の場合は、そのような方法では確認することができません。

車の空気圧の確認方法は、停止している状態のタイヤの凹み具合である程度なら確認することができます。そのため、定期的に車に乗る際にタイヤを見る習慣を付けることが重要で、パンクなどに早く気付けるメリットもあります。

自転車の空気圧はある程度誤差がある場合でも問題ありませんが、車の場合は、極端に少なすぎると燃費が悪くなり、多すぎると車体が跳ねてしまったり、バーストしてしまう原因にも繋がります。

そのため、規定とおりの空気圧にすることが理想的ですが、空気圧を調整するには専用の器具が必要になります。購入することもできますが、整備会社やガソリンスタンドで無料でしてくれるのでお得です。その際にテンパータイヤの空気圧も調べてもらい、調整してもらっておくことが大切です。

テンパータイヤの寿命は?

タイヤには寿命があるため、古くなると交換する必要があります。

使用しているタイヤの寿命もありますが、地域の環境や使い具合によってタイヤ交換の時期にも違いが表れます。また、運転の丁寧さとタイヤの劣化速度は関係あるので、ドライバーの運転次第でタイヤの寿命は多少違いがでます。

タイヤは使用することで表面が削れてしまい、本来の性能を発揮できなくなります。その時がタイヤの寿命であり、タイヤ交換の時期でもあります。

しかし、タイヤは使用していなくても劣化が進んでいくため、寿命が決められています。特に、予備タイヤの状況を確認する機会が少ないため、寿命を理解しておくことが重要です。

性能的には4年程度

普通のタイヤの場合の寿命は、4年程度を交換することを勧められます。上記で説明したように使用頻度ですり減り具合にも差がでてくるので一概には言い切れないのが現状です。良く走る車であれば2年も使えば擦り切れてしまう場合もあれば、4年使っても溝がしっかり残っているタイヤもあります。

前者の場合は、寿命が4年であっても擦り減っている状態で走行することは危険などで、タイヤの寿命に関係なく交換することが重要です。後者の場合も、例え溝が残っていても4年過ぎたタイヤは交換することをおすすめします。溝が残っていたとしてもタイヤ全体の劣化具合に違いはなく、側面がひび割れてしまう事もあるので、交換することがパーストなどを防ぐことができます。

交換する習慣がない

使用しているタイヤは交換しなければならないという知識があるため、整備会社の人に言われたら交換することがほとんどですが、テンパータイヤの場合はそこまで意識がいかないため、放置し続けてしまう割合が高いです。

その結果、いざ使う時にひび割れが酷く使えない状況になることもあります。そのようにならないためにもテンパータイヤの状態を確認し、できるなら4年程度を過ぎたテンパータイヤは新しく購入することをおすすめします。

しかし、寿命どおりにテンパータイヤまで交換する人は少なく、寿命が過ぎてもひび割れなどが無い場合は、そのままにしてしまう人がほとんどです。

テンパータイヤに交換する費用は?

テンパータイヤに交換すると費用がかかってしまいますが、ほとんどの場合が500円程度で交換することができるので、気軽に交換してもらう事ができます。

整備会社はもちろんですが、ガソリンスタンドでも交換しておらうことができるので、パンクした際にはすぐにガソリンスタンドによって交換してもらう事ができます。

テンパータイヤの状態も確認しよう

テンパータイヤは、タイヤに異常が発生した際に欠かせないパーツですが、多くのドライバーはその存在に気にかけていない場合がほとんどです。しかし、テンパータイヤが使える状態と使えない状態では、万が一の時に大きな違いになるため、しっかり整備しておくことが重要です。

また、一人でタイヤ交換できる知識を身につけておくことも大切なため、事前に調べたり教えてもらっておくことも必要です。

Related