Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月13日

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

扁平率には、どんな状態で走りをしているか、車を使うときに知りたい快適な走行を知ることができます。扁平率を考えて、走行をしやすくして、燃費や快適な走り方ができるようにしたいです。タイヤの扁平率の計算方法・燃費や乗り心地の良い空気圧などをご紹介します。

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

タイヤの外径について

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

いわゆるタイヤの扁平率というのは「タイヤ幅の厚みを表す数値」のことを意味し、基本的には「タイヤの断面の幅に対する断面の高低の比率を表す数値」となります。一般的にタイヤの外径を表す場合でも、この「タイヤの扁平率」を基準にして算出されるため、タイヤの幅や表面積、また断面の幅を測定する際には「タイヤの外径」について詳しく見ていきます。

タイヤの外径の数値が大きければ大きいほど「どんな環境にも順応できるタイヤ」や「タイヤの軋轢などによって破損しにくい」などと言われる「タイヤの丈夫さ」を表現することとなるため、車のタイヤにしても自転車のタイヤを選ぶ場合でも、この扁平率をまず求めることが(専門的には)基本的な算出方法となります。

タイヤの扁平率の計算方法

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

先述しました「タイヤの扁平率」についてですが、この扁平率の測定法はまず「タイヤの残面の高さをタイヤの幅で割り、その数値に100(%)を掛け合わせた答え」を基準にして考えます。この扁平率を変更させる場合はいわゆる「インチアップ」や「インチダウン」という形で、ホイールサイズの変更によってその変更が可能となります。

最も簡単なタイヤの外径の変更法は「単純にタイヤの扁平率をそのままアレンジすること」で、しかしこの扁平率の変更によっては車(や自転車も含め)の全体的な車体バランスを大きく左右する結果となるため、事前に注意が必要となります。

扁平率の変更による乗り心地の違い

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

先述しましたように、たとえば車のタイヤの扁平率を安易に変えてしまうと、それだけでコーナーリングでの車体バランスの維持ができなったり、動作性能がいきなり変わることもあるため、扁平率の変更を検討する場合は「前もってその扁平率を変更することによって、その車体とタイヤの走行バランスがどれくらい変わるか」についての把握が大事です。

特に動作性能が悪くなることに配慮する場合は、車体そのものの高低や外観を変える必要も出てくるため、単純に「扁平率を変更する」と言ってもその事前準備を無視することができません。

車にとってタイヤというのは「動作性能の50%ほどを占める割合」とも言われるほど微妙な変化・変更によって動作バランスを変えてしまうため、扁平率の変更に伴い、車体と扁平率を変更した後のタイヤとのバランスを上手く組み合わせる算段を事前にしておきましょう。

扁平率が高い場合の乗り心地について

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

扁平率を高い割合で見積もって変更する場合には、タイヤによるクッション部分の性能がそのぶん大きくなるため、たとえば環境の悪い道路(砂利道など)を走行する場合でも「ほとんど車内にその振動・衝撃が伝わらなくなる」ため乗り心地は最適に向かうことになります。

タイヤの扁平率を上げることによって「その扁平率を上げられたタイヤそのものがクッション・緩衝器の役割を果たす」ことになるため、たとえるなら「空気を入れて余程に膨らませた風船の上に座っている感覚・クッション性を大きく施したマットに座っている感覚」を、ドライバーをはじめ乗車する人は受けることになります。

この乗り心地がよい扁平率の割合としては一般的に「60%から65%程度」と言われており、適切な扁平率を保つことによって、事故防止に直結する場合も想定されます。

扁平率が低い場合の乗り心地について

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

先述に引き続き「扁平率の割合が低い場合の乗り心地」についてですが、これは「扁平率の割合が高い場合」とは逆の乗り心地に当然なるため「その乗り心地は悪い」という具合になります。

タイヤの扁平率が低い場合は「道路の接面からタイヤをとおして車体に伝わる衝撃・振動も大きくなるため、車内へ伝わる衝撃・振動も当然大きくなります。つまり、ちょっとした環境の変化によって伝わる衝撃・振動が倍増されてしまうことになるため、走行状態は扁平率の割合が高い場合よりもかなり悪くなってしまうことが想定されます。

扁平率を算出するための式

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

「扁平率を算出するための式」についてですが、一般的にこの「扁平率を割り出すための公式」はタイヤに関する扁平率の式だけではなく「あらゆる物体にまつわる扁平率を割り出す公式」として認められるため、一見ではなかなか理解することがむずかしい算出方式となるでしょう。

たとえば「220mm/50-20」という数式が表示されている場合は、「タイヤの厚みがタイヤの幅である220mmの50%」ということを表しており、「20」という数値は上記のタイヤの厚み・幅を計算した上で取り付けるべきホイールサイズのことを表しています。

つまりタイヤのホイールとタイヤとの接面の直径が「20インチ」ということを表していることになり、このタイヤの厚みはもちろん半径の数値となるため厚みの上下を示す数値と、タイヤの内径をプラスすることによって「タイヤの外径」が算出されます。

乗り心地の良い扁平率

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

「乗り心地がよい車の状態にするためには扁平率を最適にしておくこと」が大切で、この扁平率の割合を決める基準はもちろん「車体に適したサイズ・扁平率」となります。この「車体に最適の扁平率の算出方法」については、現代において製造・販売されているそれぞれの車種別によって変わってくるため、それぞれの車種個別によって割り出されます。

このタイヤの扁平率を最適にしておかなければ「車体バランスが崩れることによって、事故防止に配慮する際には設定不備や、メンテナンス不足が問われること」になるため、たとえばそれまでパスできていた車検で引っかかる場合も普通に出てきます。

扁平率の変更によって車検にパスできないことも

扁平率を変更し、車の車体バランスや性能そのものを変更する場合には(バイクや自転車の場合も同じですが)、必ず「その変更後の車・バイク・自転車に乗って走行しても、基本的な安全面・セキュリティ面への配慮ができているかどうか」が重要な観測点となるため、扁平率を変更した後のメンテナンスにも注意する必要があります。

扁平率25%のタイヤ

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

扁平率というのは基本的に「パーセンテージ」で表記されるため、見出しタイトルのように「扁平率○%のタイヤ」などと、それぞれのタイヤに施されている扁平率の「%」表記をもって示されます。

この「扁平率25%のタイヤ」についてですが、この「扁平率25%のタイヤ」の売れ行きもなかなか大きく見られており、「コンチネンタルSportContact」や「ライオンハートLH-FIVE」などの人気タイヤの売れ行きが目覚ましい形でうかがえます。

一般的に「扁平率が低いタイヤを装着している車」というのはスポーツタイプの車に多く見受けられ、たとえばスカイラインやフェアレディにはじまる完全に「走行重視をモットーに製造された車種」の場合の扁平率は、「25%」や「30%」などと、割合が低く設定されている場合が多いです。

扁平率30%のタイヤ

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

「扁平率30%のタイヤ」の場合も「扁平率25%のタイヤ」の場合と同じく、基本的には「スポーツカー向けの扁平率設定」として見受けられ、特に「かなり速度を出せる車種による設定」や「コーナーリングや直線での走行時のバランスを変わらず保持できる」といった、走行バランスに重点が置かれた整備・メンテナンスが見られます。

「扁平率25%」や「扁平率30%」のタイヤなどの場合は、先述しましたように「路面からタイヤをとおして伝わる衝撃・振動」がかなり大きくなるため乗り心地は悪くなりますが、そのぶん「タイヤがしっかり路面を捉えて走ること」ができるため、走行時に引き出せるスピード感はさらに高まることが想定されます。

扁平率35%のタイヤ

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

「扁平率35%のタイヤ」にしても「扁平率25%」や「扁平率30%」のタイヤとさほど変わる性能はないため、スポーツカーをはじめ「走行時の性能を最大限に引き出す車種の設定
・メンテナンス」として多く採用されているパーセンテージになります。

しかし「扁平率35%以上のタイヤ」を装着する車種の場合は、主に一般生活において使用されているセダン車や軽自動車の場合でも普通にセッティングされることがあるため、自家用車の中でもこの「扁平率35%のタイヤサイズ」というのはかなり広い分野で見受けられるでしょう。

走行時バランスに加えて車種別の性能を最大利用することも、タイヤ(もしくはタイヤ幅を示す扁平率)によって得られる大きな利点となるため、「扁平率35%以上のタイヤ」はあらゆる車種によって採用される標準的な基準として認められます。

扁平率40%のタイヤ

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

この「扁平率40%のタイヤ」というのは一般的に「扁平率35%のタイヤ」と同時販売されていることが多く、先述しましたように「扁平率35%以上のタイヤ」の場合ではいろいろな車種によって採用されている「標準的なサイズ」となるため、その売れ筋においてもかなりの人気を博しているタイヤ種別として認められます。

「MICHELIN Pilot Sport」や「ダンロップ DIREZZA」、「ブリヂストン POTENZA」、「YOKOHAMA ADVAN Sport」などのタイヤでも有名ですが、割と「扁平率40%(もしくはそれ以上の%)」のタイヤというのは一般市販されているタイヤの中でも多く認められており、この「扁平率40%のタイヤ」も日常で非常に多く採用されている種類です。

扁平率45%のタイヤ

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

扁平率40%以上のタイヤとなれば「スポーツカータイプの車種からセダン車にいたる車種」まで、非常に多くの車種で採用・設置されているタイヤとなるため、この「扁平率45%のタイヤ」も非常に多くの市販分野で認められることになるでしょう。

先述しましたように、「扁平率」というのは「その割合が高ければ高いほど、乗り心地がよくなる」という一般的な見方があるため、この「扁平率45%のタイヤ」というのもそれほど扁平率が高い割合でないですが、「扁平率25%」や「扁平率30%」のタイヤなどから比べる場合は、かなり乗り心地に配慮された高級なタイヤの種類となります。

扁平率を一気に変更するのは好ましくない

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

特に扁平率を変更する場合には、「扁平率30%のタイヤからいきなり扁平率50%や60%のタイヤに変更する」などの「大きな変更」は好ましくなく、乗り心地に配慮する上で「徐々にサイズを変更すること」がベターとなります。

扁平率55%のタイヤ

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

「扁平率55%のタイヤ」についてですが、このサイズになるとほとんどの車種がセッティングしている「きわめて一般的なタイヤの扁平率」となるでしょうか。確かに「さらに高級感漂う、乗り心地の最適な車種」の場合では「扁平率60%以上のタイヤ」を装着している場合が多いですが、「扁平率55%以上のタイヤ」でも十分乗り心地は快適になります。

扁平率55%のタイヤの市販状況

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

「扁平率55%のタイヤ」の市販状況を見てみても、一般的な人気メーカーとしては「ブリヂストン」が多く、車種によってはそのブリヂストン製タイヤが最適になる場合もあるため、この場合でもタイヤの扁平率を変更する前にはきちんと「事前情報を確認しておくこと」が大切になるでしょう。

扁平率対応表の確認

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

一般的に扁平率を変更する場合には、前もって「変更サイズと対応サイズの基準」を確認しておくことが大切で、この対応表の確認を怠ってしまうと場合によっては車検にパスできなくなったり、あるいは走行時の性能や車体バランスが大幅に悪くなったりする場合が出てきます。

上記の「対応サイズ」というのは「扁平率55シリーズ」や「扁平率25シリーズ」などと、それぞれの「扁平率の割合」に適応するタイヤの種類や車種別設定が記載されてあるため、それぞれの対応個別によって扁平率を変更し、変更後の走行時の性能やバランスに前もっての配慮と確認をしておく形となります。

扁平率変更によるメリット

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

扁平率の割合を引き上げることによって「乗り心地がよくなり、長時間のドライブでもほとんど疲れない」という利点が生まれてきます。特に日常から車をよく運転する人の場合は、扁平率を高い割合に設定することがベターとなるでしょう。

先述しましたように「扁平率を高い割合にしておくこと」によって、路面から受ける衝撃・振動がタイヤによって吸収され、車体・車内にはほとんど伝わらないという効果が生まれるため、長時間運転する場合でも環境が悪い路面を走行する場合でも、まったく快適に走行することが可能になります。

扁平率変更によるデメリット

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

先述では基本的に「タイヤをとおして得られる外部刺激による衝撃・振動を抑えることのメリット」をご紹介しましたが、しかしタイヤの扁平率を変更することによって(その割合を高く見積もることによって)、「タイヤの重みによってハンドル操作がむずかしくなる」や「走行時の車体バランスを若干失ってしまう場合もある」というデメリットがあります。

この場合は主に「まだ扁平率を変更して直後の、その変更後の車の運転に慣れていない場合」のデメリットとなるため、継続して運転していき、その扁平率変更後の車の運転操作に慣れることによっては「走行時のバランスやハンドル操作も上手くなる」という状況の変化も生まれるでしょう。

扁平率変更の前のタイヤ側面の確認が重要

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

扁平率を変更する以前に「その所有・使用しているタイヤの側面の状態」をまず確認しておくことが大切で、これは後述の「空気圧の正確な設定方法」においても非常に重要な確認パートとなります。

空気圧とタイヤの側面部分の関係性は周知のとおり、走行することによってタイヤの側面が削れていくために「そのときどきでの適正の空気圧」も変動していくことが認められるため、それに伴う形で扁平率を変更する場合も「正確な扁平率の基準値」がかなり変わってしまうことがよくあります。

タイヤの状況によって扁平率と空気圧の適正が変化することを前もって念頭に置くことを忘れず、その上でホイールの「インチアップ・インチダウン」の検討も必要となり、あまりにタイヤ側面の状態が悪い場合には「タイヤそのものの変更」を先に検討しておくことも必要です。

扁平率で燃費はよくなるのか

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

先述しました「扁平率を高くすることによって得られるデメリット」の延長となりますが、たとえば扁平率の割合を高く変更することによって「タイヤそのものが接面をとおして重くなってしまうため、1つ1つの操作に掛かる動力確保の割合が大きくなる」ということにより、その燃費が悪くなってしまう傾向が見られます。

扁平率の表示はメーカーにより表記方法が違う

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

この扁平率の表示の仕方は一般的に「タイヤの表面に記載されているもの」が多く見られますが、しかし国産メーカーによるタイヤと海外メーカーによるタイヤとでは、その表示方法がまったく異なってしまう場合があります。

この扁平率の表示記載については「タイヤメーカーごとにその都度調べておくこと」が大切で、ロードインデックス表記の検索によって「正確な空気圧の数値」なども事前に調べておくことが大事となります。

特に海外輸入の車種を購入した際には、改めてこの「タイヤの扁平率・空気圧・ロードインデックス表示」の確認をすることが大切で、その再確認によって今後の車両メンテナンスにも大きく役立てることができるでしょう。

適切な扁平率が検討できない場合は純正サイズ

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

純正メーカーのタイヤやエンジンという物は「その車種に最適な仕様」によって設計されているため、もし的確な扁平率・空気圧の変更ができない場合は「純正メーカーサイズ・仕様」のタイヤを使用することがベストとなるでしょう。

「純正メーカー」というのは「最初からその車種モデルに最適のタイプのタイヤ・エンジン・各部品が使用されている」といった、きわめて基本的な設定が組まれているため、下手に変更することによってその「最適度」を崩してしまう可能性が大きくあります。

そのため、どうしても扁平率・空気圧の変更を行ないたい場合は、まず車種専門店の店員(オートバックスでもガソリンスタンドでもディーラーの店員でもOK)などに相談しておき、自分が所有する車種・そのタイヤに最適の変更をするにはどうしたらよいかについて検討しておくとよいでしょう。

扁平率と燃費の工夫について

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

先述で「扁平率と燃費」の関係についてご紹介しましたが、つまり「扁平率を低い割合に変更することによって燃費がよくなる」という計算になるため、その場合でも「タイヤと車種別によって設計される対応率への配慮」を先に踏まえておき、できるだけ「衝撃・振動を抑える上で、扁平率を低い割合で抑える工夫」が必要になってきます。

そうすることによって、たとえ扁平率を低い割合(%)に下げてみても「衝撃・振動の伝わり方を抑えることができ、なおかつ燃費もよい状態をキープできる」といったマルチな設計を施すことも可能となるでしょう。

燃費はどんな車種でも必ず課される「1つ1つの部品と車体とのバランスを図る基準」としても確認できるため、タイヤ変更・扁平率や空気圧の変更、そしてホイール選びにおいても、1つ1つのセレクトに最上の注意を払う必要があります。

ホイール選びも慎重に

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

タイヤの扁平率を変更する場合には「その変更後のタイヤに最適なホイール選び」にも慎重になることが大切です。ホイールというのはいわゆる「タイヤの骨組み」の1つとしても認められることから、先述しましたように「車両外部からの刺激(衝撃・振動)などのクッションとしてタイヤを使う場合でも大きな影響力を及ぼすことになります。

ホイールの変更の場合は基本的に「インチアップ・インチダウン」という2つの言葉によって変更基準が分かれるため、この2つの変更サイズに適切なタイヤ設計を施すことになります。この場合でも「タイヤの扁平率変更に関する対応表」をしっかり確認しておき、最適のホイール選びができるよう柔軟に配慮しておくことが大事になります。

タイヤのホイール選びでも純正がベスト

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

タイヤホイールにしても純正タイプの物が基本的なよく、ホイールセットなどでも見られるように、「基準のタイヤサイズに最適のホイール」を使用することが理想的と言えます。

このホイール選び1つで(後述しますが)事故に直結する場合も出てくるため、必ずホイールを選ぶ際でも慎重にセレクトし、所有しているタイヤ・車種別による最適のホイールを設置するように心がけましょう。

あまりに小さいホイールでは事故の危険性もある

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

先述のホイール選びについてですが、ホイールの径があまりに小さい場合は「タイヤそのものが車体の重量に耐えることができず、そのままバーストしてしまう危険性」が出てきます。「バースト」というのは「タイヤが破損すること・破裂すること」を直接指しますが、つまり「走行不能の状態」に陥ってしまうことになります。

しかし逆に「あまりに大きなホイール」を選んでしまうと、駆動させる際の動力が大きくなるため、走行する度に燃費が悪くなってしまうことになります。そのため、ホイール選びにしても「適切な径サイズ」に設定しておくことは非常に重要であり、これは直接的に「事故防止」のために行なわれる措置になります。

扁平率と空気圧の計算方法

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

「扁平率と空気圧の計算方法」についてですが、これは少々専門的な計算方式となります。一般的に言われるところでは、「タイヤ幅」、「扁平率」、「リム径」、「ロードインデックス」などを用いて「前輪」と「後輪」の空気圧が算出されます。

主に「純正タイヤの場合の扁平率と空気圧の算出法」が用いられることが多く、あらゆるタイヤメーカーで製造されているタイヤの場合でも上記の「タイヤ幅」、「扁平率」、「リム径」、「ロードインデックス」のそれぞれの数値に割り当てる形で「純正バージョンによる前輪と後輪に入れるべき空気圧の設定」が見直されます。

タイヤの扁平率の変更について理解しましょう

タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い空気圧

いかがでしたか。今回は「タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良い/空気圧」と題して、「タイヤの扁平率の計算方法・燃費|乗り心地の良さ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「タイヤと扁平率にまつわる燃費との関係性」についてご紹介しました。

タイヤの扁平率・空気圧の設定変更というのは必ず「車種・純正タイヤの場合の設定基準・扁平率対応表」などを事前に確認しておき、所有しているタイヤにとって「どういった扁平率の変更が最も適切か」ということについて把握しておく必要があります。

また「いきなり扁平率を大幅に変更する」と言う場合には、それまで無事にパスしていた車検で引っかかる(パスできなくなる)場合も普通に認められ、その場合に問題となる「走行時の安全面・セキュリティ面のメンテナンス具合」の調整を図る必要が出てきます。タイヤの扁平率変更に関する事前調査をしっかりしておくことが大切です。

Related