Search

検索したいワードを入力してください

彼女を怒らせたときの対処法・別れないように仲直りする方法

初回公開日:2017年11月16日

更新日:2017年11月16日

記載されている内容は2017年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「彼女を怒らせたかもしれない、でも理由が分からない。仲直りしようにも音信不通になり突然別れを告げられてしまった」という経験はありませんか?LINEで連絡しても無視され、放置されたあげくに「さようなら」。もしかして、その理由はあなたにあるのかもしれません。

彼女を怒らせたときの対処法・別れないように仲直りする方法

彼女を怒らせた理由とは?

彼女を怒らせたときの対処法・別れないように仲直りする方法
※画像はイメージです

「なんか今日の彼女は機嫌が悪いな、怒らせたかな?」と気になったままデートを終えた経験はありませんか?

あなたが最近とった言動に発端があれば、怒らせた理由に気付けますが、それが解らないと彼女を怒らせたまま一日を過ごすことになり、別れのキッカケにもなりかねません。そこで、なかなか気付くことができない彼女を怒らせた理由をご紹介していきます。

過去にした約束を忘れている

彼女と約束したことを忘れていることはないでしょうか。あなたは、話の流れで約束したつもりでも、彼女にとっては大切なことで忘れずにいつまでも覚えています。約束を忘れたままでいると、彼女は自分の事なんてどうでもいい存在なんだ、と感じてしまいます。

他の事に忙しく彼女を構ってあげていない

仕事や趣味に忙しく彼女を構ってあげられない男性に対して、彼女は自分を無視していると感じ孤独感でいっぱいになります。メールやLINEなどにも反応しないでいると、彼女は自分との関係は楽しくないものだと感じます。

彼女の変化に気づけない

彼女の化粧や髪型の変化に気づけない男性に対して、彼女は自分への興味が薄れていると感じ、他の女性へ気が向いているのではと不安を抱きます。あなたのために努力をしている彼女は、どんな小さな変化でも気付いて言葉をかけてくれることを願っています。

他の女性への好意

特別な感情もなく、普段から女性に好意的な接し方をしている男性は、他の女性に色目を使っているように見えてしまうことがあります。彼女は「自分だけが特別な存在」という意識が強いので、他の女性との接し方に差を求めています。

別れた彼女の話

軽い気持ちで話し始めた別れた彼女との思い出話で別れた彼女の悪口や、楽しかった思い出を話す男性に、彼女は自分と別れた後も同じように悪口を言われてしまうという不安や、別れた彼女との親密さに嫉妬心を抱きます。

デリカシーに欠けた発言

親密になってきた矢先、からかい半分で、彼女の体形などに対し、デリカシーに欠けた発言をしてしまうと、コンプレックスを持っている彼女であれば深く傷ついてしまいます。顔では笑っていても、心の中は辛い気持ちでいっぱいになっています。

彼女と親しい人に対して失礼な態度

彼女の家族や友人に対して失礼な態度をとる男性に対して、彼女は二人の将来に不安を抱きます。彼女とは親しくても、彼女の家族や友人とは初対面なので、やはり第一印象は大切です。彼女は、どんな人とでも、友好な人間関係が築いていけることを望んでいます。

彼女を怒らせたときの対処法

怒りに対して感情的になる女性もいますが、彼女の何気ない表情や発言にも表れています。普段から気を配っていれば気付くのも早くなりますが、気付くのが遅くなって怒らせたとしても、慌てずに対処しましょう。

「とりあえず、すぐに謝る」ことはやめましょう。彼女の怒りの発端になったものが、あなたにあるのか、それとも、全く別のところなのかが分からないまま謝っても逆効果です。そのいい加減さで信頼を失いかねません。

彼女を怒らせた原因を放置しておくと、最悪の場合は別れを告げられることになります。そうならないよう、彼女を怒らせたときの対処法をご紹介していきます。

これまでの言動を振り返って怒りの発端をハッキリさせる

彼女や彼女と親しい人に対して、これまで自分がしてきた言動を振り返って、彼女を怒らせた発端をハッキリさせましょう。その時の相手の反応もできる限り思い出してみましょう。これまでの付き合いの中で、あなたには彼女への言動のパターンがあるはずです。

その言動の直後に相手がどのような表情で反応したか、その反応によって相手に与えた印象が分かります。反応まで思い出せない場合は、最近の言動だけでも頑張って振り返ってみましょう。

自分に非がある場合は素直に認める

彼女を怒らせた発端が明確になり、あなたの言動に非がある場合は素直に認めましょう。彼女は、やっと気づいたあなたに対して感情的に話すこともありますが、そこで反論をせずに落ち着いて話を聞きましょう。

多くの男性が素直に非を認められず感情的に反論してしまい、それが彼女を傷つけてしまうことになります。お互いに、仲の良い関係を続けたい気持ちはあるのですから、素直になりましょう。

謝るだけでなく気遣いを見せる

素直に非を認めたら誠意をもって謝りましょう。しかし、謝るだけでは、怒りは収まったとしても彼女の不安は消えません。また同じことを繰り返さないよう、あなたなりの言葉で彼女の目を見て悪い部分を変えていく気持ちを伝えましょう。

「お詫びのしるし」というほど硬くなることはありませんが、デート中にプレゼントをさり気なく渡してみましょう。渡す時は言葉を添えるのも忘れずにしたいものです。

彼女を怒らせたときの謝るタイミングと方法

彼女を怒らせたときの対処法・別れないように仲直りする方法
※画像はイメージです

彼女を怒らせた理由が、あなたの言動にあると「俺が悪かった、ごめん。」とすぐに謝りたくなる気持ちは分かります。しかし、彼女が激昂している時に謝っても効果は薄く、逆効果になることもあります。彼女の怒りが収まるまで宥めながら、謝るタイミングを待ちましょう。

その場で謝っても、彼女の怒りが収まらないこともあります。まだ彼女の怒りが収まらない場合は、その日は別れて謝り方を考える時間を作りましょう。もし、彼女の友人と一緒に会う機会があれば、その時に改めて謝りましょう。

謝る機会がない場合は、メールやLINEなどで彼女の気持ちをうかがいましょう。メールやLINEなどの文章であれば、彼女のタイミングで読むことができるので感情的になることがありません。強引にやらずに、彼女の気持ちと都合を察してから直接会って改めて謝りましょう。

彼女を怒らせたときのメール・LINEでの謝り方

彼女を怒らせたときの対処法・別れないように仲直りする方法
※画像はイメージです

彼女を怒らせた理由に気づき、すぐにでも謝りたいのに会えない時ってありませんか?そんな時はメールやLINEなどを利用しましょう。しかし、いくら手軽に気持ちが伝えられるツールとはいえ、送信するだけで終わりにすることはやめましょう。

相手の顔が見えないとはいえ彼女は、あなたの文章から気持ちを汲み取ろうとします。怒っている理由をズバリ聞くのは逆効果なので、まずは普段どおりに何気ない内容で送信して反応をうかがいましょう。

反応が悪くなければ「俺に非があった。直接会って謝りたい」という気持ちが伝わる内容で送りましょう。また、その気持ちを動画として送れる状況なら、彼女の気持ちを察して意地を張らずに素直な気持ちを伝えましょう。

彼女を怒らせたあと無視が続く場合の解決方法

彼女を怒らせたときの対処法・別れないように仲直りする方法
※画像はイメージです

メールやLINEなどで気持ちを込めて送ったとしても、彼女の反応が無くては謝ることもできません。未読無視や既読無視になることが続き、返信がないか何度も確認していては気もそぞろで、他の事に気が向かない日が続くこともあるでしょう。そんな時に役立つ解決方法をご紹介していきます。

無視されていると感じたら電話をしてみましょう

最初に送ったものが未読無視や既読無視となっていたら、日を置かずに電話をして「直接会って謝りたい」という気持ちを伝えましょう。気持ちの伝わる文章を考えて何度も送るより、電話で話して伝えたほうが早いです。

送った内容では彼女に気持ちが伝わっていない可能性もあります。もしかしたら、あなたの電話も待っている可能性も。もし、あなたが本当に非を認めていて素直に謝りたい気持ちがあるなら、送信したその日のうちに電話で気持ちを伝えましょう。

彼女が会えない状況でもコミュニケーションは忘れずに

彼女は確かに怒っていて、あなたに謝ってほしいと願っているでしょう。しかし、あなたの話を聞きたい気持ちがあっても、どうしても都合がつかない時はあります。仕事の忙しさに追われていたり家族に何かあった時はそれどころではないでしょう。

そんな状況でも焦ってはいけません。彼女の状況と気持ちを察して適度にコミュニケーションをとりましょう。彼女が会ってくれないからといって職場や家に押しかけてしまうと関係がそこで終わってしまいます。

逆にこの状況を利用して彼女にあなたの誠意が伝わる努力をしておきましょう。自分を見つめ直すチャンスと考えて前向きに自分を変えていきましょう。

少しの間放っておいてから話をしましょう

心配のあまり一日に何度もメールやLINEなどを送ったり、電話をかけ続けていると「しつこい男」という印象を与えてしまいますので、焦る気持ちを押さえ少しの間、放っておきましょう。

この方法には多少リスクがありますが、彼女を怒らせた理由が「あなたが彼女を構ってあげていなかった」場合、彼女はこれを機に無視をして自分の存在の大切さを気づかせようと考えている可能性があります。

放っておくといっても、あなたに非がある場合は彼女から連絡が来ることはありません。この間に自分の言動を振り返り、怒らせた理由を見つけて自分から彼女に話をしましょう。

彼女を怒らせた事で別れ話が出たときの仲直りする方法

彼女を怒らせた事で別れ話を切り出されたことはありませんか?あなたにとっては「怒らせたことは何度もあるけど、仲直りしてきたのに。突然の別れ話に驚いた」という感じでしょうが、彼女にとっては突然の事ではありません。

彼女は、あなたが人生の伴侶となる男性かどうかを見極めようとしています。付き合い始めてから今まで、あなたの言葉と行動を観察して気持ちの大きさを測っていました。良くない部分があれば、その都度あなたに改善を求めて前向きに将来を考えてきました。

しかし、あなたに全くの改善が見られなかった彼女は、あなたとの幸せな未来が予想できないので別れ話をしたということです。別れ話を聞いた時に「ホッとした」人には必要ありませんが、「胸が締め付けられるような思い」をした人に仲直りする方法をご紹介していきます。

「別れたくない」気持ちから自覚した思いを伝えましょう

「あなたと別れたい」と言われたからといって、その場ですぐに関係が終わるわけではありません。爆発しそうな感情をグッとこらえて、彼女と落ち着いて話をしましょう。

別れ話とは、現在の終わりではなく、未来の始まりといえます。別れたい気持ちを聞いて初めて、彼女への素直な愛に気づくことができます。まずは、彼女が伝えたい言葉を全て聞きましょう。焦りから反論などせずに、彼女の気持ちを全て受け止めましょう。

彼女の気持ちに対して「俺が悪かった。これからは生まれ変わる」という気持ちで答えるのはやめましょう。今まで彼女を怒らせた時に言われたことや自分が改善できなかったことを全て振り返り、具体的にどのように改善していくかを話し「約束」しましょう。

仲直りができたら、これまで照れくさくて言えなかった「彼女への素直な愛」を自分の言葉で伝えましょう。そして、あなたの結婚に対する思いと考えを見栄を張らずに話しましょう。

あなたが変わり始めることで幸せな未来が見えてきます

彼女を怒らせたときの対処法・別れないように仲直りする方法
※画像はイメージです

いかがでしたでしょうか。彼女を怒らせた理由や対処法などを述べてきましたが、あなたは彼女と仲直りできそうな前向きな気持ちになれましたか?

怒らせてしまったことは仕方がありませんし、悔やんでいるだけでは何も変わりません。自分では自覚できていなくても、彼女を怒らせたことで、初めて気づける自分の一面があります。そこに目を背けることなく、意地を張らずに受け止めましょう。

まだ彼女も信じているからこそ、あなたに思いをぶつけてきます。素直に受け止められたあなたなら、きっと変わることができます。段々と魅力的な男性に変わっていくあなたに、彼女は安心し、二人にとって幸せな未来が見えてきます。

Related