Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月12日

映画ワイスピスカイミッションの車|一覧/登場人物/エンディング

みなさん、ワイルドスピードをご存知ですか。あのカーアクション映画で世界で一番人気を誇る映画であり、このスカイミッションシリーズに登場する車両をわかりやすく解説していきます。車の価格や特徴を知れば、あなたも惹きつけられるでしょう。

映画ワイスピスカイミッションの車|一覧/登場人物/エンディング

映画ワイルドスピードスカイミッションに登場する車をご紹介!

今回は、カーアクション映画で世界で人気のワイルドスピードに登場する車を詳しく解説していきます。

ワイルドスピードのシリーズの中では第7作目になる今回のスカイミッション。劇中では、車が何回も空を飛びます。見ていて新鮮な作品です。しかも劇中では、世界で一番高価な車が登場しており、車好きにはたまりません。

画像・値段・名前などを詳しく解説!

こちらが、劇中に登場するライカンハイパースポーツです。

車両価格はなんと3億5000千万円と咳で一番高価な車と言われており、メーカーは石油で発展をしたドバイのWモーターズが作り上げた革新的な車です。なんと約2秒で100㎞に到達し、最高速度は400㎞、飛行機並みと世間で騒がれています。

色別ワイルドスピードスカイミッションに登場する車

ワイルドスピードスカイミッションに登場する赤色の車と白色の車が、異次元の雰囲気を出していて魅力的だと言われておりますので、こちらの登場車種をわかりやすく解説しましょう。

車種や車両価格、正式名称などを詳しく解説すると共に、最大馬力などのパワーも記載していきます。

赤色のスポーツカー

ワイルドスピードスカイミッションの目玉、こちら先ほどご説明致しましたライカンハイパースポーツです。

アラブ首長国連邦のいわゆるドバイのWモーターズが作り上げた、総額なんと「3億5000千万円」の車と言われています。期間限定で販売され、世界販売で7台のみ作られたスぺシャルカーです。

高額な主な理由は、内装にあり上質な革や金、ダイヤなどが使用されたダッシュボードで内装のみで、1900万円相当使われています。最高馬力は760馬力で、エンジンの開発に携わったのは、有名なポルシェのRUF社であり、高性能なエンジンとボディが使用されています。

白色のスポーツカー

ワイルドスピードスカイミッションの劇中に登場した白い車両がこの車「ジャガーFタイプRクーペ」です。ジャガーの中でも、一番スポーティカーの分類に入り、高額な車であり、気になる総額は「1500万円」です。ライカンにはほど遠い価格ですが、十分に高級車であるサルーンカーの分類に入り、中々手を出せない車と言っていいでしょう。

最高馬力は、508馬力と高い性能を誇った車であり、流麗の美しいデザインが世間では人気の秘訣となっており、良く売れているそうです。

登場人物別で見るスカイミッションで乗車していた車たち

次に、ワイルドスピードスカイミッションに登場した車を登場した人物別にご紹介していきます。スカイミッションに登場する車の中には、日本車両も含まれており、とても見どころです。具体的には、登場車両の性能や、魅力的なところなどをわかりやすく解説します。

ショーン

ワイルドスピードX3に登場した「ショーン」のレーシングカーであり、日本の三菱自動車のスポーツカーであり、世界のラリー競技にも名を残してきた名車です。最大馬力は、280馬力であり価格は350万円ほどです。価格は安いですが、海外でも人気があります。人気の秘密は日本が誇る性能の高さでしょう。

エンジンやボディなどの精密な設計や魅力的なボディが海外の人を惹きつけた理由なのでしょう。

テズ

テズはスカイミッションに登場した元ストリート・レースの元締め&天才的なメカニックであり、ITの才能も持ちます。劇中にアブダビに向かい際に乗った板車であり、イタリアの高性能スポーティカーのフェラーリです。気になる車両価格の総額は、2830万円で、最大馬力は578馬力と言われています。

スポーツカー名門のフェラーリが作り出したこの458イタリアは4500ccの、V型8気筒エンジンを積む超高性能スポーツカーです。あらゆる部品をアルミ化し、とても軽く作られた車です。

ホブズ

ワイルドスピードスカイミッションの劇中に、ラストの無人兵器に落下して見事に破壊に成功した車両です。

主な名称は、インターナショナル・デュラスター 4400 フラットベッドと言い、アメリカのナビスター・インターナショナル社が開発した中型トラックで、アメリカでは良く走行が見られる車両です。

使用用途は、輸送車両や警察車両に使われ、アメリカの人々から支持されている人気な車両であり、ワイルドスピードスカイミッションに使われた理由なのでしょう。

レティ

スカイミッションに登場したこちらの車は、アメリカで人気のクライスラーの一部門のダッジが作り上げた高性能スポーツカーです。最大馬力は、649馬力で、日本の車が大体200馬力前後ですので、約3倍のパワーがある車だと言えます。

ボディには普通の車に使われる鉄などを使用するよりも、アルミやカーボンを用いて軽量化されたスペシャルカーです。

ローマン

スカイミッションに登場したこちらの車は、ライカンハイパースポーツが発売される前の世界で一番高額な車です。総額はなんと2億1000千万円であり、超高級スポーツカーの分類に入ります。更に、パワーも計り知れず、1001馬力と想像以上の走行性能で、大富豪を驚かしている車両であり、人気もあります。

ただ、このような価格なだけに、購入できる人もあまりいないのですが、日本の有名なお笑い界の達人であるビートたけしさんが所有しているからビックリです。一度乗ったら驚きがあなたを襲う、そんな非常に魅力ある車だと言えるでしょう。

デッカード

ワイルドスピードスカイミッションに登場したこの車は、フェラーリに続きイタリアの名門であるランボルギーニが作り出したスペシャリティスポーツカーです。最大馬力はなんと700馬力。ライカンハイパースポーツに近いパワーがある車両で、販売価格はおおよそ4200千万円と超高級スポーツカーになります。

立派な住宅が建てられる価格の車で、100㎞までの到達時間は約2.7秒と言われており、最高速度はなんと370㎞であり、ライカンハイパースポーツに近い性能と言っていいでしょう。

ショウ

こちらはワイルドスピードスカイミッションに登場したジャガー・FタイプのRクーペです。イギリスの自動車メーカーであるジャガーが作り出した、名門クーペであり、世間からもすごく支持されている車両です。

パワーは、550馬力であり、自ずとスーパーカーであることがわかります。お値段も1500千万円と高額な車両です。

見た目がすごく綺麗で、美しく流麗なデザインがとても良いと投資家の方からも支持されており、日本でもよく売れているそうです。究極のセダンクーペと言って良いでしょう。

ドミニク

こちらはワイルドスピードスカイミッションのレース時にドミニクが載っていた車両で、でかいウイングでみなさんも覚えられていることでしょう。こちらは1970年にアメリカのクライスラー社の子会社である「ロードランナー」が作りあげた車両です。

みなさんも気になるこのウイングの名称は「ゴールポストウィング」と言い、高さなんと70cmもあるこのウイングが支持され、アメリカでは人気のレース「NASCAR」でも注目されアメリカの車と言えばこれというほど、アメリカでは人気の車両と言って良いでしょう。

スカイミッションの中で、一番印象出来だったと支持率も多かったそうです。

ポール

こちらは、ワイルドスピードスカイミッションのラストバトルにポールが載っていた日産自動車のGTRのR35型です。日本の日産自動車が作り上げたスーパースポーツカーであり、走行性能はあのポルシェよりも早いとドイツにある全長24㎞の世界で一番長いサーキット「ニュルブルクリンク」であらゆる人々の目に焼き付けたそうです。

最大馬力は600馬力で、総額は1500万円であり、高級スポーツカーの分類に入ります。日本にも、こんな高級車があると日本でも映画の上映後さらに人気が深まり、購入が相次いだそうです。

スカイミッションのエンディングで使用された車

映画ワイスピスカイミッションの車|一覧/登場人物/エンディング

こちらワイルドスピードスカイミッションのエンディングでポールが載っていた日本のトヨタ自動車が作り出した「スープラ」です。

価格は当時で400万円ほどで最大馬力は、280馬力ですが、少しチューニングするだけで500馬力前後に到達でき、海外のマニアが改造した車両には、1200馬力の車も存在するほど海外でも人気な車です。

これだけ海外の人にも、魅力的だと支持された車はこのスープラと言って良いでしょう。

あらゆる高級スポーツカーが見れて楽しい!

映画ワイスピスカイミッションの車|一覧/登場人物/エンディング

この映画、ワイルドスピードスカイミッションはあらゆる世界のスポーツカーをほぼ堪能できるので、とてもおすすめな映画です。スカイミッションは、名称の通りスカイミッションで、本当に車が空を駆け抜けます。

見ていて、こんなに魅力的で、新鮮な映画はないと世界で支持されているカーアクション映画です。

Related