Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月20日

外車の人気ランキングTOP3・エンブレムの種類とメーカー

高級外車は、実際に目にする事がないメーカーもあり世界中探したら多くあります。機能的な日本車と違って、遊び心があったり誰でも憧れるかっこよさを追求していたりしています。そんな外車のあれこれを、ランキングTOP3も一緒にご紹介していきます。

外車の人気ランキングTOP3・エンブレムの種類とメーカー

外車の人気ランキングTOP3

外車の人気ランキングTOP3・エンブレムの種類とメーカー

日本車が世界的にの人気ですが、日本においてはやはり外車の人気は根強いものがあります。世界の自動車販売台数は、欧米と日本を含めたアジアのメーカーで75%を占めています。

外国車と言えば高級車のイメージがあり、価格や存在までもがどこか違う物のようなイメージがあります。アメリカの車は日本では大きすぎるので、あまり人気がありませんアメリカの人には納得いかない事ですが。日本車を除いた日本での人気の高い、外車をランキングのトップの1~3位までをご紹介していきます。

人気ランキング3位「BMW」

外車の人気のランキング第3位に、「BMW」社製の車達を選びました。ドイツ車は日本で大人気の車で、年齢に関係なく買い求める人が多くいます。若い人にも手の届く価格で、中古車が数多くでていますのでローンを組んで購入することができます。

BMW社は、元々航空機メーカーとして始まった会社です。1922年に社名をBMWと改名しています、バイクの製造から車の製造は7年後からはじめています。自動車の世界的な再編の中で、「MINI」や「ロールスロイス」を傘下に入れています。

人気ランキング2位「フォルクスワーゲン」

外車の人気ランキングTOP3・エンブレムの種類とメーカー

外車の人気ランキングの第2位に、「フォルクスワーゲン」社を選びました。フォルクスワーゲン社の「ビートル」は、日本では絶大の人気があります。フォルクスワーゲン社は、欧州でも10社を傘下に収めるほどの大きな会社です。

車の製造販売台数でも、トヨタなどのたのメーカーとつねに競っています。フォルクスワーゲンも、ドイツのメーカーです日本ではドイツ車がとても人気があり信頼されています。

人気ランキング1位「ベンツ」

外車の人気ランキングの第1位は「メルセデスベンツ」やはりドイツ車ですが選びました。メルセデスベンツは、日本でも世界でもよく知られている人気の車メーカーです。日本車と違って、車体が厚いのか雨音が車内では聞こえないと言います。ドイツ人のこだわり、丈夫な車を作りたいと言う考え方と気質から車を作っているからでしょう。

外車は値段が高い、ベンツも人気ですから新車であれば価格はやはり高いです。最近では中古のベンツが格安で買う事ができるので気軽に買い求める人もいます。

外車のエンブレムの種類

車をただ見ただけでは、どっこの車メーカーか普通はわかりませんが幸い各メーカーにはエンブレムと言うマークがあり区別することができます。日本の車メーカーは、自社のエンブレムは社名の第一文字の頭文字をエンブレムとしています。しかし、欧米の外車メーカーは各メーカーそれぞれに、意味のあるエンブレムを使用しています。

外車や日本車などに使用しているエンブレム、実際にエンブレムとはどう言う意味があるのでしょう。紋章という意味がありますが、正式名称はバイエリッシェ・モトーレン・ヴェルケ・アーゲーと言います。

このエンブレムかっこいいと言う人と、邪魔だと考える人がいて初めからドイツではエンブレムなしを選んで注文する人が多いです。

フェラーリのエンブレム「跳ね馬」

フェラーリーは、レース好きな人にとっては別格の人気があり憧れを持って見られています。外車のスポーツカーメーカーの中では、赤はフェラーリーの赤と言われるくらい有名なメーカーです。

フェラーリーの跳ね馬のエンブレムは、第一次世界大戦で撃墜王と言われたフランチェスカ・バラッカの両親からエンッオ・フェラーリが譲り受けました。以後、フェラーリの跳ね馬としてエンブレムは親しまれています。

ちなみに、エンツォ・フェラーリはF-1レースに参加するためだけに車を作って販売していました。彼の遺言で、エンツォ亡き後フェラーリの全株式をフィアット社に寄贈されました。

ポルシェのエンブレム

ポルシェのエンブレムはポルシェの本拠地であるドイツのシュッツトガルト市とバーデンビュルテンブルグ州の紋章を合わせて使用しています。フェラーリの跳ね馬は、イタリアの撃墜王がドイツの戦闘機を撃墜したときに戦利品として、跳ね馬のエンブレムを自分の飛行機に付けたことから始まっています。

ですから、ポルシェの中心にあるシュツットガルト市の紋章の一つである跳ね馬と同じものをフェラーリも使っている事になります。

ベンツのエンブレム

外車の中でも高級車の代名詞、ダイムラー・ベンツですがベンツのエンブレムはスリーポイントスターが丸い円で囲われたマークです。メルセデス・ベンツは車の名前で、社名はダイムラーとなっています。

日本では高級外車として、知られていますがドイツでは実用車であるトラックやバスなどの商業車を、製造している車メーカーと言われています。ドイツでは高級なバスではなく、ごく普通のバスでありトラックです。

ジャガーのエンブレム

外車の中でもスポーツカーの、ジャガーのエンブレムはかっこいいと人気があります。以前は、ジャガーの姿をした飛びかかるような躍動感のある姿のエンブレムでした。それが、安全上許可できないとの事から、平たい顔だけのエンブレムとなりました。

ジャガーの会社名は、広告代理店が命名しましたもともとサイドカーのメーカーとしてスタートしています。外車では、フェラーリやポルシェとならんで人気のあるスポーツカーです。

アウディのエンブレム 「四つのマーク」

外車の中でも、アウディのエンブレムはシンプルでスマートな形です。ドイツの四つの、自動車メーカーが一つに合併したことから絆を表す意味で四つの輪「フォーシルバーリングス」をエンブレムに採用しています。

ホルヒ、ヴァンダラー、DKW、アウディが、それぞれの持っている得意分野を活かして合併し、一つの自動車メ-カーとして共同体として現在まで続いています。

車種別おすすめの外車

外車の人気ランキングTOP3・エンブレムの種類とメーカー

外車と言えば、高級で高いと言うイメージがいまだにあります。高い外車であれば,何千万とか億単位の車もあります。車種によりますが、中古であればまだ手の届く価格の外車も揃っています。そんな、各車種別におすすめの外車をご紹介していきます。

SUV

SUVは若者にも人気の車種ですが、輸入車は大きく日本の狭い道路では走りにくそうです。各外車メーカーも日本に合わせた、コンパクトにカスタマイズしたSUVを投入しています。SUVの中でも、オフロードもオンロードにも適した走りができるクロスオーバーSUVが人気です。

ボルボ「XC40」は、コンパクトカーも投入されクロスオーバーのSUV車です。内装は日本でも人気の、北欧スタイルでシンプルな装いが素敵です。価格は700万台とお高めになっています。ボルボは戦車並みの装甲と、よく言われていますから安全を買うようなものでしょうか。

ミニバン

外車のミニバンの中で、おすすめしたいのはフォルクスワーゲン「 シャラン」です。外観もとっても綺麗で素敵な大型のファミリーカーとなっています。フォルクスワーゲンのミニバンシャランは、床底も平でフラットな作りとなっていますしゆったりした室内空間です。

長時間の移動にも疲れをあまり感じることなく、家族連れでお出かけやお買い物にと使いかっての良いミニバンです。

スポーツカー

外車といえば、スポーツカーのイメージも強く持っている世代もあるくらい、強いインパクトがあります。スポーツカーの外車メーカーは、一つに絞れるわけではないので4つのスポーツカーの外車メーカーをご紹介していきます。

ご紹介するのは、フェラーリ、ポルシェ、ジャガー、ランボルギーニの4社ですが世界的にも人気なスポーツカーメーカーです。

フェラーリー

フェラーリーと言えばF-1というくらい、イタリアンレッドと言われる赤い車が特徴です。フェラーリ・488GTBは、そんなフェラーリの特長を見事に体現させた車と言えます。フェラリーファンでなくてもかっこいいフォルム、価格はさすがに3,000万を超えているので誰でも買える車ではないけれども、一度は乗ってみたいとおもわせるスポーツカーです。

本来フェラーリの色は、黄色です新車発表会では赤と黄色の二台が用意されているのはそのためです。ちなみに、赤はイタリア国家の色となっています。

フェラーリには、特別な記念や追悼のために記念車が作られます。フェラーリの創設者、エンツォ・フェラーリが亡くなった時彼の名前を冠した車が作られました。また、病死した長男の名前を付けた車なども、台数が限られていますので販売後高値がついています。

ポルシェ

ポルシェの「718 ケイマン GT4」は、雪の中でのテストも順調にこなし雪でも大丈夫なスポーツカーです。フェラーリは少し女性的な優しさを持っていますが、ポルシェはどこか男らしい力強さを持っています。

ポルシェは黒のイメージが強いからなのか、フェラーリが赤のイメージだからなのかはわかりませんが、2018年現在で最高性能と言われるモデルです。

ジャガー

ジャガーもポルシェ同様ドイツのメーカーです、ドイツは頑固な性格から男性的なイメージが強いです。ドイツメーカーが作る、スポーツカーの力強さは性格からもきているのでしょう。

ジャガーのFタイプは、見た目もどしっりとした力強い作りとなっています。パフォーマンスも満足のいくもので、綺麗なまた独特のエンジン音から気持ち良いサウンドを味わえます。

ランボルギーニ

ランボルギーニ社のスーパーカーと言われた、ランボルギーニ・カウンタックはあまりにも有名な車です。イタリアの自動車メーカーで、「カウンタック」とはイタリア語で驚きと言う意味です。ランボルギーニ社はアメリカのクライスラーの傘下に今は入っています。

数多く作られたスーパーカーのカウンタックですが、その中でも限定モデルと言われる車があります。ウォルター・ウルフ・カウンタックの3台や、創立25年記念用に作られたスーパーカーが1台あります。

ちなみに、ウォルター・ウルフ・カウンタックの2台と記念用の1台も日本にあります。

外車のメーカー一覧

外車メーカーの多くが、他の自動車メーカーの傘下に入って活動をしています。イギリスの自動車メーカーでは、単独の自動車メーカーがすでに1社も無くなり他国の自動車メーカーの傘下に全て入っています。

いずれは、自動車メーカーも3社くらいになってしまうだろうと予想されています。どのメーカーが、生き残れるのか厳しい戦いが繰り広げられています。ロールスロイスなどは、手作りにこだわりすぎて会社の運営が行き詰まってしまいました。

今ではBMW傘下に入っています、何度か合理化を進言されていたのですが国営企業という事もあり手作りにこだわったことも影響しました。

外車メーカー一覧を、いくつかのメーカーを少しの紹介と共に表にしてみました。

外国車メーカー紹介
メルセデスベンツカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーの二人が「ダイムラー・ベンツ」社を設立させました。
クライスラー現在クライスラーは、フィアットの傘下に入っています。
GMアメリカ最大の、自動車メーカーで外車の中でもちょっとアメリカ的な大きい車が多い。
フォードアメリカのビック3の一つですが、一時日本のメーカーマツダを傘下に置いていました。
ボルボ今はフォードが、中国資本に売却してしまったので中国の浙江吉利控股集団の傘下に入っています。
アストン・マーティン・ラゴンダイギリスの高級車、現在はイタリアの資本も入っています。
アウディフォルクスワーゲンの傘下の自動車メーカー。
ルノー(傘下には、日産他)フランスの自動車メーカーで、日産も傘下に入っています。世界でも最大級の自動車メーカーでもあります。
フィアット(傘下には、フェラーリ、アルファロメオ、他)大衆車では、欧州一のメーカーと言われています。日本のマツダとは、業務提携を行っています。
プジョー現在残っている自動車メーカーの中で一番古いメーカーです。

レンタカーでも借りれる外車

外車の人気ランキングTOP3・エンブレムの種類とメーカー

やはり外車と聞いただけで、買うには高いと言うイメージが定着しています。自分で買うことは無理でも、レンタカーで借りることができるので乗る事はできます。運転には気をつかうでしょうけれども、楽しいドライブをする事ができます。

レンタカーで借りる事ができる外車メーカーは、意外と多く多岐にわたっていて欧米の各メーカーの車を借りることができます。

外車ベントレー

イギリスの高級車エリザベス女王二世の愛車として使用されています。ベントレーは室内空間も、高級感ただよい座席の座りごこちも普段乗り慣れている車とは桁違いの良さです。レンタル料も破格の使用料金で70,000円台と贅沢な時間をレンタルできます。

イギリスの高級スポーツカーメーカーであるベントレーですが、世界的に起こっている再編もあってドイツメーカーのフォルクスワーゲン傘下となっています。

高級外車のレンタル

高級な外車が意外なほど、お手軽なレンタル料金で借りることができます。外車はだれでも憧れる車でもありますが、個人で購入するにはやはり高額な購入費が必要となります。

車種にもよりますが、1万円以下でもベンツやBMWなどをレンタルする事ができます。1~3万円台まで多彩な外車のレンタルが可能です、一度は運転したいとか乗ってみたいだけでもレンタルして夢を叶えることができます。

ロールスロイスを運転するのも夢ではありません、日本に三台しかないと言われているロールスロイスですがレンタルなら触れる事ができます。

外車の維持費

外車の維持費は、日本車と比べて高いという印象があります。外国メーカーはどうしても、部品を保管しておかなければいけないのでそのため部品一つでも高額になります。また、外国に本社があるので代理店の担当者が販売するための知識などを、海外の拠点で研修する事になります。必然的に車の販売額には少しくらいは反映されてしまいます。

保険や自動車税などに、日本車メーカーとの金額差はありませんが、車検は少し外車の方が販売店などで部品交換などがあればそれだけ高額となります。

ガソリンなどの普段の維持費も、日本車のようにレギュラーガソリンではなくハイオクガソリンなので価格が高く、燃費は大分改善されているようですが走ればそれだけ掛かります。

故障したときの修理費

時々ですが、高速道路などで走行中に外車が炎上したというニュースを耳にします。また、雨の日には乗れない外車があるという話もあるくらい、故障は日本車よりも多く起こると考えた方がよいでしょう。

故障されると、部品の取り替えだけでも高額なお金が掛かります。日本車のように、国内で生産されていませんから、全ての部品が日本国内に保管されているわけではありません。保管されていても、割り高な部品代になりますから日本車よりも時間と金額が掛かるのもしかたありません。

日本でも人気のある外国の高級車一度は乗りたい

車に興味が無い人でも、外車の名前の一つや二つは知っています。外車に対しての憧れを強く持った、年代の人や車好きの人にとっては一度でもいいから運転してみたい車の数々です。見た目の良さや車体の頑丈部さからか、ドアを閉めたときや開けたときの音の重厚さは日本車にはない。もちろん、日本車でも高級車と言われる車であれば違いはあまりありません。

高級外車も中古で、低金利のローンを組めばお手頃価格での購入が可能です。しかし、個人の考え方や生活環境にも寄るところが大きく作用します。一度で良いから、高級外車に乗りたいと言う夢を持っていたらきっといずれ叶うときが来ます。

Related