Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

輸入車であるBMWミニクーパーの維持費は高いのか?輸入車は壊れやすくて、車検などにも費用がかかり維持費が髙そうという声が多いです。そこで今回はこのミニクーパーの紹介と維持費の紹介をしながらタイプ別に比較しながら紹介していきます。

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

BMWミニクーパーとは?

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

ミニクーパーの歴史はまだ若く、2001年から販売開始され初代ミニクーパーの販売期間が2001年から2006年を製造販売され2007年にはフルモデルチェンジされ2代目ミニクーパーに進化を遂げ、2代目の製造販売は現在でも終了しておらず今も人気車として君臨しています。

2013年には3代目ミニクーパーも製造販売されており2代目、3代目とともに輸入車の人気車両として国内に販売されています。国産車にはない独特な雰囲気とミニという名の反対でビッグで爽快な走りを見せてくれるミニクーパーは現在でも乗る人魅了する走りと見た目でこれからも人気車両として国内に限らず世界で活躍を見せてくれる車両です。

BMWミニクーパーのスペック

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

ミニクーパーのスペックを初代、2代目、3代目と下記の表にまとめて紹介していきます。

初代ミニクーパー販売期間2001~2006
全長3,625mm
全幅1,690mm
全高1,425mm
車重1,130~1,270kg
エンジン直列4気筒1,4L、1,6L
駆動方式FF
ボディーハッチバック、コンバーチブル
2代目ミニクーパー販売期間2006~現在
全長3,715~4,120mm
全幅1,685~1,790mm
全高1,430~1,550mm
車重1,130~1,460kg
エンジン直列4気筒1,4L、1,6L、ターボ
駆動方式FF、4WD
ボディーハッチバック、エステート、コンバーチブル、カントリーマン、クーペ、ロードスター
3代目ミニクーパー販売期間2013~現在
全長3,821mm
全幅1,727mm
全高1,415mm
エンジン直列3気筒1,2L、1,5L、ターボ、直列4気筒2,0L、ターボ、直列4気筒2,0L、ディーゼル
駆動方式FF
ボディーハッチバック、ステーションワゴン、コンバーチブル」

初代から3代目にかけて確実に進化を遂げていることがわかります。2代目のボディータイプの多さは初代がどれほど人気を得たかわかります。そして2代目が現在でも人気の理由はボディータイプの多さと遊び心ある形です。

3代目になるとステーションワゴンが追加され家族向けにも販売を広げています。こんなミニクーパーの維持費は高いのかを紹介していきます。

BMWミニクーパーの維持費

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

ミニクーパーに乗りたいけど輸入車だから維持費が気になるのは当たり前です。そこでミニクーパーの維持費を紹介するとともに本当に維持費が高いのかを紹介します。維持費の計算は現在のミニクーパーを参考に紹介していきます。

気になる燃費は?

維持費を考えていく上で気になるのは燃費です。さらにはハイオクガソリンですので気になって仕方がありません。ミニクーパーはどれくらいの燃費なのか紹介します。

ミニクーパーのカタログ燃費が15km/Lほどになっておりますので実走行12km/Lほどの計算でハイオクガソリン130円だとし、1ヵ月1000km走った場合月に11,000円になります。年間にすると年間走行12,000km走行で132,000円ということになります。燃費は良いと言えます。

自動車税は毎年どれくらい?

自動車税は毎年必ずくる税金です。輸入車だから高いと思っている方も多いです。そこでミニクーパーの自動車税を紹介します。

2000cc以下になるので年間39.500円になります。輸入車だから特別高いなんてことはありませんので自動車税に関してはどの車種でもあることなので維持費を考えていく面でも安心です。気になる車検費用は次の項目を読んでください。

気になるミニクーパーの車検費用

ミニクーパーの車検時に絶対に必要な費用は24ヵ月点検整備料、手数料、重量税、自賠責、修理箇所の数、パーツ又は消耗品の交換などすべて足したらどうなるか下記の表にまとめて紹介します。ミニ専門店での計算にします。ディーラーでは少し割高になります。

車検費用名車検費用額
法定24ヵ月点検整備料34,000円
車検代行手数料12,000円
重量税24,600円
自賠責27,840円

修理費用や部品代を入れずに合計で98,440円になりました。これに消耗品の交換、故障個所の修理費用がもしかかるとしたら余分に50,000円ほど用意していれば行ける範囲です。ですから、合計15万円あれば車検できるという計算です。

ではなぜディーラーさんよりミニ専門店さんのほうが良いか?それはディーラーさんでは社外品による修理はしていただけませんが、ミニ専門店さんなら社外品の修理も対応してくれますし、修理もミニ専門のプロなので安心できます。そして手数料などもディーラーさんに比較しても1~2万円ほど安く車検を受けることができます。また、車検専門店でも社外品を取り扱える店は多いのでそちらに任せるのも1つの選択肢です。

ミニクーパーには保障期間がある!?

ミニクーパー新車購入時には保障期間があり、3年間タイヤ、ホイール保証があり、新車保証として3年間ありプランにより最大で7年間も保証してくれるサービスがあります。タイヤのパンクなどの破損で修理が必要になった場合に最大5万円の保証があり、ホイールも破損した場合最大5万円の保証があります。

とても親切なサービスでアフターケアまで万全なので新車購入される場合はサービス旺盛です。ミニクーパーを新車で購入すれば維持費自体も中古で購入するより抑えれて年間の維持費も下がる可能性もあります。

ミニクーパーの任意保険料

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

維持費で気になる年間の任意保険料は入ってないともし事故された場合取り返しのつかない事態になる可能性があります。高いから入らないではなくどう保険料を抑えて任意保険の入っておくかが重要です。事故してしまった時に保険に入っていないと自分では賄えない支払いの場合もありますし、企業などに勤務されている方なら任意保険は必ず入れと言われます。

そこでミニクーパーの任意保険料を紹介します。保険内容は対人対物無制限、同乗者3000万保証、車両保険なし、保険適用契約者のみ、26歳以上、免許証の色ブルーという内容でソニー損保さんで契約の場合「68,170円」という結果になりました。月に換算すると「6,000円」ほどということになります。なお、車両保険をつけた場合は「140,000円」となります。

ミニクーパー年間維持費合計

燃費、自動車税、車検費用、任意保険などの年間にかかる維持費の費用の合計を下記の表にまとめて紹介します。なお、車検費用は2年分の費用を1年に換算したものとし、燃費計算は1ヵ月1000km走行し年間12,000km走行したものとして紹介します。任意保険費用は先ほど上記で紹介した内容と同じ費用の計算です。

年間維持費名年間維持費名
自動車税39,500円
車検費用49,200円
任意保険料68,170円
ガソリン132,000円
年間維持費合計288,870円

合計288,870円という結果になりました。年間に30万円ほどあれば維持していくことができます。なので国産車と乗るのと対して変わらないですが、修理費用などは少しかかってきますので故障個所が多ければ維持も大変です。

しかし、ミニクーパーは故障しにくい車でもあります。大切に整備、点検を適度に行い正しい運転に気をつければ月の維持費を抑えられ(ガソリンなどの維持費)、年間維持費費用も抑えられます。故障個所が少ないということはそれだけ維持費がかからないということです。

BMWミニ車種別維持費の比較

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

BMWミニシリーズも様々なタイプがあり維持費もそれぞれ変わってきます。そこでタイプ別に維持費の比較を紹介していきます。ローン返済はなしで、ハイオクガソリン130円で全車種ガソリン車タイプのみの紹介(ディーゼル車、ハイブリット車は今回比較に入れない)とし、すべて年間に換算しての紹介になります。

ミニクロスオーバーの年間維持費

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

広い車内空間とSUVならではの広々と感じさせてくれる天井の高さでゆったり座れファミリーカーとしても大人気のクロスオーバーの気になる年間維持費を紹介します。ディーゼル車、ハイブリット車のラインナップを用意されていますが今回はガソリン車のみの維持費紹介をさせていただいています。

年間維持費名年間維持費額
自動車税39,500円
車検費用49,220円
任意保険68,170円
ガソリン142,000円
年間維持費合計298,890円

初代ミニクーパーの年間維持費

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

ミニクーパーの歴史の始まりで現在の人気とタイプの多さがあるのもこの初代ミニクーパーがいてくれたからこそです。そんな初代ミニクーパーの気になる年間維持費を紹介します。

年間維持名年間維持費額
自動車税39,500円
車検費用49,220円
任意保険68,170円
ガソリン173,000円
年間維持費合計329,890円

ミニクーパー3ドアの年間維持費

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

現3代目のミニクーパーはBMW製のツインパワーターボエンジンが搭載されパワフルな走りと燃費向上にも繋がっています。初代ミニクーパーから進化を遂げている3代目ミニクーパー3ドアタイプの気になる年間維持費を紹介します。

年間維持費名年間維持費額
自動車税34,500円
車検費用49,220円
任意保険68,170円
ガソリン97,500円
年間維持費合計249,390円

ミニクーパー5ドアの年間維持費

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

ミニクーパー3ドアと性能はほぼ変わらずですが、全長が9,5cm伸び後部座席のドアをつけています。3ドアのタイプでは後部座席の乗り降りが不便がありましたが5ドアでは乗り降りがしやすくなっています。

そんなミニクーパー5ドアの気になる年間維持費を紹介します。

年間維持費名年間維持費額
自動車税34,500円
車検費用49,220円
任意保険68,170円
ガソリン104,000円
年間維持費合計255,890円

ミニクラブマンの年間維持費

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

3ドア、5ドアのミニクーパーよりもボディーサイズが大きく、車内空間も広いのでクロスオーバー同様ファミリーカーとしても人気があります。クロスオーバーよりもやや小さめですが、後部座席の空間を広めにとり乗り心地を考え、インテリアも他のタイプより少しレベルが高い仕上がりです。

そんな気になるクラブマンの年間維持費を紹介します。

年間維持費名年間維持費額
自動車税39,500円
車検費用49,220円
任意保険68,170円
ガソリン111,500円
年間維持費合計268,390円

タイプ別に維持費比較した結果

どのタイプも大きな差はないですが年式が古いタイプになると燃費が悪くなりガソリンに費用がかかるため年間維持費が上がるという結果となりました。その他の維持費につきましては変わりがないという結果です。

修理などかかりそうな年式の古いタイプですと年間維持費が上がりそうですが、新車など新しいタイプでしたら故障も少なく修理等に維持費がかからず年間の維持費も上がらないですし、新車保証も付いていますので万が一故障しても保証の範囲内なら無償で修理してくれますので安心です。

ミニクーパーの維持費は国産車並み

BMWミニクーパーの維持費は高い?|車種別比較

ミニクーパーが輸入車だからといって国産車と変わらない維持費で乗れます。度重なる故障などが続けば別ですがそう簡単には壊れないパワフルボディーを持っています。年式が古くなり消耗品などを交換する場合には少し費用がかかることもありますが、そんなことを気にさせないほどの魅力ある車です。

軽快で爽快なパワフルな走りと操縦性は乗る人を魅了しますし、かわいらしくおしゃれなボディは見る人も魅了するような車です。

Related