Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月20日

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

突然の交通事故でケガをしてしまったとき、仕事に行けなくなってしまったり、病院に通院するための時間だったりと、金銭的にも精神的にも大変な苦労がありますよね?そんなときに助けになる「慰謝料」って、いったいいくらもらえるの?そんな疑問にお答えします。

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

慰謝料とは精神的に負った苦痛に対する賠償金

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

交通事故に合いケガをしてしまったとき、ケガが完治するまでの間、通院するための手間・時間や、日常生活に大きな支障が出てしまうなど、精神的に苦痛を伴うことになりますよね?その精神的な苦痛に対しての賠償金が慰謝料です。混同されがちですが、交通事故により損害を受けた物品や、治療費などの実費や、給与の補償は、慰謝料とは言いません。

慰謝料の算出には3つの基準

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

交通事故の慰謝料の算出には自賠責保険・任意保険・弁護士の3つの基準があります。ここではそれぞれの基準の特徴などを詳しくご紹介していきます。

自賠責保険基準での交通事故の慰謝料

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

自賠責保険とは、車を所有するすべての運転者が義務として必ず加入している保険です。車検のときに加入するので、車検を受けている車はすべて加入しています。適用される交通事故は人身事故のみで、物損事故には適用されません。

自賠責保険は最低限の保証

自賠責保険の慰謝料は3つの基準の中でもっとも低く、最低限の保証しかされません。自賠責保険での入通院慰謝料は、通院1日につき4200円の保証で、限度額が120万円と定められています。

任意保険基準での交通事故の慰謝料

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

運転者が任意で加入する保険です。契約する保険会社や契約内容によって保証が変わります。保障内容は、契約している保険会社から送られてくる保険証券や、書類などに詳しく記載されています。

任意保険は自賠責保険の上限を超えた場合に適用

任意保険は、自賠責保険の上限の120万円を超える慰謝料が発生した場合に適用されます。自賠責保険よりは高額な慰謝料が支払われますが、弁護士基準の慰謝料よりは低い金額になることが多いみたいです。

弁護士基準での交通事故の慰謝料

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

過去の交通事故の判例(はんれい)を参考に弁護士が算出する基準を言い、3つの基準の中でもっとも高額な慰謝料になることが多いとされています。弁護士基準で算出し、保険会社に請求するためには、弁護士と契約し、示談交渉を委任する必要があります。

交通事故の慰謝料は通院の頻度で変わるのか

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

交通事故にあってケガをした場合、どのくらいの頻度で通院すれば慰謝料が高額になるのでしょうか?慰謝料と通院日数の関係を詳しくご紹介します。

交通事故での入通院慰謝料の算出方法は実通院日数だけではない

交通事故での慰謝料の算出方法で重視されるのは、入通院日数だけでなく、治療期間も関係します。実入通院日数を2倍にした数か、治療期間のどちらか「少ない方」に1日の慰謝料(ここでは一番低い基準の自賠責基準で計算します)4200円をかけた金額が入通院慰謝料として算出されます。

過失割合によって慰謝料の減額があります

交通事故で100%どちらかが悪いといった事例はごく少数です。ここでは過失が0としての計算で金額を試算しています。過失割合によっては慰謝料に減額が発生します。

治療期間を1ヶ月(30日)とした場合の通院での慰謝料

1ヶ月(30日)を治療期間として通院頻度でどのくらい慰謝料に変動があるのでしょうか?ここでは毎日通院した場合、2日に1度の通院の場合、3日に1度の通院の場合の慰謝料の変動を自賠責基準で計算してみましょう。

毎日(30日)通院した場合

1ヶ月(30日)の治療期間に毎日(30日間)通院した場合、通院日数を倍にすると60になります。この場合、少ないほうの治療期間の30日で計算することになり、30(日)×4.200(円)で計算することになるので、入通院慰謝料は126.000円となります。

2日に1度(15日)通院した場合

1ヶ月(30日)の治療期間に2日に1度(15日)通院した場合、通院15日を倍にすると、30になります。この場合、治療期間・通院日数の倍の数が同じ30になるので、30(日)×4.200(円)で入通院慰謝料は126.000円となります。

3日に1度(10日)通院した場合

1ヶ月(30日)の治療期間に3日に1度(10日)通院した場合、通院10日を倍にすると、20になります。この場合、少ないほうの通院日数の倍の20日で計算することになるので、20(日)×4.200円で入通院慰謝料は84.000円となります。

治療期間の半分の日数程度の通院が理想

いかがでしょうか?通院日数別でわかるように、たくさん通院しても、通院した分だけ慰謝料が増えるというわけではありません。最大限に交通事故の入通院慰謝料を受け取れる入通院日数は、治療期間の半分程度の日数だということがわかります。

リハビリ通院で交通事故の慰謝料は増額されるのか

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

交通事故で受けたケガで骨折の後やむちうちなどで長期のリハビリを必要とする場合もあります。リハビリでの通院にも慰謝料は認められるの?と不安に感じる方もいることでしょう。ここでは、リハビリと慰謝料について詳しくご紹介していきます。

リハビリでの通院も慰謝料の対象

リハビリも、交通事故で痛めた体の機能回復のための治療です。リハビリで通院しても慰謝料を受け取ることができます。慰謝料の計算方法も入通院と同じ計算方法になります。

接骨院などにリハビリで通院する場合も医師の診断が必要

リハビリでの通院も慰謝料の対象になりますが、むちうちなどでリハビリの通院をされる場合、最初から接骨院などで治療を受けるのではなく、病院での医師の診断・指導の上でのリハビリが必要になります。

病院が遠いなどの理由で、どうしても接骨院などでリハビリを受けたいときは、交通事故時にかかった病院の医師に相談し、交通事故でのケガでリハビリが必要だという診断を受けた上で、接骨院などに通いましょう。リハビリ治療中も定期的な医師の診察・診断が必要です。

同日に2ヶ所以上の病院にかかっても慰謝料は増えません

リハビリ通院も慰謝料の対象ですが、同日の通院はすべての医療機関をあわせて「1日」という計算になるので注意が必要です。同日に病院で診察・治療を受け、接骨院でリハビリを受けても「1日」という計算になり、同日に2か所以上の病院に行ったからといって慰謝料が増えることはありません。

主婦の場合交通事故の入通院の慰謝料の計算方法ってどうなるの?

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

会社員などで給与所得のある人が交通事故でケガをして働けなくなった場合、働けない期間の賃金を保険から支払ってもらうことができますが、給与所得のない主婦の場合、交通事故でケガをしてしまったときの慰謝料はどうなるのか気になりますよね?ここでは、主婦と会社員で慰謝料の計算方法に違いがあるのかをご紹介します。

主婦の場合も交通事故の「通院」慰謝料の計算方法は同じ

給与所得のある人も、専業主婦の人も、交通事故でケガをした場合の入通院慰謝料の計算は同じです。給与所得のある人がケガをして仕事に行けない状態になった時に支払われるのは、給与に対しての「損害の補償」であって慰謝料ではありませんので、仕事の有無に関わらず計算方法は同じです。

専業主婦も「休業損害」補償をうけられる?

仕事をしている人が交通事故でケガをして仕事に行くことができなくなった場合、「休業損害」として、休んでいる間の給与を全額補償してもらうことができます。では、仕事をしていない専業主婦は休業損害をうけとることができないのでしょうか?

専業主婦も「休業損害」が認められます

専業主婦の方でも、交通事故によるケガが原因で、家事ができなくなってしまった場合、休業損害の補償対象になります。主婦が毎日行っている家事労働は、金銭的な評価に値すると考えられているからです。

専業主婦が受けられる休業損害の金額

専業主婦が受けられる休業損害の1日の金額は、「自賠責保険の基準」で5.700円です。これに限らず5.700円以上の損害があると資料などで証明できれば、19.000円を上限に増額することができます。

ケガの症状で交通事故の入通院の慰謝料って変わるの?

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

骨折や打撲など、症状によって通院の慰謝料は変わるのでしょうか?ここでは交通事故でのケガの種類での入通院慰謝料についてご紹介します。

打撲

打撲(打撲)は目に見えた外傷がないので交通事故のケガの中でも「軽症」という扱いになります。そのため自賠責保険での慰謝料の計算では入通院の慰謝料の変化はありませんが、任意保険基準や弁護士基準では骨折などに比べて慰謝料の金額は低くなります。

打撲での通院は1ヶ月で打ち切りの打診があります

交通事故のケガで打撲の症状で通院する場合、1ヶ月くらいで通院打ち切りの打診があります。病院の医師の判断でまだまだ治療が必要だと認められればこの限りではありませんが、目安として覚えておくといいでしょう。

むちうち

むちうちも骨折などの目に見えた外傷がありませんので、「軽症」という扱いになります。打撲と同じで自賠責保険での入通院慰謝料の変化はありませんが、任意保険基準や弁護士基準では骨折などに比べると慰謝料の金額は低いです。

むち打ちでの通院は3ヶ月で打ち切りの打診があります。

交通事故のケガでむち打ちになってしまい通院する場合、3ヶ月くらいで通院打ち切りの打診があります。打撲と同じで病院の医師から継続して治療が必要だとの判断があれば継続して治療を続けることができます。

骨折

交通事故のケガで骨折してしまい通院している場合、骨が折れているという目に見える外傷があります。このため「重症」という扱いになりますので、自賠責保険では慰謝料の金額の変化はありませんが、任意保険基準や弁護士基準では打撲やむちうちよりも慰謝料の金額が高額になります。

骨折での通院は6ヶ月で打ち切りの打診があります

交通事故のケガで骨折してしまい通院する場合、6ヶ月くらいで通院打ち切りの打診があります。ほかの症状と同じで医師の診断で治療を継続することができます。

通院日数別交通事故の慰謝料

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

交通事故でケガをした場合、治療期間に対して具体的にどのくらいの通院慰謝料が受け取れるのかを計算していきます。ここで出す金額はあくまでも目安であり、過失割合などの減額や、保険会社の基準など、かならずしもその金額ではないということをご理解いただいたうえで参考にしてください。

治療期間3ヶ月(90日)

治療期間が3ヶ月の場合のそれぞれの基準での入通院慰謝料をご紹介します。

自賠責基準での慰謝料

90(日)×4.200(円)=378.000円(最大金額を受け取るには45日間以上の通院が必要)

任意保険基準での慰謝料

軽症(むちうちなど)で38万円程度です。重症(骨折など)だと49万円程度になります。

弁護士基準での慰謝料

軽症(むちうちなど)で53万円程度です。重症(骨折など)だと73万円程度になります。

治療期間4ヶ月(120日)

治療期間が4ヶ月の場合のそれぞれの基準での入通院慰謝料をご紹介します。

自賠責基準での慰謝料

120(日)×4.200(円)=504.000円(最大金額を受け取るには60日間以上の通院が必要)

任意保険基準での慰謝料

軽症(むちうちなど)で48万円程度です。重症(骨折など)だと62万円程度になります。

弁護士基準での慰謝料

軽症(むちうちなど)で67万円程度です。重症(骨折など)だと90万円程度になります。

治療期間6ヶ月(180日)

治療期間が6ヶ月の場合のそれぞれの基準での入通院慰謝料をご紹介します。

自賠責基準での慰謝料

180(日)×4.200(円)=756.000円(最大金額を受け取るには90日以上の通院が必要)

任意保険基準での慰謝料

軽症(むちうちなど)で64万円程度です。重症(骨折など)だと83万円程度になります。

弁護士基準での慰謝料

軽症(むちうちなど)で89万円程度です。重症(骨折など)だと116万円程度になります。

慰謝料は弁護士基準が高額

3ヶ月・4ヶ月・6ヶ月の入通院慰謝料を試算しましたが、やはり弁護士基準が一番高額な慰謝料をうけとれるみたいです。示談交渉も弁護士さんにおまかせできれば安心です。

「弁護士特約」知ってますか?

任意保険で「弁護士特約」に加入していれば、自分で弁護士さんを探して契約しなくても、保険会社から専門の弁護士さんが来てくれます。しかも契約金も保険代に含まれているので必要ありません。

任意保険の補償を確認してみましょう

【通院日数別】交通事故の慰謝料|主婦/鞭打ち/頻度/リハビリ

今回は入通院の慰謝料について書いてきましたが、慰謝料の交渉を弁護士さんにお願いできることを知らなかったという方も多かったのではないでしょうか?自分で弁護士さんをさがして契約するのは大変そうですが、弁護士特約に加入していれば安心です。交通事故は予期せずおこるもの。加入している任意保険の補償を見直してみてはいかがでしょうか?

Related