Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月19日

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

交通事故とはどんな場面でも起こってしまう事が多いです。自分が被害者側、加害者側どちらになれば幸せになれると言う話ではありません。被害者側でも加害者側でも心に傷ができてしまう最悪な出来事です。交通事故を起こしてしまった場合の適切な対応の仕方について書いています。

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

交通事故の加害者が最初にとるべき対応

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

普段の生活の中で、ちょっとした不注意から、交通事故に繋がってしまう事は、いっぱいあります。どんなに自分自身が、外で気を付けていても交通事故では自分が加害者になってしまう事も、被害者になってしまう事もあります。

全てのタイミングによって起こってしまう不幸な出来事なので、防ぐコトが不可能な時もあります。そんな不幸な交通事故に繋がってしまった場合に、必ずするべき行動があります。

最初は、交通事故に遭った相手の人の怪我の状態を確認し救護処置をします。次は2次被害を防ぐように、発煙筒を使い後続車両の誘導を済ましてから事故を起こした地域の警察署に連絡します。そして、交通事故の相手と連絡先を交換しておきます。

自分の車の加入している保険会社に交通事故の連絡を入れると、その後の事は保険会社の人が交通事故の相手と連絡のやり取りしてケガのケアや、壊れた車の修理の事を責任を持って対応してくれます。

弁護士

交通事故を起こしてしまった場合は、まずは、車の保険会社の人が交通事故の相手とやり取りをしてケガや車の修理の話を進めてくれています。

でも自分自身が交通事故の加害者になった場合は、「民事責任」「刑事責任」「行政上の責任」と3種類の責任を問われます。車の保険に入っている事で補えるコトもありますが、それだけでは、補えない事もあります。

交通事故の相手が、大きなケガを負った場合や、死亡させてしまった場合には重い判決を受ける事になりますが、判決を少しでも軽減して貰う交渉のお手伝いをしてくれます。

そして、加害者になった時に被害者に対して必ずするべき謝罪対応と示談交渉もしてもらえるメリットがあります。

相談

万が一加害者になった場合は、交通事故専門の弁護士さんが、24時間相談の予約を受け付けています。相談方法は、LINEで受け付けている弁護士さんや、電話やメールで受け付けている弁護士さんとあります。

加害者になった時は、素早くお願いする事で、被害者の人へ誠意を持った適切な対応をする事が可能になります。

交通事故の加害者のその後の人生

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

交通事故の加害者となってしまった人の人生は、どのように変化して行くのでしょう。

どんなに後悔をしても、加害者になってしまった以前には戻れません。それと同じく、被害者になった人もそれ以前には戻れません。

交通事故の瞬間で、お互いに立場は違いますが、一生忘れる事のできない傷を負ってしまいます。

家族

交通事故の加害者となってしまった家族は、当然被害者の家族の方からはヒドイ目で見られヒドイ扱いを受けます。

そして、次に起こるコトは、悪い噂話はすぐに近所の人や周りの人から被害者として扱われるようになります。最悪な場合は、住んでいるのも辛くなり引越しする加害者家族もいます。家族仲が悪くなり離婚してしまう人達もいます。

学校や職場に行っても露骨に嫌な態度を取られるように変化して行く事が多いです。その変化に加害者の子供達も、家族が起こした交通事故のせいだと理解していても、子供ながらに悩み心に傷が付いて行きます。

辛い

まず、交通事故を起こしてしまった加害者は、一生消すコトができない傷を「被害者と被害者家族」「加害者家族と自分自身」に作ってしまいました。

この辛い思いは、被害者も加害者も決して忘れるコトは無理です。

交通事故の加害者の誠意の伝え方

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

加害者となってしまった時は、被害者に対して、どのように接して行くと誠意を受け取って貰えるのでしょう。

例えば、「被害者が小さなけが程度で済んだ場合なら、病室に謝罪に行けば良いのですが、被害者の怪我が身体に後遺症として残ってしまった場合は、病室に謝罪に行っても会わせて貰えないのは、珍しい事ではありません。

それでも、毎日同じような時間帯に伺うように、しましょう。すぐには無理でも「いつかは、誠意を受け取ってくれます。」

懲役など

交通事故を起こしてしまった時に、被害者が死亡してしまった場合、加害者は、懲役刑や、禁錮刑、罰金のどれかの刑を受ける事になります。

交通事故の状況が悪質と判断された場合でも、一般的な過失の交通事故の過失は、被害者が死亡しても懲役刑になる事が少なく、人身事故の90%は罰金刑になる事が多いです。

被害者側の遺族から見ると、辛い判決になる事が多いです。

交通事故の加害者が死亡した場合の損害賠償

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

交通事故を起こしてしまった加害者には、刑事罰と賠償金を支払う義務が発生してしまうコトが一般的です。

その賠償金は交通事故の状況で大きく変化してしまいます。賠償金の相場はある程度決まっています。一般的に多い賠償金は、「数千万円から数億円」と幅が広いです。

加害者側の交通事故の状況が、悪質か、過失があるのか、無いのかで決まります。仮に、賠償金を支払っている途中で、加害者側が支払え無い状況になっても、加害者側の家族が支払う義務が発生してしまい、代わりに支払うコトになります。

交通事故の加害者の保険会社への請求方法

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

交通事故の加害者側になってしまった場合は、車の入っている保険制度によって受けれる保険制度に差が生まれてしまいます。

ちゃんと「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」に加入していた場合は、交通事故の加害者側になっても手厚い補償が受けるコトが可能になります。その補償の種類に付いて説明していきます。

まずは、交通事故によって感じた精神的苦痛に対して支払われる「慰謝料」があります。慰謝料にも種類があり、「入通院慰謝料」「後遺症害慰謝料」「死亡慰謝料」と分かれています。

その他にも、交通事故で仕事に行けない場合に、収入の減額分の補償を受け取れる「休業損害」や、交通事故が無ければ将来得ることが可能だった利益の補償を受け取れる「逸失利益」があります。

通院など

交通事故を起こしてしまった場合、車に付けている保険「人身傷害保険」に加入しておく事で加害者側になっても、治療をするために生じた治療費を保険会社に支払いを請求することが可能です。

人身傷害保険には、支払われる金額に上限額の設定がありますが、治療に必要だと判断された範囲の支払いは、ある程度補償してもらえます。

交通事故で怪我をしてしまった時から発生した出費に関しては、レシートを保管しておき、後から全て一緒に保険会社に請求する事も可能です。

交通事故の加害者が直接請求・交渉された場合の対応方法

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

車に入れている保険会社さんが、基本的には交通事故の対応をしてくれますが、中には、加害者と被害者側で直接交通事故の過失に付いて話し合い、損害賠償のコトやいろんなコトで直接請求を行うパターンもあります。

中には、交通事故を起こした車が保険に入っていない場合もあるからです。その時は、被害者側の怪我に対して支払う補償など、全てが個人で負担をして補償してあげる必要が出て来ます。金額の交渉は、決まるまでカナリ難しい話し合いになる事が予測できます。

交通事故だけに限らず、他人お金の補償に付いて話し合いをする場合は、必ず、すんなりと話し合いが決まるコトは、ありません。少しでも被害者はお金を多く欲しい、加害者側は安く済ませたいと、両方が考えている気持ちが違うので、しょうがないコトでもあります。

なりたくない交通事故の加害者

交通事故の加害者が最初にとるべき対応・その後の人生・家族

いつ何処で、誰が、交通事故の巻き添いになるか正直分かりません。どんなに気を引き締めて運転をしていても、交通事故の加害者になってしまう事もあります。車の衝突事故や歩いている歩行者を引いてしまったと、理由はいろいろあるでしょう。

ただ、加害者になってしまった場合は、適切な対応を素早く取る事が一番大切になります。交通事故に慣れている人は、少なくので万が一の時のために、自分自身が取るべき行動をイメージしておく事も大切です。

Related