Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月20日

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

交通事故の起きやすい原因まとめ。高齢者の交通事故原因、中学生の交通事故原因、事故を誘発しやすくなる時間帯、一年を通して季節ごとの交通事故を起こしやすくなる原因をまとめました。この記事を見て事故の無いようおでかけを楽しみましょう。

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

交通事故の原因の統計から分かるランキングTOP3

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

毎年いろいろな交通事故のニュースが出ています。今は事故を起こしていなくてもそのうち事故を起こしてしまう可能性もあります。原因を知っておいて交通事故を未然に防ぎましょう。

第3位 運転操作不適

ハンドルの切り返しの間違えから起こる交通事故や、近年お年寄りの起こす事故でよくニュースで目にするブレーキ、アクセルの間違えから起きる交通事故です。原因はバックするときに間違えてアクセルを踏んでしまい、コンビニや歩道に突っ込んでしまうなど誰でもやってしまいそうなミスです。

道路交通法では安全運転義務違反となっており、第3位です。

第2位 脇見運転

交通事故の原因が多い第2位は、運転中に携帯を見たり他所を見ていて事故を起こしてしまう脇見運転です。脇見運転も道路交通法で安全運転義務違反とされます。

スマートフォンなどの端末を見ながら運転をやめて事故を未然に防ぐのが重要です。

第1位 漠然運転

事故で最も多い交通事故の原因は漠然運転です。同乗者との会話に夢中になっていたり、ただ単に呆然としていて運転に集中していないことから起きる事故です。

前方の歩行者にきずかずに突っ込んでしまったり、前の車が止まっているのに気づかずぶつけてしまったなどです。漠然運転も道路交通法で安全運転義務違反となります。

高齢者の交通事故の原因

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

能力

高齢者になると事故を起こす割合が高くなります。なぜ高くなるかというと、注意力、集中力、とっさの判断力が著しく衰えてしまうからです。これらが衰えてしまうと運動能力、危険回避能力が低下して交通事故を起こしてしまう原因となります。

また、昔から運転していることから自信がついてしまい、これからも運転しても大丈夫とおもっています。交通事故を起こす高齢者は自分は事故を起こさないとおっもている人が多いのが民間事業者の調査でわかっています。

車種

AT車が今は主流となってから、交通事故の原因の統計からわかるTOP3で紹介した、運転操作不適のアクセルとブレーキの間違えが起こりやすくなりました。

昔はMT車が普通でクラッチペダルを操作しないと前進することができません。なので、間違えることはなかったのですが、AT車の場合はギアをDかRに入れてアクセルを踏むだけで、前進することができます。そのため交通事故で多い原因とされてるブレーキとアクセルを踏み間違えを起こしやすくなっています。

車が無いと不便な人たちへの援助の遅れ

高齢者ドライバーを減らすためにタクシーの割引券やバスの割引券の配布を各地域で行っていますが、免許を返納してしまうと今までどおりの生活ができなくなっていたり、都心部から離れた地域では交通機関が充実してなく、なかなかバスなどが無かったりします。

そのため免許を返納できず、交通事故を起こす確率が上がってしまいます。高齢者が免許を返納できるように、手厚いフォローをしない限り、免許返納をする人は増えないでしょう。

交通事故が多発する場所の原因

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

交差点

交通事故が多く多発する場所の一つとして交差点が挙げられています。交差点ではよく曲がる方などに鏡が設置してあるところもありますが、ちゃんと鏡を見ていなかったり人など来ていることを確認せずに曲がったり前進をしてしまうと、交通事故を起こす原因となってしまいます。

交差点に指しかかったら必ず周りを見るようにし、曲がるときなどもスピードを出さずゆっくり曲がったりして、交通事故が起きる原因をなくしていきましょう。

スピードを出せる場所

最近は、白バイやパトカーが道を監視していますが、まだ目が届いていない場所があります。まっすぐな道で警察の目が届いてない時などスピードを出しすぎてしまいます。スピードを出しすぎてしまうと交通事故が起きる原因が多くなってしまいます。高速道路でもスピードを出しすぎてしまい事故が多発しています。

まず、スピードを出しすぎることで急に飛び出してきたものや人にたいして止まることができず、ぶつかってしまいます。また、スリップしやすくなりハンドルを持っていかれてしまいます。スピードを出しているだけで交通事故を起こした際の衝撃が法定速度で走っていたときの衝撃より、より一層強くなっていて、とても危険です。

12月に交通事故が多い原因

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

道路の凍結

都会でも意外と橋の上は表面が凍っていたりしています。橋は浮いているため地熱がなく、地面を保温することができず、凍結してしまい交通事故の原因につながってしまいます。

道路が凍結していることに気づかず、スリップしてしまったり、いきなりハンドルを取られることに対処できず交通事故を起こしてしまいます。

スタットレスタイヤ

冬はスタットレスタイヤを着用している人が多いですが、スタットレスタイヤには盲点があり、雪が降っているときの道路には強いですが、雨天時の道路にはとても弱いです。雨天時の道路にスタットレスタイヤを使ってしまうと、うまくグリップできず制動距離が伸びたり、うまく曲がれなくなってしまい、交通事故の原因となってしまいます。

年末年始

12月の中でも最も事故が多い期間となります。年末年始は帰省ラッシュで道路や高速道路が混雑します。帰省ラッシュが原因で必ず起こるのが渋滞です。長時間での渋滞で集中力が無くなってしまったり、眠気に襲われたりしてしまい交通事故を起こす原因となってしまいます。

また、初詣をする人や初日の出を見に行く人が外に出るため、夜中にも関わらず人が多くいます。夜中のため歩行者も運転者も視界が悪く交通事故を起こしやすくなっています。

中学生の交通事故の原因

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

中学生の交通事故で一番多い原因となっているのが自転車の交通事故です、中学生でも自転車で通学する人が増えています。部活動などで夜遅くなったりすると、疲れもたまってしまい下校時の交通事故を起こすリスクが高くなっています。

また、朝は寝坊をしてしまったりボーっとしていたりで集中力がなく交通事故を起こす原因です。急いでいるため曲がり角を飛び出してしまったり信号が赤だと気づかず前進してしまい、人とぶつかってしまったり、車との交通事故が起きたりとしてしまいます。

夜の対策は光が当たると光ったり反射したりするものを自転車のタイヤにつけたり、腕につけたりして交通事故を防ぎましょう。朝の場合は余裕をもって行動すると急がずに済むので、早く家を出るようにしましょう。

季節別交通事故が多い原因

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

春の前は冬です、冬の時期は路面が凍っていてり、雪が降っていたりして、危険なため集中しています。そのため春は気が抜けてしまいます。春はそれと同時にお花見など入学、卒業などと浮かれる時期となっています。なので、歩行者も気が緩んでいるため交通事故を起こしやすくなっています。気の緩みから事故を起こす原因が生まれてしまうため、交通事故が多発しています。

夏は学生などに夏休みがあり、そのためいつもと違う交通事故が起こります。昼間の道などいつもはいない小学生などが出歩いています。急に飛び出してきた子供にぶつかってしまったりする事故が多発しています。

また、夜中も冬とは違く遅くまで人の出歩きが目立ちます。夜は見通しが悪いのが原因で人に気づかず事故起こしてしまいます。

夏の事故を防ぐのはまず運転姿勢から見直し眠気が起こるのを防ぎましょう。

秋は日の入りが早くなってくるため、暗くなるのが早くなります。交通事故の重大な死亡事故が起こるのはだいたい夕暮れ時に起こることがわかっています。夕暮れ時は帰宅ラッシュで街には多くの人が出回っています。また、仕事や学校などが終わり一日の疲れがたまっている時間帯で集中力が低下しています。

夏よりも秋の方が暗くなるスピードが速く人の目には追い付かないので、その時だけ視力が低下し視野が狭くなってしまいます。

それらが原因で事故を起こす可能性がたかっくなて言います。暗くなり始めたら早めにヘッドライト付け周りの明るさの変化に対応しましょう。

1年を通して冬が1番事故が多い季節です。地面が凍結しているため、うまくハンドル操作ができずスリップしてしまいます。そのため冬はスリップ事故が多発しています。また、朝は明るくなるのに時間がかかり夜は暗くなるのが早いため、視界が悪い時間が1年間で1番長くなっています。そのため、人などに気づかずぶつかってしまったりしてしまいます。

冬はスタットレスタイヤなど雪や凍結への対策を早めにしときましょう。

交通事故注意して運転しよう

【季節別】交通事故の原因・ランキングTOP3|高齢者/中学生

ここまでいろいろな交通通事故を紹介していきましたが、一年を通して夜が交通事故の起きる可能性が高いのがわかります。夜間や早朝の走行をする際はその前に8時間は寝るようにしときましょう。夜間以外でも車を走行するときは運転に集中して、歩行者など急な飛び出しなどに注意しましょう。

車の交通事故はなかなか減りません。今では悪質ドライバーなどと言うのも出てきました。運転中疲れたら休んだりして、事故を起こす原因を減らしましょう。

Related