Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月05日

【年齢別】軽自動車の保険月々の金額相場・ランキング

近年軽自動車に乗る方は増えています。もしものために自動車保険には加入しておきたいですが、保険料を内容がわからないままなんとなく支払っているという方が多いのではないでしょうか。この記事では、これから加入される方に向けて軽自動車の保険料について紹介します。

【年齢別】軽自動車の保険月々の金額相場・ランキング

年齢別軽自動車保険の保険料月々の平均・相場

【年齢別】軽自動車の保険月々の金額相場・ランキング

近年、維持費の安さから軽自動車を選ぶ方が増えています。維持費が普通自動車と比較して安いとはいえ、車を所有すると必ず維持費が必要になります。その中でも車の維持費としてばかにならないのが自動車保険料です。自賠責保険は費用は一定ですが、任意保険については、条件で費用が変わるため、任意保険を見直すことで維持費を抑えることができます。

この記事では軽自動車の保険料について紹介します。

18歳の保険料

18歳の場合の保険料は本人限定で平均で大体8万円くらいです。年齢が若い人の方が事故率が高いということもあり、その分保険料も高くなっています。事故が多い理由として特にあげられるのが免許取り立てで、嬉しくて無茶な運転をしてしまうこと、特に若者はスピードの飛ばしすぎるため事故を起こす確率が高いです。

20歳以下の保険料

20歳以下の場合の保険料は18歳と同様に平均で大体8万円くらいです、軽自動車は普通自動車と比べ、車体が丈夫ではないのでご自身の怪我のリスクも高くなっているのが現状です。安全運転を心がけましょう。

なお、ご家族の方が既に自動車保険に契約中の場合は、セカンドカーとして保険を契約すると割引が適用されるケースもありますので、相談してみるとよいでしょう。

21~25歳の保険料

本人限定平均5万円くらいです。20歳以下と比べると安くなってるのがわかります。運転経験の差で変わってきてますが、少し運転に慣れてきた頃が結構危険です。なぜなら、慣れてくると油断しがちになってしまうからです。

自損事故は少なくなっているでしょうが、周りの不注意が多いことでの巻き込み事故を起こしてしまうことがあるので、慣れてきた時こそ注意を怠らないようにしましょう。ご自身を含め周りの方にも影響を及ぼしかねないので、慣れてきだした頃こそ油断大敵です。軽自動車でも結構速度が出ますので注意して運転しましょう。

26~29歳の保険料

本人限定で平均4.5万円くらいです。21~25歳の保険料と比較して5千円くらい安くなります。20代になりますとそこまで保険料に差がなくなってきています。ですがこの年齢になってくると軽自動車や自動車を個人で保有するようになってきます。

そうすると家族で使っていた車とはとは違い自由に使えることから夕方から夜中など比較的暗い時間帯での運転率が高くなってきてます。そのため昼間以上に周りを気にする必要がありますので、集中力が必要になってきます。また夜の場合は自転車や徒歩の方の見落としてしまいがちになります。

運転場所によっては街頭などがあり明るいところや逆に街頭もなく真っ暗なとこもあります。これは下道でも高速道路でも同じです。高速道路の場合、事故してしまった時の衝撃はかなり大きくなりますのでより一層注意して運転して下さい。

30歳以上の保険料

本人限定4.2万円くらいです。もっと安くなりました。事故率は減少傾向にあるので安くなってきてます。ただし、70歳以上になってくるとまた変わってきますので注意が必要です。この年代になってきますと家族持ちの方々が増えてきています。

昔の軽自動車は馬力が弱かったり、車内が狭かったりしていましたが、近年での軽自動車は燃費がいいのはもちろん馬力が上がってきており、車内が広くなってきていることから快適性が生まれ、また旅行に行くにも載せる荷物が増えてきていることで高速道路で走っているのもよく見かけます。CMでもたくさんの宣伝をしていることから軽自動車の保有率が増えてきています。

おススメの軽自動車保険の探し方

自動車保険の会社はたくさんあります。その中で年齢別に細かく設定できる会社があります
ソニー損保、チューリッヒ、東京海上日動などです。今後もそうした保険会社は増えていくでしょう。

細かく設定できることによりご自身にあった内容の保険をカスタマイズできるようになってますので、安さ重視の方や、補償内容重視のもいます。また普通車に比べて軽自動車は保険料や維持費が安いのでその分補償内容を充実させる方法をとることもできます。

軽自動車は本体価格や維持費や燃費が安いので普通車に比べて低コストで乗れることができ
ます。普通車から軽自動車に乗り換える方も増加傾向にあります。

だからこそ保険料は必然的に下がるので安くなったと錯覚する方もいますが、軽自動車には必要のない補償内容が入りっぱなしになっているのに気づかずに無駄に保険料を払っているというケースがあります。

複数社から見積もりをもらう

知ってるようで意外とやらないのが複数社の見積もりです。一番の理由はやはりめんどくさいからになってきます。ではなぜ複数社の見積もりを取った方がいいかと言いますと複数社の見積もりをとることで自分にあった保険内容の違いがわかるからです。

安いのがいいのは誰でもそうですが、いざ何かあった時に内容が自分にあっていないことでずっと保険料を支払っていたのにもかかわらず保険が下りないことだってあるからです。軽自動車や普通車を初めて購入する時でも車屋さんから保険の提案がありますが、そのばでうのみにせずに保険はちゃんとご自身にあった内容で加入することをおススメします。

人気の軽自動車保険ランキングTOP3

第3位:チューリッヒ保険会社

保険料に比べ補償内容は充実しており、「最低限の補償でもしっかりしているため安心できる
と」いった声があがってます。コストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

第2位:ソニー損害保険

全国展開しているだけあって旅先での補償やロードサービスも充実。レジャーや旅先での予期せぬ急病などの事故以外での怪我による入院や通院の補償も無料で付いており、車に乗ってない時でも補償が使えるのという補償内容の充実性が高いところが評価につながってます。

第1位:セゾン自動車火災保険

補償内容で無駄な補償をつけることなく自分で手厚い内容にカスタマイズするができ、そのうえ保険料が安いく補償内容と保険料のバランスのよさが高評価になってます。

軽自動車と普通車の保険料率の違い

軽自動車の任意保険料は、平均2万円~4万円台です。標準的な普通車の任意保険が平均7万円~8万円ですので軽自動の保険料は普通車の60%ぐらいでしょう。

軽自動車は、普通自動車と比較して、長距離運転をする機会が少ないため事故リスクが低いということが考えられますが、近年、軽自動車の乗り心地や性能は格段に向上し、長距離運転をする方が増えてます。そのため、今後は軽自動車の保険料が上がる可能性はあると考えられます。

最安の軽自動車保険

【年齢別】軽自動車の保険月々の金額相場・ランキング

保険料を安くするには通販型がお得です。理由は二つあり、一つは代理店などの仲介業者がないので大幅に経費削減できるからで、もう一つはインターネットや電話で見積もりや契約を行うことで大幅な人件費の削減が行えるからです。

二台持ちの場合軽自動車保険に入るべきか

軽自動車と軽自動車の二台持ちでも、軽自動車と普通車の二台持ちでも基本的には車が二台所有している場合は、一台一台別々の契約として自動車保険に加入する事になりますので加入しなければなりません。

自動車保険は、自動車と被保険者が紐付いています。紐付けることで保険内容や保険料金が変わってきますが、等級には注意が必要です。2台目の車を契約する場合は、既に契約中の保険の等級が適応されず、新規での契約となります。

ただし、同じ保険会社で契約する場合は2台目の契約が割引されたり、優遇されるケースもありますので、各保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。ご家族の方が既に自動車保険に加入している場合も同じく割引の可能性はあります。

内容を十分に調べてから加入しよう

失敗や損をしないようにどんな補償内容があるのかを複数社からの見積もりをもらいご自身にあった内容や金額で探してみてください。複数社からの見積もりを取るのは正直面倒ですし、時間がかかりますが、そこをきちんとしておかないと取り返しのつかないことになることもあります。

注意すべきなのは保険料が高いから補償がしかっりしていると思い込んでることや知人に任せとけば大丈夫と納得することです。実際に保険料が高いのに補償内容は意味のないものに掛けていて必要な時に何も出ないことがあります。

知人からの加入の時も同様で任せきりにすると必要なものを省かれてしまってることがありますので、保険料や知人からの確認でもご自身できちんと確認しましょう。

そして、最も重要なことは事故を起こさないことです。それが結果的には等級があがり保険料の節約に繋がってくるからです。安全運転で快適な軽自動車ライフを楽しみましょう。

Related