Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月11日

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

車を安心して乗るために欠かせないのが、任意保険です。任意保険は車の所有者に法律で加入が義務ずけられている自賠責保険で補償できない部分の補償をしてくれる大事な保険、事故など時にしっかり対応してくれる任意保険の選択が大事です。今回はおすすめの任意保険を紹介します。

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

車を運転する人に欠かせない保険とは

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

車を運転する人に欠かせないのが、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と対人賠償・対物賠償・人身傷害補償・搭乗者傷害保険・無保険車傷害・自損事故・車両保険などを補償してくれる個人の意思で加入する「任意保険」です。

ここでは、おすすめの車の任意保険を紹介していきますが、その前に「自賠責保険」と「任意保険」のおもな補償の保険内容について詳しく説明します。

自賠責保険とは?

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、「自動車損害賠償保障法」の民法の適用項目の第四条から第九条などに明記されている法律で、加入が義務付けられている保険で、道路運送車両法の第二条第二項に規定する自動車と同条第三項に規定する原動機付自転車などのあらゆる自動車が加入しなければなりません。

そのため、自賠責保険は「強制保険」とも呼ばれています。もし、加入しないで運転をするなどの違反をした場合は「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」と「免許停止処分(違反点数6点)」のきびしい罰則も設けられています。

また、自賠責保険証明書を車に備え付けていない場合は「30万円以下の罰金」という処分があります。

では法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」にはどんな補償内容があるのでしょうか。次項で説明します。

自賠責保険にはどんな補償内容があるの

自賠責保険は、交通事故の被害者に対する最低限の補償をおもな目的とする保険です。そのため、任意保険のように幅広く補償されるものではありません。なので補償も事故の相手方のからだに関する損害しか補償の対象になりません。

ですので、事故の時相手方の車や物により自分のからだや物に損害を負ったとしても、補償の対象ならず、保険金は支払われません。また、任意保険の人身保険のように無制限といった補償はなく、被害者1名あたりの傷害による損害が120万円と保険金の上限が決められています。

また、後遺障害による損害の場合は第1級から第14級など後遺障害の程度に応じた等級により75万円~4000万円、死亡による損害の場合は3000万円となっています。

任意保険のおもな補償の保険内容とは

自賠責保険は、交通事故の被害者に対する最低限の救済をおもな目的とする保険であることが理解できました。ここでは、車を運転する人に欠かせない任意保険の補償の保険内容について説明します。任意保険のおもな補償は他項で説明したように多岐にわたります。

ここでは、それらの項目について詳しく説明していきましょう。「対人賠償保険」(相手方への補償)について説明します。交通事故で相手方の車に乗っていた人や横断歩道などの歩行者にケガさせたり、死亡させてしまったときなど、自分の過失割合の法律上の損害賠償責任を負担する場合に、自賠責保険の補償上限を超える損害賠償をカバーします。

対人賠償保険の具体例

ここでは、自賠責保険の補償上限を超える損害賠償をカバーするケースとして説明しましょう。例えば、自分の過失割合が60%、相手の怪我の治療費を500万円としたケースでは(被害者の損害額 50万円× 契約者の過失割合60%)-- 自賠責保険の補償額(120万円)= 対人賠償保険金の支払い額の計算方法で保険金が支払われます。

上記の計算から対人賠償保険金として支払われる賠償金額は180万円ということになります。でも実際に怪我を負わせた相手方にはこの賠償金額は180万円に自賠責保険の補償120万円がプラスされて300万円の保険金が支払われます。

対物賠償保険(相手方への補償)の内容

ここでは、任意保険の対物賠償保険(相手方への補償)について説明しましょう。交通事故を起こして、他人の車や物などに損害を与えた際に、保険金が支払われます。 この対物賠償保険も対人賠償保険のときと同じように、交通事故を起こした双方の過失の度合い、つまり、過失割合によって自分の過失割合の分だけが相手方に支払われます。

計算式は被害者の損害額 × 加害者の過失割合 = 対人賠償保険金の支払い額です。対人賠償保険のように例で説明すると、例えば相手方の損害額500万円、契約者の過失割合60%で計算すると相手方に300万円支払われます。

大事なのが任意保険の対物賠償保険契約額

ここで大事なのが、任意保険の対物賠償保険契約額 です。ほとんどの人は対人賠償保険契約額は無制限で契約していますが、対物賠償保険契約額は1000万円などと金額を指定して契約しています。

例のような相手方の損害額500万円なら問題はありませんが、相手方の損害額1500万円などとなった時は、任意保険の対物賠償保険だけでは相手方に賠償することができなくなります。そのために対人賠償保険契約額と同じ無制限での契約をすることをおすすめします。

人身傷害補償保険(自分・搭乗者への補償)

任意保険の人身傷害補償保険で、相手のある事故の場合は、示談が成立してからでなければ賠償金を受け取ることはできないけど人身傷害補償保険では示談の成立に関係なく、また過失割合に関わらず、保険会社の基準によって実際にかかった損害額の保険金が支払われます。

また、人身傷害補償保険は契約者本人とその家族であれば、歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故も補償されます。さらにガードレールやブロック塀、電柱などの衝突で、相手のいない単独事故の損害も補償されます。

搭乗者傷害保険(自分・搭乗者への補償)

任意保険の搭乗者傷害保険は、自分の車に乗っている人(運転者・同乗者)が死亡したり、ケガをした場合に、「自賠責保険」や「対人賠償保険」などとは別に支払われる保険金です。この 任意保険の搭乗者傷害保険には、支払い方法が2種類あります。

まず1つ目は、入院・通院にかかった日数分の金額が支払われる「日数払い」です。これは入院の場合は1日につき保険金額の0.15%、通院の場合は保険金額の0.1%が支払われようになっています。ただし、いくら入院や通院していてもその全ての日数分支払われるわけではなく、回復の状況により、補償される金額が変わってきます。

2つ目は、ケガをした部位ごとに決められた金額が支払われ部位症状別払いです。部位症状別払いは「日数払い」のように回復の状況により、補償される金額は変わらず、部位ごとに支払われます。

任意保険の搭乗者傷害保険には2つのタイプ?

任意保険の搭乗者傷害保険の加入する祭はこの2つのタイプを選んで契約する必要があります。また任意保険の搭乗者傷害保険を取り扱っている保険会社によっては部位別症状払いしか選択できないこともありますので契約する祭は確認をすることが大事です。

日数払いは大きなケガの場合の受け取る金額が多くなります。部位別症状払いは部位ごとに確実に支払われます。

無保険車傷害保険(自分・搭乗者への補償)

任意保険の無保険車傷害保険は、事故を起こした相手が、無保険の時に保険金を受け取ることができる保険です。

ここでいう無保険車とは任意保険の対人賠償保険に加入していない場合・任意保険の対人賠償保険に加入しているが、保険の支払い規定により保険金が支払われない場合・事故の加害者が特定できない場合・対人賠償保険に加入していが、その保険契約額が被害者に支払う賠償額に満たない場合などの車を指します。

その無保険車の過失による事故に巻き込まれた場合に、保険金を受け取ることができる保険が任意保険の無保険車傷害保険です。また、この無保険車傷害保険は後遺障害や死亡した場合にのみ適用される保険で、ケガなどの補償は相手方の自賠責保険で最高120万円までは保証されることになります。

自損事故保険(自分・搭乗者への補償)

任意保険の自損事故保険は、自分の過失が100%、または相手がいない運転手みずからの責任で起こした事故により、ケガや傷害を負ったり、死亡した場合に運転手に補償される保険です。

例えば、停車中の車に追突したり、ガードレールに衝突した場合は同乗者には自賠責保険金が支払われますが、運転手には自賠責保険金は支払われないので、運転手に最低限度の補償をしてくれるのが、自損事故傷害保険です。

またこの任意保険の自損事故保険は、対人賠償保険とセットになっている保険なので単独での契約は必要ありません。

車両保険(車への補償)

ここでは、任意保険の車両保険について説明します。事故によって破損した自分の車の損害を補償してもらえる保険です。新車時にはほとんどの人が契約している保険です。古い車で、自分の車の保障はいらないという人は、無理して入る必要のない保険でもあります。

この任意保険の車両保険はガードレールに衝突・などの自分の車での単独事故や相手が不明な当て逃げも補償するタイプや、他車との接触による損害のみを補償するタイプなど、車両保険にはいくつか種類があります。

また、車両保険は自分の車での単独事故で破損した車の修理代を保険で支払うと等級が3等級下がって、翌年から保険料金が上がってしまうことあります。なので、5万円とか10万円ぐらいの修理代だったら車両保険は使用しないで自分で払った方が特なケースもあります。

車両保険の免責金額とは?

また、車両保険には交通事故を起こして自分の車の修理代がかかった場合に、自己負担する金額の免責金額が設定できます。もちろん、免責金額を設定しないで、事故などで自分の車が破損した時の修理代を車両保険すべてで支払うことも可能です。

しかし、毎月の保険料が高くなります。免責金額を5万円・10万円に設定すれば毎月の保険料は安くなります。自分の車が相手の車によって破損した場合は相手の対物保険金が自分の車両保険の免責部分に充当されるため、免責金額を全額支払うことは少なくなりますので、ある程度の免責金額を設定しておいた方が得策と言えるでしょう。

車両保険の車両料率クラスとは?

さらに任意保険の車両保険には車両料率クラスというものがあります。これは過去にどんな車種の車が、どの程度の頻度・規模で交通事故を起こし、その時に任意保険の保険会社がどの程度の保険金を支払ったのかなどを考慮し、車両クラス1から車両クラス9までに分類した1年ごとに見直しをしている表があります。

この表を元に1倍から4.1倍までの車両料率が決まります。車両クラス9のマツダRX-7・フェラーリなどのスポーツカークラスの車は車両料率が4倍で車両クラス9の車は、車両クラス1の軽自動車はファミリーセダンの車に比べて4倍も保険料が高いです。

車両保険の保険金額がどうやって決めるの?

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

任意保険の車両保険の保険金額は、対人賠償保険や対物賠償保険のように、自分の車は200万円の保険金額を設定しようとしても自分で保険金額を設定することはできません。ではどのようにして車両保険の保険金額は決まるのでしょうか。

車両保険の保険金額は、契約する車両の年式や種類による時価(車両価格)によって、保険会社が設定します。なので、新車で買った車でも何年も経つと車両価格が下がっていきます。

また車両保険には他車との衝突・盗難・落書き自損事故・当て逃げなどに適用される一般車両保険、自損事故や当て逃げに適用されないエコノミー、災害による損害を補償してくれる限定Aなど4種類ほどあります。

他車との衝突・盗難・落書き自損事故・当て逃げ、災害など全てに適用される一般車両保険が一番よいのですが、その分毎月の保険料が高くなります。

おすすめの車の任意保険

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

ここでは、おすすめの車の任意保険をいくつか紹介します。

シンプルでわかりやすいソニー損保の任意保険

おすすめの車の任意保険は、大物俳優のコマーシャルでおなじみなのがソニー損保が提供している自動車保険です。こちらのソニー損保の任意保険はダイレクト型自動車保険の中ではやや高めの保険料ながらも事故対応やロードサービスが充実しているおすすめの任意保険です。

ソニー損保の任意保険には事故の相手方の車の修理費用が時価額を超えてしまう場合に、その超えた部分の修理費用を限度額まで補償してくれる対物超過修理費用補償・弁護士費用の補償などの特約があります。

保険料の安さが魅力のダイレクト自動車保険

おすすめの車の任意保険は、業界最高レベルのロードサービスと保険料の安さで人気のあるチューリッヒの「スーパー自動車保険」です。シンプルでわかりやすいソニー損保の任意保険に比べてチューリッヒの自動車保険は2種類ほどあってややわかりずらい保険です。

こちらのチューリッヒの自動車保険はネット割引新規で最大10000円、継続で最大5000円などチューリッヒの自動車保険は特徴的な仕組みになっています。また、チューリッヒの保険料はダイレクト自動車保険の中では上位レベルの安さとなっています。

おとなのための自動車保険

おすすめの車の任意保険は、損保ジャパン日本興亜グループを親会社に持つ俳優香川照之のテレビのコマーシャルでおなじみのセゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」です。「おとなの自動車保険」は保険料の安さにおいてSBI損保・チューリッヒなどと同じトップクラスの水準にあります。

また、事故対応などに最適なロードサービスがオプションとしてあるなど任意保険に入る人の好みを意識した構成になっています。「おとなの自動車保険」の最大の特徴は40代、50代の方の保険料は確かに安くなる傾向にあることです。

また、オプションとなりますが、警備サービス大手のALSOK(アルソック)と提携して、事故現場に専門スタッフを派遣する安心サポートはおすすめです。

車の任意保険証の記載事項と使い方

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

ここでは、車の任意保険の手続きと記載事項や必要になる書類について説明します。まず、車の任意保険に限らず、保険に加入する時には、入会手続き書類の記載事項に書くために車検証・運転免許証などの書類が必要になります。

また、初めて加入する場合は不要になりますが、もし任意保険の乗り換えをするならば自動車保険の契約者名・保険期間・ノンフリート等級・補償内容などが記載されている保険証券の書類が必要です。

また、車の任意保険の書類には車の事故で、他人に怪我を負わせた里死亡させてしまった場合の補償になる対人賠償の保険金の上限や車の事故で、他人の車やガードレール・信号機・電柱などの物を破損させたとき補償の対象となる対物賠償の保険金の上限の決定や、運転者の年齢、ゴールド免許かなどの自分の、免許のタイプを確認したりして記載する必要項目があります。

車の任意保険の金額・料金相場

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

ここでは、車の任意保険の料金相場を項目ごとに説明します。まずは、普通自動車の任意保険の相場について説明します。対人賠償保険はほとんどの人が無制限が一般的な相場です。対物賠償保険に関しては、以前はある程度金額を設定していましたが、ガードレール・信号機などの破損には莫大が金額がかかる場合はあるため、無制限が一般的な相場になっています。

搭乗者傷害保険の相場は、死亡した場合には設定した上限金額(1000万円~3000万円)が支払われます。また、怪我の場合は部位によって定額金額が決められているので相場としては1000万円です。

人身傷害補償保険は、搭乗者傷害保険の怪我の場合は部位によって定額金額と異なり実費が支払われるので3000万円が相場です。車両保険は車の事故だけでなく、全ての車の損害に支払われるの一般タイプが相場です。

車の任意保険に入っていないとどうなるのか

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

車の所有している人や運転者に法律で義務つけられている自賠責保険があるからの任意保険に未加入の人がいますが、もし、車の任意保険に入っていないとどうなるのでしょうか。

まずは自賠責保険というのは被害者への最低限の救済を目的とした保険です。そのため保険の対象となるのは相手が怪我や死亡した時の補償に限定されます。相手方の車や物を破損させても補償されません。相手方の車や物の修理代は自費で払うことになります。

また自賠責保険の賠償金額は被害者 1人につき死亡すると 3000万円まで補償、後遺障害の場合はランクによって75万円から4000万円まで補償されます。傷害だと120万円が上限になります。死亡させて相手によっては3000万円ではすまないこともあります。

また、入院にかかる医療費が莫大になることもあって自賠責保険の賠償金額だけではパンク、その払い切れない賠償金をカバーするための任意保険です。

車の任意保険の解約方法

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

ここでは、車の任意保険の解約方法について説明します。車の任意保険を解約する方法は、まず解約する保険金会社に電話で連絡して保険会社から送られてくるその書類の必要事項に記入・署名・捺印をした上で任意保険証券などを同封し、保険会社へと返送すれば車の任意保険を解約することができます。

車の任意保険に入れる年齢・入るべき年齢

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

車の任意保険に入れる年齢は車の免許を取得して車の所有者になった時に車の任意保険に入れます。ですので、車の免許取得が可能な18歳となります。

また、車の任意保険は年齢条件が26歳以上だと任意保険料が安くなります。

以上のことを考えると車の任意保険に入るべき年齢は26歳以上がお得と言えるでしょう。

車の任意保険の乗り換えのメリット

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

ここでは、車の任意保険の乗り換えのメリット・デメリットについて簡単に説明します。車の任意保険に乗り換えるメリットは、新規の契約者向けの保険料の割引き・図書カードプレゼントなどのイベントを利用できることです。

車の任意保険の乗り換えのデメリット

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

一方で車の任意保険に乗り換えるデメリットは、乗り換える前に加入していた保険会社が提供している無事故無違反の割引に影響する等級が一般的には等級が引き継がれますが、保険会社によっては等級の引き継ぎができなかったり、また逆に等級が上がってしまい保険料が増えるケースもあります。

車の任意保険の切り替え方法

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

ここでは、車の任意保険の切り替え方法について説明します。切り替え手続きには自動車検査証(車検証)・運転免許証・契約中の自動車保険証券などの書類と認印が必要です。それらの書類を持って保険代理店に行って切り替え方法や、ネットから必要事項を入力して切り換えることもできます。

車の任意保険の名義変更の方法

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

ここでは、友人・知人などから車を譲ってもらう場合の車の譲渡に伴う名義変更の手続きについて説明します。

名義変更の手続きには車を新所有者に譲渡したことを示す譲渡証明書、譲ってもらう前に車を所有していた人が名義変更の手続きを譲った車の新しい所有者に委任したということを証明する委任状などの国土交通省の運輸支局から取得できる書類が必要です。

また、役所で取得できる譲ってもらう前に車を所有していた人の印鑑証明書、譲った車の新しい所有者の印鑑証明書に、譲った車の新しい所有者が車を格納する場所を持っていることを証明する車庫証明書を警察署に届ける必要があります。

家族で加入などの車の任意保険を安くする方法

ここでは、運転者限定特約について説明します。運転者限定特約には運転者本人限定・運転者家族限定・運転者本人・配偶者限定などにより任意保険料を安くする方法があります。この中で保険料がもっとも安くなるのが運転者本人限定です。

しかし、運転できる者を家族に限定する運転者家族限定は同居している親族の限りられますので家族の構成をよく理解して設定する必要があります。さらに、車の任意保険を安くする方法としては、1年分の保険料を一括して支払う方法、保険開始期間よりも早めに契約する方法などがあります。

確かな任意保険で快適なカーライフを楽しみましょう!

おすすめの車の任意保険と金額相場・入っていないとどうなるか

車の任意保険証の記載事項や、車の任意保険の金額・料金相場、車の任意保険に入っていないとどうなるのか、車の任意保険に入れる年齢・入るべき年齢、車の任意保険の乗り換えのメリット・デメリットなどについて説明してきましたが、任意保険の大切さが理解できたでしょうか。

また、入りたい任意保険は見つかりましたか、今回紹介したおすすめの任意保険などを参考に事故を起こしてもしっかり補償してくれる任意保険に加入して快適なカーライフを楽しみましょう。

Related