Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月18日

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

今回は「軽自動車にかかる重量税の計算方法や確認する方法」を詳しくご紹介していきます。軽自動車の重量税は、新しい車と古い車で税金の金額が変わってきますのでこちらがポイントであり、一度覚えておけば、次回から把握することができるようになります。

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

軽自動車にかかる重量税について

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

今回は、軽自動車の購入時や車検の際に必要となってくる「軽自動車にかかり重量税」がいくらなのかについてご紹介していきます。
そして、別途「軽自動車税」の減税されるシュチュエーションと軽自動車税が増税される背景をみていき、どれぐらい値上げされてきたのかについてもわかりやすくご紹介していきます。

軽自動車の重量税や普通乗用車にかかる税金は、年々上昇傾向にあり、特に古い車は増額された税金を納める必要があり、古い車は経済的に負担のかかる車となります。

しかし、近年に各メーカーから販売されている「エコカー」であれば、エコカーに対する「減税」が多数ありますので、とても税金面で優遇されますので、新しい車を比較的に安い税金で済むようになっています。

自動車重量税とは?

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

軽自動車に必要な「重量税」とは、自動車の重量に関する税金であり、重量の重い車ほど増税されような仕組みになっています。

軽自動車の重量税については、すべて統一されていますが、車の年式によって多々税金に支払う価格に変動が起きていきます。

主に、カーディーラーにて新しく車を購入した際や、中古車販売店などで購入し、車検を受ける際に、次回の車検時までの重量税を納める形になっております。

なので、新しい車や古い車であっても、車検を行う際に継続して支払っていく税金ですので、軽自動車を所有されている方は、支払いを行なっていることになりますが、車検をカーディーラーやガソリンスタンドなどの車検工場で車検を頼む方は、重量税がいくらぐらいなのかについては、あまりご存知ないでしょう。

なので、そんな方のためにも軽自動車に重量税の税金金額をあらゆる分野でご紹介していきます。

13年経過していない車両

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

一つ目は、軽自動車の年式が「13年経過していない」車にかかる重量税に金額をご紹介していきます。

近年、新しく購入された方は、一番重量税の価格帯の中で安い分類に入り、重量税の税金は「6600円」となっております。

現在の2017年で計算すると「2004年から2017」までに販売された軽自動車であれば「6600円」の重量税になります。

なので、2004年までの軽自動車なら価格に変わりないので、心配の必要がありませんが、年が向かうごとに、次の分野でご紹介する「13年経過車両」については、新たに増税されてしまいますので、覚えて起きましょう。

13年経過している車両

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次にご紹介していくのが、販売されてから「13年経過している車両」についての重量税についてであり、古い車に適用される重量税となります。

おおよそ「13年経過している車両」は「1999年から2004年」までの販売された軽自動車であり、年式がこの年代にある方は、新たに増税されてしまう結果となります。

そして「13年経過している車両」に発生する重量税の金額は「8200円」となっており、1600円の増税になっております。

車検を受ける際の年式によって重量税の金額が決定されますの、この年代の車を所有している方は「8200円」と覚えて起きましょう。

18年経過している車両の重量税とは?

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次に、軽自動車の重量税の中で、一番高額になってしまう「18年経過している車両」の重量税についてわかりやすくご紹介していきます。

この重量税になる年式の軽自動車は「1999年以前に」販売された軽自動車に発生してしまう増税金額となります。

そして「18年経過している軽自動車」に必要な重量税は「8800円」となっており「13年経過している車両」の「8200」に対して600円の増額になります。

新しい車に比べてとても高く納めることにな軽自動車の重量税は、旧車にお乗りの方にとっては、とても負担となる重量税と言えますので、もしこの年式の車にお乗りの方は、新車を検討するのもオススメです。

軽自動車の重量税の還付の仕組み

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次にご紹介していくのが、軽自動車にかかる重量税の還付の仕組みや受取方法についてわかりやすく解説していきます。

平成17年1月に新たに軽自動車にかかる重量税の廃車還付制度が改められて、軽自動車の重量税が還付できるようになりました。

車検の有効期限が残っていれば、どの軽自動車であっても過払い分を還付できるので、もし廃車をご検討の方は、ぜひ手続きを踏んで、無駄に納めた重量税を取り戻しましょう。

主に、還付するために必要な条件や還付されるまでの期間、還付金の受取方法、還付する際に必要な書類、委任状が必要なシュチュエーションについてもわかりやすくご紹介していくので、税金のことは難しいと感じる方でも、ぜひ目を通してみましょう。

軽自動車の重量税が還付される条件とは

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次の「重量税が還付される条件」についてわかりやすくご紹介していきます。

軽自動車の重量税が還付されるのは、現在所有している軽自動車を廃車した場合に、車検の残りの年月によって重量税が還付される仕組みです。

廃車とは、現在所有している軽自動車を公道で使用しないための登録であり、車を解体すると言う意味ではありません。

軽自動車の廃車の登録には「永久的な抹消、一時的な抹消」と二つの手続き方法があります。

軽自動車の重量税が戻ってくるのは「永久的な抹消」の場合であり「一時的な抹消」である場合は、軽自動車の重量税は還付されません。

現在所有している軽自動車を1年間使用しないので、一時的な抹消の手続きを行なった場合には、軽自動車の重量税は還付されないので、注意が必要です。

永久的な抹消を行なった場合ですが、その軽自動車を行動で走行することができなくてなってしまいますので、スクラップする際にしか「永久的な抹消」にする方はいません。

例えば、古いコレクションカーを自宅で保管したいけど、税金がかかるし、公道を走行することもないので「永久的な抹消」を行うことはあります。

この「永久的な抹消」の際に重量税の還付が行われます。

還付金の受取方法とは

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

還付金を受け取る場合は、二つの受取方法があり「預貯金口座へ振込してもらう方法」と
「最寄りのゆうちょ銀行から現金で受け取る」2種類の方法があります。

もし、ネット銀行などに振り込みをしてもらう場合は、振り込みが不可能な場合が多々ありますので、事前にカスターサポートセンターなどに問い合わせてみましょう。

そして、ゆうちょ銀行で受け取る場合は、口座情報が必要ないので、身分証明書と還付金の受取の際にもらった書類があれば、その場で現金を受け取ることができます。

なので、ゆうちゃ銀行に口座がなくても、還付金をその場で受け取ることができるので、とても早くその場で、しかも手数料の必要もないので、とても便利な還付金の受取方法と言えますので、ぜひ還付金を受け取ろうとしている方は、最寄りのゆうちょ銀行や郵便局にて、還付金を受け取ってみましょう。

還付金受取に必要な書類

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次にご紹介していく分野は「軽自動車の重量税の還付金を受けるための必要な書類」についてわかりやすく解説していきます。

それでは、還付金を受け取る際に必要な書類をご紹介していきます。
主に必要になる書類は「車検証、ナンバープレート、リサイクル料金預託証明書、印鑑証明書、自動車重量税還付申請書」となりますが、代理人に委託するシュチュエーションであれば別途「代理申請に係る委任状」が必要となりますので、ご注意ください。

ちなみに、代理人とは、本人以外の方が、かわりん還付金に関わる手続きを行う際に必要なことなので、もし業者などに委託する場合は、必要となってくる書類なので覚えておきましょう。

手順が多く、ややこしい申請となりますが、一度体験しておくと、次回から手続きを自分で踏めるようになりますし、評判では案外簡単だったとの声も多くありますので、ぜひ行なってみましょう。

廃車した場合の還付金

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

廃車した場合に返金してもらえる還付金は、条件があったりしますので、こちらをわかりやすくご紹介していきます。

もし、車検が1ヶ月以上残っていれば、還付金を受け取ることができますが、1ヶ月を切っている場合は、受け取ることができないので、お早めに還付金の申請をすることをお勧めします。


還付金の額は次のように計算されて「還付金額=納付された自動車重量税額×車検残存期間÷車検有効期間」のようになりますので、もし自宅に全く使用しない軽自動車が眠っているなら、迅速に手続きを踏めば、軽自動車の重量税の還付金の返金される金額をアップしますので、ぜひお早めに手続きを踏みましょう。

還付されるまでの期間

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次に「疑問に感じる方もいる」還付金の返金がされる期間はどのくらいなのかについてご紹介していきます。

軽自動車の重量税の還付金の手続きを行ってから、申請書は税務署に送付されて、手続きが踏まれます。

そして、税務署で確認後となり「おおよそ2ヶ月半程度」の時間がかかりますので、忘れていた時期に振り込みされるでしょう。

おおよそこのぐらいの期間ですので、年によっては多少誤差がある可能性がありますので、気長に待っておくことをおすすめします。

委任状が必要な場合がある

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

軽自動車の重量税の還付金の申請時には、特別に必要なものが必要になる時がありますので、ぜひ覚えておきたいポイントです。

還付金を申請する際や、還付金を受け取る際に、本人以外の方が行う場合は、別途「委任状」が必要になるシュチュエーションがありますので、もし委託する場合は、申請時に戸惑うことがないように覚えておきましょう。

逆に言えば、委任状があれば「還付金の手続き」を任せることもできるので、もし難しいから不安だという方や、時間が無いので申請することができない方は、ぜひ委託業者や知人にもし時間がある方であれば、お願いをしてみましょう。

軽自動車の重量税の計算方法とは

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次の分野では「軽自動車にかかる重量税の計算方法」についてわかりやすくご紹介していきます。

あなたの所有する軽自動車の重量税を確認して、その額に次の計算を行ってみましょう。
「還付金額=納付された自動車重量税額×車検残存期間÷車検有効期間」を行えば、あなたの軽自動車の重量税の還付金額や毎月発生している重量税を計算することができ、税額を幅広く調べることができるので、ぜひ行ってみましょう。

別途下記に軽自動車の重量税に早見表を設置いたしましたので、ぜひ利用してみてください。

重量税の早見表をご紹介

次に軽自動車にかかる重量税の早見表について記載していきますので、もし自分の車の重量税が不明な方は、ぜひ利用してみましょう。

軽自動車の重量税は、年式やエコカー減税によって、車両によって重量税の価格が変わってきますので、こちらを参考にいていただければ幸いです。

新規検査「3年自家用」

「3年自家用の新規検査」時に必要な軽自動車の重量税についてご紹介していきます。

「免税 75%減 50%減 25%減 エコカー減税適用 エコカー減税適用なし」
「免税 1,800円 3,700円 5,600円  7,500円     9,900円」

エコカー減税を受けている車両は大きく割引されますので、とても安いことがわかりますが、エコカー減税に当たらない車両は、とても高いことがわかりますので、エコカーの優遇具合が背景にあることがわかります。

これだけ軽自動車の重量税の金額に差があると、近年新しく販売されている軽自動車を所有した方がやすく済むこともあるでしょうから、検討てみるのもいいでしょう。

新規検査「2年自家用」

「2年自家用の新規検査」の時に納めることになる軽自動車の重量税についてわかりやすくご紹介していき、あなたの軽自動車がどのくらいの重量税なのかを調べてみましょう。


「免税 75%減 50%減 25%減 エコカー減税適用 エコカー減税適用なし」
「免税 1,200円 2,500円 3,700円  5,000円      6,600円」


となっており「新規検査3年自家用」よりも低い金額となっていますが、これは2年間に必要な重量税の金額ですので、実際はあまり変わりありません。

このエコカー減税が「何%減」になるかは、車の販売店に聞いてみるか、車のリアウィンドウのあたりにステッカーが貼ってありますので、ぜひ確認してみましょう。

継続検査「2年自家用」

「2年自家用の継続検査」を受ける際に、こちらの軽自動車の重量税を納める必要がありますので、ぜひ覚えておきましょう。

中古車や新車を購入後に、一度車検を受けたことのある車両は、この軽自動車の重量税額になりますので、もし新車を購入後初めての車検の際には、こちらの早見表になりますので、参考にしてみましょう。


            「 H28.3.31まで」「H28.4.1以後」
 「エコカー減税適用 エコカー 13年未満  13年経過 13年経過  18年経過」
「免税額 2,500円  5,000円  6,600円   7,800円 8,200円  8,800円」


となっており「新しい車から古い車」という形で軽自動車の重量税は増額されていく形となっておりますので、参考にしてみましょう。

軽自動車税の減税とは

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次に軽自動車に発生する重量税以外にある税金である「軽自動車税」の減税についてご紹介していきます。

重量税以外の「軽自動車税」であってもやはりエコカーが減税される仕組みにはなっておりますので、旧車などは全体的に税金が高くなる仕組みとなっております。

しかし、近年の新しい軽自動車を所有している方にとっては、とても嬉しい制度でもあり、減税率が大きいので、税額に大きく減税が行われるので、とても優遇される制度とも言えます。

エコカー減税には、その車が環境にどのくらい良いのかを基準として、設けられている制度であり、排気ガスが綺麗な車ほど「税金が安くなりますよ」という国が定めた制度です。

なので、環境のためにも、経済的にも、排出ガスの綺麗な近年の車にぜひ、買い換えるのも一つの選択技となるでしょう。

エコカー減税

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

エコカー減税とは、2016年に基準が少し変わったりして、ややこしくなりましたので、詳しいエコカー減税の内容についてご紹介していきます。

「軽自動車税」は、2016年までは「2020年基準達成」をしている軽自動車であれば「25%」の減税でありましたが、それよりも20%達成している軽自動車は「50%」の減税となり、かなり安くなります。

しかし、2016年以降は、軽自動車のエコカー減税が変更されてしまいましたので、新エコカー税率について次の分野にてご紹介していきます。

新エコカー税率

そして、新エコカー税率は「2020年燃費基準よりも10%達成」で「25%」の減税となっており「2020年燃費基準よりも30%達成」で「50%」の減税となっております。

そして、軽自動車の「電気自動車や天然ガス自動車」に関しては「75%」の減税となり最高に減税となりますが、現在軽自動車でこのような自動車は、販売されておりません。

このように幅広く軽自動車税も割引率が違うので、ややこしいですが一度覚えておけば、次回の際に必要な軽自動車税が確認できるので、ぜひ覚えておきましょう。

軽自動車税の値上げ傾向とは

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次の分野では「軽自動車税の値上げ傾向」についてわかりやすくご紹介していきます。

簡単に値上げされたのは、新しい車にかかる軽自動車税の増額と古い車に重課税という形で、より税金の金額を上昇してしまいました。

このように多々、自動車の税金を年々知らないうちに、上昇しており、経済的に負担は増えていっていると言っていいでしょう。

それでは、軽自動車税の値上げされた内容を詳しくご紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

「平成27年4月1日以降」の販売された車が増税

平成27年4月1日以降に販売された新しい自動車は、軽自動車税の税率が上がってしまいました。
そして軽自動車税の増税金額ですが「7200円から10800円」へと約1.5倍の軽自動車税の増額になってしまい、より負担のかかるようになってしまいました。

平成27年4月1日以前に購入した軽自動車であれば「7200円」のままの軽自動車税となりますので、ご安心ください。

ちなみに、現在の軽自動車の普及数は「29,064,780台」となっており、昔に比べて軽自動車の普及率が多いのが、増税の理由とも言われており、仕方のないことなのでしょう。

旧車に対しても増税された

そして、軽自動車の増税があり「新規検査から13年を経過した軽自動車」は、平成28年度から20%の軽自動車税の増税されることになりました。

この古い車の増税に関しては「地球環境のクリーン化」のために行われている増税対策であり、古い車を所有している方は、「燃費がよく、地球の環境に良い軽自動車に乗ってくださいね」という意味でもありますので、もし13年経過している軽自動車を所有している方は、ぜひこの機会に新しい軽自動車を購入して、経済的な負担を抑えるのも得策でありますので、おすすめです。

軽自動車にかかる重量税の問い合わせ方法をご紹介

軽自動車にかかる重量税・13年経過の場合・還付・計算方法

次にご紹介していくのが「軽自動車の車検に際に必要になる重量税」についてご不明な方がおられるでしょう。

軽自動車の重量税には、年式やエコカー減税の基準などによって、あらゆる金額になり、ややこしいので、わかりにくいと感じる方もおられるとの声もありますので、この重量税の確認方法を簡単に確認できる方法などをご紹介していき、あなたの軽自動車にかかる重量税を確認して見ましょう。

具体的に方法は、車検を行なっている「軽自動車検査協会」のホームページで確認することをお勧めします。
理由は「軽自動車検査協会」であれば、軽自動車の税金を公表している本部でもあるので、一番最新の情報を確認できますし、正しい情報を確認することができますので便利です。

他にも、重量税を確認することができる「軽自動車の重量税計算ツール」がホームページに設置されておりますので、こちらを使えば、車検証だけであなたの軽自動車の重量税をすぐに確認することができます。

軽自動車検査協会へ問い合わせしよう!

もし「軽自動車検査協会」のホームページを見ても、軽自動車の重量税がわからない場合は「軽自動車検査協会」にそのまま問い合わせてみる方法もあり、こちらであれば担当の方が優しく教えてくれますので、気軽に「軽自動車検査協会」へ問い合わせの電話をして見ましょう。

もし、問い合わせの連絡をする場合は、お持ちの軽自動車の車検証などを用意しておき、車両の年式などを把握しておけば、スムーズに問い合わせることができますので、ぜひ手に取りましょう。

車検証であれば、自動車のハンドブックの中に入っていたり、ダッシュボードなどに入っていることが多いので「どこのあるかわからないという方」は参考にして見ましょう。

こちらも便利

次に「軽自動車検査協会」のホームページにて、提供されている「重量税計算ツール」というツールがありますので、ぜひ利用して見ましょう。

計算方法には、3つの選択が可能であり、あらゆる車両のデータですぐに重量税を確認することができます。

そして「重量税計算ツール」には次の3つの選択技がありますので選択して確認していき「型式/類別番号を入力」、「メーカー/車種から選択」、「種別/車両重量を選択」の中から選択。

このように車検証に記載されている情報で簡単に、軽自動車の重量税を確認できるので、問い合わせする時間がないという方におすすめなツールとなっておりますので、重量税がややこしくてわからないという方は、ぜひ簡単ですので利用して見ましょう。

新しい車は税金で優遇される

今回は「軽自動車にかかる重量税について」あらゆる分野にてご紹介してきましたが、非常にややこしい内容となっておりますので、もし不明な方は「軽自動車検査協会」へ問い合わせて見ましょう。
この方法を使うことで、手間も入れずに迅速にあなたの「軽自動車の重量税が確認」できますので利用して見ましょう。

軽自動車にかかる重量税の価格には、車の年式が大きく関係しており、新しい車は税金が安い傾向にあり、車の年式が古い車は、税金が高くなる傾向にありますので、これだけ覚えておけばおおよその重量税を把握することができるでしょう。

いずれにしても、新しい車であれば「エコカー減税」が適用されるので、結果として軽自動車にかかるほとんどの税金が割引される傾向にありますので、新しい車に乗っている方にとっては、とても税金面で優遇されますので、とてもお得な制度があるとも言えます。

ぜひ、あなたの軽自動車の重量税を確認して見ましょう。

Related