Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月29日

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

戦車は一応道路交通法上では車両扱いなのですが、ご存じでしたか?戦車を操縦するにはどうしたら?免許がいるの?戦車の免許ってどんなもの?そんな疑問にお応えします。戦車は公道で走れるのか、戦車に乗るにはどうしたらよいのか、興味のある方はぜひご覧ください

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

戦車の免許は一般人でもとれるのか

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

日本

日本では、戦車は道路交通法によって大型特殊車両に分類されています。そのため、戦車の免許としては自動車教習所などでとることのできる「大型特殊自動車免許」が必要となるでしょう。こちらの免許は建設関係のクレーン車やブルドーザー、農作業のときに乗るトラクターやコンバインなどの大型のもので必要とされることがあります。一般人でも免許をとることは可能です。

自衛隊

自衛隊では、自衛隊員や自衛官を対象に自衛隊自動車訓練所で運転免許証などを発行しています。こちらは一般の自動車教習所と同等のもので、場所によっては自衛隊自動車教習所と呼ばれる施設がある場所もあります。戦車の免許もこちらの自衛隊自動車訓練所において、「大型特殊自動車免許」をとることができます。

さらに自衛隊の場合には、戦車の操縦には免許以外にMOS(モス)という資格も必要となってきます。こちらは陸上自衛隊内での技能資格なので、陸上自衛隊以外では意味がないものではありますが、陸上自衛隊で戦車を操縦する際には「大型特殊自動車免許」と「MOS(モス)」が必要となります。

戦車の免許の取り方

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

自衛隊員や自衛官の場合は、自衛隊内で免許をとることになりますが、一般人の場合には戦車の免許である「大型特殊自動車免許」を運転免許試験場か、自動車教習所で取得することになります。

運転免許試験場では、試験に受からなければなりません。最近は試験の難易度が上がり、路上練習や路上での試験が追加されたため、自動車教習所でしっかりと試験の対策を練ってからの方がよいでしょう。自動車教習所では免許取得のため、講習を受けて卒業検定を受け合格した後、運転免許センターの試験に合格する必要があります。

戦車の免許が取得可能な年齢

一般人の場合、戦車の免許である「大型特殊自動車免許」を取得するには、普通自動車免許を取得して3年経過してからとなっています。普通自動車免許は18歳になっていないととれないので、「大型特殊自動車免許」を取得できるのはどんなに早くとったとしても21歳からとなります。

自衛隊の場合は?

自衛隊員や自衛官の場合は、自衛隊自動車訓練所において自動車免許の有無や年齢に関係なく、戦車の免許として「大型特殊自動車免許」を取得することができます。自衛隊では、18歳から「大型特殊自動車免許」の講習を受けることができます。

しかし「大型特殊自動車免許」の免許証発行は19歳からとなっています。一般の人は21歳が最短ですが、自衛隊では19歳が最短の免許取得となります。

自衛隊の車両は戦車をはじめとして大型のものが多く、自衛隊自動車訓練所で取得する免許はほぼ「大型特殊自動車免許」となります。もちろん、自衛隊員や自衛官が希望すれば普通自動車免許の取得もできるのですが、高校卒業後に自衛隊に入隊して免許をとった場合には、普通自動車免許はなくていきなり「大型特殊自動車免許」からとっている人が多いです。

戦車の免許が取得できる教習所

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

戦車の免許は「大型特殊自動車免許」ですので、自動車教習所で取得することになります。しかしすべての自動車教習所で「大型特殊自動車免許」が取得できるわけではありません。

土地を広くとれない場所では「大型特殊自動車免許」が取得できない自動車教習所も多いので、都心ではなく郊外の教習所などを探しましょう。『教習所サーチ』などでお住まいの地域に近い「大型特殊自動車免許」が取得できる教習所を探すとよいでしょう。

「大型特殊自動車免許」の取得には路上教習はありません。6時間の技能講習を受けたのち、卒業検定で合格すれば自動車教習所を卒業することができ、あとは運転免許センターで合格するだけになります。

かかる費用は?

「大型特殊自動車免許」を取得する場合、普通自動車免許を所持していれば、教習所でかかる費用は10万円~14万円ていどとなります。講習にかかる時間などを考えても、だいたい平均2週間くらいで取得可能です。

戦車の免許に関するトリビア

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

学校を卒業してとくに普通自動車免許などを取得することもなく、自衛隊員や自衛官として配属されて戦車の操縦に携わるようになる自衛隊員たちもいるのですが、彼らの自動車免許は一般人とは違う表記があることで有名です。

普通自動車免許なしで「大型特殊自動車免許」だけを所持していたり、『大特車はカタピラ車に限る』という記載が免許にあった場合には、自衛隊で戦車を操縦している人なんだなということがすぐに分かります。こういった記載のある免許は自衛隊でしかとれないために、ちょっとレアな免許ということになります。

戦車の操縦をしたければどうすればいいの?

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

これまでにも紹介しましたように、日本ではキャタピラのついた車は公道を走ることが原則禁止されています。戦車にはキャタピラがついていますし、現実的に一般人が戦車を公道で操縦するのは非常に難しい話となります。

そもそも、日本は武器の輸入ができないのでそのまま戦車として国内に持ち込むことはできないのです。武器ではないことを証明するためには、戦車としての機能をほぼすべて失わせたり、走行できないようにして輸入することになるでしょう。

それでも戦車を操縦したい

どうしても戦車を操縦してみたい、という方は、自衛隊に入るのが一番現実的です。本物の戦車を操縦することもできるでしょう。ただ、自衛隊でも陸上自衛隊に入らなければならず、さらに適正検査で合格し、戦車に乗ることに適正があると判断されなければなりません。

その後も機甲科から戦車隊の募集があり、配属されることができれば戦車乗りとして戦車を操縦することができるようになります。ハードルは高いですが、一番人数が多く一番募集の多い4月入隊が最も可能性が高いと言われています。

戦車に憧れる人が増えている?

戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊

ガルパンという人気アニメをご存じでしょうか?ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)という名前のアニメで、戦車に乗って戦車戦の全国大会優勝を目指す女子高生たちを描く内容がうけたせいか、ガールズ&パンツァーを見て戦車に乗りたくなった、という人も増えています。

実際に自衛隊に入隊し、戦車隊に配属になった人もいます。戦車に免許があるの?どんな免許がいるの?など、気になった人も増えているのでしょうか、こちらの記事がお役に立てば幸いです。

戦車に乗りたいけれど自衛隊に入るのは難しいという方や、さすがにそこまでは無理という方も、『陸上自衛隊広報センター』では本物の戦車やヘリコプターが展示されていますし、イベント時には実際に乗り込むこともできます。まずはそちらを試してみるのもよいのではないでしょうか。

Related