Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月27日

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

ここ数年、車のリースという言葉が多く出るようになりました。新車・中古車のリースがありますが、今回は中古車リースについての内容になっています。リースの中身や個人・法人の違いやリースとレンタカーの違いなどを記しています。ぜひ参考にして下さい。

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

リース車とレンタカーの違い

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

リース車とレンタカーは、賃借という部分では同じですので似ている部分がありますが、異なる点も多くあります。契約期間の面を見てみると車のリースは、新車・中古車関係なく年単位での長期契約となります。レンタカーは、時間・日単位などの短期契約が一般的です。

利用料金については、リース車は年間常時使用を前提としていますので、月額が新車・中古車関係なくレンタカーよりも抑えられるという面があります。その他、車検証上の名義がレンタカー会社とリース会社の違いなどがありますが、大きく異なるところで見ていくと、上記2つが挙げられるでしょう。

中古車リースのおすすめの会社

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

中古車をリースしようと考えた時、あなたはどこのメーカーを選びますか。乗りたい車のメーカーにするのが当然なのでしょうが、どのようなサービスがあるのかというところも選ぶポイントとなってきます。そこで、おすすめの会社として今回はトヨタを取り上げますので、中古車リースを考えている場合は参考にして下さい。

トヨタ

トヨタでは、車両代・税金・保険にメンテナンスやさまざまなサポートを加えた契約「メンテナンスリース」と呼ばれるものと車両代・税金・保険までのシンプルな契約「ファイナンスリース」という2つのプランがあります。

トヨタ直系のリース会社ですので、新車・中古車問わず軽自動車・普通自動車・トラックのリースも行っています。万が一、事故や故障した場合でも24時間365日対応してくれるシステムがあります。

車のメンテナンスに関しては、一般的にはユーザーが店舗まで車を持っていくという形ですが、トヨタは訪問点検を行っていて、ユーザーの都合の良いタイミングでメンテナンスを行いに来てくれるサービスがついています。

トヨタというネームバリューがありながらも、ここまでのアフターサービスがついていれば、中古車のリースを考えている場合にはトヨタを選ぶ決め手になるのではないでしょうか。

期間別中古車リースの料金

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

中古車をリースする場合、1年以下短期の時と2年リースでどの部分が異なってくるのか、どのようなメリットがあるのかなどを記していきます。中古車は、ある程度世に出てから年数が経っていますので、走行距離・年式などからみても長期リース契約は難しい面があるということはおわかりいただけるのではないでしょうか。

中古車の大きさ・年式・走行距離・事故の有無などにより車自体の価格が大きく変わりますので、はっきりどの程度変わってくるのかということを言うことができません。参考程度にお読みいただき、詳細はリースを扱っている会社に問い合わせてみると良いでしょう。

短期

カーリースは、基本的には長期契約を前提としておりますが、1ヶ月~3ヶ月といった、短期間で契約することはできないのでしょうか。カーリース会社によってはそれが可能なのですが、短期リースを扱っていないところがまだありますので注意が必要です。

短期カーリースを利用することのメリットは、「1ヶ月からの、超短期リースが可能である」「短期間の契約ならば、予期せぬライフスタイルの変化が発生しても対応しやすい」ということが挙げられます。短期カーリースの場合は1日当たり500円からのリーズナブルな料金で利用することも可能ですので、数ヶ月だけ車を利用したいという場合に最適ではないでしょうか。

カーリースは原則的に中途解約ができませんが、短期間の契約であれば、契約期間中に万が一車両をそれほど利用しなくなってしまった場合などのリスクを少なく抑えることができます。

2年

中古車リースの2年以上の契約にすると、1年に比べると月々の支払金額が抑えることができます。1か月や3か月では期間が短すぎるが、3年も乗ることはないという方に2年リースはおすすめです。車関連の支出と経理処理の手間を減らしたい」「車関連のコストを毎月同じにしたい」「車は一定期間の利用のみでいい」という場合にも適しているということが言えます。

中古車リースの個人と法人の違い

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

法人向けのカーリース契約を結んだ場合、リース料金は基本的にすべて経費として損金処理をおこなうことが法人税法上認められていますので、支払わなければいけない税金の負担を軽くする効果がリース契約を交わすと得ることができます。

また、ローンを組んで車を購入した場合、台数次第では相当な金額の借入金増加が起こります。法人の規模によりますが、規模の割には借入金が多い状態になった場合、資金繰りに困り融資を受けたくても、審査に通らなくなる恐れがあります。こうした問題を回避しやすくなることも、法人向けカーリースの魅力と言えるでしょう。

個人と法人でメンテナンスなどのサービスが異なるわけではありませんので、個人と法人の異なる点は、法人の方が中古車などのリースを組むメリットが大きいということが言えます。

中古車リースの個人契約のメリット

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

中古車リース契約を個人で行った場合のメリットとしては、各種税金がリース料金に含まれているので余計な費用がかからない事、リース料金は新車より中古車の方が、価格が安いので支払いの予定が立てやすい事や車のメンテナンスも含めた料金なので手間もかからず、新車カーリースに比べてお得な装備品やプランなどがあるということが挙げられます。

また、リースを扱っている会社によっては年単位の契約だけではなく、1か月~3か月という短期間契約ができる場合もあります。「1年も乗らないのだが」という方は、1度お問い合わせしてみることをおすすめします。

場所別おすすめの中古車リース

札幌・福岡・大阪で中古車リースを行っている企業で、おすすめできるところを各地域1社ずつ取り上げていきます。

ここで取り上げた企業以外にもリースを行っている会社はたくさんありますので、あなたが中古車リースを考えている場合には、インターネットで探したり、直接お問い合わせをしてみるなどの方法で、あなたに合った会社を探してみて下さい。

札幌

札幌での中古車リースおすすめ企業は、北海道カーオイル株式会社を取り上げます。コスモ石油の特約店として札幌を拠点に営業展開しており、最短2ヶ月から利用可能な中古車リースなどが人気があります。

ここでは、「ワンコイン中古車リース」も人気があり、税金・車検・メンテナンスを気にせず定額で使える点が評判を呼んでいます。

地元に密着した自動車総合サービス企業で、札幌10拠点、帯広にも店舗があります。個人の他に地元企業や個人事業主の車の悩みに親身に答えてくれるでしょう。

福岡

福岡では、アクトジャパン株式会社を取り上げます。内外装の状態が良い車に500円/日、15,000円/月~で乗れるお得で便利なカーリースを展開し、「車に掛ける費用は年間30万以内に抑えたい」など、格安な条件でお探しの方にもお勧めできる会社です。

福岡県内の「クルマの街医者」として、車検・整備・修理などのサービスを90年にわたり提供している実績があり、すべてをお任せすることができるでしょう。

大阪

大阪では、株式会社ミツイオートサービスを取り上げます。新車・中古車販売や自社工場での整備・修理・各種カーパーツの取付などトータルサービスを提供しており、新車の5年カーリースから中古車のメンテナンスリースまで、利用者のニーズに応じたリースを提案してくれます。

また、福祉車両も取り扱っており、専用のメンテナンスから板金塗装、福祉車両の代車サービスまで幅広く対応している会社です。

リース車の場合の保険はどうすればいいか?

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

リース車に乗り換えた場合の自動車保険はどうすれば良いのかということを記していきます。現在かけている自動車保険を使って車両入替という形か、現在の自動車保険を解約して等級を引き継いでリース保険にするという形の2つの方法があります。

その際の保険料は、車両入替ということであれば基本的に毎月の支払いということになりますが、リース保険の場合は、新車・中古車リース契約の中に保険料が含まれますので、別途保険料を払う必要はありません。

注意点としては、車のリースは途中解約が原則できないため事故などで車が損傷する可能性を含め、車両保険をつける必要があるということです。これは、中古車リースでも同じことですので、車両保険はなるべく付帯した方が好いでしょう。

リースを扱っている会社では、保険も扱っていることがほとんどですので、保険のことも一緒に相談することをおすすめします。

解約はできる?

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

お店で、新車または中古車リース契約をすると「中途解約は原則できません。」という説明を受けるでしょう。原則解約はできないということですが、例外があり、事故などの事情の場合は契約を解除することができ、ユーザーが事情によりリース期間中の解約を希望し、リース会社が認めた場合は中途解約することができます。

中途解約する場合は、リース車両を返却し解約違約金を支払うことが条件となります。違約金は一概にいくらとは言えませんが計算式がありますので、それに当てはめて違約金が計算されます。

やむを得ない事情をのぞき解約はなるべくしない方が良いので、月々の支払額や自分の年齢、車が新車なのか中古車なのかなどさまざまな観点からリース契約を考えた方が良さそうです。

リース期間終了後の車はどうなる?

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

新車・中古車のリース期間が満了した場合は、ユーザーには「リース車を買い取る」「違う車で再リース」「車を返却する」という主に3つの選択肢があります。リース車の買い取りは、契約時に設定されている残債金額を支払うと、書類上の手続きを経て買い取りが完了します。

違う車での再リースは、契約期間が満了した後に異なる車で新たに再契約するというやり方です。リースというものを利用して乗ってみたい車に乗るということができるのではないでしょうか。

中古車でリース契約をしてみよう

【場所別】おすすめの中古車リース・料金|トヨタ/個人

中古車のリース契約という言葉が出てくると、ローンで購入する場合とどう違うのかという疑問を持たれるでしょう。リース契約にメンテナンスを入れると、車検代や諸費用・税金などが含まれ、月々の支払いも定額ですが、ローンになるとそれらが含まれませんので、毎月の支払いの他、1年~数年単位でのまとまった出費の計画が必要です。

リース期間が満了した場合、先にも書いてありますが選択肢がいくつかありますので、中古車リースは使いやすいと言えるでしょう。あなたのライフスタイルに合わせた契約をすることがベストですが、ローン購入を考える前にリース契約を一考しても良いのではないでしょうか。

Related