Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月16日

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

バッテリー上がりの際に、別のバッテリーをつないでエンジンをかけることを、「ジャンプスタート」と言います。これはバッテリー上がりには効果的な方法ですが危険も伴います。この記事では、ジャンプスタートの正しいやり方や安全に行うための注意点などを紹介します。

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

「車を少しでもお得に買いたい…」

そんな時は中古車情報サイトをチェック!

カーセンサーならメーカー・車種・価格など
詳細な条件で検索可能!

あなたにピッタリな車がすぐに見つかります。

近くの販売店の在庫状況もラクラク確認!

ジャンプスタートとは?

自動車などに使われているバッテリーが、放電しきってしまい、起動に使われているセルモータを十分に回転させることができなくなっている、バッテリーが上がった状態を言います。この状態の時には電装品がほとんど使えない状態です。

基本的に、セルモータが回転してエンジンをかける状態には、12V車の場合にはバッテリー電圧が12.4V以上必要ですので、それ以下の場合は、エンジンがスタートしにくかったり、最悪の場合にはスタートできません。

そんな時に行うのが、ジャンプスタートです。ジャンプスタートには救護車とブースターケーブルが必要で、救護車側には、一定の条件が整っていなければなりませんし、この条件が整っていないと正しくジャンプスタートすることはできません。

ジャンプスタートの使い方

ジャンプスタートには救護車とブースターケーブルが必要ですが、救護車側の条件とそれをおこなう手順が必要です。ここではジャンプスタートの使い方を紹介します。

ブースターケーブルでつなぐ

ジャンプスタートを行うときには、同じ電圧のバッテリーを積んだ救護車が必要となり、この救護車のバッテリーとバッテリーが上がった車をブースターケーブルで接続します。ケーブルにはプラス側とマイナス側があるので注意します。

ケーブルのつなぎ方は次のとおりです。

1、バッテリーのプラス端子が、カバー保護されているので、説明書に従い取り外します。
2、ブースターケーブルの赤側を、故障車のバッテリーのプラス端子に取り付けます。
3、ブースターケーブルの赤側を、救護車のバッテリーのプラス端子に取り付けます。
4、ブースターケーブルの黒側を、救護車のバッテリーのマイナス端子に取り付けます。
5、ブースターケーブル黒側を、故障車のボルトなどのボディーアースに取り付けます。

バッテリーの容量に応じて使う

バッテリーが上がった時に、ジャンプスタートをしますが、この時に注意しなければならない場合があります。それがバッテリーの容量に応じたブースターケーブルを使うことです。ケーブルの選択によっては、ジャンプスタートが失敗する場合があります。

車のバッテリーは普通の電池と違い大容量です。ジャンプスタートをするためには、このバッテリー同士をブースターケーブルでつなぎますが、このブースターケーブルはどのようなものでもいいというわけではありません。

ブースターケーブルはバッテリーの容量に応じたものを使用しないとエンジンがかからないだけでなく、火災の恐れもあります。基本的にケーブルが太いものほど耐圧が高いので、できる限り太めのケーブルを用意します。

車両をつなぎやすい位置に移動

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

ジャンプスタートを車両同士でする場合は、バッテリー上がりの車と救護車をブースターケーブルがつなぎやすい場所に移動しなければなりません。

互いのボンネット内を見て、バッテリーが収められている場所を確認します。そしてお互いのバッテリー同士の最短距離になるように車の位置を検討しなければなりません。ただし車同士を寄せることで危険が生じないように注意が必要です。

それらのことを考えた上で車の位置を決定し、救護車をバッテリーが上がった車に寄せていき、運転席のドアがスムーズに開けられるような位置に車をつけるようにします。

2種類の電圧が存在するので確認

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

ジャンプスタートをする場合にはバッテリー同士の電圧に注意しなければなりません。国産車はほとんどDC12Vですが、トラックなどはDC24Vがあります。これらは電圧が異なっているので、ジャンプスタートをするためにつなぐことはできません。

テスターがあれば、バッテリーの端子間を測って電圧がわかりますが、それ以外の方法は車に搭載されている取扱説明書に記載されているので、そこで確認すれば良いです。

ジャンプスタートは同じ電圧でしなければならないので、お互いの電圧確認はとても大事ですし、これを間違うと車の破損だけではなく火災にもつながります。国産車同士ならほぼ問題はありませんが、救護してもらう場合は、バッテリー電圧を確認すればトラブルは防げます。

アイドリングをさせた後

バッテリーが上がった車と救護車をブースターケーブルで接続したのちは、救護車のエンジンをかけてアイドリング状態にします。その状態でバッテリーが上がった車のエンジンをかけるのですが、ここでも注意をしなければなりません。

バッテリーが上がった車が普通車同士や軽自動車同士なら問題はないのですが、救護車の方が車が小さい場合は、バッテリーや発電容量が小さいので、バッテリーが上がった車のエンジンをかけると、救護車の電装に負担をかける場合があります。

このような場合は救護車のアクセルを踏んで、エンジンの回転数をアイドリング状態より少し上げるとトラブルを回避できますが、アイドリングのままでエンジンをかけると、救護車のバッテリーが上がってしまう場合もあるので注意が必要です。

オルタネーター

ジャンプスタート時に注意しなければならないのが、「オルタネーター」です。オルタネーターは、バッテリーが電力不足になった時に、バッテリーを充電する発電機です。オルタネーターには発電機だけではなく電力を調整する機能もあります。

ジャンプスタートで救護車のバッテリーを使った場合に、一時的にバッテリーの電力が下がる場合があります。その際にはオルタネーターが作動して、バッテリーの電力を回復しようとします。

しかし、バッテリーの電力が回復できない場合には、オルタネーターにも負荷がかかることで、オルタネーターが故障する場合があります。これはジャンプスタート時にバッテリーが上がった車のセルモーターの負荷で、救護車のバッテリーに負担が起こるためです。

バッテリーがすぐに上がってしまう場合

ジャンプスタートしても、バッテリーがすぐに上がってしまう場合があります。これらの原因はどのようなものがあるのでしょうか。ここではバッテリーがすぐに上がってしまう原因について紹介します。

バッテリー自体の寿命

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

バッテリーがすぐにあがってしまう原因のひとつが、バッテリーの寿命です。バッテリーは長い間に充放電を繰り返している内に充電液などが劣化してきます。充電液が減っている場合は、補充液を入れることによって元に戻る場合もあります。

しかし充電液が劣化している場合は、補充液を入れても元に戻らないことが多く、この時点でバッテリーの寿命となり、バッテリーは交換となります。この状態になると、いくらジャンプスタートしても意味がなくなります。

バッテリーの寿命は正しく使用して、約3年ですが、最近はアイドリングストップなどでバッテリーを酷使しているので、バッテリーの寿命は短くなる傾向になります。余裕があれば車検毎にチェックし、劣化しているようなら交換しましょう。

オルタネーターが故障

バッテリーが劣化していないのにバッテリーが上がってしまう場合は、オルタネーターの故障があります。これは見た目では分かりませんし、素人では発見することは不可能ですので、それだけに難しい故障と言えます。

オルタネーターは、バッテリーの電圧が下がったりした場合に、バッテリーを充電する機能と、充電を制御する機能があり、バッテリーを快適に使えるようになっています。この機能が故障するとバッテリーが正しく充電されなくなり、バッテリーが上がってしまいます。

オルタネーターが故障すると、運転席の故障ランプが点く場合もありますが、故障の内容によっては点かない場合もありますので、故障しているのかいないのかが判定できない場合があります。

バッテリーの引火又は爆発を防ぐために

バッテリーは高容量な電池を構成するために、中に硫酸液が入っています。そのため、ガスが発生しているので、火気があると引火や爆発の危険があります。ここではジャンプスタートでのバッテリの安全な取扱いを紹介します。

正しい端子以外に接続しない

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

ジャンプスタートでは、2つのバッテリーをブースターケーブルで接続します。この時に正しくない端子に接続すると、バッテリー端子が焼損したり、バッテリー内部で多量のガスが発生するなどして非常に危険です。

バッテリーにはプラス端子とマイナス端子がありますが、端子の形状が同じですので間違えやすいです。バッテリー本体にプラスとマイナスの表記がありますが、バッテリーの設置により見えない場合があるので、注意が必要となります。

バッテリーのプラス端子側には、保護のために必ずカバーが取り付けてありますので、ジャンプスタートする時には、安全のためにバッテリー端子に取り付けてあるケーブルのネジを外さないようにすることで端子の間違いは発生しにくくなります。

未塗装の金属部に接触させない

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

ジャンプスタートをする時には、ケーブルを未塗装の部分に接触させるとバッテリーの引火や爆発が発生することになりますので注意が必要です。

未塗装の金属部に接触させないためには、ブースターケーブルの先をむき出しにして狭いボンネット内を移動させないようにし、絶縁物を被せるなどの措置をとると、ボンネット内でのトラブルを防ぐことができます。

軍手を使って作業する場合は、ブースターケーブルの先端を軍手の中へ入れて、ケーブルを握りながらボンネット内を移動すれば、安全に作業することができます。作業効率も向上しますので、安心して作業を進めることが可能です。

端子を絶対に接触させない

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

バッテリーのプラス端子とマイナス端子は離れているので、直接、接触することはありませんが、もし接触すると、火花が出るだけでなく、火災や爆発が起こります。また、接触した時点でガスが発生するので、人体にも影響が出ます。

接触は直接だけではなく、ジャンプスタートではブースターケーブルの誤配線でも発生します。救護車のバッテリーを誤って短絡させるだけではなく、バッテリーが上がった車のバッテリーでも容量が残っていますので、同じように短絡することは危険です。

これらの事故を回避するために大切なことは、ブースターケーブルを扱う時に、プラス端子とマイナス端子の確認をしっかり行い、ジャンプスタートの手順を守って安全な接続をすることです。

バッテリー付近では火をあつかわない

バッテリーは常に化学反応を起こしながら発電しています。そのため、バッテリーのまわりでは、引火性の強いガスが発生する場合もありますから、バッテリー付近で火気を扱うと思わぬ火災の発生につながります。

バッテリーの付近では火気だけでなく、火花の出るものなども使用しないことが大事です。たとえ小さな火花でも、バッテリーから発生するガスには十分引火する可能性がありますし、爆発を誘発する可能性もありますので注意が必要です。

これらの火気に対しての注意を怠ると、人体に及ぼす影響だけでなく、車両火災につながる場合もありますので、バッテリーのそばでは火気やそれに準ずる物の使用はしないようにすることです。

ジャンプスタートを正しく行おう

ジャンプスタートとは?|使い方とバッテリーの取り扱い方

ジャンプスタートはバッテリー上がりの時、非常に便利です。便利な反面、やり方を誤ると非常に危険が伴うリスクの高い方法です。そのため、行なう時には慎重に行なわなければなりません。

行なうことは、2台の車のバッテリーを手順に沿ってブースターケーブルでつなぐだけです。それだけですが、手順を守らないだけで危険になってしまいます。それだけバッテリーを扱うことには危険が伴いますので、細心の注意を払わなければなりません。

バッテリーは怖いものではなく、正しく取扱いをすれば便利なものですし、ジャンプスタートも便利なやり方ですので、手順を守ることでリスクを回避し、正しいジャンプスタートを行いましょう。

Related