Search

検索したいワードを入力してください

フィルムアンテナの再利用方法・自作する方法・取り付け方

初回公開日:2018年05月09日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2018年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事では「フィルムアンテナの再利用方法・自作する方法・取り付け方」と題して、「フィルムアンテナの再利用方法」や「フィルムアンテナを自分で作る方法・設置する方法」などについての詳細情報をご紹介します。ぜひ「お役立ち情報」にしてみてください。

フィルムアンテナの再利用方法・自作する方法・取り付け方

フィルムアンテナとは

一般的に市販されているフィルムアンテナというのは、「あらかじめ電気回路が基盤とされ、その基盤を配線によって実装されたテープ(フィルム)式のアンテナ」のことを言い、いわゆるテープで好きな箇所に自在に貼ったり剥がしたりすることができる、手動用のアンテナ配線のことを言います。

最近では家具や家屋に取り付けられることもありますが、本来は車用の内装アンテナとしてこのフィルムアンテナが頻繁に使用されており、車内という狭い空間・内装において「いかに効率よくアンテナの強度を高めるか・実用的に設定することができるか」という、パネルアンテナの設置法と同じようにその「実用性」が重視されます。

自由に取り外し・交換することができるため、またフィルムアンテナそのものの値段も100円台からあるという安価のため、その使用頻度は現在をもって多くの場面で高まっています。

フィルムアンテナを使用する前の知識

フィルムアンテナを使用する前に携えておくべき知識として、まず「フィルムアンテナにはいろいろな種類があること」を覚えておくことが大切です。他に使用される多くのアンテナの場合もそうですが、アンテナは「電波をキャッチするために使用される道具」であるため、電気を使用する家具やツールには必ず使用される機会があります。

工業用・商業用として使用されるフィルムアンテナのうちには主に「家屋に設置される場合のフィルムアンテナ」や、「単純にインターネットなどの電波をキャッチするためのアンテナとしてフィルムアンテナが使用される場合もあるため、「車用に作られたアンテナ」と決めることはできません。

フィルムアンテナの再利用方法

フィルムアンテナというのは先述しましたように、「いつでも好きなタイミングで取り外しができるアンテナ」のことを言い、その再利用方法を検討する上でも「非常に便利なアンテナ」と言うことができます。

多くの場合はアンテナを設置する際、そのアンテナを置くためのスペースが必要とされますが、このフィルムアンテナの場合は壁や窓ガラスにそのまま接面させることができるため、広いスペースは必要としません。

ユピテル製のワンセグ用フィルムアンテナを使用する場合では、フィルムアンテナを吸盤で簡単に取り付けられるタイプのアンテナもあります。スクレーバーなどを使用してきれいに剥がした後で、フィルムアンテナの状態を確認しながらアナログ手法で再利用することも可能で、非常にバリエーションに富んだアンテナとも言えます。

貼り直し

フィルムアンテナというのは先述のように、基本的には「テープ(フィルム)に配線された電気回路・基盤をそのまま壁や窓ガラスに接面させる方法」によって取り付けられる「平面式のアンテナ」であるため、このフィルムアンテナを取り付ける際には、当然「貼りミス」をしてしまうこともあります。

しかしその場合でもフィルムアンテナは、比較的キレイに剥がすことができるタイプが多く、さらにこのフィルムアンテナを剥がす際に利用できる備品としては「シール・ステッカー・ガム剥がし」と銘打たれた「専用のクリーナー」も市販されています。

この専用クリーナーなども600円から800円ほどで購入できるため、たとえフィルムアンテナを貼りミスしても焦ることはありません。フィルムアンテナを剥がす際には前もってドライヤーなどで接面を温めておき、さらにクリーナーを接面に塗布して剥がすことで、ほとんど100%剥がすことができます。

車載TVフィルムアンテナを自作する方法

車載TVフィルムアンテナを自作する方法については、少々「配線やアンテナに関する専門知識」が必要とされるため、もし車に搭載する際に「失敗したくない」と強く希望する場合には専門業者に依頼される方がよいでしょう。

一般的にワンセグアンテナの制作となりますが、まずロッドアンテナとアルミ製の中空棒を用意しておき、収縮チューブを備品として用意します。そしてアルミを極超短波(UHF)の最適の点で切り、それにロッドアンテナの先端部分を切断して接続させます。

この際のロッドアンテナの先端サイズはだいたい直径5ミリほどにしておき、その上で収縮チューブかぶせる形でアルミ面とロッドアンテナの先端を固定します。この方法によってロッドアンテナをカーテレビのUSB接続ポート分作成し、電波受信をカーテレビ本来の設定に合わせれば完成です。

フィルムアンテナの取り付け方

フィルムアンテナの取り付けを行なう際には、まずフィルムアンテナ交換に関する予備知識が必要となります。主にフィルムアンテナは取り外しの方が注意力を必要とし、取り付け方を覚える前に「取り外し方」をあらかじめ念頭に置いておくとよいでしょう。

一般的によくある状況としては、一度使用していたフィルムアンテナをもう一度取り外し、再度新しいフィルムアンテナを取り付ける際に必要とする知識や方法であり、この場合、必要とされる備品をまず取り揃えておくことが大切となります。

フィルムアンテナを継続使用する場合には特にこの「取り付け交換」が頻繁に必要とされる場合もあるため、必要な箇所にサッと取り付けることができる手腕が試されます。この取り付け方・交換方法をしっかり把握しておくことで、たいていのフィルムアンテナの交換はとてもスムーズに行なえるでしょう。

スクレーバーを使用

フィルムアンテナを取り外す際にも、一般的にコーキング時に使用されるスクレーバーを使用することが効果的です。スクレーバーというのは主に「両面テープやガムテープなど、比較的、接着力が強いテープや壁紙などを剥がす際に使用される工具」の1つであり、この工具の機能が実は、このフィルムアンテナを取り外す際にも効果的です。

初めてフィルムアンテナを取り付ける際には、まず雨や外気による水分をきれいに除去しておき、テープを貼ってもすぐに剥がれてしまわないかどうかを確認しておきます。その上でホコリや汚れなどをサッと拭いておき、なるべく接面とフィルムアンテナの粘着面が真空となる状態を作りましょう。

そしてフィルムアンテナのテープをまず設置箇所に全面的に貼り付け、なるべくこの時にはフロントガラスの端(際)を沿うように貼り付けるように工夫します。

パーツクリーナーの効果

このパーツクリーナーというのは先述しました「テープの剥がし用クリーナー」と同じ効果を持っており、フィルムアンテナの取り付け・交換時にも大いに役立つ効果を持っています。フィルムアンテナを剥がす際に特にその効果を発揮し、接面に残った粘着テープの汚れをきれいに落としてくれる他、その周辺部位の除菌などもしてくれます。

壁紙や他の部位に使用される両面テープの交換時にも、このパーツクリーナーが使用されることが多く、フィルムアンテナの設置の際にも特に「接面を粘着するのに都合のよい状態」にしてくれる点で優れています。

両面テープ

フィルムアンテナを取り付ける際によく使用されるテープはこの両面テープで、両面テープの利点は「あらかじめ設置しようとする接面を予定しておき、さらにその接面を計画どおりにコーティングしていく点」で長けています。

フィルムアンテナを取り外す際によく見られますが、フィルムアンテナを取り付ける際にあまりたくさんの両面テープを使ってしっかり固定してしまった場合、次に取り外す際には非常に力を擁することになります。そこで先でご紹介しましたスクレーバーや専用クリーナーを使用しながら、まず両面テープの粘着力を弱めます。

そしてまずカプラーというフィルムアンテナの配線コードを切断しておき、両面テープが残った接着部位を集中的に剥がす作業に入ります。1つ1つの作業を継続的にすることで、「無理に剥がすこと」がなくなり、接面を傷付けることもありません。

水分は必ず除去する

これはフィルムアンテナを取り付ける際に言われる注意点ですが、たとえばどんな場合でもテープの粘着によって接面する場合は「水分除去」が基本となります。これと同じく、フィルムアンテナを取り付ける際でも「水分が接面に漂着していた場合」は、接面させたフィルムアンテナでも宙ぶらりんになってしまうことがあります。

フィルムアンテナを交換する際にはまず、必ずフィルムアンテナを取り付けていた粘着テープをきれいに除去し、さらにそのきれいになった接面に残ったホコリや水分も除去した後で、新しいフィルムアンテナを取り付けることが肝心となります。

向きなど

フィルムアンテナを取り付ける際には、あらかじめ「そのフィルムアンテナの取り付ける際に指定された向き」があり、その取り付ける向きにしたがってフィルムアンテナを取り付ける必要があります。

この「向き」というのは、そのフィルムアンテナの寸法や車内なら車内に適合した「アンテナ配置の利便性」によって決められた向きとなり、規定どおりの向きで設置しない限りは「アンテナの役目を果たさない」という状況が出てきます。

この「フィルムアンテナを取り付ける向き」については、フィルムアンテナ購入時に付属する取扱説明書に必ず記載されてあるため、まずはその記載どおりに設置・接面していくことが重要となります。アンテナの給電部位や配線コードや端子の設置都合などもあるため、この取り付けの向きをまず念頭に置くようにしましょう。

フィルムアンテナの剥がし方

フィルムアンテナの剥がし方については先述でもご紹介しましたが、フィルムアンテナを交換する場合には、まずこの「フィルムアンテナの取り付け方と剥がし方の両方」をしっかり把握しておくことが大切です。

フィルムアンテナを剥がす際には、あらかじめ接面に粘着しているテープ部分をクリーナーやスクレーバーなどを使用して剥がしておき、さらに剥がした後の接面に残った汚れや粘着跡をきれいに除去する必要があります。この除去に使用する物としては水を使っても効果はあります。

さらに新しいフィルムアンテナを設置する場合は、その除去に要したクリーナーや水による水分を再び除去することが必要で、この「粘着させること」と「粘着部位をきれいに掃除すること」の2つの作業を行なうことになります。

フィルムアンテナの感度アップする位置

これは「アンテナの位置を設定する」という、他のどのアンテナを使用する場合にも検討される項目となります。フィルムアンテナを設置する場合でも必ず「電波を受信しやすい設置場所」を見極めておくことが大切で、その設置場所・環境によって「フィルムアンテナの性能」が大幅に変わることが普通にあります。

一般的にカーナビゲーションを取り付ける際にはこのフィルムアンテナの設置が必要となりますが、このカーナビ(GPS機能)を効率よく受信できる最適なアンテナの位置もあるていど決まっています。

まずカーナビ(GPSアンテナ)の設置場所は「周囲に金属部位がある環境」が最適で、特にアンテナは「金属部位に接面する形で取り付けられること」が有効となります。フィルムアンテナを取り付ける際にもこの「金属部位に接面させるように設置すること」を意識し、ダッシュボードやGPSアンテナプレートへの設置を検討しましょう。

フィルムアンテナの交換方法

フィルムアンテナの交換方法については先述でいくつかご紹介しましたが、このフィルムアンテナの交換時の注意点として、「洗剤を使用して接面を剥がすこと」は避けるようにしましょう。

たとえば台所洗剤などを使用して接面をきれいにし、その上で水分をもって掃除された接面にフィルムアンテナを貼り付けてしまうと、アンテナ部分と保護シートが粘着してしまい分離できなくなることが高確率であり、そのためフィルムアンテナの取り付けが失敗する確率が上がります。

なるべくフィルムアンテナの交換時には「接面や周囲の空気が乾燥している場合」が好都合であり、よく晴れている日などをねらってフィルムアンテナの交換を行なうとよいでしょう。

フィルムアンテナの適合表

フィルムアンテナの交換時には、このフィルムアンテナの適合表を確認することも大切で、フィルムアンテナの適合表というのは「電機メーカーによって掲載される、各種製品や型番(または備考)などの適合一覧表」のことを言います。

・カーナビ(CN-MW150D):商品名(地デジアンテナA):型番(N1JYYYY00026)
・カーナビ(CN-Z500D):商品名(地デジアンテナB):型番(YEAA121050):備考(2枚必要です)
・カーナビ(CN-HDS915TD):商品名(リア用地デジアンテナ):型番(YEP9FZ8642):備考(左右セット)

上記のように「類別」、「商品名」、「型番」、「備考」などが記載された一覧表となり、この適合表を参照することによって、自分が必要とするフィルムアンテナの種類も特定できます。

フィルムアンテナは配線と同じ

先述してきましたように、フィルムアンテナを取り付ける際にも「アンテナの配線」や「アンテナを効率よく設置できるスペース」を考慮しなければいけません。この点では他のあらゆるアンテナを設置する場合と同じく、アンテナの配線に配慮する上で「いかにそのアンテナの性能・効果を上げるか」がポイントとなります。

フィルムアンテナの正確な交換方法を覚えましょう

いかがでしたか。今回は「フィルムアンテナの再利用方法・自作する方法・取り付け方」と題して、「フィルムアンテナの再利用方法」や「フィルムアンテナを自分で作る方法・設置する方法」などについての詳細情報をご紹介しました。

フィルムアンテナというのは現代でも多くの場面で利用されていますが、いざ「フィルムアンテナの取り付け方法や取り外し方法」などを聞かれると、その正確な方法について知らない人も多くいるでしょうか。

フィルムアンテナというのは基本的に他のアンテナと変わることはなく、ただその設置方法が変わっているだけで、アンテナそのものの性能や効果は「電波を効率よく受信し、必要なデバイスに出力する」という、アンテナの機能をそのまま携えます。ぜひフィルムアンテナの交換方法・再利用方法を把握し、効率のよい設置方法を覚えましょう。

Related