Search

検索したいワードを入力してください

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方

初回公開日:2017年08月23日

更新日:2020年02月16日

記載されている内容は2017年08月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事はBluetoothが一体車内でどのように利用されるのかといったことの紹介をはじめとして、実際に車でその機能を利用しようと思った際に、どのような手順が必要なのかご紹介しました。Bluetooth機能がない車にも対応している商品の紹介も行います。

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方

bluetoothとは?

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

最近ではbluetoothという言葉が一般的に広く多くの人たちの間で使われるようになりました。Bluetoothがこうして今多くの人たちに注目されているのかというと、それは世界的にBluetoothに対応している製品が現在開発され、広く様々な場面において出回るようになったからということが一つの要因です。

それから実際にBluetooth製品を使ってみると分かりますが、ワイヤーレス(無線)なため、コードが絡まるといった煩わしさがなく、使い方さえ覚えてしまえばかなり便利なもののため、その便利さが多くの人に人気がある一つの理由になります。

そのため、今回の記事ではそうした便利なbluetoothを車で利用した場合に、どういった使い方があるのかご紹介致します。

そもそもbluetoothとはなんなのか?

もしかしたら、「そもそもBluetoothってなに?」なんて思っている方もいらっしゃるかもしれません。そういう方のためにBluetoothについて簡単に説明すると、Bluetoothというのは東芝やEricsonなどによって開発された規格で、パソコンなどの機器やスマートフォンなどの機器をそれぞれ無線によって繋ぐという機能を持ったものです。

Bluetoothが登場する前には機器同士の接続はコードによって行われていましたが、Bluetoothであれば機器同士の間を無線で接続することができます。このように、Bluetoothはかなり革新的な機能です。

車でBluetoothを活用しよう!

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

Bluetoothはスマートフォンやパソコンにも搭載されていて利用することが出来ますので知っていた方も多いかとは思いますが、実は車の中であってもBluetoothは活用することができます。そして、実は車の運転中にこそ役立つハンズフリーといった機能もあります。

ハンズフリーとは車で運転しながら通話をすることが出来る機能で、手が離せない車の運転時には特に役立つと考えられます。

他にも、スマートフォンにインストールしてある音楽をCDやSDカードに保存する必要がなく、直接Bluetoothの無線を通して接続するといった機能もあります。車でBluetoothを活用する方法はたくさんあるので、ぜひこれから具体的に紹介していきます。

車で音楽を聞こう!

Bluetoothと言えばやはり音楽を聞くためのものであるというイメージがある方は多いのではないでしょうか。最近ではスマートフォンの普及により、音楽を手軽に聞くことが出来るようになりましたが、もちろん車内でも音楽を聴いているという方は多いでしょう。

ひと昔前では車ではカセットテープを、その後CDの登場によりCDで音楽を聴くことが一般的になりましたが、最近ではその他にも、SDカードなどに音楽データを入れて、それを車のカーナビに挿入し聞いているという方も多いと思います。しかしそうした中、Bluetoothの登場によりまた新たに車で音楽を聞く方法が一つ増えました。

では、実際にBluetoothの機能を利用して車で音楽を聞く場合、どのような手順が必要なのでしょうか。

車でBluetoothの音楽を聞くのにはどんな方法がある?

では実際に車の中で音楽を聞く場合、どのような方法があるのかを考えてみましょう。まずは一般的に考えられる例として、スマートフォンの音楽を車の中で聞くという方法があります。やはり、昨今ではウォークマンなどの専用の音楽再生機器を使用しての音楽再生よりも、いつも持ち歩いているスマートフォンなどにダウンロードして音楽を聴いている方が多いです。

ですから、スマートフォンをBluetooth通じて車につなぐ方法は現在主流になりつつあります。やはり、車に内蔵されているスピーカーは高性能なものが多いので、普段スマートフォンで聞いている音楽も車内で聞けばより一層ダイナミックなものになります。

乗車している友達のスマートフォンで音楽が聞ける

さらに、他にもスマートフォンにはほとんどのものにbluetoothが搭載されているので、乗車している友達のスマートフォンを借りて、すぐに車内のスピーカーと連携することが出来るといったことも出来るのでその使い方は様々です。一緒に乗車している友達のスマートフォンを借りて、音楽を聞くような機会があっても、友達のスマホの音楽をすぐに聞けるので便利です。

他にも、一般的なipodやウォークマンなどの音楽再生専用機器にもBluetoothが搭載されていることが多いので、そちらもスマートフォンと同じように接続することが出来ます。車内で音楽を聞くというBluetoothの利用方法は以上のような機器が対応しています。

車の運転中にBluetoothで電話?

そして他にも車を運転しながら通話するなどのBluetoothの活用方法があります。普段私たちがスマートフォンとBluetoothイヤホンを連動させて通話することはありますが、車内ではハンズフリーという方法でBluetoothを活用することが出来ます。ハンズフリーと言うのはその名の通り、車の中であっても手を自由にした状態で通話できるという機能のことです。

車で運転している時はもちろんスマートフォンを持ちながらすることは出来ないので、このように手を使わずに通話する方法があればとても役に立ちます。また、ヘッドセットなどを頭につけて通話することも出来るので、ハンズフリーが慣れないという方はそうした方法もあります。

車でのBluetoothのペアリング方法(つなぎ方)

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

ここまで色々と車でのBluetoothの活用方法を紹介してきましたが、実際にどう使えばいいか分からない方も多いでしょう。実はとても簡単に車内で機器同士をBluetooth接続をすることができるのですが、やはり慣れないうちは難しいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、誰でも覚えることが出来るのでぜひ車内で使うBluetoothの使い方を見ていって下さい。基本的にBluetooth接続に関する設定は、発信する側の設定と、受信する側の設定の二つを一度行ってしまえば、あとは自動的につなげるようにすることが出来るので、一回接続設定に成功してしまえばあとは簡単になりますので、気になった方はまずは登録してみましょう。

車内でスマートフォンbluetooth接続

多くの人はやはり普段スマートフォンを持ち歩いていることが多いですので、まずはスマートフォンのBluetooth機能を車内で有効に利用する方法を説明します。まず最初に、車でスマートフォンのBluetoothを利用する場合、基本的にスマートフォンなどの機器とカーナビをペアリングしましょう。

ここでのペアリングではBluetoothのスマートフォン側の設定とカーナビ側の設定が必要になってきます。ですので、まずは、ここでの機器同士のペアリングの際の、スマートフォン側の設定のやり方から説明をします。

携帯電話側での設定方法は・

まずはじめに、スマートフォン側の方で、設定画面があると思うのでそちらを探してみてください。スマートフォンの種類によってはBluetoothが搭載されていないものもあると思うので、まず始める前にBluetoothが搭載されているかどうかをせひ確認してください。

スマートフォンにBluetoothが搭載されている場合は、その設定画面の中に「Bluetooth」という表記の選択画面があるはずですので、そちらを選択してください。その画面を選択すると、おそらくBluetoothのオンとオフを選ぶことが出来ると思うので、オンにすると画面が読み込みをしている画面になります。これは外部のBluetooth対応機器を検索している状態です。

カーナビの設定

基本的にこれで接続したいカーナビの名称が出てきた場合、そこをタップすれば接続することができます。と言いたいところなのですが、ここで簡単に接続するためには実は車のカーナビ側で携帯機器を登録しておく必要があります。こちらの設定はカーナビによって違う面もあると思うのですが、基本的な流れを以下に説明します。

まず、車にあるカーナビのメニュー画面を開いて、そこに「接続設定」もしくは「Bluetooth」といった選択画面があったらそちらを選択してください。そうした画面を進めていくと機器登録といったような画面が出ると思うので、そちらで機器を検索してください。そこでスマートフォンの機器名が出てきたらそれを登録してください。これでペアリングが完了になります。

スマートフォンとカーナビのbluetooth接続まとめ

車のカーナビの方でBluetoothの接続機器として登録してしまえば、あとはスマートフォンの設定画面からBluetoothをオンにしてカーナビの機器名を選択してしまえば接続完了です。次また接続するときはスマートフォン側からの操作だけでつなげることが可能になります。

ただ、ここで注意したいのはカーナビやスマートフォンの種類によっては相性が悪かったりした際、すぐに途切れてしまったり、なかなか接続されなかったりすることがあります。

そうした場合はネット検索をして、自分のスマートフォンとカーナビのBluetooth接続に関する疑問を調べてみると解決の糸口になるかもしれません。以下では具体的な接続方法の事例を紹介します。

iPhoneなどIOS デバイスとの接続

では具体的にiPhoneを車内で聞くときにどのような手順になるのか改めて説明します。基本的にカーナビ側の設定は同じなのですが、まずお手元のiPhoneの機器名称で登録したいので、まずはカーナビ側で機器を検索して登録します。

その際iPhone側のBluetoothはONにしておきます。そうすることで、カーナビ側に機器名が表示されるので登録します。そして、iPhoneでもBluetoothの画面を開いてみるとカーナビの名前が表示されると思うので、そちらをタップします。すると、そのタップした場所の右側に「接続しました」と出ると、もし確認が出来たらそれでBluetooth接続は完了です。

補足(CarPlay)

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

iPhoneでBluetooth接続を車内でも利用する方法として、そのまま接続するという方法の他にもっとそれを推進する機能として「CarPlay」というものがあります、と言いたいところなのですが、実はまだ次のiOS世代に実装予定のようでまだ実装されていません。

「CarPlay」というのは対応している機器でのみ使用できる機能なのですが、これは「iOS in the Car」というApple独自のカーナビシステムです。「Car Play」を使えばより確実に安定した状態で音楽などを楽しむことが出来ます。

後付けBluetoothって一体なに?

実は世の中に出回っているすべてのBluetooth対応機器が音楽を聞けるようにできているわけではありません。そもそも、Bluetoothが対応していないものもありますが、実はBluetoothに対応しているとなっていながらも、スマートフォンから音楽転送をしたりすることが出来ないものがあります。

こちらはハンズフリーなど通話専用のBluetoothになりますので、音楽転送ができません。やはりBluetoothのメインの機能と言えば音楽転送です。

ですので、もし車内にあるカーナビが対応していなかった場合、後付けでBluetoothアダプターをとりつければもしかしたら聞けるようになるかもしれませんので、今からはその後付けBluetoothについて紹介します。

ELECOM ワイヤレスオーディオレシーバーBOX AVWARシリーズ

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

こちらはエレコムが発売したBluetoothオーディオレシーバーで、こちらを使えばiPhoneやandroidのスマートフォンからでも本機を通して、Bluetoothに対応していない車のカーナビやステレオ機器に接続することが出来ます。サイズもコンパクトなので、車内に持ち込んで置いておいてもあまり邪魔になりません。

こちらもペアリングさえしてしまえば、あとはiPhoneならsiriにお願いすれば勝手につないでくれますし、androidでも接続画面をタップすれば自動的に接続してくれるため便利です。

また、こちらの商品は音楽だけでなく、オーディオデータを転送できるので、ワンセグの視聴も可能です。そしてこちらは「AAC」と「apt-X」に対応しているので音質がいいまま音楽転送が可能です。

「AAC」や「apt-X」ってなに?

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

先ほど「AAC」や「apt-X」という言葉が出てきましたが、こちらが一体どういったものなのか分からない方も多いでしょう。簡単に説明しますと、「AAC」や「apt-X」というのは音楽を相手の機器に転送する際に、音楽データを圧縮する形式のことをあらわしています。

従来使われていたような「SBC」といった圧縮形式のものは、圧縮送信時にタイムラグが起きたり、高音部分が削除されたりといったデメリットがありました。

しかし、「AAC」や「apt-X」は圧縮して送信する際も高音質を保ったまま音楽転送できるため、これから期待される音楽データの圧縮形式になります。

Bluetooth非対応のカーナビの接続方法

Bluetoothを車で利用する方法を紹介してきましたが、Bluetooth非対応のカーナビもあるので、そちらの場合は後付けのBluetoothとしてオーディオレシーバーのようなレシーバーを介してペアリングすることが出来ます。そうしたレシーバーを使える車かどうかを確認する方法として、二つの差込口を確認する方法があります。

あくまでカーナビにある場所は異なるのですが。コンソールボックスなどにまず、AUXやPhone-inなどと書かれている場所があったらそこはイヤホンがさせるステレオミニプラグの差込口になります。もう一つは12V/120Wなどと書かれている場所でシガーソケットと言いますこの二つがある車はBluetoothレシーバーを使うことが出来ますので、確認してみてください。

おすすめのBluetoothレシーバー

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

こちらはおすすめのBluetoothレシーバーになります。こちらにはオーディオレシーバーの本体の他に、USBポートの充電端子、それから予備用のゲルパッドが入っており、ゲルパッドは磁気のあるもので、張り付けたところに本体の取り付けが出来るようになっています。

この商品の特徴は2台同時にペアリングが出来るという点と、非常に高音質な状態で音楽を聴くことが出来るという点です。そして、他のオーディオレシーバーに圧倒的に音ズレのような現象に関する口コミはすくなく、非常に性能がいいです。

また、オーディオレシーバーは、別に充電するためにシガーソケットに差し込む必要があるのですが、こちらはUSBでも出来るので、車内に差込口がある場合はそちらに差し込むことが出来ます。

この商品の注意点とは?

まず、2つの機器と同時位にペアリングできますというようになっていますが、使用できる機器は一度に一つなので注意してください。2つの機器と同時にペアリング出来るというのは、Bluetooth接続の設定を出来る可能上限が2つということを指しています。

ですが、一般的には一度に一つの機器しか使用しないことが普通なので基本的には問題ありません。

さらに、口コミを見ていると一部の車との相性があるようで、アクセル時に音がするなどの注意点があります。また、音楽をかけているときに電話に出た際、電話が終わった後また先ほどの音楽が自動的にかかるという仕様のため、そのような操作上の仕様を把握しておくと安心して使用できるでしょう。

Bluetoothレシーバーの接続のやり方

やはりはじめて使う場合はiPhoneなどの送信側のデバイスとレシーバーとのペアリングが必要になります。そのため、今までと同じようにスマートフォンのBluetoothの選択画面から機器検索をします。その前に本体をステレオミニプラグに差し込みます。

これでオーディオの電源が確保され、起動しますので、あとはカーナビとの接続になります。カーナビ側で「AUX」をオーディオに設定すれば、後はスマートフォンなどのデバイス側から検索をし、ペアリングすれば全ての設定は完了です。

一回ペアリングを済ませてしまえば、Bluetoothをオンにした状態になれば自動的に接続されるので簡単に音楽を聴くことが出来ます。

車載用FMトランスミッターとは?

実はカーナビにBluetoothが搭載されていない場合のBluetoothの利用方法として、オーディオレシーバーの他にFMトランスミッターというものがあります。

こちらは車の中で音楽などを聞きたいときに使うことが出来るもので、オーディオレシーバーの代わりとして使うことが出来ます。やはりレンタカーや社用車などでは、純正のFMラジオしかない場合もあります。

そういった時のために、スマホなどの音楽をFMの電波に乗せて、車のスピーカーにその電波をキャッチさせて音楽を聴くことが出来るのが、このFMトランスミッターになります。設定が難しくないので、手軽に簡単に聞くことができるのも古くから使われている要因の一つです。

FMトランスミッターの使い方

FMトランスミッタ―といっても、その使い方には大きくわけて二種類ほどあります。一つは有線のコードを差し込む必要のあるトランスミッターの接続方法です。もう一つは、コードの差込がいらないBluetoothを使った無線のトランスミッターの接続方法になります。今か大きく分けたらそちらの二つのトランスミッターの接続方法をそれぞれ紹介します。

FMトランスミッター(有線)の接続方法

有線のFMトランスミッターの接続方法を今から紹介します。こちらはBluetoothを使用していない接続方法になりますのでご注意ください。

まず、FMトランスミッターをシガーソケットに差し込みます。シガーソケットの場所は車の場所によって違うのですが、こちらはトランスミッターの電源の役割を果たすことになります。そしてスマートフォンなどの機器にあるイヤホンジャックにトランスミッターのケーブルをつなぎます。

後はFMトランスミッターの周波数(チャンネル)を決めて、その周波数に車のFMラジオのチャンネルに合わせるだけです。あとは音楽をかければ自然と車のスピーカーから出力されます。

FMトランスミッター(Bluetooth)の接続方法

今から紹介するのはBluetoothを利用したFMトランスミッターでの車内スピーカーとの接続方法になります。こちらが先ほどの有線のトランスミッターとの接続方法と違う部分は、スマートフォンなどの機器の設定からトランスミッターとのBluetoothのペアリングが必要となります。

そのため先ほど同じようにFMトランミッタ―をシガーソケットに差込み、機器のペアリングを各設定から行います。機器同士のペアリングが完了したら、先ほどと同じように接続した機器とFMの周波数を合わせます。基本的に周波数を合わせるところは同じですので、Bluetooth接続であっても誰でも簡単に設定できるのでおすすめです。

おすすめのFMトランスミッターを紹介!

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方
※画像はイメージです

こちらの商品は車用のFMトランスミッターになります。Bluetoothで接続できるタイプのFMトランスミッターになります。こちらはSONYandroid機種やSamsungやHTC、Nexus、iPhoneなどが対応していますので、ご自分の機種が対応されているかどうか確認してみてください。

こちらのFMトランスミッターは有線でもイヤホンジャックへの差込みによって行うことが出来ますし、ハンズフリーの機能もありますので、場面に応じて使い分けることが出来ます。また、スマート出力電流によって、すべての携帯電話とタブレットを完全に充電することが出来ますし、最適な出力で充電するのでバッテリーを傷めずに済むといった利点もあります。

カーナビでウォークマンの音楽を聞く方法

スマートフォンの音楽をBluetoothを使って車内のカーナビに転送して聞く方法は先ほど紹介しましたが、それ以外にもウォークマンでもBluetoothを通して音楽を聞く方法というのがあります。ウォークマンの音楽を車のカーナビで聞くためには、iPhoneの時などと同じようにカーナビの側でウォークマンを機器登録する必要があります。

その機器登録さえしてしまえば、他のデバイスと接続した時と同じように次回からはウォークマン側からの操作だけで自動的に接続することが出来ます。基本的にBluetoothの接続方法は他のデバイスと変わらないようですので、誰にでも出来る操作であると言えます。

ウォークマン用ドッグスピーカー車載用の紹介

ウォークマンを持っている方に、車のカーナビに直接接続して音楽を聞く方法の他に音楽を聞く方法を紹介します。以上のリンクに貼ってあるのは、実はウォークマン専用のBluetooth搭載のドックスピーカーになります。

ドックスピーカーというのはipodなどの下にある端子のドックコネクターというのですが、そうした接続端子を持つタイプのスピーカーのことを指します。

以上に貼ってある商品はドリンクホルダーに設置できるタイプなので、コンパクトに持ち運ぶことが出来ます。また車のシガー電源に対応しているので、シガーソケットにつなげておげばエンジンがつくと同時に電源が入り、エンジンを切ると音楽が止まるようにできます。

ウォークマン専用ドッグスピーカーの性能

多くの人は車に搭載されているスピーカーから音楽を聞く方法を考えますが、実はドッグスピーカーのように据え置きで別にスピーカーを用意するという方法もあります。

こちらのドッグスピーカーの特徴的な部分はこうした、車載用として利用できる点でシガーソケットとの連動が可能な点は特に車でBluetoothを利用するためには非常に便利な機能になります。

そして、360度スピーカー対応なので、車内全体でも申し分なく高音質な音楽を聴くことが出来るので、車内のスピーカーでなくても心配なく利用できます。

Bluetoothの車での使い方の疑問を解決!

やはり、使い慣れない方にとってはBluetoothには多くの疑問があると思います。ここまでBluetoothに関して様々に紹介してきましたが、ここからは実際にBluetoothを釣った中でも特に使い方において疑問の多いハンズフリーについて具体的な疑問をもとに、実際にどうなっているのかということを紹介します。

Bluetoothの使い道は無限大

ここまで車内でのBluetoothの使い道を色々な方向に深堀りしてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。今回はBLUetoothだけでなく、様々なことについてご紹介しましたが、Bluetoothは車だけではなく、様々な場面で役立つ機能なので今後もBluetoothに関連する商品は様々に登場してくるでしょう。

車内で使うBluetoothもカーナビが古くて使えないという方に向けたオーディオレシーバーなどの商品もあり、そうしたことからも最近のBluetoothに対する需要が伺えます。特に、音楽とBluetoothの連携は非常に便利だと言う声が多く、愛用している方も多いです。ぜひ、この機会にBluetoothの機能が気になった方はぜひ、ご自分の車と連携して使う方法を考えてみてください。

Related