Search

検索したいワードを入力してください

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか

初回公開日:2018年04月15日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年04月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

こちらの記事では、車に取り付けるチャイルドシートについて記事にしました。チャイルドシートが何歳まで使うのかご存知でしょうか。また法律で「何歳までは車に取り付けなさい」と決められている事はご存知でしょうか。知らないという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

車に子供を乗せるときに、皆さんはどこに座らせていますか。「近くに買い物に行くときは膝の上に座らせている」「同乗者がいる時には、同乗者に抱っこしてもらっている」という方もいるのではないでしょうか。

しかし、その様な車の乗せ方で良いのでしょうか。もしその様な車の乗せ方をさせている方がいるのであれば、今すぐに止めましょう。なぜなら、一歩間違えれば事故を起こした時には子供の命が無くなる事があるからです。

皆さんはチャイルドシートという物をご存知の方が多いのではないでしょうか。チャイルドシートは、子供が生まれてから数年に渡って使用する大事な物です。子供の命を守るためにも、チャイルドシートの装着をしましょう。

「チャイルドシートは、いつまで付けなければいけないのか」という疑問を持つ方も多いでしょう。そこでこちらでは、チャイルドシートは何歳まで使用しなくてはいけないのかをまとめてみました。

6歳まで

チャイルドシートは何歳まで使うのでしょうか。チャイルドシートは、車を所持している方には特に必要な物になります。新生児から使用できる物が主流になっていますので、車を所持されている方は必ず装着しなければいけません。では、チャイルドシートには何歳まで座らせておくのが良いのでしょうか。

何歳までなのか知らない方も多いのではないでしょうか。実は、6歳までチャイルドシートを着用するように、法律で決められています。「6歳までチャイルドシートに乗らせないといけないのか」「小さいうちだけで大丈夫なのではないのか」と思われる方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、道路交通法によって定められている事ですので、もし守らなければ何かしらの罰があるでしょう。子供の命を守れるのは、子供の親だけです。「何歳までなのか知らなかった」とならないようにしましょう。子供の安全のためにも、法律には必ず従う事が大切です。

チャイルドシートとジュニアシートの違い

「チャイルドシートは良く聞くけれど、ジュニアシートは何と疑問に思われる方も多くいらっしゃるでしょう。昔からあるものですが、親になって初めてその存在に気が付いたという方もいらっしゃるでしょう。ではチャイルドシートとジュニアシートの違いを見てみましょう。

チャイルドシート

チャイルドシートとは、新生児から使用できる物の事を表します。新生児や幼児期まで使用できるのがチャイルドシートです。今のチャイルドシートには、横向きに赤ちゃんを乗せられる様なチャイルドシートがあります。首がまだ座っていない赤ちゃんでも、体を固定でき無理な負荷をかけることなく赤ちゃんを守ってくれるのがチャイルドシートです。

ジュニアシート

ジュニアシートには特徴があり、チャイルドシートのように体全体をホールドするわけではなく、車の補助シートの様な物になります。お尻にジュニアシートを敷いて、車本体に付けられているシートベルトを付けられます。

ジュニアシートにする事で、幅を取らなくなりますし、何より子供も目線が高くなり車に乗るのも楽しくなるでしょう。

チャイルドシートとジュニアシートは何歳まで使える

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

「子供がまだ小さい時には、チャイルドシートは必要だと知っているけれど、1人で座れるようになったら大人と同じでいいのではないのか」「チャイルドシートは何歳まで必要なのか」と思われている方も多くいるのではないでしょうか。

現在ではチャイルドシートやジュニアシートは、きちんと車に装着する事が義務となっています。では、チャイルドシートたジュニアシートは何歳まで使用できるのでしょうか。知らない方も多くいらっしゃると思われますので、こちらでご説明します。今現在使用されている方も、これから使用するという方もぜひ参考にしてください。

チャイルドシート

チャイルドシートは何歳まで使用できるのかご存知でしょうか。チャイルドシートは主に、新生児~4歳くらいまでを目安に使用します。子供の体格などはそれぞれ違います。絶対とは言えませんので、お子さんの体格などに合わせて使用しましょう。

チャイルドシートに乗せる子供の体格の目安は、体重が18キロ程度までで、身長が100㎝以下と定められている事が多い様です。また新生児を乗せる場合には、付属のベビーシートを装着してから使用するようにしましょう。ベビーシートの使用する目安は、およそ10ヶ月くらいです。

体重は10キロ以下で、身長は70㎝以下と定められていますので、お子さんの体格に合わせてベビーシートを外すようにしましょう。

ジュニアシート

ジュニアシートは何歳まで使用する事ができるのかご存知でしょうか。チャイルドシートの使用目安が4歳頃までなので、ジュニアシートは4歳~10歳くらいまで使用する事ができます。ジュニアシートは、お尻の下に敷く事で座高が高くなり、車のシートベルトが使用できます。

またジュニアシートの使用する子供の体格の目安として、体重は15キロ以上で身長は135㎝以下と定められている事が多い様です。これらはあくまでも目安ですので、使用している物に記載されている使用目安をきちんと確認をしましょう。

何歳まで使えるのか、使用目安をきちんと守る事で、子供も安全に車に乗る事ができますので使用目安は守りましょう。

チャイルドシートは何歳まで必要なのか

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

チャイルドシートは何歳まで使用すれば良いのか、大体分かっていただけたでしょうか。使用するチャイルドシートにきちんと何歳まで使用できるかが記載されていますので、確認をする事が大事になります。

ですが、何歳までチャイルドシートに乗れるか分かった所で、実際法律などにチャイルドシートが何歳まで乗れるのかと書いてある物なのでしょうか。また、チャイルドシートの正しい車に乗せる位置なども気になる方が多いでしょう。

そこでこちらでは、実際に法律ではチャイルドシートは何歳まで乗せる事が義務付けられているのかや、車にチャイルドシートを装着させる場合の位置などをご紹介します。これからチャイルドシートを装着される方や、既に装着されている方もぜひ参考にしてみてください。

法律

チャイルドシートは何歳までが、義務になるのでしょうか。そもそも法律で決められているものなのでしょうか。実際に法律で何歳までときちんと決められています。知らなかったという方は、この記事でぜひ覚えて帰ってください。

道路交通法第71条で、「自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しなければならない」と定められています。幼児とは6歳未満の子供事を示します。ですので、6歳未満の子供には必ずチャイルドシートを着用する義務があります。

もし知らない方がいらっしゃるのであれば、きちんと覚えましょう。チャイルドシートを装着していても、「何歳まで乗せれば良いのかわからなかった」という方はまだ間に合いますので頭に入れておきましょう。

法律違反だと罰金があるのか

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

チャイルドシートの装着義務を無視すると、果たして法律違反になるのでしょうか。当然法律違反となり、違反点数が1て点加算されます。罰金は無い様です。「6歳まで義務なんて知らなかった」という事が無いように覚えておきましょう。

「罰金がないなら近くだったらいいかな」と安易に考えずに、きちんとチャイルドシートに乗せてから運転をするようにしましょう。子供の安全を守るためにも、親がきちんと法律を守る事が大切です。

警察

法律でチャイルドシートの装着義務がなされていますので、当然警察の方も知っています。万が一警察の方に止められる事がある場合、チャイルドシートの装着を怠っていると、当然法律違反となり切符が切られます。

罰金は無い様ですが、きちんと点数は加算されるので注意しましょう。「チャイルドシートの装着なんて、何歳までとかあるなんて知らなかった」では警察の方には通用しませんので、この記事で今一度チャイルドシートの装着を確認しましょう。

子供を守るのは親の義務であり、その手伝いをしてくれるのがチャイルドシートです。万が一という事も考え、きちんと法律に従いチャイルドシートの装着を徹底しましょう。

助手席

「助手席に子供を乗せたい」「何歳まで後部座席なのか」と思われる方も多くいらっしゃるでしょう。実際に助手席の年齢制限は何歳までとは決まっていないけれど、何歳からなら乗せても大丈夫なのでしょうか。

正しく乗らせたいのであれば、10歳前後からの方が良いでしょう。チャイルドシートは、前にせり出している構造になっているため、助手席には向いていません。では、ジュニアシートであれば、大丈夫なのでしょうか。

ジュニアシートで助手席に乗せている方は多くいるのではないでしょうか。ですが、多くのジュニアシートには、取り扱い説明書に「前方エアバックが装備された座席での使用禁止」と書かれているジュニアシートが大半となっています。

ですので、安心して子供を助手席に乗せたい場合には、10歳前後の身長が140㎝になった時の方が良いでしょう。車のシートベルトは140㎝以上の人向けに作られているためです。

後ろ向き

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

チャイルドシートの後ろ向きは何歳までなのかご存知でしょうか。「何歳までなのか知らない」「後ろ向きにする必要はあるのか」と思われている方も多くいるのではないでしょうか。子供の成長などにもよりますが、一体何歳まで後ろ向きにしておく必要があるのでしょうか。

後ろ向きには何歳までなのかと言うと、新生児から数か月の間は後ろ向きにするのが一般的です。なぜなら、生まれたての赤ちゃんなどは首などしっかりしてないので、衝撃に弱いのためです。前向きのままで事故などに合うと首に一番衝撃が加わります。へたしたら首が折れてしまう事もあります。

ですので、後ろ向きにする事によって衝撃を和らげる効果があります。では、後ろ向きは何歳までなのでしょうか。首がしっかりし体重が10キロ超えたら前向きにしても良い様です。何歳までと聞かれても子供の成長もそれぞれですので、判断の目安として体重が10キロまでと覚えておきましょう。

前向き

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

では前向きに乗せるのは、何歳からが良いのでしょうか。こちらも「絶対に何歳から」とは言い切れません。それは子供の成長速度はそれぞれだからです。後ろ向きの目安として10キロまでとされているので、生後10ヶ月頃くらいから前向きに変えても良いでしょう。

後ろ向きは何歳までと基本決められていない様ですので、前向きが不安な方は1歳頃まで後ろ向きでも良いでしょう。子供の発育につれて、子供水から前向きが良いというまで後ろ向きのままの方も多い様です。

ですので、慌てず周りに流されずに子供の成長具合を見ながら、子供に合わせたチャイルドシートの向きにしましょう。親の勝手な都合で、前向きにするのは止めましょう。

日本

チャイルドシートに乗せるのは何歳までなのでしょうか。日本では何歳まで乗せる事が多いのでしょうか。チャイルドシートは、4歳まで乗れる物が多い様です。ですので、何歳までと言いますと、4歳過ぎるまでチャイルドシートに乗せている方が多いでしょう。

また6歳未満は必ずチャイルドシートやジュニアシートに絶対に乗せる事になっています。ですので、誰かに何歳まで乗せるのか」と聞かれ時には、「6歳までは必ずチャイルドシートやジュニアシートに乗せなくてはならない」と伝えましょう。

間違った知識を持っている方には、法律で定められていて違反すれば警察に捕まえる事を伝えればなお良いでしょう。他の方がチャイルドシートに乗せていなかったとしても、子供の命を守るためにも、きちんと法律に従いましょう。

何歳までという概念に捕らわれず、子供の成長を確かめながらその都度子供に合った方法で、車に乗車させましょう。

アメリカ

アメリカでは、チャイルドシートは何歳まで乗せるのでしょうか。アメリカでは驚くことに、着用義務が8歳までになっているそうです。日本の「6歳まで」と比べても「8歳まで」となると、大きく変わります。

アメリカではチャイルドシートを車に装備していないと、運転が許されません。日本では違反をすると、点数が加算されるだけですが、アメリカでは罰金も課せられる様です。日本に比べ、車のチャイルドシートにはとても厳しいと感じられます。

またアメリカでタクシーに子供と乗ろうとしても、乗車拒否が起こる様です。なぜならタクシーにチャイルドシートがないからです。何歳までだからと言わずに、小学生までは必ず使うものなのだと割り切りましょう。

子供のチャイルドシート着用に関しては、日本は遅れていると言われている様です。そのくらい、事故の怖さは大きい物だという事でしょう。

ハワイ

日本人も良く観光に行くほど有名なハワイですが、チャイルドシートの着用は何歳までなのでしょうか。ハワイでも法律で「何歳まで」と定められている様で、「7歳までは必ずチャイルドシートに乗せなければならない」と定められている様です。

またチャイルドシートに関しては細かく決められている様で、「10キロ以下で65㎝未満の生後9ヶ月頃の子供は後部座席でベビーシート着用」「18キロ以下で100㎝以下の4歳までの子供は後部座席でチャイルドシート着用」「35キロ以下で143㎝以下の10歳くらいまでの子供は後部座席でジュニアシート着用」と定められている様です。

何歳までなのかと聞かれたら、7歳までは必ずチャイルドシート着用の義務がある様です。ですので、旅行に行く際などは注意が必要です。

助手席に乗れるのは何歳から

助手席というと、少し特別感が湧く方が多いのではないでしょうか。実際に助手席に乗りたがる子供も少なくはありません。しかし、いくら子供が助手席に乗りたがると言っても、「何歳から助手席に乗せても良いのか」と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、子供が何歳から助手席に乗せてもを良いのかを記事にしました。こちらを参考にしていただき、今後子供が助手席に乗りたいと言い出した時に参考にしてみてください。

チャイルドシート

チャイルドシートは助手席に乗せても良いのでしょうか。新生児から4歳頃まで使用できるチャイルドシートですが、後部座席に乗せてみて不便だと感じ、助手席に乗せるのはやってはいけない事です。

実際に多くのチャイルドシートの取扱説明書のは、「前方エアバックが付いている座席での使用は禁止です」と書かれているでしょう。また、助手席のサンバイザーに「後ろ向きでの設置は禁止です」と書かれている車も多くあるくらい、助手席にチャイルドシートの装着が禁止されています。

ですので、いくら子供にお願いをされても助手席にチャイルドシートを置く事は止めましょう。子供の命に関わる事ですから、きちんと後部座席に乗せてあげましょう。

ジュニアシート

チャイルドシートを卒業したら、ジュニアシートが待っています。ではジュニアシートなら、助手席に子供を乗せても大丈夫なのでしょうか。ジュニアシートでも少し微妙な判定になりますが、そのご家庭で判断される方が良いでしょう。

なぜかと言いますと、ジュニアシートの多くの取扱説明書には、「前方エアバックが装備された座席での使用を禁止します」と書かれているジュニアシートが多いからです。ですので、ご家庭での判断になる事が多い様です。

安全を考慮されるのであれば、ジュニアシートが取れる頃まで、後部座席で我慢してもらう方が良いでしょう。

海外では何歳までなのか

海外ではどうなのでしょうか。海外で助手席の事を「キラーシート」と呼ぶそうです。やはり、助手席の危険度は全世界共通の考えなのでしょう。海外の法律では「10歳または12歳未満の子供を助手席に乗せてはいけない」と法律で定められている所も多い様です。

世界から見ても、車の助手席の危険度は同じなのでしょう。事故を起こした時の衝撃は、助手席に乗っているのと、後部座席に乗っているのとでは大きく差があります。ですので、きちんと法律などを守る事で、子供の命を守れます。

メーカー別のチャイルドシートが何歳まで使えるのか

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

チャイルドシートには、たくさんの種類やメーカーもたくさんあります。その中で1つを選ぶ事は大変な事でしょう。またメーカーによっては、「何歳まで使えるのか」という疑問が出てくるでしょう。

実際にメーカーによって、何歳まで使えるのかそれぞれ多少の違いが出てきます。「このチャイルドシートは何歳まで使えるのか」と疑問に思われたときに、いちいち確認をするのは大変な作業になります。

そこでこちらでは、「何歳まで使えるのか」という疑問に答えるために、代表的なメーカーを選び出し、何歳まで使えるのかを記事にしましたので、これからチャイルドシートを購入される方は、何歳まで使えるのかを確認しながら記事を参考にしてみてください。

アップリカは何歳まで使えるのか

チャイルドシートの代表的なメーカーと言えるのが、アップリカです。アップリカのチャイルドシートは、何歳まで使えるのでしょうか。アップリカのチャイルドシートは、新生児~4歳頃まで使えます。

アップリカのチャイルドシートの特徴は、チャイルドシートが回転する事と、椅子型だけではなく、平らにする事もできるのが特徴です。平らにする事で、赤ちゃんも安心して眠る事ができます。子供の成長に合わせて、後ろ向きや前向きにもできます。

コンビは何歳まで使えるのか

代表的なメーカーのコンビですが、チャイルドシートは何歳まで使えるのでしょうか。多くのコンビのチャイルドシートは、新生児~4歳頃まで使える物が多い様です。新生児から使えるのであれば、生後間もない退院の時から使えて4歳頃まで使えるのでとても便利なチャイルドシートでしょう。

また、コンビにはチャイルドシートとジュニアシートが一緒になっている物があります。こちらは、1歳~11歳頃まで使えます。新生児~1歳頃まで使えませんが、そこを除けばとても便利なチャイルドシートと言えるでしょう。

お子さんの成長の具合に合わせて調節ができるので、これが1つあれば小学生高学年まで使えるでしょう。成長に合わせてシートの高さやシートベルトの位置の調節ができるのでとてもチャイルドシートと言えます。

エールベベは何歳まで使えるのか

エールベベのチャイルドシートは、何歳まで使えるのでしょうか。エールベベの代表的な商品は何と言っても、回転式のチャイルドシートです。回転式ですので、後ろ向きにしたい時も、前向きにしたい時もチャイルドシート自体が回転しますので、簡単に使えるのが特徴のチャイルドシートが有名です。

では、そんなエールベベのチャイルドシートは何歳まで使えるのでしょうか。エールベベのチャイルドシートは、新生児~4歳頃まで使える様です。また、1歳頃から11歳まで使えるチャイルドシートもあります。

どうせジュニアシートを購入される予定のある方は、この様な長く使えるチャイルドシートがです。もちろん、4歳まで使えるチャイルドシートを使い、その後ジュニアシートを購入しても良いでしょう。

マキシコシは何歳まで使えるのか

マキシコシはオランダ製のメーカーで、日本でもとてもの高いメーカーです。マキシコシのチャイルドシートの特徴は、車の中だけで使えるのではなく、赤ちゃんを寝かせたままシートを取り外して運ぶことができるという大きな特徴があります。

では、マキシコシのチャイルドシートは何歳まで使えるのでしょうか。「マキシコシのチャイルドシートは何歳までなのか」という疑問に対して、他のメーカーと異なる事があります。マキシコシのチャイルドシートは大きく分けて3区分になります。

「新生児~1歳まで」「1歳~4歳まで」そして「4歳~12歳まで」の3区分になります。他のメーカーに比べると、使える期間が短いのが特徴です。その分お金がかかってしまうという部分では大きい差だと言えるでしょう。

チャイルドシートは正しく使用しましょう

車のチャイルドシートは何歳まで使えるのか・必要なのか
※画像はイメージです

いかがでしたか。チャイルドシートが何歳まで使えるのか知らなかった方も、こちらの記事が参考になったでしょうか。「何歳まで使えばよいのかわからない」「何歳まで使うのかわからないからいつでも辞めても良いだろう」という事のないようにしましょう。

また、チャイルドシートの装備義務は法律で決められている事ですので、きちんと守りましょう。親がきちんと守る事で子供の命も守られます。後で後悔する事が無いように普段から気を付けておく事が大切です。

こちらの記事を参考にしていただき、知識として頭に入れておきましょう。チャイルドシートを正しく使って快適に暮らしましょう。

Related