Search

検索したいワードを入力してください

チャイルドシートにおすすめの日よけ・手作りの方法|後付

初回公開日:2018年04月15日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年04月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

太陽の光は良い影響もありますが、近年は有害な紫外線の量が増えてきているので、とりわけ皮膚が未熟で薄い子供のうちから紫外線対策はしっかりしておかないと不安ですよね。今回は車で移動する時の紫外線対策としておすすめのチャイルドシートの日よけを厳選しておすすめします。

チャイルドシートにおすすめの日よけ・手作りの方法|後付

チャイルドシートにおすすめの日よけ

チャイルドシートにおすすめの日よけ・手作りの方法|後付
※画像はイメージです

紫外線の多くなる時期は移動中の赤ちゃんに当たる日差しが気になる人も多いです。もともと車の窓にUVカットがついていても紫外線は入ってきます。

チャイルドシートに日よけがついているタイプもありますが、しっかり紫外線対策をするために他に何が必要なのでしょうか。一概に日よけといっても種類が豊富にあるので、少しでも車や用途にあった、赤ちゃんにあった商品を選んであげたいです。

ここではおすすめの日よけをご紹介します。

車内でも外でも使えるカバータイプ

カバータイプにも色々種類はありますが、車内のチャイルドシートだけではなく街歩きやベビーカーを使用する場合でも使えるケープタイプがあります。車内の日差しが強くなってきたら直接ささっと体にかけてあげて紫外線対策をしてあげられますし、目隠しに使用したりクーラーの風よけにもなります。

そのまま外に出る時にも抱っこ紐やベビーカーにかけて紫外線対策ができますし、少し成長して自分で体温調整ができるようになってからも使えるので、長く色々な用途で使える商品です。

急に必要になっても安心な後付けタイプ

チャイルドシートに日よけが無くても後付けタイプでもっとも簡単なのが車用のサンシェードです。このタイプはコンパクトにしまえるし、さっと取り出してすぐに使えるし、種類も豊富にあるので便利です。

枚数も平均で2枚から3枚位入っているので助手席、後部座席、替え用など持っていると安心な商品です。取り外しも簡単なので使用しない時にはコンパクトに折りたたんでしまえますし、日差し防止以外にも子供のオムツを変える時などの目隠しにもなるので車移動が多い方におすすめです。

助手席にも対応できるおすすめの取付タイプ

助手席や運転席での日よけで重要になるのが、運転手の目をさえぎるのが少なく、きちんと日差しを遮断してくれるのかという事なのでおすすめは遮光板です。

マジックテープで取付・取り外しがかんたんですし、角度も日差しによって変えられるのでつけていても邪魔になりません。秋冬の西日対策にも対応できるので長く使えます。助手席の視界は運転手にとって気になるので日差しも気になりますがなるべく邪魔にならないですが、ちゃんと日差し防止をしてくれるコンパクトで取付の簡単なものが安全です。

手作りで車内を可愛くしよう

市販でも売られていますが、カーテンタイプの日よけを好きな生地で作ってみましょう。用意するものは遮光の生地と子供の好きな色や柄の生地。遮光の生地は使わなくなたカーテンの生地でも大丈夫です。生地2枚分の長さより少し長めのゴム紐。窓につける吸盤2個。生地の長さは縫いの部分があるので車の窓の長さ位よりやや長めを用意して下さい。

ほつれ防止のために周りは1cm位折り返して縫っておきます。上部は長めのゴム紐を通すので3~4cm位折り返して袋になるように縫ってください。ドレープを付けるために上から1~2cmの所も縫ってしっかりさせてもよいでしょう。

遮光の生地も同じように作ります。生地のゴム通しの部分にゴム紐を通して吸盤に通して逆から遮光生地にも通します。通し終わったら2個目の吸盤に通してゴム紐を結んで完成です。自分や子供の好きな色や生地で手作りすると車でのお出かけもさらに楽しくなります。

チャイルドシートの日よけの必要性

色々と出費がかさむ時期ですが、チャイルドシートには、肌の安全性という点で紫外線対策もとても重要です。

太陽の光は骨を丈夫にしたり身体にいい成分を作ったりと良いこともありますが、車内でチャイルドシートに固定されている時、特に赤ちゃんはうまく日をよける事ができないので凄く汗をかいてアセモや肌荒れの原因になってしまったり、目の機能も弱く光に反応してしまうので直接太陽光を見てしまったりしてしまいます。

初めから日よけカバーが取り付けてあるチャイルドシートにこだわらなくてもいいですし、後付け商品もあるので子供の健康面のために紫外線対策をしてあげて下さい。

チャイルドシートの日よけが買えるお店は

今はネットショップや子供用品店、カーショップなど色々な所でチャイルドシートを買うことができますが、実際に品質を見て買いたいという場合は手間はかかりますが色々なお店に行って手に取って確認した方が安心です。

近くにお店が無い場合や妊娠中、出産後などは出かけるのも大変なので自宅で自由に選べるネットショップが、種類も豊富にあり気軽に手に入るのでおすすめです。

価格も本格的な日よけ付きチャイルドシートから100円で買える簡易な後付けタイプから今はとても豊富な種類があります。

西松屋でも気軽に買える

西松屋はやはり価格を抑えてあるので利用しやすいです。チャイルドシートはもちろんありますし、後付けタイプの商品も価格帯が999円と1,000円以内で手に入るのも嬉しいです。カーテンタイプで取付やすいですし2枚組ではいっているので安心です。サイズも基本的にどのタイプの車体にもあうサイズになっているのでおすすめです。

西松屋が遠いという地域もありますし、小さい店舗だと品ぞろえが少ない所もありますが、西松屋のネットショップでしたら種類も豊富で気軽に購入できるので安心して利用してください。

デザインはシンプルなので寂しいという方はちょっとワンポインにトアイロンシールやワッペンなどで可愛くアレンジしてみてください。

100均にもいいのがありました

100円均一にもチャイルドシートの後付け日よけ商品はありました。カバータイプの日よけやカーテンタイプの日よけもあります。今お使いのチャイルドシートに日よけがない時、気軽に手軽に安く手に入れられるのはありがたいです。

ただサイズがやや小さめだったり、生地が薄かったりするので日差し防止効果をしっかりしたい方や、長く利用したい方は物足りないと思うのでよく確認をしてください。あまり日差しを気にしていない方でも、いざという時の目隠し用に置いておくのもおすすめです。

エールベベの商品は?

チャイルドシートメーカーでエールベベは使いやすさで定評があります。エールベベの新生児用のチャイルドシートはくるっと回転式で使いやすさももちろんですが、足元までしっかりと日よけをしてくれてとてもしっかりしています。リモコン操作で自動的に日よけカバーを開閉するタイプも出ています。

価格は高めですがお母さんの使いやすさも考えられてますし、機能性もあり赤ちゃんの快適な睡眠も守ってくれるので赤ちゃんの快適なドライブには最適です。

後付けタイプの商品はありませんので、日差しの角度が気になったりジュニアシートからは日よけのついている商品はないので別の後付けタイプの商品を選ぶといいとです。

自分の車に合う商品を見つけたい!

チャイルドシートの日よけの一部をご紹介しましたが、今は赤ちゃんの紫外線対策も常識になってきています。

それにともない紫外線対策の商品もとても豊富に出てきています。チャイルドシートだけでも用途やデザインなどなとても豊富種類があります。チャイルドシートのおすすめ日よけをまとめたサイトもありますので探してみてください。

チャイルドシートの日よけは大切です

これから新たに出産を控えている人も、赤ちゃんが生まれてから車を購入する人も準備する物はたくさんありますが、その中でチャイルドシート選びは気軽に取り換えられるものではないので、どんな機能があるかなどさまざまな点でとても悩みます。

チャイルドシートに日よけがあるかどうかというのは購入するのが夏なら多少気にかけますが、冬場は忘れてしまいがちですし普段から紫外線を気にしない人はあまり重要視しません。

大人は暑いと感じたら自分で日差しを遮断することができますが、赤ちゃんは暑いと感じても自分で日差しを遮断する事ができません。適度な日光浴はとても大切ですが、強すぎる日差しは赤ちゃんにとって有害です。

あせも、肌荒れだけではなくほかの病気の原因にもなりますので、赤ちゃんや子供が気づかない有害な日差しを避けてあげるため早いうちからの日よけを気にしてしてあげて下さい。

Related