Search

検索したいワードを入力してください

イタリア車ののメーカー・エンブレム・特徴・故障しやすい

初回公開日:2018年01月13日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「イタ車」と呼ばれる、イタリア車といえば、フェラーリ、ランボリギーニ、ランチア、フィアット、マセラッティ、アルファロメオなどがあります。どれも高級車ばかりですが、世界の富裕層を魅了し続けるこれらのイタリア車の特徴と魅力を一挙にご紹介します。

イタリア車ののメーカー・エンブレム・特徴・故障しやすい

イタリア車の特徴・魅力

イタリア車ののメーカー・エンブレム・特徴・故障しやすい
※画像はイメージです

数々の高級車をうみだしているイタリア車ですが、今回は値段を出してまでも購入したいとおもえる特長や魅力をご紹介します。日本では車といえばTOYOTAからHONDAがですが、近頃ではダイハツからスズキなどの軽自動車もリーズナブルな価格とコンパクトな車体でとてもがあります。

そのなかでもまだまだが衰えない、スーパーカーと言われるイタリア車も存在します。イタリア車は一般の方には中々手が出せない価格のものもありますが、一般の方でも購入できる価格帯のもの販売されています。車の製造販売が得意な日本ですが、イタリア車も負けておりません。

かわいい

イタリアはヨーロッパに位置する国の1つです。有名な都市はローマからフィレンツェ、ナポリにヴェネチアといった都がたくさんあります。ヨーロッパは日本と文化が違い、とてもロマンチックな雰囲気のある街がたくさんあります。

そんな中で生まれたイタリア車のビジュアルはとてもかわいいものがあります。女性にも好まれるかわいいスタイルがの理由の1つです。カラーもイタリアらしい個性的でかわいいものが多く、さらにスタイリッシュな部分でも世界中の人を魅了しています。

美しい

イタリア車はとても高価なものも多く、車体がとても大きいものもあります。スポーツカーもたくさんあり、イタリア車の見た目はとても美しいものが多いです。

イタリア車を愛する男性のなかには、車のボディを女性に例える方もおるほど、美しい曲線に作られている車もあります。高級車は特に、見た目やエンジンなどにこだわりを持っていることが多く、生活の1つというよりはファッションの一部として車を扱っているケースがあります。

かっこいい

イタリア車ののメーカー・エンブレム・特徴・故障しやすい
※画像はイメージです

日本でも話題になったスーパーカーと呼ばれるイタリア車はスーパーカーと呼ばれるだけあってとてもかっこいいです。誰もがスーパーカーに憧れた時代もありました。スーパーカーの多くがイタリア車ということもあり、イタリア車の知名度は日本でもとても高いです。

スーパーカーの模型がたくさん作られたこともあり、せめて模型だけでもとスーパーカーを持っていない方も自宅におきて眺めたこともあったほどです。やはり実用性をメインに作られた日本車よりも、イタリア車はかっこいいものが多いです。

速い

イタリア車はエンジンもとても多きく馬力がとても強いため、とても速く走れる車が多いです。とはいっても、日本では高速の法廷速度は80kmで一般道は60kmなのでそこまで走れる道はないのですが、サーキットなどでは走ることができます。

また、イタリア車はスタートである0kmから一気に時速100kmまでに達するまでに約3秒で走れるほど速い車もあります。初速が速い車好きにはたまらないわけです。

イタリア車ののメーカー

イタリア車ののメーカー・エンブレム・特徴・故障しやすい
※画像はイメージです

日本でものあるイタリア車のメーカーをご紹介します。聞いたことがないメーカーもあるとおもいますので、特徴もかねてご紹介します。基本的に高級車ばかりなのですが、車種によっては一般の方でも手がだせる車もあります。また、イタリア車は世界的にも大であり、アメリカなどで乗られていることが多いです。

アメリカではニューヨーク以外はほとんど車がないと生活ができない州が多く、車はファッションとしても日常生活の必需品としても大です。日本よりも交通機関が発展していないこともあり、イタリア車を含め大です。

フェラーリ

イタリア車の代表的なメーカーであるフェラーリです。フェラーリの創立者はエンツォ・フェラーリという方であり、その名を取ってフェラーリというブランド名がつけられました。

設立は1939年であり現在にいたるまでにモデルチェンジを何度も繰り返されて現代の車体の低いとてもスポーティな形に変化してきました。フェラーリといえば真っ赤なボディが大ですが、黄色や白の車体もとてもがあります。フェラーリのスペルは「Ferrari」と書きます。

フィアット

1899年に設立されたフィアットは車の中でも歴史が深く古いくから愛されてきた車のメーカーの1つです。イタリア車は大きな車体のものが多いですが、フィアットはとてもコンパクトなボディで女性にも大です。

実際、イタリアの街は昔の街をそのまま使っているため道がとても狭い地域が多く、フィアットのサイズはイタリアの街にとてもマッチしています。最近ではフィアットからも電気自動車が販売されており、地球に優しいものづくりもされています。英語でのスペルは「FIAT」です。

マセラッティ

日本でも大のイタリア車であるマセラッティは日本でも走行している姿をよくみかけます。マセラッティはマセラティと呼ばれることもあります。 創業者であるアルフィエリ・マセラティの名前も今でも受け継いでいます。

創立は1914年であり100年以上の歴史があるとても格式のあるイタリア車の1つです。日本でも乗りやすい重厚のあるボディが大です。英名は「Maserati 」です。

アバルト

日本では軽自動車でよくある形のコンパクトでとてもかわいいボディでのアバルトもまたイタリア車の1つです。アバルトはカルロ・アバルトが1949年に設立したイタリア車のメーカーです。日本で見かけることは多くはありませんが、知る人ぞ知るのイタリア車です。英名では、「ABARTH」です。

ランチア

発音がランチアやランチャーなどと呼ばれているのあるイタリア車です。創設者であるヴィンチェンツォ・ランチャが1906年に作り、1世紀以上も続く長者カンパニーです。見た目がいかついことから男性に好まれることが多く、いつかは乗りたいと憧れを抱いている男性もたくさんいます。英名では、「lancia」と書きます。

ランボルギーニ

日本でもフェラーリに続くのあるイタリア車であるランボルギーニです。フェルッチオ・ランボルギーニにより1963年に設立されました。日本でもが落ちないために公式サイトや販売店も他のイタリア車に比べるととても多いです。

スーパーカー世代の方であれば知らない人はおらないというぐらい有名なイタリア車です。英名は、「Lamborghini」です。

アルファロメオ

イタリア車のなかではまだリーズナブルな価格なことから日本でも乗っている方が多いアルファロメオです。かわいいデザインが多く女性にも大です。ニコラ・ロメオにより1910年に設立されました。第二次世界大戦前からイタリアでは上級車として富裕層に親しまれてきました。ランチアなどと並ぶ高級車の1つです。英名では、「Alfa Romeo」と書きます。

イタリア車のエンブレム

イタリア車のエンブレムは日本車に比べるととても派手でゴージャスなものが多いです。日本では昔から家紋にしてもお嫁にいくと嫁ぎ先の家紋で統一されますが、ヨーロッパの文化では結婚するとお互いの家紋が合体され新たな家紋を作ることがあります。そのため、家紋もとても派手なものが多いです。

ヨーロッパらしい魅力的なエンブレムがイタリア車にはたくさんあります。見ているだけでも楽しめるイタリア車のエンブレムをご紹介します。

サソリ

サソリのエンブレムといえば、アバルトです。アバルトはいかついサソリが真ん中に存在感をだしており、そのエンブレムにひかれてアバルトに乗られる方もいるほどです。そのサソリにはイタリアの熱い情熱や魂が宿っているといわれており、エンブレムはアバルトの象徴です。黄色と赤色のバックカラーが情熱さを物語っています。

イタリア車で馬のエンブレムといえば、フェラーリです。フェラーリのエンブレムの馬は跳ね馬をあらわしており、こちらの馬は第一世界大戦でとても活躍したパイロットであった、「フランチェスコ・バラッカ少佐」が乗っていたプロペラ機からいただいたといわれています。

また、馬のエンブレムといえばイタリア車以外でも、ドイツ車であるポルシェもとても有名です。ポルシェも同じく跳ね馬がシンボルになっています。

牛のエンブレムといえばランボルギーニを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。とてもいかつい暴れ牛がついてることからランボルギーニの集まりは「牛田会」とも呼ばれています。ランボルギーニの相性で親しまれていますが、正式名称は「ヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ 」と言います。

本社があるイタリアのボローニャのボロニェーゼにはランボルギーニミュージアムがあります。世界中ランボルギーニファンが訪れるスポットになっています。それほどイタリア車には魅力があります。

イタリア車は故障しやすいのか

昔はよくイタリア車は故障しやすいといわれていましたが、現代では性能がずいぶんとよくなり故障はほとんどなくなりました。しかしながら、イタリア車は高級車が多いため少しでも故障すると修理費用がとても高額になります。

さらに故障の部分によってはイタリアから取り寄せないといけないものもあり、修理日数もとてもかかることがあります。イタリア車に乗るのであればそれらのデメリットも把握した上で乗る必要があります。

また、日本車に比べるとイタリア車は電気関係が弱いことも事実です。逆の見方をするとイタリア車が故障しやすいというよりかは、日本車の性能が他国に比べると優れているという見方もできます。

電気関係

イタリア車は電気関係が弱いことが多く、故障する部分といえば、パワーウィンドウがきかなくなったり、自動ミラーが動かなくなったということがあります。

車の心臓部分であるエンジンに問題がなければ走行するには問題ないとはいえども、電気関係に支障があるとストレスになることがあります。窓をあけたくてもあけられないなど、暑い日にはとても不快なおもいをすることもあります。

ただ、それは一昔前の話であり近頃ではイタリア車であっても電気関係もしっかりとしており、故障することは本当に少なくなりました。当たり外れの問題もありますが、故障することは滅多にありません。

エンジン

車の1番大事な部分であるエンジン部分がダメになると、修理をするより買い替えをした方が安い場合があります。とはいえども、イタリア車は高級なので簡単に購入することは難しいです。

イタリア車は新車で購入するととても高額なので、多くの方は中古で購入することがあります。その場合あまり古い年式であると、エンジンが故障してしまったということもあります。

イタリア車を略すと?

日本車は日本車、ドイツ車はドイツ車と呼ばれますが、イタリア車は略して、「イタ車」と呼ばれることがあります。「イタ車」はイタリア車のことをあらわしますが、実は同じ発音で「痛車」という呼び方もあります。

これは、イタリア車とは全く違う意味のもので、車のボディにアニメなどペイントをたくさんしている車のことを意味します。しかし、一般的には「イタ車」と呼ぶものはイタリア車のことを指します。発音は「イタシャ」と言います。

イタ飯

イタリアのことを「イタ」と略すのは車だけではありません。イタリア料理のことは「イタ飯」と略されます。発音は「イタメシ」と呼んでおります。日本人の口にもあう「イタ飯」はパスタやピザをはじめとても大です。

そのため日本各地に「イタ飯」のレストランは点在しており、とても流行っています。少し豆知識なのですが、「イタ飯」ではパスタの一種としてスープパスタがありますが、これは実は日本独自のパスタであり、本場のイタリアでは存在しません。

また、日本ではピザはスライスして手で食べることが多いですが、イタリアではナイフとフォークで食べ安い大きさにカットして丸めて食べられています。

イタリア車は高級

イタリア車は日本車に比べとにかく価格が高いです。日本車では安いものだと新車で100万円前後で購入できますが、イタリア車は1000万円をこえる車がたくさんあります。それだけ開発や安全面やエンジンなどにお金がかけられているに違いないですが、日本人のサラリーマンにはなかなか手がだせるものではないです。

しかし、それだけの金額の価値があるイタリア車ですので魅力にはまり購入される方はあとをたちません。では、その価格帯をご紹介します。

フェラーリの価格

フェラーリを新車で購入するとなると1000万円以下で購入することは難しいです。最低でも2000万以上のもがほとんどです。中古車であれば1000万円以下のものも存在はしますが、とても古い車種であるか走行距離がとても多いものが多く、購入後に故障する割合も高いと考えられます。

ただし、フェラーリは中古車で2500万円で購入したとしても、車種によっては3000万円で売却することもできる場合があります。少しギャンブル的なかおりがするイタリア車です。

ランボルギーニの価格

ランボルギーニはフェラーリよりもさらに高級であり、価格は中古車であっても4000万円が相場になります。それよりも安いものもありますが、4000万円よりも高い車種の方が多いです。やはりイタリア車に乗っているということは成功者の証になるということです。

イタリア車以外にの外車

日本ではイタリア車もですが、その他の外車もとてもがあります。イタリア以外の外車はイタリア車に比べるとお安いものも多く手に入りやすいです。安いといっても日本車に比べると高いものも多いですが、昔の外車のイメージに比べると価格は下がってきています。

メルセデスベンツ

メルセデスベンツは日本ではとても馴染みのある外車の1つです。ベンツはドイツの車でありやはりヨーロッパの車は日本ではがあります。メルセデスベンツは最近ではラインナップが増えて500万円以下の車もバラエティ豊富に販売しているので、サラリーマンであっても購入することが可能です。とてもシンプルなエンブレムがトレードマークです。

BMW

イタリア車ののメーカー・エンブレム・特徴・故障しやすい
※画像はイメージです

メルセデスベンツに並んでとてものあるドイツ車であるBMWは女性からも愛される車です。昭和の頃には真っ赤なBMWに乗りたいという女性も多く、BMWは憧れの外車の1つでした。今でもが劣らず日本でも販売店がとても多く、試乗もすることができます。

ポルシェ

日本で外車といえば忘れていけないのがポルシェです。ポルシェはカイエンやパナメーラがとてもがありますが、この2つの車種以外にもたくさんの魅力的な車があります。

ポルシェもドイツ車の1つでメルセデスやBMWと並ぶ高級車であり、世界的があります。そしてポルシェはスポーツカーもとてもがりルーフで走っている車もよく見受けられます。

マスタング

マスタングはアメリカの車であり、アメ車を代表する車の1つです。アメ車は世界的に比べるとあまり有名なメーカーは少ないですが、アメリカに行くとマスタングはとてもたくさん走っています。馬力があるのでアメリカのフリーウェイを走るにも適しています。発音はマスタング、もしくはムスタングといわれています。

ワーゲン

フォルクスワーゲンがドイツの車であり、社名は「国民車」という意味を持っています。その名前のとおり、スポーツカーとかではなく、乗用車が多く家庭向きな形がとても多いです。

価格もその他の外車に比べるとリーズナブルであり、若い方にも大です。ゴルフやポロは日本車の中堅どころと同じぐらいの価格であり、誰でもがんばれば手に入れることができます。また、女子にも大であるワーゲンの車種といえば、ビートルです。丸くてかわいい形とバラエティ豊富なカラーがとても魅力的です。

ジャガー

イギリス生まれのジャガーはとても重厚感のある深みのある車が多いです。まるでイギリスの歴史を語るかのような威圧感を感じられるほどで、年配の方に好まれています。ジャガーらしい深みのあるダークグリーンは好きな方にはたまらないカラーです。

また、エンブレムは今にも動き出しそうな躍動感のあるジャガーがとてもステキです。ジャガーのエンブレムはとてもがあり、エンブレムだけ盗まれるなんてこともありますので注意が必要です。最近では、正面を向いているジャガーのエンブレムもでてきており、現代風に変化しています。

アウディ

エンブレムがオリンピックとそっくりな4つの輪っかが特徴なドイツの車であるアウディは、映画の「トランスポーター」で何台も使われており、アウディのかっこよさを世に知らしめました。

アウディのAシリーズはとてもがあり男女とわず魅了しています。ドイツ車のなかでも上品さがあり、外車というアピールがあまり感じられません。しかし、アウディもドイツの一流の車メーカーであります。

そのため、乗用車に車種、価格帯のものもありますが、ハイクラスの車種になりますと桁がかわります。イタリア車に引きを劣らない高級車も世に配信しています。

ヒュンダイ

ヒュンダイは比較的、日本車と近いものが多く、日本でも乗用車として親しまれています。ヒュンダイは韓国のメーカーであり、お隣ということもあり日本でも親しまれています。

ヒュンダイは漢字でかくと現代と書きます。ハングルでかくと、현대となります。ヒュンダイは日本の読み方であり、ハングルでの発音はヒョンデといいます。発音が似ているのでヒュンダイといっても意味は通じることが多いです。

イタリア車は憧れ

イタリア車ののメーカー・エンブレム・特徴・故障しやすい
※画像はイメージです

イタリア車のご紹介はいかがでしたか。世界の富裕層を魅了するその車体はどれも高級車と呼ばれるにふさわしいものばかりです。世界の車が集まるオートショーではどのメーカーも出展していることが多く、その年の新たなモデルをお披露目する場所となっております。

たとえ購入できないにしてもオートショーに高級車を見に行くだけでもロマンを感じられます。やはりイタリア車に憧れを抱く方は多いということです。

Related