Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月17日

おすすめの車で使えるハンズフリーグッズランキングTOP3・使い方

ハンズフリーというアイテムを知っていますか。ハンズフリーは運転中でも通話をすることができたり、音楽を再生することができるので非常に便利な機能になります。そのため、今回はおすすめのハンズフリーの車や車内で使えるハンズフリー商品の選び方についての紹介をします。

記事サムネイル

おすすめのハンズフリーの車は?

おすすめのハンズフリーの車について気になる人はいませんか。ハンズフリーがあれば車に乗っていても、通話をすることができるので人気の高いアイテムです。ここでは、おすすめのハンズフリーの車について紹介します。

どのような車でも、ハンズフリーがあれば通話をすることができます。ハンズフリーは非常に優秀なアイテムになりますが、危険もあるので注意をしなければなりません。もし、両耳にイヤホンをして通話をしたいのならば、車を駐車させてからにしましょう。

手に持たずに通話をできるという点では便利ですが、イヤホンで耳を塞いでしまうと、周りの音や声が聞こえにくくなるので気を付けなければなりません。そのため、運転中で通話するときには片耳だけに着けるなど工夫をしなければなりません。

オートスライドドア

ハンズフリーには、ハンズフリーオートスライドドアというものがあります。ハンズフリーオートスライドドアには、オートドアメインスイッチというものがあり、自動閉鎖機能のONとOFFを切り替えることができます。

ハンズフリーオートスライドドアのスイッチ側を押すと、ハンズフリー機能がOFFとなり、ハンズフリー機能以外の自動閉鎖機能はONとなります。また、スイッチを中央位置にすると、ハンズフリー機能だけでなく、他のすべての機能がONとなり、スイッチのOFF側を押すと、ハンズフリーを含めた他のすべての機能がOFFとなります。

ハンズフリーオートスライドドアは非常に使いやすいので、どのようなハンズフリーを買えばいいのか悩んでいる人は、ぜひ買ってみましょう。

車で使えるハンズフリーの商品ランキングTOP3

おすすめのハンズフリーの車ランキングについて気になる人はいませんか。ハンズフリーにはいろいろなタイプがあるので、自分にぴったりのハンズフリーを見極めなければなりません。そのため、ここではおすすめのハンズフリーの車ランキングについての紹介をします。

ハンズフリーというものは端末を操作しないで通話をすることができるアイテムです。不快感なくハンズフリーを楽しむためには、付け心地というのも非常に重要になります。ハンズフリーにはイヤホンが付いているタイプやイヤホンが付いていないタイプがあります。

イヤホンタイプにすることで、他の人に通話が聞こえることはなく、スムーズに聞き取ることができます。また、イヤホンがいらないスピーカータイプの場合は、着信を素早く受け取ることができるので非常におすすめです。

第三位:「X-LIVE」

おすすめのハンズフリーの車ランキング第三位は、X-LIVEのブルートゥースイヤホンです。X-LIVEのブルートゥースイヤホンは、他のハンズフリーよりも小型なデザインをしているイヤホンタイプハンズフリーキットになります。X-LIVEのブルートゥースイヤホンは、通話を連続で3時間かけることができます。

X-LIVEのブルートゥースイヤホンは通話をした後にイヤホンを充電器に戻しておくだけで、いつでも充電をすることができるという優れもののアイテムになります。そのため、車内でよく通話をする人にとっては非常におすすめのハンズフリーになります。

値段は2500円ほどで非常に買いやすいハンズフリーとなっています。

音質は、低音から高音までフラットなクセのない音質。この価格でこれだけの音質ならば文句はないだろう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2K4GOUY4YI3OM/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01MU0INYF |

第二位:「TKSTAR」

おすすめのハンズフリーの車ランキング第二位は、車載Bluetoothハンズフリーキットです。ハンズフリーキットは一般的には通話専用のものが多いですが、車載Bluetoothハンズフリーキットは音楽も聴くことができるという非常に優れもののアイテムとなります。

そのため、スマホに入っている音楽をハンズフリーを通して車内で聞くことが可能となるので、トランスミッターとして使いたい方にとってはおすすめなハンズフリーとなります。また、空いているポートで充電することが可能なので、給電しながらスマホの充電をすることもできます。

車載Bluetoothハンズフリーキットの値段は2399円というお手頃価格です。

車用に購入しました! 初期費用も電源入れてBluetoothをONに するだけで出来たので簡単です。 サンバイザーに取り付けも出来るので とても使いやすいです。 ありがとうございました!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3HNJHVQMROHW0/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B074PR6HG7 |

第一位:「AGPtEK」

おすすめのハンズフリーの車ランキング第一位は、AGPtEKの車載用ハンズフリーキットです。AGPtEKの車載用ハンズフリーキットはサンバイザーに取り付けるだけで簡単にセットすることが可能で、誰でも使うことができます。

AGPtEKの車載用ハンズフリーキットには振動感知センサーが付いているため、車のエンジンに反応して電源が勝手に入るというところも魅力的なポイントです。また、音楽を聴くことができるタイプなので、非常に使い勝手が良いです。

AGPtEKの車載用ハンズフリーキットは通信感度が良くて、機能も充実しているので非常におすすめなハンズフリーです。また、値段は2399円とだれでも買いやすい値段となっています。

携帯をポケットに入れたまま通話をするという目的には充分な性能だと思います。 音楽再生用の物ではありません。 振動で電源が入る動作も正常に働きます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R96PALBNBAON5/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01CJH1FWS |

ハンズフリーの選び方は?

ハンズフリーの選び方について気になる人はいませんか。ハンズフリーには、トヨタやスズキなどの車のメーカーに合わせたハンズフリー専用品があります。また、auやドコモなどの携帯会社からも発売されているので、どれを選べばいいのか悩んでしまう人もいます。そのため、ここではハンズフリーの選び方についての紹介をします。

ハンズフリーを選ぶポイントとしては、操作性や機能面も重要となりますが、それ以上に自分が使いやすいものかどうかが重要なポイントとなります。ハンズフリーには、イヤホンタイプのハンズフリーとイヤホンがないハンズフリーがあります。

イヤホンタイプのハンズフリーは会話が漏れにくいという長所があり、イヤホンがないハンズフリーは簡単な操作で、長時間の通話が可能となります。それぞれに長所があるので、自分に合っているハンズフリーを買いましょう。

充電はUSBとシガーソケットがおすすめ

ハンズフリーの充電方法には、USBとシガーソケットの2種類が代表的です。ドライブレコーダーやスマホの充電器でシガーソケットを使っている人は、同時に使うことはできないので気を付けましょう。

USBとシガーソケットの両対応モデルならば、急に充電がなくなってしまった場合にはシガーソケットで対応をして、このような場合以外は家で充電するといった使い方もできるので、ぜひ試してみてください。また、充電がフルであるときの通話時間はどのくらいなのかを確認しておくことも重要なポイントとなります。

応答がしやすいタイプがおすすめ

車載用のハンズフリーを買った場合には、車内に取り付ける位置も重要なポイントとなります。車を運転中に応答の操作に集中してしまうと、交通事故にあってしまう危険性も高まるので、手元で操作が可能なハンズフリーやワンタッチで操作可能なハンズフリーにしなければなりません。

また、サンバイザーにハンズフリーを取り付けることができるタイプやハンドルに取り付けられるタイプのものならば、危険性は低くなるので脾臓におすすめです。そのため、運転操作に自信がない人や交通事故をおこしたくない人は、このような商品を選ぶようにしましょう。

ノイズやエコー防止機能もある

ハンズフリーは電波の状況が悪いときに通話がしにくくなるといった場合があります。ノイズやエコーがかからないで通話をすることができるように、ノイズキャンセリング機能やエコーキャンセラー機能が搭載されているかを確認することが重要なポイントとなります。

しかし、ノイズやエコーを防止するノイズキャンセリング機能やエコーキャンセラー機能が搭載されていたとしてもあまり効果がないといった場合もあるため、注意が必要になります。そのため、ノイズやエコーをなくすことができるのか、買いたい商品の口コミなどを確認してから購入することをおすすめします。

車のハンズフリーの使い方は?

車のハンズフリーの使い方について気になる人はいませんか。ハンズフリーは運転中などのときにも通話をすることができるので非常に優秀なアイテムです。しかし、ハンズフリーの使い方を知らなければ、便利なアイテムとはなりません。そのため、ここでは車のハンズフリーの使い方についての紹介をします。

車のハンズフリーを購入したら初めにすることは充電です。充電完了を意味する青いランプになるまで充電をします。次に、スマホのBluetoothをONにします。最後に、ヘッドセット側でペアリングモードにします。「ピッ」と音が鳴れば接続完了の意味となります。そして車内でも通話をすることができます。

このように車のハンズフリーでの使い方は非常に簡単で、だれでもできるのでぜひ買ってみてください。

運転

運転中のハンズフリーの使い方は、音楽や通話です。携帯電話を持って運転してしまったりすると、取り締まりの対象となるので、絶対にしてはいけません。警察に捕まってからでは遅いので十分に気を付けましょう。しかし、ハンズフリーがあれば音楽や通話をすることができるので非常に便利です。

もし、運転中に通話をしたい場合には耳掛けのハンズフリーがおすすめです。イヤホン付きのハンズフリーは、両耳がふさがってしまうので周りの声が聞こえにくくなってしまうので運転中はおすすめできません。耳掛けのハンズフリーはBluetoothを使用しているので、無線での通話が可能となり非常に便利な機能になります。

また、音楽やテレビの音声も聞くことができ、充電しながらでも対応できるので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

通話

車内での通話をする場合には片耳のハンズフリータイプを使うようにしましょう。ハンズフリーには片耳タイプのものを使用することで、声が拾いやすく、長時間通話をつづけていても負担になりにくいというメリットがあります。しかし、音楽を聴いている最中に通話が入ってしまうと、切り替える手間があるのがデメリットとなっています。

ハンズフリーの使い方としては非常に簡単で、スマホのBluetoothをONにして、イヤホンとペアリングするだけです。接続さえしてしまえば、あとは耳元のボタンで通話をすることができ、音量の調節もできるようになります。

ハンズフリーの車の価格は?

車で使えるハンズフリー商品の価格について気になる人はいませんか。ハンズフリーを買いたいと考えていたとしても値段が高ければなかなか手が出しにくいです。まだ学生の人は値段が高いとなおさら買いにくくなってしまいます。そのため、ここではハンズフリーの車の価格についての紹介をします。

ハンズフリーの代表的な機能として、運転中でも通話をすることができるといったことや音楽を聴くことができるといいたことがあります。このような便利な機能が付いていると値段が高いと考えてしまう人も多くいますが、実はそこまで値段が高いということはありません。

もちろん、値段が高いものもありますが、安くて高機能なハンズフリーもあるので心配しなくても大丈夫です。そのため、学生でも買うことができる値段となっているので安心してください。

高い

ハンズフリーで価格が高いものだと5000円ほどになります。機能としてはBluetoothをONにしておくことで、運転中のハンズフリー通話や音楽の再生をすることができます。また、FM電波を利用して車載のFMラジオお車のスピーカーから音楽を聴くこともできます。値段が高い分、機能も高性能となっているのでぜひ買ってみてください。

安い

ハンズフリーで価格が安いものだと2000円ほどや3000円ほどになります。このようなハンズフリーにはBluetoothやFMトランスミッターが搭載されています。機能としては、音楽を聴くことができたり、運転中でも通話をすることができるので、高いハンズフリーとの差はあまりありません。

価格や安くても十分に満足することができる機能が備わっているので安心してください。

ハンズフリーを買ってみよう

運転中に電話をしてしまうと取り締まりの対象となってしまい、安易には電話をすることができません。しかし、ハンズフリーがあれば運転中であっても通話をすることができます。運転するときには片耳タイプのハンズフリーを使うことで、周りの音も聞こえるので非常におすすめです。

ハンズフリーにはさまざまな種類がありますが、どのようなハンズフリーにも音楽が再生できたり、運転中でも通話をすることができます。しかし、ハンズフリーのタイプにはイヤホンタイプや片耳タイプ、片耳タイプがあります。ハンズフリーのタイプにはいろいろあるので自分に合ったタイプのハンズフリーを選ぶことがおすすめです。

ハンズフリー商品の価格は安いものがほとんどですが、価格が安くても高い性能が備わっているので、安心してハンズフリー商品を取り入れていきましょう。

Related