Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月29日

おすすめの不人気車の車種・スポーツ車・バイク・ハイブリッド

不人気車で安くなった車はお買い得?不人気車のおすすめとバイクをご紹介します。発売当時は人気があり、金額が高く手の届かなかったものが現在不人気車となり手の届く車になっているかもしれません。これを機に乗りたかった車を探してみてはいかがですか。

おすすめの不人気車の車種・スポーツ車・バイク・ハイブリッド

おすすめの不人気者の車種

不人気車のミニバン

マツダ「プレマシー」

マツダ「プレマシー」は現在中古車で。28万円~200万円以下で買うことのできる不人気車です。

マツダプレマシーがお買い得おすすめ不人気車になった原因は、マツダプレマシーのクラスはライバル車が多くいます、そしてミニバンといえばトヨタやホンダなどが人気の高い車を出している中で、マツダの出すミニバンはあまり人気ではないことが原因です。

今ではマツダCX-5やCX-3、デミオなどがとても人気車種でSUVやコンパクトカー、ミニバンといえばマツダという声が聞こえますが、マツダプレマシーが発売された当時は、マツダ自体人気メーカーとは言えず、マツダプレマシーは不人気車となっていきました。

マツダプレマシーのおすすめポイント

マツダプレマシーのおすすめは両面スライドドアになっていることです。不人気車の中には使い勝手が悪いなどが原因で不人気車としての格付けされていきますがマツダプレマシーは違います。

室内の広さは現在発売されているホンダフリードハイブリッドよりも、広々使える広さを持ち乗員数も7人も乗れる乗れる設計となっています。燃費はJC08モード16.2km/lと燃費も悪くなく、ミニバンならかなりいい方だといえる燃費性能を持っています。

これほどいい性能が揃っているのに情報が薄いばかりに不人気車となるのは可哀想ですが、それを裏目に取れば、これほどの性能が揃った車が平均相場100万円ほどで買うことができるおすすめの不人気車です。

マツダ「ビアンテ」

マツダ「ビアンテ」の現在中古価格は、31万円~250万円ほどで取り扱われている不人気車です。

なぜマツダビアンテが不人気車となった原因はライバル社に同じクラスの日産セレナやトヨタヴォクシーやノアなどの人気車種があり、その人気ぶりを超すことができず不人気車となりました。

マツダは現在だからこそ、ミニバンなどの大きいなサイズの車種が人気ですが、当時はあまり世間に知られていないという情報提供不足で、不人気車の座につくことになりました。

現在でもあまりマツダビアンテは知られていなく、マツダといえばCX-5やCX-3などしか話題になりません。CX-5などの人気車種が出る前のマツダのミニバンは、世間にあまり知られていない車なので現在不人気車として売られています。

マツダビアンテのおすすめポイント

マツダビアンテのおすすめポイントは8人乗れる広々空間とミニバンの中では燃費のいい14.8km/lも走ることです。

両側スライドドアで三列目のシートが外せそこに荷物を積むことができるという車全体を余すことなく使うことができる車です。

室内が広く無駄なく使うことができるので大家族の方やアウトドアを楽しみたい方におすすめする不人気車です。

マツダ「MPV」

マツダ「MPV」は現在の中古車販売価格は、19万円~300万円ほどで購入することができる不人気車です。

なぜ不人気になったのかというと、やはり情報提供不足と人気車種に劣る性能の持ち主だったからです。人気車種に劣る性能と、収納スペースに問題がありました。

マツダMPVは3列目のシートを倒すことで、広々と収納スペースを使うことができますが、収納する高さが問題で、低いものの収納ならできるのですが、自転車などの高さのあるものを収納する時に入れることができないほどの高さしかなく、収納に困るというのが、他社の同クラスの車に勝てないポイントです。

マツダMPVのおすすめポイント

マツダMPVのおすすめポイントは、8人乗ることができる広々空間とミニバンには珍しいターボが付いていることです。

ターボ車は燃費が悪いと思われがちですがマツダMPVの場合、街乗りで8km/l走り高速道路走行時は10km/lも走行することができこのクラスの車にしては燃費のいい車だといえます。マツダMPVは、両側全自動スライドドアを搭載しており走行性能も装備性能も問題ない車です。

マツダMPVは街中であまり見かけない車の1台であまり人と被りたくなく、自分だけの車が欲しい方におすすめする不人気車です。

不人気車のセダン

トヨタ「アリオン」

トヨタ「アリオン」の現在の中古車相場価格は、39.8万円~228万円で購入することができる不人気車です。

トヨタアリオンが不人気車となった原因は、トヨタアリオンの発売当初カローラの上級という立ち位置で高級車として発売されましたが、トヨタの高級車といえばトヨタクラウンです。トヨタクラウンと比べると高級感が少し中途半端で、物足りないような仕上がりの車です。そうなると、同じトヨタで高級車を買うならクラウンを選ぶという方が多く、トヨタアリオンは不人気車の座につきました。

トヨタアリオンは、知名度が低く世の中に知られてないというのが理由の一つで、もう一つの理由は、高級車と謳っているが、クラウンのような高級車という存在感がなく地味で目立たないというのが不人気車の理由です。

トヨタアリオンのおすすめポイント

トヨタアリオンのおすすめポイントは、乗り心地が良くセダンらしい高級感のある走りができ、乗員数も5人とコンパクトセダンの中では広々乗れる車です。

トヨタアリオンは、荷物などの収納スペースが広く設置されていて、大きな荷物なども問題なく積むことができます。セダンタイプの中でも小回りが利きやすく、燃費性能もJC08モード燃費14.8km/lから19.2km/lも走ることができ、走行などの問題ありません。収納スペースなど広く日常的に使う方や、セダンが欲しい方におすすめする不人気車です。

不人気車のSUV

ニッサン「ムラーノ」

ニッサン「ムラーノ」の現在の中古車販売価格は、69.7万円~258 万円とSUVの中では手の届きやすい中古車です。

ニッサンムラーノはSUVの中では安全性能もあまり高くなく、燃費性能も悪く街乗りで6km/lしか走らず高速道路走行時は11km/lと燃費が悪いのも不人気車の理由です。

ニッサンムラーノは世界的には人気のある車種で、現在でも新型のニッサンムラーノが発売されている人気車ですが、日本ではあまり人気がなく、2015年に発売終了した不人気車種です。

ニッサンムラーノのおすすめポイント

ニッサンムラーノは走行音も静かで、走行時の振動があまり感じることなくストレスなく走ることができる車です。室内の広さも悪くない程度に広く、人数も載れるのでアウトドアな度におすすめの1台です。

ニッサンムラーノは日本ではかなりの不人気車でしたので、街中では見かけることなく自分だけしか乗っていない車だと思えて、優越感に浸ることのできる車です。

おすすめのスポーツの不人気車

ニッサン「フェアレディZ」

ニッサン「フェアレディZ」の中古車販売価格は、113万円~575万円と、スポーツカーの中では金額が高く高級感のある車です。
ニッサンフェアレディZは、ニッサンのスポーツカーとしてずば抜けた性能がなく、シルビアS15やGT-RのR34などのような個性的な特技がない、ただスポーツカーのような速さを持っただけの車といってもおかしくない車です。

ニッサンフェアレディZは、運転しずらく前や後ろ左右などの安全確認がしにくく、走るのに不安を覚えるスポーツカーです。また、ハンドブレーキやクラッチ操作も難しい位置にあり、操作に慣れるまで時間のかかるスポーツカーです。

ニッサンフェアレディZのおすすめポイント

ニッサンフェアレディZは、2ドア2シートと二人乗りのスポーツカーですが、収納スペースが広く、車椅子など大きいサイズの物も積むことができるスペースがあります。

やはりスポーツカーなので、早く走るのには適しています。チューニングやカスタムなしでも物足りなさを感じさせない速さを持っています。チューニングなしでもほかのスポーツカーより早く走ることができ、チューニングやカスタムせず早く走りたいという方におすすめするスポーツカーです。

ダイハツ「コペン」

ダイハツ「コペン」の中古車販売価格は、109万円~208万円で購入することができるスポーツカーの中では断トツの不人気車です。

ダイハツコペンは軽自動車の中では走行性能が高い車ですが、同じスポーツカーの中では低ランクと言われる車です。

ダイハツコペンが不人気な理由は、ブレーキ性能が弱くスポーツカーとしては命といえるものが柔いというのは致命的な問題です。そして、ダイハツコペンは軽自動車としても収納スペースがなく、メインで日常的に乗るのも楽しむために乗るのもあまり向いていない不人気車です。

ダイハツコペンのおすすめポイント

ダイハツコペンのおすすめポイントは、小回りが利き運転しやすく、自動車の運転になれていない女性の方や、初めて車を購入する人におすすめする車です。丸みを帯びたかわいらしいデザインが女性に人気で、最近は男性の方よりも女性の方が多く乗っている傾向があります。

ダイハツコペンはターボエンジンを搭載しており、軽自動車とは思えない走りをしてくれる車です。お手ごろな維持費のかからないスポーツカーに乗りたい方は、ダイハツコペンがおすすめです。

おすすめの不人気車バイク

オフロードバイク

不人気車バイクのおすすめはオフロードバイクです。

原付やスポーツタイプ、アメリカンなどジャンルが色々ありますが、一番の不人気ジャンルはオフロードタイプのバイクです。オフロードバイクはデザインが独特で、「かっこよくない」「早そうに見えない」という意見が多くありますが、意外とそうではなかったりします。

他のバイクは基本的に街乗りしかできませんが、オフロードバイクはその名のとおり山道でも砂漠などの不整地でも、難なく走ることができ他のタイプのバイクでは楽しむことができないことが、オフロードバイクならできます。

また、早くないというイメージがありますが、山道でCBR750を追い抜かすことができるオフロードバイクもあり、ダサいや遅いということはないバイクです。不人気車ですので中古車販売価格は安く、手に入れることができるバイクです。

おすすめのオフロードバイク「スズキ DR-Z400」

スズキ DR-Z400は先ほど説明しました、山道でCBR750を追い抜くことができるパワーを持つオフロードバイクです。現在の中古車販売価格は27万円からと手の届きやすい価格のバイクです。乗りやすく力のあるオフロードバイクを探している方におすすめです。

おすすめの軽自動車の不人気車

ダイハツ「ソニカ」

ダイハツ「ソニカ」の現在の中古車販売平均価格は、40万円とかなりのお手ごろ不人気車となりました。

近年、軽自動車の需要が増えてきた時代にダイハツソニカがどうして不人気車の座についたかというと、最近はワゴンタイプの軽自動車がとても人気があります。一方、ダイハツソニカはスポーツカーのような安定した走りを実現するために、車体を低く設計したことが不人気車になった原因です。

また、近年軽自動車の需要が増え、軽自動車は実用性と遊び心が必要とされ、2つの要素を兼ね備えたライバル車が多く登場してきました。実用性しかないダイハツソニカのような車が不人気車となっています。

ダイハツソニカのおすすめポイント

ダイハツソニカはスポーツタイプの軽自動車として作られ、重心が低く横風などに強く高速道路走行時も安定した走りができる車です。ダイハツソニカには7速MTモードが搭載されており、走るという楽しさを味わうことができるおすすめ軽自動車です。

また、安全性能も高く軽自動車としては内装のクオリティが高く、実用性やインテリアなど兼ね備えた軽自動車です。

おすすめのハイブリッドの不人気車

トヨタ「アクア」

トヨタアクアは人気のある車といえばそうなのですが、中古車試乗にはあふれかえるほど在庫があり、在庫がありすぎるため平均相場が100万円を下回るという結果となっています。

現在の中古車平均相場は119万円という値段で買うことのできる車となり、不人気車の中では在庫があるので、好きな車を選ぶことができる状態です。

トヨタアクアのおすすめポイント

トヨタアクアはまだまだ人気の車種で、ハイブリッドカーとしても優秀な性能を持つ車です。燃費はJC08モード燃費33.8km/l~37km/lも走ることのでき、ちょっとした買い物や長距離のドライブにも経済的に優しい車です。

トヨタアクアは後部座席がやや狭いという欠点はありますが、収納スペースが広くファミリーカーとしても使うことのでき、家族で乗るという方や新卒の方の通勤などにおすすめする1台です。

トヨタ「プリウス」

おすすめの不人気車の車種・スポーツ車・バイク・ハイブリッド

トヨタ「プリウス」はハイブリッドカーの先駆けのような存在です。売れに売れた車ですが、当時はプリウスのようなハイブリッドカーがなく、独占状態でした。現在どのメーカーも色々なハイブリッドカーを出し、ライバル車が増えました。そのせいか、プリウスの需要が減ってきています。

海外では、2003年に発売されたプリウスは、ハイブリットカーの条件が満たせていないということでハイブリッドカーの名前が外されました。そして、トヨタで人気のハリアーなどがハイブリッドを出しプリウスの人気が落ちていっています。

トヨタプリウスのおすすめポイント

トヨタプリウスのおすすめポイントは、運転性能が良く小回りがきき安全性能が高いことです。

トヨタプリウスは運転席が広くゆったり運転でき、後部座席なども広く快適に乗ることができます。収納スペースが広く色々な荷物が積むことができ、日常的な使用だけでなくアウトドアなどにも十分使うことができる車です。

トヨタ「SAI」

トヨタ「SAI」の現在発売している、2013年にマイナーチェンジされた現行車は、とても人気のある車種です。

しかし、2013年のマイナーチェンジ以前の車種が人気がなくなり、発売当初の価格は400万円以上と高級車として売られていましたが、現在の2013年マイナーチェンジ以前の車種の平均価格は97万円でかえるほど安価になり、発売当初の4分の1で買えるほどの不人気車となってしまいました。

トヨタSAIのおすすめポイント

トヨタSAIのおすすめポイントは、やはり高級車として売り出さてれいたので、外装や内装が上質で走行性能や装備性能に問題なく、デザインとしても悪くないので、好きな方には好かれる見た目です。またトヨタSAIは燃費性能がよく1リッター22.4km/lも走るエコカーです。

燃費性能もよく、外装と内装のデザインが悪くなく、価格も安く質の良いセダンタイプの車が欲しい方におすすめする、不人気車種です。

ホンダ「インサイト」

ホンダ「インサイト」はプリウスの後に出た車で、プリウスの丸パクリしたと言われた車です。

ホンダインサイトはプリウスとは違い後方確認しずらく、安全性能に不安がありスピードも遅く、軽自動車に抜かれるのではないかというほどの加速力しかありません。

そして、問題なのがハイブリッドカーなのに燃費性能が悪いということです。ホンダインサイトの実燃費は街中での走行は8km・lで高速道路走行時は13km/lと、これがハイブリッドカーかと、目を疑いたくなるような燃費の悪さです。

ホンダインサイトのおすすめポイント

ホンダインサイトのおすすめポイントは、コックピットのようなメーターで、他の車にはない魅力を味わうことができる車です。外装はプリウスの丸パクリと言われていますが、ちゃんと見て見るとホンダインサイトは流れるようなスタイリッシュなボディで、エアロも豊富にあります。走る楽しさだけでなく、見る楽しみも味わえる1台です。

そして、大人4人が余裕を持って乗ることができるスペースがあり、収納スペースが広く実用的で、ファミリーカーとしても使うのに問題のない車です。

不人気車はお買い得

不人気車がなぜお買い得なのか説明します。

不人気車は、不人気なだけで乗られなくなりますが、性能が良くてあまり乗らないうちに手放す方も多いです。このため、車自体の状態が良いものが多くあり、中古車市場には多く在庫があり、厳選して選ぶことができます。

そして、人気だったトヨタアクアのような車は、在庫が多い分、平均相場が下がります。そのため、買い求めやすくなるというのが不人気車を買う理由です。

不人気車の中からあなたに合った1台を

おすすめの不人気車の車種・スポーツ車・バイク・ハイブリッド

不人気車は良い性能を持つ車でも、デザインやちょっとした欠点で不人気となってしまいます。そこで、乗り換えを考えて、しかも、人と違う車に乗りたいと考えている方には、不人気車をおすすめします。

不人気車は、年式や走行距離がまだまだ浅い車が多いので、今が不人気車を手に入れるチャンスです。

Related