Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月27日

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

フォレスターe型は、マイナーチェンジされてさらに高性能なアイサイトを搭載しています。しかし、どの性能が向上したのか理解していない方もいるのではないでしょうか。ここでは、フォレスターe型について細かく紹介してるので、参考にしてください。

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

フォレスターE型とマイナーチェンジの変更点は?

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

フォレスターe型とは、スバルが発売している車で、幅広い年代に愛されています。フォレスターは、数年前に初期が発売され、さまざまな改良を得て現在はE型まで発売されています。

フォレスターE型は、どのような悪路でも軽々走行することができるため、アウトドアが好きな人に人気があります。また、車内も広いため、ファミリーカーとしても使われるようになり、より広い人に愛されています。

車にカメラが設置されることが常識になってから、フォレスターE型にもカメラが搭載されるようになりました。フォレスターE型に搭載されているカメラを「アイサイト」と呼ばれており、自動ブレーキ機能に役に立っていたり、バック駐車をしやすくするために活用されています。

アイサイトの機能の中で特徴的なのが、アクティブレーンキープ機能です。次に、マイナーチェンジの際に変更されたアクティブレーンキープ機能を紹介します。

アクティブレーンキープ

フォレスターE型がマイナーチェンジされた変更点は、アイサイトの機能が全体的に向上しているため、以前よりさらに運転しやすいです。

アイサイトを利用したアクティブレーンキープ機能とは、ある一定の速度でカーブに入った際に、車線からはみ出しそうになった時に自動で修正してくれます。そのため、カーブで車が外側に膨れ上がることなく、走行することができるので事故の原因を減らしてくれます。

アクティブレーンキープ機能は、一定の速度の場合でないと作動してくれません。一定の速度はマイナーチェンジ前は、時速65キロ以上でしたが、マイナーチェンジされたフォレスターE型では、60キロ以上で作動するように改善されています。

そのため、以前よりスピードが出ていない状態でもアクティブレーンキープ機能が作動するようになり、より安全に走行することができます。

フォレスターE型のxtの特徴

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

フォレスターE型には、xt機能が付いている場合があります。xtとは、ターボモードの意味で、初動の際のスピートに大きく関わりがあります。どの乗り物でも共通することですが、停止している状態からスピードが上がりにくい傾向があります。

その理由は、停止している状態から車体を動かす際に必要になる力が大きいからです。そのため、停止している状態から、一定のスピードにあげる際に多くのガソリンが必要になります。

車の運転が好きな人からしたら、少しでも早いスピードで走りたい気持ちがあります。また、信号などで停止している場合から発車する際に、隣の車より早く加速して優越感を感じたいという心理があります。この気持ちが強く働いてしまうと、事故にも繋がるので自制する気持ちが大切です。

上記のような願望を叶えたのがxtで、一定のスピードまで早く近づけることが可能です。

車内が静か

フォレスターE型の特徴には、車内が静かになるように設計されています。そのため、車外の騒音を避けることができ、車内は別空間のように静寂感があります。車内に静寂感を出せる理由は、窓ガラスなどが少し厚い物を使用しているためです。厚みが普通の窓ガラスより5㎜程度厚いため、その分車外の音も遮断してくれます。

街中の騒音も遮断してくれますが、フォレスターE型が本領発揮できる悪路での音もかき消してくれるので、ストレスを感じにくく快適に運転することができます。また、フォレスターE型は悪路を快適に走行するために設計されているので、車内の振動を感じさせない特徴もあります。

いくら悪路が走行できたとしても、車内で感じる振動が激しすぎると安全に運転することが困難になり、事故を併発してしまう危険性があります。しかしフォレスターE型の場合は、振動も軽減してくれるので、車酔いする可能性も低いです。

加速するのが早い

上記でも説明したようにフォレスターE型にxt機能が付いている場合は、加速するのが早いです。そのため、初めてターボ機能を体験すると驚くことも少なくありません。ターボ機能を使う事で燃費が悪い傾向があります。以前からスバルの車は燃費が悪い印象があるため、ターボ機能の燃費も悪いイメージが広がっています。

そのようなイメージが付いてしまった理由は、昔にスバルが発売した車種が影響しています。その車種は実際にも燃費が悪く、世間にも広がったため現在でもその考えが残ってしまっています。

しかしそれは昔の話で、それから長い年月が経過してスバルも燃費を良くするための研究をしているため、以前のように極端に燃費が悪いことはありません。ターボ機能の有無で確かに燃費の差はありますが、ターボ機能の性能も捨てがたいため、燃費と走りやすさを選ぶ必要があります。

高性能な自動ブレーキシステム

最近の車には当然のように自動ブレーキシステムが搭載されていますが、フォレスターE型にも搭載されているアイサイトが他のメーカーより先に世間に出ています。そのため、他のメーカーの自動ブレーキシステムより高性能です。

歩行者はもちろんですが、二輪車に対しても障害物と判断して接触の危険性がある場合は、自動ブレーキが作動して接触することを回避することができます。そのため、死角からの自転車の飛び出しにもいち早くブレーキをかけることが可能で、被害を最小限に食い止めることができます。

フォレスターE型のアイサイトには、自動ブレーキシステムの他に自動追従走行ができるシステムも搭載されています。自動で前の車を付いていく機能が付いているため、準完全自動走行も可能です。しかし、高速道路や一定の速度以上のスピードが出ていないと作動してくれないので注意が必要です。

フォレスターE型の乗り心地は?

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

車で乗り心地の良さが求められている場合が高く、フォレスターE型のように悪路でも走行できる車にはよく要求されます。

そのため、フォレスターE型は乗り心地にも最高の技術が使われています。その結果、悪路を走行している場合でも車内の振動は最低限に抑えられています。また、上記でも説明したように、車外の音を遮断する性能も普通の車より高いで、車内の環境はストレスを感じない環境に近いです。

フォレスターE型は悪路を走行することができますが、当然公道も走ることはできます。悪路を走行しても車内の環境はストレスを感じにくいため、公道で走らせる場合はさらに快適に運転することが可能です。

そのため、アウトドアに使う可能性が無くても、ファミリーカーとして購入する人も増えてきています。小さい子供を車に乗せる際は、少しの振動でも子供の機嫌が変わったりしますが、フォレスターE型は子供にとっても快適な車です。

フォレスターに8インチのナビを取り付ける方法

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

新車を購入する際に、ナビを標準の物からより高性能なナビにしたり、必要ない場合は取り外してしまう場合もあります。ナビがあれば、知らない道でも迷うことなく運転することができ、工事により新しくできた道も更新することで問題なくナビゲーションしてくれます。

ナビはあれば有効な機能ですが、遠出などしない運転者にとっては必要のない機能なため、ナビを取り付けない場合もあります。取り付けないことで必要資金も下げることができるので、自分の運転環境に合わせて選ぶことが大切です。

また、ナビによっては取りつけが難しい場合や取りつけ自体ができない物もあるので、事前に確認することが大切です。ナビの画面の大きさは、タブレットより一回り小さいことが一般的の大きさですが、画面が大きいことに越したことはないため、8インチのナビをフォレスターE型に付けたいと考える人も少なくありません。

他車種用の部品を使う

フォレスターE型に8インチのナビを付けるためには、フォレスターE型用の取り付けキットを購入する必要があります。ナビの取り付けキットは、車の用品店や販売店でも購入することができますが、フォレスターE型に8インチのナビを取り付けるキットは販売されていません。

そのため、フォレスターE型に8インチのナビを取り付けることはできないのかというと、取り付けることは可能です。その方法は、他車種用の取り付けキットで代用することです。自分で取り付けることが不安がある場合は、整備会社などに頼むことで、8インチナビをフォレスターE型に取り付けることができます。

フォレスターE型とD型の違いは?

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

フォレスターE型とD型では性能の違いがあるパーツもあれば、そのままのパーツもあります。基本的にフォレスターE型の方が新しいため、新しい性能が取りこまれていたり、性能が向上している場合が多いです。

電動パーキングの有無

電動パーキングとは、スイッチによりパーキングブレーキをかけることができます。最近の車のパーキングブレーキのかけ方は、左足で踏む場合が主流になっていますが、トラックなどの車の場合は、現在でも左手でレバーを引く形です。

電動パーキングのシステムは、スイッチを入れることで、パーキングブレーキがかかり、アクセルを踏むことで自動にブレーキが解除することができます。そのため、運転の手間がなくなり、簡単にパーキングブレーキのかけたり解除することが可能です。

フォレスターD型とE型は、レバーを引く形のパーキングブレーキが採用されているので、電動パーキングは採用されていません。フォレスターE型がマイナーチェンジされる際に期待しているユーザーもいましたが、電動パーキングを新しく取りいれるには、大幅な改修が必要になるため先送りにされました。

アイサイトの性能

アイサイトの性能はフォレスターE型の方が高性能です。D型にも搭載されている機能がE型にも採用されている割合が高いですが、どの性能も向上しているため、快適に運転することができます。

フォレスターE型にはmt車はないのか?

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

フォレスターE型に限らず、フォレスターシリーズ全てmt車です。フォレスターは、悪路でも走行できる四輪駆動なため、mtの機能が採用されています。そのため、at限定の免許では運転することができないので、注意する必要があります。また一般車mtの車はなく、現在でもフォレスターだけです。

フォレスターE型のカスタムした例

フォレスターE型の乗り心地・マイナーチェンジやD型との違い

自分の愛車を自分好みにしたいと感じている人も多くいますが、イメージが完成していない場合や知識や技術が無い場合は、統一性が無い車に仕上がってしまう可能性があります。そのため、完成するイメージを作り上げカスタムする技術が無い場合は、整備会社などに依頼することが大切です。

アメ車風に仕上げる

フォレスターは、外見だけでもワイルドな感じがあり、かっこいい車です。最近では、ファミリーカーとしても使用されるようになったため、公道で見かけることが多いです。そのため、カスタムしていない場合は、自分の愛車と変わらないので、差を付けるためにカスタムしたい気持ちが高まります。

フォレスターをさらにカッコよさを出すためにアメ車風にカスタムすることで、他のフォレスターと区別することができます。アメ車風にカスタムするためには、ルーフレームとメッキの法則を参考にするとアメ車風に見えます。また、車体の色は黒にすることで、よりアメ車風を表現することができます。

フォレスターE型は幅広い人に人気がある

フォレスターE型は、悪路にも対応して走ることができます。他にも悪路を走行することが可能な車種は幾つもありますが、フォレスターE型の性能は一線を越えています。また、家族用の車でも人気があるため、幅広い人長く愛されている車種です。

Related