Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカーはハイブリットタイプが大好評です。大幅な維持費低減になっています。多彩で鮮やかなデザインが評判です。同時に、内装の優美さと広さは、子どもさん、若い女性にお気に入りは間違いなし。ぜひ!1度は、家族、カップル同伴で試乗し体感しましょう。待ってますよ!

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカーとは

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカーは、ナンバープレートが5の表示がされている車です。コンパクトカーの外観は小柄な車です。駐車時のハンドル操作やバック駐車が楽です。

スタイルも可愛く、エレガント感があり、若い女性に人気があります。運転しやすいのも魅力です。

コンパクトカーの規格
全長    
3.4m以下、4m前後

高さ   
2.0m以下、1.5m前後


1.48m以下 、1.7m前後

排気量
~1000cc以上 2000cc以下
*2000ccには3ナンバーの普通車があります。

コンパクトカーの維持費の項目とは?

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較


コンパクトカーに限りませんが、維持費は購入の仕方によって大きく変ります。大きく区分してみます。維持費項目として、購入時の初期に発生する購入費と手続き費用+利用時での消耗程度で変わる経費等があります。

初期費用は、全額準備する、又は、ローンを利用しするとします。一般的に、購入価格の何十%か準備するのが普通です。頭金+ローンの形が購入方法です。購入費の支払いは毎月決済日を設定ます。この設定金額が車購入による維持費の一つです。

車を利用する事によるもう一つの維持費は消耗により発生します。利用頻度の程度で金額の大きさに差が出ます。燃料費が最も大きい金額を占めます。その他の費用として、メンテナンス関係のエンジンオイル交換、洗車、タイヤ交換等です。

ドライブなどで高速料金などの通行等の経費が発生します。住まいによって駐車料金が必要になります。お車の所有による生活の楽しさも倍加しますが、意外と維持費が高くなります。

◆コンパクトカーの維持費の架空購入で算出してみた結果とは

維持費は、初期費用不足分を建て替えた、ローン返済とコンパクトカー使用で発生する燃料費です。コンパクトカーの購入価格レベルと、どの車種のタイプを購入するかにより、維持費が左右されます。

ここで、維持費を具体的に算出してみます。コンパクトカーを架空で購入の設定し計算します。購入者は、身元がはっきりした30代でお勤めの方と想定します。

150万円クラスのコンパクトカーの購入例で維持費を算出します。

計算結果:年間57.6万円、月に4.8万円強が維持費となります。計算過程を次の項で説明いたします。コンパクトカー購入時の維持費計算にお役に立てていただきたいと思います。

架空購入維持費算出の内訳とは

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

維持費内訳 

費用項目

ローン
年間 360000
月  30000

任意保険(30歳)
年間 41210
月  ー

燃料費
年間 200000
月  16000

メンテナンス
年間 24000
月  2000

合計
年間 576000
月  48000

*頭金:50万円、ローン150万円、金利4%で5年間40回払い
*燃費:L=13km、走行月1500km
*メンテナンス:オイル交換、洗車
*下取り、タイヤ交換その他、算出外です。

全く架空の購入想定です。ですが、毎月の維持費を低額に押さえるには、頭金を多く用意する事、ローン金利の低い金融先から手当てする事です。一般的に、自動車金利相場は4~5%と言われています。4%で計算しています。

燃費はコンパクトカーのハイブリットがおすすめです。維持費の低減を図るには燃費のいいコンパクトカーの選択が大事な事です。車は、いかに大切に利用するかが大事です。次回買い替え時を考え、メンテナンスを小まめにしましょう。

オイル交換は、3000~5000kmで、2回に1回はエレメント交換はおすすめです。表立って分かり難いのですが、走行距離やエンジン音のうなり方に気を付けます。維持費の安定化に繋がります。

コンパクトカーのローン計算とは?

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカー購入時の頭金を50万円とし、ローンを150万円とします。5年ローン利用で、金利を4%の例で算出します。計算結果は、年間36万円、月に約3万円のローンの支払いになります。

計算条件:諸経費込みの車購入、総額200万円の例です。頭金50万円用意し、150万円を5年ローン、金利4%、の条件です。

150万×4%=6万円(1年毎の利息)
6万×5年=30万円(150万円借りた5年の利息)
150万円+30万円=180万円(支払わねければならない金額)。
5年で均等割り支払い。支払いは60回。

180万÷60回=3万円・・・1ケ月1回3万円支払い。
1年では36万円支払います。5年で返済終了です。

逆に、頭金を多く準備し、維持費を楽にするは賢明です。例えば、ローンを50万円とした場合、毎月1万円とみなされます。コンパクトカー購入価格やお好みの車のあれこれがあると完げますが、基本は、燃費を大切に検討しましょう。

コンパクトカーの税金、保険及び法定費用はどうなっているの?

税金、保険及び法定費用は、購入時一括支払いです。排気量は1.5Lクラスとした金額例です。

・税金と保険
自動車税(年額):34,500
自動車取得税(新規登録時のみ):51,300
自動車重量税(36カ月):36,900
自賠責保険(37カ月):40,040

・法定費用
検査登録手続き代行費用(一例):18,600
車庫証明手続き代行費用(一例):17,300
ナンバープレート代:1,440
リサイクル法関連費用:11,690
合計 211,770

コンパクトカーの平均的任意保険料とは?

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカーに関わらず、任意保険料は、年齢や利用者によって大差があります。
例えば運転歴が未熟な方や若い時代は高額になるからです。

運転歴や違反、事故がない場合は徐々に割引率が上がります。しかしながら、50代以降になれば、逆に保険料上昇します。

いずれにしても任意保険自動車を所有した時点からある意味義務と考え、加入しておくことが大事です。代表的な任意保険料をしまします。

18歳~20歳
全年齢補償 113,390

30歳代
41,210

50歳~59歳   
68,590

60歳以上       
70,900

※ 車両保険なしの保険料です。

コンパクトカーの消耗費

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

・コンパクトカーの燃料費を試算します。
燃料費が1L=140円として、月間1500kmの走行例とした場合、燃費がいいハイブリットタイプとそうでないコンパクトカー間の差は年間で約8万円、月に7千です。

1L走行距離

約23km/L
月間ガソリン代金 約9.130円
年間ガソリン代金 約109,565円

約13km/L
月間ガソリン代金 約16,153円
年間ガソリン代金 約193,846円

ここ数年でハイブリットタイプのコンパクトカーの伸びは飛躍的な傾向にあります。維持費が安くとの理由が大きいです。ハイブリットコンパクトカーの経済的効果が高い評価です。

・メンテンナンス費用

コンパクトカーメンテンナンスは、一般的に年間2.4千円、月に2000円が平均的です。

内訳の例:オイル交換は、5千キロで1回6千円、年間1万5千Kmとして3回で1万8千円。洗車は3か月に1回とし、グレードの高いコーティング洗車1回1.5千円として、年6千円としています。

コンパクトカーの維持費比較

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカーの維持費が安い市場評価を見てみます。この結果をランキングにし、下記に示します。デザイン性、価格及び燃費等、経済性で決まっていると言えます。
上位5車名です。

車名: アクア
メーカー:トヨタ
J燃費 :37.0km/L  
車体価格帯:176万円   

車名: シエンタ
メーカー:トヨタ
J燃費 :27.2km/L  
車体価格帯:210万円

車名: フィット
メーカー:ホンダ
J燃費 :36.4km/L  
車体価格帯:169万円 

車名: ノート
メーカー:日産
J燃費 :26.8km/L  
車体価格帯:234万円

車名: ヴィッツ
メーカー:トヨタ
J燃費 :34.4km/L  
車体価格帯:130万円

■軽自動車とコンパクトカーの維持費比較とは

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

従来、軽自動車の特徴は、安いという1点での需要があったのですが、近年、エンジン排気量が360ccから660ccに大きく変化しそれに伴い車体価格の上昇をきたしています。

この結果、最近ではコンパクトカーの方が安い車種や同列上にあるのです。さらに、ハイブリットコンパクトカーの普及に伴い、維持費の格差がなくなっています。

軽自動車の定義はそのままで、法定費用の自動車税や重量税に差はあります。ですが、購入時の初期費用であり、ローンの立替え金額での差額はコンパクトカーとの僅少差と言えます。

その差は、総合的に見た場合、コンパクトカーは年間4万円、月に3千円程度の維持費のアップと言われています。ですから、月3千円をどうとらえるかにあります。

コンパクトカーのデザインに癒される感覚、乗り心地のよさ、内装のおしゃれ性等々考えれば月3千円は気にならないのではないでしょうか

普通車とコンパクトカーの維持費の比較で考える事

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較
コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

コンパクトカーと普通車の維持費は詳細に検討してもあまり意味をなさない面が高いと思われます。簡略的に言えば、コンパクトカーの3倍以上の維持費と言われています。

普通車愛好の方は、燃費やその他経費などの維持費には問題意識は低く、普通車の持っている豪華さや運転時の好感度に癒される事に重きを持っていることが多いのではないでしょうか。

普通車にハイブリットタイプがあります、経済性に貢献しています。同時に、排気量が大きいのが普通車で排ガス抑制の目的があります。この事の意味は社会的に、世界的も大きい貢献度があると考えます。

ヨーロッパでは2014年頃、すべての車は、電気車に移行だそうです。普通車に限らず世の中徐々に抑制が髙くなってきています。

コンパクトカーの維持費は大学生でも払える?

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

時間に余裕がある大学生活は充実して過ごしたいものです。長距離の旅には車体強度が高く、足回りが強く、さらに、内部面積が広いコンパクトカーは最適です。坂道や未舗装では長時間の運転には軽自動車では不向きで、且つ、運転席の横幅の狭さで疲れが出るのは軽自動車の特徴です。

軽自動車はコンパクカーより維持費は安価とみなされています。しかしながら、学生であっても、十分に対応でき維持費の設定ができます。

そのコツは、バイトなどで頭金を多く準備し、新古車などを格安で購入することで対応できます。要は計画をしっかり立てれば快適な学生生活にコンパクトカーは最適です。特に、カップルで楽しく過ごすにはおすすめです。

快適生活を過ごすには、維持費が軽いコンパクトカーが最適!

コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較

軽自動車の経済性や普通車の豪華性の宣伝が盛んに世間を騒がせています。今回、「コンパクトカーの維持費はいくら?│年間維持費/維持費の安い車種/軽や普通車との比較」について冷静に考えた時、世間の宣伝にかなり疑問や是正すべき部分があります。

経済性ですが、軽自動車では税金が50%アップしています。燃費では軽自動車のターボではハイブリットタイプのコンパクトカーの方が上です。軽自動車の燃費には疑問があります。

普通車の場合は、豪華性は悪くはないのですが、庶民の感覚や身の丈に合っていないと思われます。維持費は何かと高く、狭い駐車場では困る事や不便さがあります。

コンパクトカーは子育て中、独身者、学生等女性に人気があり、活躍しています。市場性が広く行き渡っているのがコンパクトカーです。

Related