Search

検索したいワードを入力してください

車のタイヤのパンクの修理にかかる料金・時間・方法・耐久性

初回公開日:2018年01月04日

更新日:2018年01月04日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

車のタイヤのパンク修理は修理キットでも可能ですが、修理キットで修理した後は必ず専門の業者に見てもらいましょう。パンク修理は車を走行させる上で絶対必要です。万が一の事故が起きた場合整備が不十分だと責任を問われます。走行前のタイヤチェックは必ずしておきましょう。

車のタイヤのパンクの修理にかかる料金・時間・方法・耐久性

車のタイヤのパンク 修理した場合かかる料金と値段

車に乗っていて多いトラブルがタイヤのパンクとバッテリー上がりです。どちらも未然に防げるトラブルになっています。タイヤのパンクはスリップサインを見逃さなければ、早めに対応ができます。他のトラブルと違ってタイヤのパンク 修理は、ガソリンスタンドでもすぐに直せる修理です。

ドライバーは教習所でタイヤの交換の教習を受けています。またスリップサインが出始めたらタイヤを交換する義務があります。パンク 修理はパンク 修理用の応急処置用のキットがありますが、実際ディーラーやガソリンスタンド、カーメンテナンス店でパンク 修理をするとタイヤ一本2,000円〜3,000円ほどかかります。

最近はガソリンスタンドでもバイクのタイヤ交換をするスタンドも増えて来ており、パンク 修理がすぐにできるようになっています。

ガソリンスタンドでのパンク 修理

最近はガソリンスタンド自体が減っています。車人口が減っているのでガソリンスタンドも顧客確保のため、車のパンク 修理はもちろん、バイクのパンク 修理も請け負うガソリンスタンドが増えて来ています。ガソリンスタンドでパンク 修理する場合はタイヤ一本2,000円から3,000円です。

道路の途中でタイヤがパンクをしたら、レッカー車で最寄りのスタンドなどに車を持っていかないとガソリンスタンドでもディーラーでもタイヤの交換は難しくなります。

レッカーの場合は車体の重さや車の大きさなどで、レッカー代がいくらかかるのかが分かります。またレッカー会社の保険に加入している場合はレッカー代が安く済みます。

現場まで来てもらう出張修理

JAFやタイヤ館、オートバックスなどさまざまなカー用品店やカーサービスの会社が出張してパンク 修理をするサービスを展開しています。出張費は会社により違いますが、現場までくるのに5,000円から15,000円ほどです。ベンツなどの車はベンツの会社の修理屋が現場まで来てくれるサービスがあり、修理の車とタクシーを同伴させて車のパンク修理をしながら行きたい場所へタクシーで運んでくれるサービスがあります。

出張してもらうタイヤのパンク 修理の場合、出張費がかかります。車がパンクをしてしまったらその場から動けないので、出張サービスは利用できれば利用したいです。年間のレッカー保険にも加入しておくのが得策とも言えます。

パンク 修理をする場合、その場で直せる人とそうでない人がいます。できるだけ公道で他の車の迷惑にならないようにしてパンク修理をしましょう。

車のタイヤがパンクした際にする修理方法など

車のタイヤのパンクの修理にかかる料金・時間・方法・耐久性
※画像はイメージです

パンク 修理方法にはさまざまです。一番いいのはタイヤを元から変えてしまう方法が一番いいですが、スペアタイアを積んでいる車は少なく、出張サービスを利用したりガソリンスタンドへ運んだりしなければなりません。

じぶんでタイヤを交換できない場合は、修理キットを使って応急処置をしてきちんとしたところで見てもらいましょう。

修理キットや修理剤を使う修理の場合

パンク 修理キットが色々なメーカーから発売されています。一般的なのはタイヤの表面を凝固剤で固めてしまい、空気を入れ直す方法のキットが主に人気があり、使われています。

修理キットを使って修理する方法は暫定的な個人でできる一時的なパンク 修理です。凝固剤でタイヤを固めて空気を入れ直してもまた別な場所できちんと見てもらいましょう。

修理キットもさまざまなメーカーからでています。ネットで購入する場合は商品レビューなどを参考にして購入しても良いでしょう。一番良いのはスペアタイアを積んでおきタイヤ交換をするパンク 修理が一番手っ取り早いですし、安全です。道路でスペアタイアを交換する際は他の車に迷惑にならないように交換の作業をしましょう。

釘の処理など

釘が刺さるというのはそれだけ荒れ地を走行してるか、よほど運が悪いかです。釘はそのまま工具を使って抜くしかありません。タイヤをパンクさせるほど釘がめり込んでしまっているので簡単には抜けないです。またタイヤと地面の真下に釘が入ってしまっていたら、車を動かさなくてはいけません。応急処置をする場合は釘を抜く事が必要です。

タイヤのパンクの原因は異物を踏んでしまった際できたタイヤの裂傷やスリップサインを見逃してしまってそのままにしている場合が多く、毎日の走行前の点検は重要になってきます。

パンク 修理キットを使う場合は釘の穴を修復する作業をして、その後空気を入れ直します。その後ガソリンスタンドやカーメンテナンスショップできちんとタイヤを交換しましょう。タイヤ自体を交換する場合はパンク 修理キットを使うよりも信頼できる修理ができます。

車がパンクした場合の修理にかかる時間など

車のパンク 修理自体は20分程度で終わります。ガソリンスタンドやカーディーラーでの修理だとタイヤ自体の交換をする場合、タイヤ一本1万円ほどかかります。タイヤのパンク修理だけで終わればそれでいいですが、タイヤの交換も進められたら断らずにタイヤの交換もしましょう。

車にとってタイヤとはなくてはならない部品です。タイヤが一つでも欠けたら車を走らせる事ができません。毎日の走行前の車体チェックは必要です。走行中にタイヤがパンクした場合大きな事故になりかねません。なるべくパンクを避けることを考えてタイヤには注意を払う走り方をしてタイヤが減って来たらタイヤの交換をしましょう。

パンクをした場合修理する時間は一本20分程ですが、ガソリンスタンドやカーメンテナンスショップが混雑している場合はもっと待ち時間が長くなる場合があります。なるべくパンクをしないように走行する事も必要です。

車がパンクしてその後のタイヤの耐久性は

ガソリンスタンドやメンテナンスショップできちんとパンク 修理していれば、その後の走行には問題がありません。パンク 修理の応急処置だけして、ガソリンスタンドなどで修理をしない場合は、大きな事故に繋がります。ガソリンスタンドやショップでタイヤを交換した後は、安心して走行する事ができますが、暫定的な修理の場合きちんとしたショップで見てもらいましょう。

高速道路で走る場合

スペアタイアを積んでおかなくては高速道路を安心して走れません。きちんとした修理をしておけば高速道路でも安心して走れます。パンク 修理キットなどを使って暫定的な修理しかしてない場合は、ガソリンスタンドやカーディーラーで、きちんとした修理を受けて高速道路を走行しましょう。

タイヤがパンクした際に利用したい業者など

パンク 修理をしてもらえる業者は増えて来ています。持ち込みのタイヤ交換でさえ応対してくれる会社も増えているのでより良いサービスの向上を計り、どれだけ多くの顧客を取り込むことができるのかを競っているので、これからはさまざまな業者が車のサービスを展開していくでしょう。

JAFを利用してパンク 修理する場合

JAFは日本でも唯一車のトラブルには強い業者です。雪道でのトラブルやさまざまなトラブルにも強く、作業員の経験も豊富なので満足したサービスを受けられます。JAFを利用する場合は車がパンクした場所で電話をしてJAFを呼びサービスを受けます。高速道路での作業も多いJAFなので信頼できるサービスを受ける事ができるでしょう。

オートバックスを利用してパンク 修理をする場合

オートバックスは長年車のメンテナンスサービスを行なっている業者です。ガソリンスタンドやカーディーラーでもパンクの修理はできますが、JAFのように専門的な知識で安心できる価格とサービスで人気のある業者です。出張修理も行なっている店舗もあるので調べてから電話をしてサービスを受けましょう。

走行前のチェックをしてなるべくタイヤをパンクさせないようにしよう!

走行前の車体のチェックは教習所でも教わったとおり、車に乗る人にとっては必要なことになります。事前の車体チェックを行なわないと万が一事故が起こった場合、責任を問われる事になります。大きな事故にならないように事前のチェックは怠らないようにしましょう。

昔と違い今は修理キットなどで簡素的な修理は可能です。修理キットなどで修理した場合そのままにせず、きちんとガソリンスタンドや専門のショップでタイヤの交換やパンク 修理をしましょう。スリップサインを見逃さない事も大切です。パンクをさせないことは他に走行している車の安全を守るためでもあります。きちんと走行前のチェックをしましょう。

Related