Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

トヨタのミニバン3兄弟であるノア、ヴォクシー、エクスファイアの人気はミニバン界でもトップレベルです。その中でも、特にファミリーカーとして人気のあるノアで、快適に車中泊する方法や車中泊におすすめのグッズ、改造方法などを紹介していきます。

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

トヨタノアとは?

2001年にタウンエースの後継車として、「ノアなら叶う夢がある」というキャッチフレーズでデビューしました。2001年から2007年までのノアが初代のノアになり、当時ではヴォクシーと並び、とても人気車両でした。デビューした当時からノアとヴォクシーは同じトヨタ車として競い合い良きライバルとして進化し続けています。

ノアはファミリーに、ヴォクシーは若い世代にという雰囲気もあります。2代目ノアは、2007年にフルモデルチェンジし、2014年まで製造販売されていました。2代目の顔つきは、初代ノアが好評だったため、さほど変更せずフルモデルチェンジされています。この2代目は、インドネシアに好評で、3代目にフルモデルチェンジされた後も生産販売されていました。

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

2014年に現在のモデルへとフルモデルチェンジされています。兄弟車としてヴォクシーとそして新たにエクスファイアが登場し、ノア、ヴォクシーの兄弟車として新しくラインナップされました。トヨタのミニバン3兄弟となりました。ノアの車内空間はヴォクシーとほぼ変わらずの内装、広さ、機能ともに変わらず広々とした車内と便利性の良さで、ファミリーカーとしてのトップに君臨しています。

ファミリーで出かけることなども多く、アウトドアが好きな人なら車で寝たいというそんな気持ちに応えて、ノアで快適に車中泊をする方法や、車中泊におすすめのグッズなどを紹介します。

トヨタノアで快適に車中泊する方法

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

快適に車中泊する方法は大きく分けて3つあります。1つ目はまずマットを敷くことです。快適に車中泊するということは、寝る場所をフラットにしてストレスなく寝れたり、横になったりできるところが必要です。シートの間を埋めたり、家庭用のマットでもいいのでフラットにしてあげることが快適に車中泊をする1つ目の方法です。

2つ目はベッドを作ることです。ベッドを作るなんて難しそうと思われがちですが、それは自作で作る場合で、最近のミニバンには車種別に設計されたベッドキットがあるのですごく簡単ですし、もちろんノア専用に作られているものもあります。

3つ目は自作ベッドですが、設計するには、多少の知識がいりますし、時間もかかりますが作るのも楽しみの1つです。手っ取り早くしたいというならマットを敷くだけ、もう少し本格的に楽しむならベッドキット、自分なりの改造したいなら自作ベッドという3つの方法が快適に車中泊をする方法であり改造方法です。

トヨタノアで車中泊するための改造方法

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

先ほども紹介した快適に車中泊する方法の3つが改造方法になります。その3つの方法を詳しく説明していきます。

マット

上記の画像の商品はノア専用に設計されているマットになります。車中泊するにあたり快適に過ごす方法は、どうフラットに近づけるか、ストレスなく車中泊を楽しめるかが快適に車中泊を過ごす方法でもあるので家のベッドの感覚を作ること=どうフラットに近つけるかが1番のポイントです。

ノア専用設計マットの場合ですと、サイズはピッタリ合い、フラットな感覚に近い状態にしてくれます。ノア専用設計ではなくても、キャンプ用マットや家庭用マットなどでも汎用可能ですので次に紹介していきます。

汎用可能マット

上記の画像の商品はエアーマットレスです。キャンプなどによく使われるようなタイプのもので寝心地はそれなりに良いです。簡易マットレスのようなものなのでしっかりフラットにしてくれます。ノア専用ではないですが活躍に期待できる汎用マットです。

上記の画像のような家庭でも使われるエアーマットレスでも車中泊に使えます。車のシートをフラットにしてあげればマットレスを敷くだけで簡単に寝床を作れることができるので、車中泊をこれから始める初心者さんは、とりあえず簡単なマットでの車中泊からしてみるのがいいです。後片付けも簡単ですし、エアーマットレスなので空気を抜くだけでコンパクトに収納できるのもマットの1つの魅力です。

ベッドキット

ノア専用に設計されているベッドキットなので取り付けは本当に簡単にできます。使用後は簡単に折りたためて便利な仕上がりです。

車種別用ならではの便利性と機能性です。使わないときはすっきり収納できた方が気持ちいいですし、簡単に収納できるということは簡単に取り出せるということなのでいつでもどこでも簡単に出来るのは嬉しいです。これなら難しい作業は一切ないので楽に車中泊を楽しめます。

自作ベッド、2段ベッド

Bass停ブログの人は自作ベッドを上手に作られています。パイプやベニヤ板などを上手に組み合わせて設計されています。真似して自作ベッドに挑戦するのも楽しめそうです。自分で作ったベッドだからこそより車中泊を楽しめそうです。

CampalママのぴゅあLifeブログの人はなんと2段ベッドを制作されています。車に2段ベッドなんて驚きですし、その設計の器用さにも感激します。ノアで2段ベッド、まさにノアなら夢が叶うです。こちらもパイプとベニヤ板を使って組み合わせています。傷がつかないプラスチックのパイプが自作ベッドを作る際には必需品です。

トヨタノア車中泊おすすめグッズ

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

車中泊するのにこれは絶対いるというおすすめグッズから、あればいいなというおすすめグッズまで幅広く紹介していきます。

カーテン

車中泊で絶対的に必要になってくるのがプライバシーを保護するということです。プライバシーを保護するには外から中を見せないようにするのが大事です。家の中が丸見えでは安心して生活できないのと一緒です。車中泊をする以上車の中は家みたいなものです。

そのため、プライバシーの保護は必ず行います。その方法がカーテンです。いつでも開閉可能ですし、簡単に取り付けることができます。ノア専用に設計されているカーテンもありますし、汎用の物でも応用は効きます。

サンシェード

カーテン以外にもプライバシー保護に使えるグッズがサンシェードです。カーテンはいつでも開閉可能ですが、カーテンレールを取り付けなくてはならないので、サンシェードなら必要な時にだけ取り付けることができます。プライバシー保護に関する機能性は、どちらも変わらずですが、どちらを選らぶかは本当に好みです。

快適に車中泊するということは、快適な睡眠をするということとも言えます。寝床を完璧に作っても枕が無ければ快適とは言えません。でも普通の枕でしたら荷物になってしまいます。そこで紹介したいのが上記の画像の商品です。エアー枕は、空気を入れるだけで枕になりますし、使わないときにはコンパクトに収納可能ですので、余分な荷物にならずとても便利です。

ラジオ

緊急時に大事なラジオですが、車中泊では意外と楽しめます。TVが普及した家の中では、ラジオを聞く人は少ないです。車中泊をする少し特別な時だけに、ラジオを聞いて普段とは違う世界を楽しむのも1つの醍醐味です。

トヨタノアの車中泊ブログ紹介

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

具体的に車中泊のやり方はわかったけど、楽しさがわからないという人のために、ノアで車中泊を存分に楽しんでいる人のブログを紹介します。しっかり解説もしてくれているので、楽しさも伝わりますし、工夫の仕方もわかってもらえます。

上記記載のブログの人は本当にノアで車中泊というものを楽しんでいます。ホテルや旅館に泊まる旅行とはまた違った味を出してくれる車中泊というものを、よく研究されているので、この人のブログも参考にしてみるのもいいです。

ノアで車中泊をする楽しさ

トヨタノアでの快適な車中泊方法|改造方法/グッズ/ブログ紹介

ノアで快適に車中泊をする方法やおすすめグッズなど紹介してきましたが実際やってみないと自分なりの快適がわかりませんし、研究もできません。思い切ってチャレンジしてみると、普段とは違った空間で、いつもと違う車内で、楽しい気持ちにさせてもらえます。

車中泊はファミリーでも楽しめますし、もちろんカップルや1人でも楽しめます。自分なりの車中泊を研究しつつ、楽しんで車中泊をするのが車中泊の醍醐味です。今回この記事を読んでノアで車中泊をすることに興味をもっていただけたら幸いです。

Related