Search

検索したいワードを入力してください

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介

初回公開日:2017年08月23日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年08月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「もしハリアーで車中泊をしたら?」のもしもを想定して、ハリアーでの車中泊に必要なグッズをハリアーという車のグレードの別の説明と共に、最低限必要なものと、もしかしたら必要なものに分けて紹介しています。車中泊をはじめてみたい方に向けた内容の記事です。

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介

ハリアーで快適に車中泊する方法

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

ハリアーは車体が大きく、またSUV車であるため荷室も広いため多くの荷物を積むことが出来るだけでなく、そのスペースを車中泊にも有効活用できそうです。ハリアーの内装は高級感を演出するために様々な工夫がされており、特に乗り心地においては心配いらない快適なつくりになっています。

長時間の旅のお供にするにはハリアーは乗車する人に快適な空間を与えてくれる車と言えそうです。では、これからハリアーで車中泊する場合についてハリアーの説明と共に色々と紹介していきたいと思います。

ハリアーとは

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

ハリアーというのは実は海外市場を主として作られたクロスオーバーSUV車であって、海外では特に高級感のあるSUVとしてを特に高めています。クロスオーバーSUVというのは、そうした高級なSUVというイメージに、さらに乗用車としての要素を深めて、日常的には町中で、時にはスポーティに悪路を走る車として日本で開発された車のことです。

そのため、まさしく車中泊など、様々な場所を走る必要が出てくる場面ではかなり有効なメリットになります。見た目も、本格的なSUVに比べてスマートになっているので、いかにもな車体の大きさが苦手という人にもそのような外観からが高いです。ミニバンほど車体が大きくないので、狭い道を走ることもできます。

仕様

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

ハリアーと言えば、この高級感あふれる外観ですが、その高級感へのこだわりは室内に至っても怠りません。そのため、快適なドライブを乗客と共に楽しめるつくりになっています。そんなハリアーの使用はどのようになっているのでしょうか?

新型ハリアーとは?

新型ハリアーは4WDの車で、4WDとは4輪駆動方式のことで、4つのタイヤに均等に駆動させることができるため、特に高速時の走行性が安定し、スピンなどもかかりづらい仕様になっています。そして、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)車のため、スポーティな場面においても役に立ちますし、何より荷室が広くてたくさん荷物を積めるので、車中泊にはぴったりと言えるかもしれません

ハリアー30系とは?

ハリアーの30系と聞いてぴんとくる方はいらっしゃいますでしょうか。恐らく30系が何かわからない方も多いと思います。そこで説明しますと、30系というのは型式のことで、よく車に詳しい方はこのような型式を愛称として使うことが多いです。ですので、車に知識があまりない人は知らなくても不思議ではありません。そしてハリアーの30系とは要するに初代ハリアーの次に発売された二代目ハリアーのことを指します。ちなみに初代ハリアーは10系と呼ばれていて、二代目30系は2013年に生産が終了したばかりで、まだ現役で乗っている方も多いでしょう。

ハリアー60系とは?

60系とは最新型のハリアーで3代目ハリアーのことです。こちらは2013年にフルモデルチェンジされたもので、ガソリン車(FF)の2WDになります。はじめに紹介した4WD方式を採用しているものは65なので、その一つ前のバージョンになります。2WDのため4WDに比べるとパーツが減るため、その分重量が減ることや、価格が安くなるなどメリットもあります。エンジンや駆動方式は60と65に違いはあるのですが、基本的には同じ60系として同一に扱われる可能性もありますので、あまり厳密に分けられているわけではないようです。

ハリアーの車中泊にマットとは?

車中泊のマットと言えば、まさしく寝泊まりするのですから最も重要と言っても過言ではないと思います。ですからぜひとも自分に合ったマットを選びたいところですが、ハリアーに合うマットにはどのようなものがあるのか見ていきたいたいとおもいます。

マットを紹介

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

こちらで紹介している商品はなんでも楽天市場の一覧が49週連続上位ランクインしているようで、レビューも星が4つ以上から5つが多く、とてもな商品のようです。こちらの商品のマットは厚さが10㎝と分厚いので、ハリアーは後輪が内部に入り込んで内側からだとタイヤ部分が出っ張ってしまうのですが、そちらにかぶせても気にならないほど分厚いといった口コミが多いです。

そのためごつごつした感触と言うのはなく、マットの安定感がとても信頼できる商品としてが高いです。また、高密度ウレタンでちょうどいい硬さに調整できます。特に収納性が高いので、車中泊の荷物が軽くなるという点でとても優秀な商品になっています。

オンリースタイル車中泊専用マットの使い方

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

オンリースタイルマットは奥行きが198㎝と十分にあるので、身長のある男性などにもお勧めできます。しかし、一枚の幅が66㎝なので、腕を伸ばした際に出てしまう可能性が高いです。ですので、巷ではオンリースタイルマットの空気圧を低くして、タイヤハウスに被すようにして、それを二枚敷くという方法をとっている方も多いです。

オンリースタイルマットはマットどうしを連結することが出来るのでそのような形をとっている方が多いみたいです。実際そのように空気圧を意図的に低くすることで、快適に車中泊されている方のレビューも多いので物は試しとしてやってみるのも面白いかもしれません。ですが、基本的には指定の空気圧の状態で寝るのが一番寝やすいとは思うので、もし試されるときは自己責任でお願いします。

ハリアーの車中泊にグッズってなに?

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

車中泊と言えばやはりそれ相応のアイテムやグッズが必要になってきます。先ほどはマットをご紹介しましたが、そのほかにも必要なものがあります。今回は必要最低限持った方がいいものと、もしかしたら必要かもしれないものというように二つに分けて車中泊グッズを紹介したいと思います。

車中泊に最低限必要なグッズ

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

車中泊に最低限必要なグッズの一つは先ほども紹介したマットなどの寝具類になります。その他には明かりになるようなものになります。例えばランタンなど、最近ではLEDライトなども明るくて電池の持ちがいいです。後は車用カーテンになります。

やはり、明かりがあるところでは睡眠効率が落ちてしまうので、しっかり暗い状態を作るためにもカーテンは重要です。後は非常用の食料や水も必要です。それからもしメンテナンス不良があった際の道具、タイヤのスペアなど、車中泊と考えるとそうしたドライブ面でのアイテムは忘れがちですがしっかり整備しておきましょう。

車中泊にもしかしたら必要なグッズ

ここからは「もしかしたら必要?」というグッズの紹介です。まずはマットの空気を入れるための道具です。電動式でスイッチを入れるだけでマットに空気を入れてくれるポンプで、これがあれば疲れて早く寝たいなんて時に便利かもしれません。

それから、やはりスマートフォンなど電気製品を充電するための充電器です。こちらも車中泊用の大型のものも売ってるので確認してみてください。そうした中で言えばインバーターも必要かもしれません。その他には小型テーブルなど、飲食をする際に役立つグッズです。小型の冷蔵庫などもあるので、夏は車内が熱くなりすぎるので、飲み物を冷たくするために使えるでしょう。車中泊ではそうした室内環境にも注意したいので役立つアイテムかもしれないです。

ハリアーの車中泊ブログを紹介!

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

こちらのサイトでは実際に新型ハリアーで車中泊の状況を作ってみた様子を紹介しています。こちらの方は家にある座布団やシングル用の布団を利用したり、夏用として扇風機を持ち込んでみたりしています。折り畳み式卓上テーブルも持ち込んだようですが、なかなか使い道がなかったりと、初めての車中泊ではこのような試行錯誤が必要になってくるのかもしれません。

ハリアー車中泊の試行錯誤は醍醐味

ハリアーでの快適な車中泊方法│マット/グッズ/ブログ紹介
※画像はイメージです

ここまで「もし、ハリアーで車中泊をすることになったら」というもしもな状況で、ハリアーという車の説明と共に、車中泊に必要なものをご紹介してきましたが、こうして記事を読んでいる間にも自分にとって必要なものが頭に浮かんできた方も多いのではないでしょうか。

車中泊というのはしたことがない方が多いと思うので、このような記事や、実際にハリアーで車中泊をした方のブログ記事などを読んでぜひ、試行錯誤を楽しんで頂きたいと思います。そのような試行錯誤も車中泊の醍醐味だと思います。

Related