Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月07日

三浦半島のおすすめのドライブコース・おすすめスポット紹介

神奈川県の南端にあるのが三浦半島です。ドライブしたくなる海沿いのエリアには、マリンリゾート地として有名な油壺や葉山があり、内陸部は三浦大根に代表される野菜や果物の名産地として有名です。見所とグルメにあふれた三浦半島のドライブコースをご紹介します。

三浦半島のおすすめのドライブコース・おすすめスポット紹介

三浦半島のおすすめドライブコースとは?

半島の中央部を横浜横須賀道路が走り、都心からのアクセスに恵まれた三浦半島に行くには新宿を起点とした場合、三浦半島先端部の三浦海岸駅までの走行距離はおよそ80㎞強で、所要時間は1時間半です。

これは首都高速道路から湾岸線に入り三浦半島を縦断する横浜横須賀道路を走るコースで、休日でも午前中なら渋滞の少ないドライブを楽しめるルートです。この三浦半島のおすすめドライブコースをご紹介します。

日帰りで楽しめるドライブコースはどこ?

三浦半島西端の横須賀市長井にあるソレイユの丘は、全長730mのゴーカートやバラエティに富んだ15種類のおもしろ自転車、全長44mの芝そりゲレンデなど、大人も子どもも楽しめる体験型アミューズメントパークです。

また、地元長井漁港で採れた魚介類や野菜を食材にしたレストランや、手ぶらでバーベキューが楽しめるエリアもあり、食事も存分に楽しめます。ドライブの所要時間は横浜から約40~50分ほどで、家族でも恋人同士でも丸一日楽しめるおすすめの日帰りドライブコースです。

デートで行きたいおすすめのドライブコースは?

都心から約1時間ほどのドライブで行ける油壺京急マリーナは、国内有数の歴史と規模のマリーナです。三浦半島の南端に位置して、緑に囲まれた美しい入り江は最高のロケーションとなっています。

マリーナ内の静かなたたずまいの施設は、刻んだ歴史を感じさせる大人な雰囲気にあふれていてデートドライブに絶好の場所です。

初心者でも走りやすいドライブコースは?

都心から目的地までほぼ高速道路でアクセスできるので、初心者でも安心してドライブできるのが、三浦半島の東端を目指すドライブコースです。ルートは首都高から湾岸線を経由して、横浜横須賀道路に入り馬堀海岸ICが出口となります。

インターを右折して、左に東京湾を見てよこすか海岸通りを行くと、右側に横須賀美術館があります。そのすぐ先は、東京湾の入口である浦賀水道が一望できる観音崎と、楽しめるスポットが豊富なエリアです。

春におすすめしたいドライブコースはどこ?

三浦半島先端部の横須賀市津久井にある津久井浜観光農園では、イチゴ狩りが楽しめる春のドライブコースとしておすすめです。ここは、イチゴ狩りだけでなくイモ掘りやミカン狩りなど、1年を通して味覚狩りが楽しめる大型観光農園です。

車でのアクセスも便利で、横浜横須賀道路の佐原ICから約20分ほど走ります。駐車場は無料ですので、ドライブ向きスポットといえます。

夏のおすすめドライブコースは無人島クルーズで!

横須賀の三笠公園沖合に船で10分ほどのところに浮かぶ猿島は、東京湾唯一の無人島です。猿島はその歴史が島の魅力となっていて、幕末から明治にかけて島内に砲台を建設して首都防衛拠点として要塞化されました。その当時のレンガ造りの要塞跡が、時代と歴史を感じさせるスポットとして有名になりました。

島内には要塞跡を巡る遊歩道も整備され、船着き場の近くで海水浴もできますし、車は三笠公園駐車場に停められますので、ドライブコースとしてもおすすめです。

無人島クルーズに加えて歴史を感じさせるレンガ造りの要塞跡で、夏にぴったりの冒険気分を味わえるドライブが楽しめます。

秋のドライブはこちらのコースへ!

三浦半島東端の久里浜港に近い横須賀市神明町にあるのがくりはま花の国です。横浜駅から横浜横須賀道路経由で50分ほどで、近くの久里浜港には千葉県富津市金谷からの東京湾フェリーもありますのでアクセスのよいドライブコースです。

四季折々の花が楽しめ春はポピーで有名ですが、秋は入場ゲートをくぐると出迎えてくれるのが100万本以上といわれるコスモスです。シーズン終了が近づくとコスモスを摘めるサービスもあります。

ファミリーでも恋人同士でも楽しめるドライブコースとしておすすめのスポットです。

冬の三浦半島ドライブはこのコースがおすすめ!

三浦半島最先端部の三浦市三崎町は、三浦半島らしい入り組んだ入り江と岸壁に囲まれたエリアで、海沿いの県道215号線は美しい入り江を眺めながらのドライブが楽しめます。

この三崎町にある宮川公園に、タワー2基で周辺の200戸の電力をまかなっている風力発電施設があります。公園には太平洋を望む展望台もあり、無料駐車場も用意されドライブに最適のコースです。

とくに晴天率の高い冬場は、澄んだ青空をバックに白い風車が映える絶好のドライブスポットといえます。

夜におすすめの三浦半島のドライブコースとは?

三浦半島から湘南エリアに向かう海沿いのルートの国道134号線は風光明媚な道路ですが、なかでも数々のドラマや映画・アニメの舞台となり、今も多くのファンが訪れる聖地として有名なのが鎌倉市の稲村ヶ崎です。

海沿いのルートは夜遅くまで営業しているお店も多く、昼のにぎわいとは別の顔を持つ湘南の大人モードを堪能できます。稲村ヶ崎には江ノ島と富士山の夜景が楽しめる公園と、それに隣接する駐車場もあり、夜のドライブを満喫できるエリアです。

雨でも楽しめる三浦半島のドライブコースは?

昔からのリゾート地である三浦半島には、レトロな雰囲気のあるアミューズメント施設もあります。なかでもおすすめしたいのは京急油壺マリンパークです。1968年開館と歴史ある水族館で最新の設備はありませんが、それがかえって若い人を引き寄せるレトロな雰囲気を醸し出しています。

最近公開された、かわうその展示が大人気の雨が降っても楽しめるテーマパークです。

三浦半島のおすすめのドライブスポットとは?

海と緑に恵まれた三浦半島は、都心からのアクセスも便利でドライブに最適のエリアです。では、目的別にドライブおすすめスポットをご紹介します。

三浦半島でおすすめしたい道の駅とは?

三浦半島の農産物は名産品の三浦大根をはじめたくさんありますが、このエリアで生産された農作物の直接販売をしている施設が「すかなごっそ」という農産物直売所です。

営業開始時間前から駐車場に車が入り始め、開店前に入店待ちの行列ができている人気店で、横浜駅から横浜横須賀道路経由でおよそ45分とアクセスに恵まれたおすすめのドライブスポットです。

三浦半島のおすすめグルメはなに?

幕末から明治にかけて西洋の食文化が日本に入ってきたとき、カレーライスも紹介されました。もともと、イギリス海軍のカレーを手本として兵隊の食事を改善しようと日本海軍でも食べられるようになったため、海軍カレーと呼ばれています。

かつて海軍鎮守府が置かれ今も海上自衛隊の基地がある横須賀では、戦前からの伝統レシピを守っているカレーライスのお店が多いことから、「よこすか海軍カレー」として有名になりました。

三浦半島東側の入口になる横須賀なら、コク深い「よこすか海軍カレー」を味わうドライブを楽しめます。

三浦半島でマグロのおいしいスポットは?

三浦半島の南端に位置する三崎港は、マグロの漁獲高が全国2位とマグロで有名な漁港で、街中にマグロを味わえるお店が数多く軒を並べています。三崎マグロの楽しみ方は、寿司を筆頭に刺身や海鮮丼、マグロの肉まんなどがあります。

もちろん、マグロだけでなく近海でとれる地魚をさばいてくれるお店も多く、グルメにおすすめのドライブスポットです。

三浦半島のおすすめランチスポットとは?

三浦半島は海に囲まれており漁港はたくさんあります。漁港の近くにはおいしい地魚をいただけるお店も多くありますが、おすすめしたいのが三浦半島の西側にある横須賀市佐島漁港です。

漁港の近くに佐島マリーナというヨットハーバーがあり、この付近に海鮮料理を食べられるお店があります。どのお店も駐車場が完備されドライブでランチを楽しむのにとても便利なスポットです。

三浦半島で桜のおすすめスポットといえば?

幕末期に徳川幕府の外交顧問だったウィリアムス・アダムズ(日本名三浦按針)の供養碑があるのが、横須賀市西逸見町の塚山公園です。およそ1000本とされるソメイヨシノやヤマザクラにシダレザクラが咲きそろうのは3月下旬〜4月上旬です。

公園からは東京湾や房総半島の山々も一望でき、桜見物とドライブの両方を楽しめます。

三浦半島でおすすめの海はどこ?

湘南エリアから三浦半島にかけて有名な海水浴場がたくさんあり、夏はたいへんなにぎわいを見せます。その中でもおすすめといえば、三浦郡葉山町にある一色海水浴場です。

日本の海水浴場88選に選ばれロケーションと水質の良さで有名です。浜辺と隣接して葉山御用邸もあり、穏やかな静けさと美しい海岸線は湘南地区で別格の海です。

横浜駅から横浜横須賀道路経由で約50分、駐車場もたくさんあるエリアなのでドライブに向いているスポットです。

三浦半島でおすすめの温泉はどこ?

海を見ながら温泉にゆったりつかる。そんな贅沢な楽しみ方ができるのが横須賀温泉湯楽の里です。横須賀市馬堀海岸にあり横浜駅からのアクセスは約40分前後とかなり便利で、無料駐車場も完備されています。

温泉の泉質はナトリウム泉で、神経痛や筋肉痛・五十肩に効能があります。ドライブ帰りに寄ってみたいスポットです。

三浦を代表する夜景スポットはどこ?

三浦半島の西側にある湘南国際村は、横須賀市と三浦郡葉山町にまたがる施設です。高台にある湘南国際村に西側には、眺望に恵まれた展望台があるグリーンパークがあります。

とくに夕方から夜にかけて、湘南の街の灯りと相模湾に浮かぶ富士山のシルエットという美しい夜景が広がる最高のドライブスポットです。

カジュアルでおしゃれな三浦半島でドライブしよう!

海と緑においしい食材と三拍子そろい、さらに都心や横浜からのアクセスも便利な三浦半島はドライブに最適のエリアです。しかも、古くからリゾート地として栄えた土地であり、黒船来航の地という歴史ある土地です。

リゾート地らしいおしゃれなスポットもあれば、ファミリー向きのレジャーも豊富と、おしゃれさとカジュアルさが調和された三浦半島へドライブしてみませんか。

Related