Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月03日

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧|壇蜜/若林/土屋/石橋

毎週土曜日に放送されている、車好きによる車好きのための番組「おぎやはぎの愛車遍歴」をご存知ですか?おぎやはぎと芸能人が自身の愛車について語り合うトークバラエティ番組です。どんな芸能人が登場したのか、今回はその「愛車遍歴」のゲストを紹介していきます。

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧|壇蜜/若林/土屋/石橋

おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧|壇蜜/若林/土屋/石橋

『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE』という番組をご存知でしょうか。MCは、クルマ好きとしても知られるお笑いコンビのおぎやはぎの二人と、自動車評論家の竹岡圭です。「愛車遍歴を辿ればその人の人生が見えてくる」をコンセプトに、ゲストを迎えて愛車に乗りながら愛車について語り合うトークバラエティ番組です。

おぎやはぎがゲストと繰り広げるゆるいトークもさることながら、ゲストの人生を愛車遍歴とともに振り返りつつ、時にはおぎやはぎがゲストに最新鋭車をプレゼンするという、クルマ好きにはたまならい内容となっています。今回は、この『おぎやはぎの愛車遍歴』について紹介します。

おぎやはぎの愛車遍歴のDVD一覧

2011年より毎週土曜夜22:00からBS日テレにて放送されているこの番組は、これまでに三本のDVDボックスが発売されています。

おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE! DVD-BOX

DVDボックスには五回前後の放送分と、さらに特典映像が収録されています。特典映像はおぎやはぎ二人の愛車自慢や収録後のこぼれ話「収録遍歴」、自動車評論家である竹岡圭の「車講座」などもりだくさんです。本編は、平均して八時間ほど、特典映像は約二時間程度でボックスひとつにつき約十時間分のボリュームとなり、かなり充実した内容となっています。

店によっては、レンタルビデオ店でも取扱があるようですが、レンタル盤には特典映像が収録されていないので気になる方はぜひDVDボックスをチェックしてみるといいでしょう。

配信サービスも利用可能

DVD以外にも、動画配信サービス「Hulu」に加入されている方は『おぎやはぎの愛車遍歴』を視聴することが可能です。現在は、151話から211話まで配信中されています。まだDVDに収録されていない放送回が多く見られるので、月額料金の支払いが必要となりますが配信サービスもおすすめです。

また、最新の放送回であれば、Huluに加入していなくても見ることができ、見逃してしまったときも安心です。

おぎやはぎの愛車遍歴のアシスタント・竹岡圭とは?

おぎやはぎとともに番組の進行役を務めているのは、自動車評論家の竹岡圭さんです。一体どんな人物なのかを見てみましょう。

自動車評論家とは

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧|壇蜜/若林/土屋/石橋

基本的に自動車評論家とは、市販されている車そのものの乗り心地や機能などの評価、自動車メーカーの動向についての分析や解説を行う人達のことを指しますが、近年では自動車市場の拡大に伴い、経済評論家的な立ち位置を取ることもあります。

さらには、自動車に関連する行政法やスポーツへの評論なども自動車評論家として解釈されており、一口に自動車評論家といってもその活動は多岐に渡ります。日本には、自動車評論家で構成される『日本自動車ジャーナリスト協会』という団体が存在し、年一回ほど講習を行っています。

竹岡圭のプロフィール

竹岡圭さん、は元OLから自動車評論家に転身、2007年にタレントとしての活動を開始しました。自動車のある生活とエコをテーマに、女性カージャーナリストとして女性の目線から車に着目し、テレビやラジオなどで活動を行っています。

日本自動車ジャーナリスト協会の理事を務めており、年間を通して国内で販売された最も優秀な乗用車に贈られる賞「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考員でもあります。また、各種国際ラリー・一部の国際格式レースに出場可能となる国際C級ライセンスの持ち主であり、ドライバーとしてレースへの出場経験もある、筋金入りのクルマ好きです。

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧|壇蜜/若林/土屋/石橋

壇蜜に車をプレゼン!

2017年08月19日の放送回では、グラビアアイドルや女優、タレントとして活躍する壇蜜さんがゲストとして登場しました。

一度も車を所有したことのないという壇蜜さんのために、おぎやはぎが車をプレゼンしました。矢作兼さんがオススメしたのはテスラのモデルXです。

テスラのモデルXはピュアEVであり、三列シートで最大七人乗りの大型車です。サラウンドカメラによって全方位を確認し、センサーによって周囲の障害物を検知することができるセーフティ機能が標準装備された、車初心者である壇蜜さんを考えてのチョイスでした。

オードリー若林が車好きになったきっかけは窪塚洋介?

2015年8月15日の放送回でゲストとして登場したのは、お笑いコンビ「オードリー」のツッコミ、若林正恭さんです。

車好きのイメージがあまりない若林さんですが、そのイメージを裏切らず、30代になるまで免許は取っていたものの車は所持していませんでした。車好きとなったきっかけは、若林さんにとって初めての車となった三菱・パジェロです。今から8年前の2009年、当時放送されていた人気バラエティ番組「東京フレンドパーク」にてダーツを命中させ、パジェロを当てました。

窪塚洋介に憧れて色を変更

2002年公開の映画「凶気の桜」にて窪塚洋介さんが乗っていた白の大型車に憧れていた若林さんは、オプション代を10万支払ってパジェロを白に変更します。それ以来、一人車に乗っては寿司を食べに行ったりパーキングエリアを散策したりと、大の車好きになりました。

初めて自分で購入した車は、トヨタのランドクルーザー200です。実は、映画で窪塚洋介さんが乗っていたのは、これの三代前にあたるランドクルーザー60です。厳つめの大型車が好みだという若林さんに『愛車遍歴』はカスタムしたランドクルーザーを用意しました。

おぎやはぎがドリフトキング・土屋圭市のドリフトを体験!

2013年5月18日、5月25日にゲストとして登場したのはドリフトキングの異名を持つ元レーシングドライバー、土屋圭市さんです。

1977年、21歳で初レースを飾った土屋さんは、ドリフト走行を得意とするレーシングスタイルから「ドリフトキング」の異名を持っており、人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』にスタントとして出演したこともあります。さすが、元レーシングドライバーというだけあって、愛車にしてきた車は数知れずです。

日産のスカイライン2000GT、GT-Rなどを経て現在の愛車はトヨタのスプリンタートレノです。

番組にとってもおぎやはぎにとっても初となるサーキット場での収録で、土屋さんのドリフトを生体験することになりました。おぎやはぎの矢作さんは、見た目の派手さとは対照的にゆっくりとハンドルを切る土屋さんに驚き「外から見るのと中から見るのとではぜんぜん違う」と感動した様子でした。

とんねるず石橋貴明の愛車はポルシェ

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧|壇蜜/若林/土屋/石橋

2014年7月12日に放送された記念となる第100回目の放送にゲストとして登場したのはとんねるずの石橋貴明さんでした。99回目のゲストは、同じくとんねるずの木梨憲武さんで「自分たちにとってのトップスターのとんねるずが、冠番組の100回目を飾ってくれるなんて芸人になってよかった」と、おぎやはぎの二人も感動していました。

石橋貴明さんは、「夕やけニャンニャン」や「うたばん」など数多くの人気バラエティ番組への出演を経て、今やお笑い界を代表する人気芸人となりました。そんな石橋さんの愛車は、ポルシェ最後の空冷モデルであり、現在も高い人気を誇るポルシェ911・カレラ(993型)です。

石橋さんは、かつての愛車はメルセデス・ベンツ、初めて購入した車はBMVという、まさに大物芸能人といった愛車遍歴を持っていました。20年前に購入したポルシェ911・カレラを今でも乗り継いでいる石橋さんですが、最近はイギリスの高級車・ベントレーも気になっていると語りました。

おぎやはぎの愛車遍歴のナレーション

『おぎやはぎの愛車遍歴』をすでにご覧になったことのある方は、もしかしたらナレーションの声に聞き覚えがあるという方もいるのではないでしょうか。テレビアニメ『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル役で知られる池田秀一さんです。

池田さんは、アニメだけでなく数多くの映画で吹き替えを務めるなど、ベテラン声優として知られていますが、実は幼い頃から子役としてドラマに出演し、それ以降もテレビドラマや映画に出演していました。

池田さん演じるシャア・アズナブルは、初の『機動戦士ガンダム』テレビアニメ放送から40年近く経った今でも根強い人気があり、2013年・2015年にはトヨタとコラボレーションした特装車『シャア専用オーリス』も販売されました。

赤い彗星の異名を持つシャア・アズナブルをイメージした『シャア専用オーリス』は、内装まで徹底的に拘ってデザインされた特別仕様となっています。限定販売のためもう購入することはできませんが、シャア・アズナブルファンが愛車とするのに持って来いな車といえるでしょう。

おぎやはぎの愛車ロールスロイスの種類は?

おぎやはぎ・矢作兼さんは、愛車としてロールスロイスを一台所有しています。車種は、1965年から1980年まで発売されていたロールスロイス・シルバーシャドウⅡです。1979年にモデルチェンジされた二代目で、高級車ではありますが古いため価格は580万と、比較的手頃な価格でした。日本では、10台とないだろうと言われています。

実は、2012年に放送された『おぎやはぎの愛車遍歴特別企画 おぎやはぎへのプレゼンショー』内にて、おぎやはぎ矢作さんはこのロールスロイス・シルバーシャドウⅡを購入しました。「自分で運転するロールスロイスが欲しい」という希望を持っていた矢作さんは試乗で気に入り、番組内で契約書にサインしました。即決で購入に踏み切ってしまえるあたりさすがです。

クルマ好きに持って来いのトークバラエティ

おぎやはぎ愛車遍歴へのゲスト一覧|壇蜜/若林/土屋/石橋

『おぎやはぎの愛車遍歴』は、愛車からその人の人生を掘り下げていきます。たとえおぎやはぎやゲストの芸能人に興味がなくとも、クルマ好きなら楽しめる内容になっています。これからどんなゲストがどんな話を披露してくれるのかを期待していきましょう。

Related