Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月21日

【都道府県別】おすすめ愛車の写真撮影スポット・芸能人の愛車

ここでは愛車についてみていきます。有名人の愛車や、愛車の写真撮影におすすめのスポット、愛車コンテストなどについて紹介していきます。車好きな方はぜひ参考にして頂き、お役立てください。愛車をもっと楽しみたい方もぜひご一読ください。

【都道府県別】おすすめ愛車の写真撮影スポット・芸能人の愛車

愛車自慢の仕方

【都道府県別】おすすめ愛車の写真撮影スポット・芸能人の愛車

自分のお気に入りの愛車を誰かに自慢したい、見てもらいたい、と思ったことがある人は多いでしょう。愛車自慢をするのに良い方法は愛車自慢コンテストに出ることでしょう。コンテストでは自分の愛車を思う存分にアピールできる場が用意されています。愛車自慢コンテストについて詳しくみていきましょう。

愛車自慢コンテスト

愛車自慢コンテストの中で一番応募しやすいのは、フォトコンテストでしょう。お気に入りの愛車を映した写真を撮ればすぐに応募できます。

車のみの写真だけではなく、車とともにある生活の一場面や、太陽の光を浴びた美しい車の写真、車でしか味わうことができない日常から離れた空間の写真などさまざまなスタイルで応募することができます。車好きであれば、だれでも気軽に応募することができます。

芸能人の愛車

矢沢永吉

矢沢永吉さんは大の車好きです。矢沢さんの愛車を見ていきましょう。一番初めはベンツでした。その後、ポルシェ、リンカーン・コンチネンタル、アウディとさまざまな高級車を愛車として運転されています。

ルイスハミルトン

【都道府県別】おすすめ愛車の写真撮影スポット・芸能人の愛車

ルイスハミルトンは、イギリス出身のレーシングドライバーです。23歳という若さでワールドチャンピョンのタイトルを手にしました。ルイスハミルトンの愛車は、ラフェラーリです。フェラーリ最強のエンジンと最高出力950馬力というパワフルなハイブリッドカーです。

また、パガーニ・ゾンダ760LHはイタリアの自動車メーカー、パガーニ・アウトモビリのスーパーカーで、ルイスハミルトンのためにつくられた車です。

ミハエル・シューマッハ

ミハエル・シューマッハは、ドイツ出身の元F1ドライバーです。かつては「赤い皇帝」と呼ばれていて、F1史上最高の戦績を残したました。

ミハエル・シューマッハの愛車は、フェラーリ・カリフォルニアです。このフェラーリ・カリフォルニアは、数ある愛車の中でもシューマッハの一番お気に入りの車だったといわれています。またシューマッハは、大のハーレー好きとしても有名です。ハーレーVRSCファミリーも所有しています。

フェルナンド・アロンソ

フェルナンド・アロンソは、スペイン出身のF1ドライバーです。フェルナンド・アロンソの愛車は、フェラーリ FFです。この車はレースで優勝した際に贈呈された車です。以来彼の愛車となっています。

マセラティ・グランカブリオは、イタリアの高級車自動車メーカーであるマセラティから出ているスポーツカーで、こちらもマセラティからフェルナンド・アロンソに贈呈されました。

ネイマール

【都道府県別】おすすめ愛車の写真撮影スポット・芸能人の愛車

ネイマールはブラジルのサッカー選手です。ネイマールの愛車は、アウディR8です。他にも愛車として、ボルボ、ポルシェ、フォルクスワーゲンなどを所有しています。

クリスティアーノロナウド

クリスティアーノロナウドはポルトガルのサッカー選手です。彼の愛車は、ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4です。この車は世界で100台しか発売されていない非常にレアなもので、車好きなクリスティアーノロナウドにとってお気に入りの愛車になっています。

リオネル・メッシ

リオネル・メッシはアルゼンチンのサッカー選手です。世界最高のサッカー選手に贈られる賞「バロンドール」を何度も受賞し、誰もが認める世界最高のサッカーの神様です。メッシの愛車は、マセラティ・グランツーリズモです。ほかにもフェラーリやアウディ、レクサスなどの車を所有してます。

愛車紹介するときのポイント

愛車紹介をするときは、愛車との馴れ初めはもちろんのこと、自分が愛車のどこを気に入っているのかをアピールしましょう。そうすれば、他の人の愛車のPRポイントと重なってしまう心配がありません。

愛車との別れ

どんなに大好きな愛車でも別れの時はやってきます。車が機械である以上、摩耗や故障は避けることはできず、また事故などにより突然の別れを強いられることもあるでしょう。愛車と別れるタイミングや別れ方についてみていきましょう。

愛車との別れ方

長年連れ添った愛車を手放すのは本当に寂しいこととおもいます。しかしながら、古くなった機械をそのままにしておく訳にはいきません。愛車との別れ方は、大きく分けて、個人買取、買い取り、下取り、廃車の四つになります。

個人買取

友人や親せきに愛車を買い取ってもらうことをいいます。知っている人に乗ってもらうことで、自分自身も末永く愛車を見守ることができるというメリットがあります。しかし、買い取り価格などについては遠慮してしまい、思ったより高く売れないというデメリットもあります。

買い取り

買い取りとは、買い取り業者に車を買い取ってもらう方法のことをいいます。車の買取り業者はたくさんあるので、複数社に一括で査定してもらい、買い取り価格の一番高いところに売却するのが良いでしょう。海外転勤になってしまい、愛車を持っていけないなどの場合におすすめの方法です。

下取り

下取りとは、新しく車を購入する時に、今まで乗っていた車を売却し、新車購入費用にまわすことをいいます。下取りされた車は、状態によって、中古車として販売されることになるか廃車になるかが決まります。

廃車

悲しいことですが、事故や天災の被害などで、車を廃車にしなければならないこともあります。修理しても長く乗り続けられる保証はありません。また、下取りのタイミングを逃してしまったり、買取りで値段がつかないと言われた場合、最後の手段として廃車という選択肢があります。

都道府県別おすすめの愛車の写真撮影スポット

東京

東京での愛車の写真撮影のおすすめスポットは表参道です。表参道ヒルズをバッグに愛車を撮影するのがおすすめです。背景の華やかさと対照的な愛車がとても大きく見えて映えることでしょう

大阪

大阪の愛車の写真撮影のおすすめスポットは大阪港です。特に大阪港第三突堤第七岸壁は、車好きのたちから「ナナガン」と呼ばれていて、絶好の写真撮影スポットとなっています。大阪湾をバッグにたたずむ愛車から非日常的な雰囲気が感じ取れます。

富士山

愛車の写真撮影のおすすめスポットに富士山ははずせません。車好きな人なら一度は雄大な富士山をバックに愛車を撮影したいと思うことでしょう。

神奈川

神奈川の三浦海岸も愛車の写真撮影におすすめのスポットです。海を背景にするといつもの愛車が一味違って見えること間違いなしです。

神奈川県でもう一つのおすすめポイントが横浜ベイブリッジです。撮影のおすすめ時間帯は日没頃です。沈む夕日で空がオレンジ色に染まった時がシャッターチャンスです。空のオレンジと愛車の色の対比がきれいに撮影できます。この場所は付近にバスの停留所があるので、撮影する際にはバスの邪魔にならないようにご注意ください。

千葉

千葉での愛車撮影おすすめスポットは千葉フォルニアです。千葉フォルニアは、千葉県袖ケ浦市にあります。ヤシの木が立ちならび、まるでカリフォルニアに行ったかのような気分になれる場所です。

愛車への名前の付け方

愛車に名前は付けていますか。子供に名前を付けるように愛車にも名前をつけてかわいがりたいです。付け方は、車の車種をもじったり、また子供のように○○子や○○太郎のようにするのもおすすめです。名前を付けることでより一層の愛着がわいてくるでしょう。

愛車を楽しみましょう

ここまで、愛車についていろいろな角度からみてきました。普段何気なく乗っている自家用車も長年使っていると愛着がわいてきます。愛着がわいてくると愛車との別れはとても辛いものになります。別れが突然であればなおさら辛くなるでしょう。

別れが来る日を思うと辛くなりますが、そんな時も後悔がないように、普段から愛車を楽しむようにしましょう。もちろん洗車も丁寧に行い休ませてあげることも大切です。

Related