Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月22日

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

岡山はスキー場の数こそ少ないですが、日本海側からの季節風が山にぶつかり豊富な積雪があります。また、全国的に有名なスキー場がない代わりに穴場が多く、ファミリー向けのゲレンデから上級者が楽しめるスポットまで存在します。ぜひ岡山のスキー場へ足を運んでみてください。

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

岡山のおすすめスキー場ランキングTOP3

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

岡山県にあるスキー場の中から、おすすめのTop3をご紹介します。主にコースやアクセスの良さ、サービスの充実度などを重視して選出しています。

毎年岡山県外でウィンタースポーツを楽しんできた方も、これから始めようという方もぜひ参考にして、お気に入りのスキー場を見つけてください。

3位:恩原高原スキー場

岡山県鏡野町にある岡山最大規模のスキー場で、恩原湖や中国山地を一望できる、絶景のパノラマゲレンデです。スキー場のコースはキッズ・ビギナー向けの「パノラマゲレンデ」と、中・上級者向けの「レイクサイドゲレンデ」の2つに大きく分かれています。

平均斜度9度の広くなだらかな「パノラマゲレンデ」は練習をするには最適で、17:30からナイター営業も行っていますので、じっくりと練習に打ち込むことができます。また、雪上エスカレーターや専用レストルームが完備された、キッズパークも常設しています。一方「レイクサイドゲレンデ」は、最大斜度28度のコースがあり、上級者も楽しめます。

近隣には上齋原温泉と奥津温泉があり、ファミリーにも人気のスキー場です。

スキー・スノーボード比率スキー50% ボード50%
コースガイド初級20% 中級60% 上級20%
アクセス(岡山方面から)国道53号院庄ICから国道179号上齋原、国道482号から15分
温泉クアガーデンこのか:リフト券に入浴割引券があり、400円で利用可能です。

2位:ひるぜんベアバレースキー場

岡山県真庭市にあるスキー場で、蒜山ICから5分というアクセスの良さと、全コース毎日ナイター営業というサービスが魅力です。仕事終わりでも気軽にナイターを楽しめる、岡山で最も都会派なスキー場です。

リフト数2本とコース数4本という小規模のスキー場ながら、人工降雪機1台を導入して安定した雪質のゲレンデを提供してくれます。スノーボーダーには、ジャンプ台、キッカー、レール、ボックスなどの嬉しい設備が充実したボードパークがあります。

さらにキッズ向けには、スノーエスカレーターが設置された「わんぱくちびっ子広場」があり、ソリ遊びも快適に楽しめます。(キッズパークの入場料は500円で、営業時間は9:00~16:00までとなっています。)

スキー・ボード比率スキー40% ボード60%
コースガイド初級30% 中級50% 上級20%
アクセス米子自動車道蒜山ICから国道482号、県道58号を新庄村方面へ車で3km
温泉休暇村内天然温泉高原の湯:大人500円で、筋肉痛や疲労回復に効く単純弱放射能泉です。

1位:いぶきの里スキー場

岡山県新見市にあるスキー場です。規模は小さめですが、人口造雪機で安定した積雪を提供してくれます。また、岡山のスキー場の中でも、女性やファミリーに嬉しいサービスが充実していて、遊びやすいスキー場として定評があります。

ゲレンデはビギナー向きの暖斜面「イルミネーションコース」から、中・上級者向けの「テクニカルコース」「チャンピオンバレー」があります。キッズ向けにはキッズウェイやエアドームなどの遊具が充実したキッズパークがあり、安全に遊べます。託児ルームもあるので、より快適にウィンタースポーツを楽しむことができます。

スキー・スノーボード比率スキー60% スノーボード40% 
コースガイド初級50% 中級30% 上級20%
アクセス中国自動車道新見ICから国道180号を米子方面へ車で27km
温泉新見千屋温泉いぶきの里:大人800円で、スキー場から車で1分程です。

特徴別岡山のおすすめのスキー場

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

気持ち良く滑れる、積雪が多い岡山のスキー場

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

溶けてシャーベット状になった雪や部分的に地面が見えたゲレンデで滑るのは、テンションが下がるだけでなく、怪我にもつながりますので避けたいところです。ここでは岡山のスキー場の中でも比較的雪質が良く、積雪が多いスキー場をご紹介します。

津黒高原スキー場

岡山県真庭市にあるスキー場で、津黒山の北斜面に位置しており、安定した積雪量と良質な雪が自慢のスキー場です。岡山のスキー場の中では市内から最も近く、アフタースキーには日帰り温泉が楽しめる「津黒高原荘」もある人気のスキー場です。

ゲレンデはスノーボード全面滑走可能で、起伏に富んだコースや中腹のボードパークがスノーボーダーに人気です。

岡山からバスで行けるスキー場

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

スキー場へマイカーで行くのは、好きな時間に出発できて荷物も運べて便利ですが、スタッドレスの準備や渋滞、事故などの心配もつきまといます。バスツアーを利用すれば、行きも帰りも寝ている間に目的地まで連れて行ってくれますので、それらの心配をすることなく、気楽に遊ぶことができます。

ここでは岡山や倉敷を発着とする日帰りバスツアーをご紹介していますが、バスを利用した宿泊プランや、子ども向けに雪遊びと温泉がパックになったプランなどもあります。上手に活用して、冬にしかできない遊びを満喫しましょう。

いぶきの里スキー場バスツアー

岡山・倉敷を発着とする両備バスの日帰りツアーです。料金は1日リフト券が付いて大人1人¥7,900~¥8,500、子どもはリフト券なしの¥4,000~¥4,500です。

発着地は山陽専用駐車場、岡山専用駐車場、岡山市営駅南駐車場、瀬戸大橋温泉「やま幸」前駐車場、両備バス倉敷、倉敷インター前駐車場となっており、どこから乗車・下車してもOKなプランです。

なお、ネット早割りがあり、10日前までに予約すると¥200引きになります。

恩原高原スキー場バスツアー

こちらも両備バスの日帰りツアーです。料金は大人¥5,500、子ども¥4,500で、大人・子ども共に1日リフト券の割引券が付いています。

発着地は両備バス倉敷、瀬戸大橋温泉「やま幸」前駐車場、岡山市営駅南駐車場、岡山専用駐車場となっており、どこからでも乗車・下車できます。

ネット早割あり。

子供におすすめ

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

岡山県内のほとんどのスキー場では、子どもが楽しめるキッズパークが設置されています。その中でも、子どもに人気の遊び場をご紹介します。寒い冬はインドアになりがちですが、気軽に日帰りで楽しめるスキー場もありますので、ぜひ連れて行ってあげましょう。

ひるぜんキッズスノーパーク

ひるぜんベアバレースキー場の「フォックスロックコース」下に、キッズスノーパークが土・日・祝日のみ(2016-2017シーズン情報)オープンします。入場料として¥500が必要ですが、岡山では珍しいチュービングで滑るスノーシューターなど、大人でも楽しめる遊具が無料で使用できます。また、スノーエスカレーター(歩く歩道)も無料で使用できるので、遊具やソリで滑り降りた後も楽ちんです。

東側には雪山やかまくらなどを作って遊べる区画もあります。小さなお子様でも安心して楽しめますので、お子様の雪遊びデビューにも最適です。

キッズパークわーにーズ(いぶきの里スキー場)

キッズウェイと名づけられたコンベア式の歩く歩道で、ソリも楽々運べます。小さなお子様には、カラフルなワニやヒコーキの形をしたエアドームという遊具も用意されていて、ドームに登ったり滑り台をして遊ぶことができます。

入場料は大人も子どもも¥500で、0際・1歳のお子様は無料になっています。(当日の入退場は自由です。)ソリも¥500でレンタル可能なので、スキー場へ手ぶらで行っても楽しめます。

また、休憩所には床暖房やコインロッカーが完備されていて、託児ルーム「トムソーヤ」もありますので、安心・快適に遊ぶことができます。

ゲレンデが目の前!宿泊できる岡山のスキー場

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

ゆっくり、じっくりウィンタースポーツを楽しみたい方に、ゲレンデから車移動なしで宿泊所まで行けるスキー場をご紹介します。

いぶきの里スキー場に宿泊しよう

岡山県新見市のいぶきの里スキー場では、リフト券2日分と夕食・朝食が付いた、お得な宿泊プランがあります。宿泊施設はスキー場から徒歩3分のところにあり、無料駐車場からセンターハウス間では無料シャトルバスの運行もありますので、どこへ移動するにも快適です。

夕食はすき焼きや海鮮寄せ鍋など、体が温まるメニューになっていて、料金は以下のとおりです。(2016-2017シーズン情報のため、ご利用の際は事前にお問い合わせください。)

通常日大人1人/¥9,800 子ども1人/¥7,900
年末年始など特定日大人1人/¥11,000 子ども1人/¥8,800

リフト券が安い

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

スキー場では岡山に限らず食事や飲み物など全ての物価が高めで、思ったよりお金を使います。岡山県内のスキー場ならどこも変わらない料金だと思いがちですが、スキー場によって料金やサービスもさまざまです。同じ時間遊ぶなら、各スキー場が実施しているWEB割引やキャンペーンを大いに活用して、お得に楽しみましょう。

大茅スキー場

岡山県英田郡にあるスキー場で、1日リフト券が¥3,000(大人・子ども共通料金)、午前・午後券が¥2,200と、岡山で最もリーズナブルなスキー場です。

ゲレンデは標高差50mのなだらかな地形で、初級・中級者が滑りやすく、練習にも適しています。スノーボード全面滑走可能で、ソリや雪合戦が楽しめるキッズランドも常設しています。ただし、2017-2018シーズンのオープンはまだ未定となっており、行かれる際には確認してからお出かけください。

津黒高原スキー場

岡山県真庭市のスキー場で、平日1日券が大人¥3,300、子ども¥2,000、土日祝1日券が大人¥3,800、子ども¥2,000と、元々リーズナブルな上、1日リフト券が500円引きになる、お得なWEB割引もあります。

さらに「雪マジ!19」という、19歳なら全国190ヵ所以上のスキー場でリフト券がタダになるキャンペーンに参加していて、平日・休日関係なく全日無料になります。19歳になる方は、ぜひアプリをダウンロードして、お得なキャンペーンをご活用ください。

なお、岡山県内のスキー場では津黒高原スキー場の他に、恩原高原スキー場でも同キャンペーンを取り入れていますが、無料になるのは平日のみとなっています。

いぶきの里スキー場

何度も登場している、岡山県新見市にあるスキー場です。1日券は大人¥4,000と高めですが、ここの良いところは3時間、4時間、5時間、6時間券があるところです。

岡山県内だけでなく、ほとんどのスキー場では午前・午後で区切られていますが、ここでは好きな時間に行って好きなだけ滑る事ができます。小さなお子様連れの家族には特に好評で、少し遊んで食事や温泉も楽しみたいという場合に最適です。

岡山のスキー場の雪情報の調べ方

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

スキー場のホームページで調べる

せっかくスキー場へ足を運んでも、雪の状態が悪いと十分に楽しむことができません。スキー場の積雪情報を得るのに最も確実なのは、スキー場サイトでライブカメラを確認する方法です。

ライブカメラとは、スキー場のゲレンデに設置されたカメラの映像を、1日中リアルタイムで確認することができるサービスです。スキー場の全コースの様子が見られるわけではありませんが、一番分かりやすい目安となります。

岡山のスキー場では、「いぶきの里スキー場」、「ひるぜんベアバレースキー場」、「津黒高原スキー場」などがライブカメラを導入しています。

ライブカメラがないスキー場の場合

ゲレンデの詳細な様子は見られませんが、道路に設置されたライブカメラでも積雪を予想することができます。「岡山県、冬期道路気象情報システム」を使えば、道路状況がリアルタイムで確認できますので、これから向かうスキー場へ安全に車でいけるかどうかもチェックできます。とても便利ですので、ぜひご活用ください。

天気予報から予想する

岡山気象情報から、ピンポイント天気予報を利用して予想します。その場合はスキー場へ行く当日の天気だけをチェックするのではなく、その何日か前の天気も併せて見ていくと、ゲレンデのコンディションが予想しやすくなります。

週間天気予報でスキー場へ行く前日に雪が降っていれば、運が良ければフワフワの新雪を楽しむことができます。逆に前日までに雨が降っていたり気温が高かったりすると、シャーベット状の雪だったり、バリバリのアイスバーンだったりします。

ウィンタースポーツを楽しむ上で天気は非常に重要ですので、ライブカメラでゲレンデの様子が見られるスキー場でも必ずチェックするようにしましょう。

2017-2018シーズンの積雪予想

岡山のおすすめのスキー場ランキングTOP3|積雪が多い

一昨年は岡山だけでなく、どこのスキー場も深刻な雪不足に見舞われましたが、昨年は打って変わって大雪になりました。さて、今シーズンはスキーヤーやスノーボーダーにとって、どんな冬になるのか楽しみです。

よく夏が猛暑ならその年の冬は厳しい寒さになるといいますので、2017-2018シーズンは厳寒(げんかん)になるのではと予想しそうになりますが、気象庁では寒さも積雪も平年並みとの見解を発表しています。

雪が降らないと始まらないウィンタースポーツですが、スキー板やボードのお手入れをしっかりと済ませ、スキー場オープンに向けて備えましょう。

Related