Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

シガーソケット用の掃除機と掃除方法|吸引力・コードレス・平均価格

車用の掃除機について紹介しています。最近では様々なバリエーションの掃除機が販売されているほか、家庭用としても兼用することができるほどの小型・高性能掃除機が各メーカーからラインナップされています。機能性や利便性、使い方や価格などについても紹介しています。

シガーソケット用の掃除機と掃除方法|吸引力・コードレス・平均価格

車の掃除におすすめの掃除機

強力

カー用品コーナーでもクルマ専用掃除機はお馴染みの製品でしたが、近年では車専用掃除機には様々なバリエーションのものが登場しており、価格も高価なものからリーズナブルなものまで様々なものが販売されるようになりました。車用の掃除機というと小型でポータブル、どこでも活用できる利便性はあるものの、しかし「パワーにはちょっと・・・」と感じていた方も多いのではないでしょうか?最近の車用掃除機はパワフルなものが登場しており、少ない電力でもしっかりと吸引して、運転席シートの隙間やホコリやゴミがたまりやすいフロアマット部分でもしっかりと強力に吸引させる事ができます。この記事では強力な吸引力を持っている車掃除機をピックアップしつつ、他にも利便性の高い掃除機や価格などについても併せて紹介していきたいと思います。

吸引力

上記でも紹介しましたが、最近では強力な吸引力を持っている車専用掃除機が多く出揃ってきているというのが特徴です。強力な吸引力を持っている掃除機はモーターにパワーがあるだけではなく、話題のサイクロン方式を取り入れたコンパクト掃除機です。

サイクロン方式の掃除機が強力な吸引力を保つ秘訣としては、従来一般的だった紙パック式とは違い、遠心力によって吸引したゴミを分別し集約しています。だからいつもモーターの排気口まで紙パックやゴミの空気抵抗を受けず、常に高い吸引力を保ったままお掃除を続ける事ができるのです!このタイプの掃除機は、以前は家庭向け製品ばかりでしたが、最近では車用掃除機としても販売されるようになってきており話題を集めています。

ハンディ

ハイディタイプで持ち運びが良く、いつでもどこでもお掃除を行う事ができる利便性の高さも車用掃除機としてのメリットのひとつです。車用掃除機の電源はわずか12Vの低電圧で稼働させる事ができるタイプもあります。この12V電圧は国産車用のバッテリー電圧値と同じものですが、シガーライターソケットから取り出す事ができる電源です。カー用品コーナーで販売されている多くのハンディタイプの掃除機はシガーライターソケットから電力を供給する事が出来る専用ケーブルが付属していますので、車内であればどこでもお掃除が自由に行えます。

ただ、いくら便利であるからといって、車用バッテリーの電池を使ってモーターを回しているため、停車中に掃除機を使いすぎてバッテリーあがりを起こしてしまわないように十分注意しましょう。ハンディタイプのメリットは、車用ポータブル掃除機の中でもハイパワーのものが多く、吸引力に期待できます。デメリットとしては、電源までのケーブル接続が必要になってしまうため、取り回し範囲が限られてしまう点です。掃除機と併せてコードリールを使い、家庭内からの100V電源を使うのも良いかもしれませんね!

コードレスなど

シガーライターソケットから電源ケーブルを使って、電力を供給するタイプのハンディタイプとは違って、コードレス掃除機というタイプも販売されています。このコードレス掃除機は、掃除機本体内部へバッテリーが格納されているタイプの製品で、使用後にしっかりとバッテリー内部の電力を充電しておくことで再びモーターを回転させる事が出来る仕組みです。

コードレスタイプのメリットとしては、ケーブルの取り回しが不要であるという点です。ケーブルがいらないので電気を使う事ができないガレージや、足回りなどの清掃でも活用することが出来ます。一方、コードレスタイプのデメリットとしては、バッテリーを何度も充放電していると吸引力が劣ってきてしまうという事です。この場合はバッテリーを交換すれば、再び吸引力を復活させる事ができます。

シガーソケットでの掃除に、おすすめの掃除機と掃除方法

シガーソケット用の掃除機と掃除方法|吸引力・コードレス・平均価格

シガーライターソケットから電源ケーブルを使って、電力を供給するタイプのハンディタイプとは違って、コードレス掃除機というタイプも販売されています。このコードレス掃除機は、掃除機本体内部へバッテリーが格納されているタイプの製品で、使用後にしっかりとバッテリー内部の電力を充電しておくことで再びモーターを回転させる事が出来る仕組みです。

コードレスタイプのメリットとしては、ケーブルの取り回しが不要であるという点です。ケーブルがいらないので電気を使う事ができないガレージや、足回りなどの清掃でも活用することが出来ます。一方、コードレスタイプのデメリットとしては、バッテリーを何度も充放電していると吸引力が劣ってきてしまうという事です。この場合はバッテリーを交換すれば、再び吸引力を復活させる事ができます。

ハンディタイプおすすめ掃除機の紹介!

HOTOR サイクロン カークリーナー WZW-329

サイクロン方式を採用し、安定した吸引力を持続させる事ができる車用で、頼もしい106Wのハイパワーの掃除機です。車下フロアの小石や紙くず、お茶やジュースなどの液体でも問題なく吸引する事ができます。本体内部には空気清浄機にも活用されているHEPAフィルターが搭載されていて、目に見えないチリやダニも完全除去可能!ダストカップは水洗い可能で、お手入れも楽ちんです。5mの電源コードはシガーソケットに接続することができます。3種類の便利なアタッチメントも付属して、狭い隙間でもしっかり吸引します。

HC-EB51GY / ハンディージェットサイクロンEX

小型にも関わらず吸塵力180Wのハイパワー!車用のサイクロン方式掃除機です。コンセント対応の電源を使用するのでコードレスではありませんが、ハンディタイプの中でも安定した吸引力を持続させて使う事ができます。製品に付属するブラシ・ノズルは様々なものが揃っていてバリエーションが豊富です。小型、軽量、ハイパワーでもあるため家庭用のハンディクリーナーとしても長く使える製品です。ただしAC100V専用なので、コードリールを活用するか、あるいは容量のあるシガーライター/100V変換インバーターを使って掃除を行いましょう。

ダイソン ハンディークリーナー DC34 モーターヘッド

「ダイソン独自のルートサイクロンテクノロジー」という広告でおなじみの、高性能掃除機を豊富にリリースしている人気海外メーカーダイソンの人気ハンディタイプは「DC34 モーターヘッド」です。この車用ハンディクリーナーDC34モーターヘッドにも、ルートサイクロンテクノロジーが搭載され、コードレスでもパワフルなダイソンV2デジタルモーターを搭載しています。「強モード」というハイパワーモードが搭載されており、約6分間連続でモーターを高速回転させる事が可能です。とにかく車内の細かいゴミやホコリを一網打尽に吸引したいならこの製品を選びましょう!

Begost ハンディクリーナー コードレス 充電式 DY-502

Amazon.co.jpでも人気を集めている車用ハンディクリーナーが、BegostのDY-502です。この製品はシンプルかつ小型軽量な設計で重量は570gとなっており、片手でもラクラク持ち運びを行う事ができます。掃除中には意外と手に負担を感じてしまう人も少なくありませんが、この製品ならコードレスだから、必要になったら素早く取り出して使う事ができます。1300mAhのリチウムイオン電池を搭載しており、45分間パワフル吸引が可能です。一度の充電で車内を綺麗にできますね!

電式ウエット&ドライハンディクリーナー FC-830 メタリックレッド 6V

子供でも簡単に掃除を行う事ができる軽量&ハイパワーが魅力のFC-830は、6Vの低電圧設計で、かつハイパワーなモーターを搭載しており、500円玉でもラクラク吸引する事ができます。低価格な製品にも関わらず、乾湿両用タイプとなっているため、吸水ノズルを使用すればジュースなどの液体もぐんぐん吸い取ることができます。本体もコンパクトに収納でき、邪魔にならず車用掃除機としてはぴったりな製品です。

車内を綺麗にするために!

車内を綺麗にするために、まずは上の方からお掃除を進めていきましょう!例えばクルマのダッシュボードやインパネ周り、ステアリング周り、メーター周り、あるいは乗用車であればリアウインドウの下部などは、ホコリがたまりやすい場所です。まずはハタキなどを使ってしっかりとホコリを下に落としてしまいましょう。次に座席シートですが、ここでようやく車用掃除機の出番です!ブラシノズルや細口ノズルなどを使ってしっかりと吸い取ります。隙間のごみは細口を使い、柔毛の部分はブラシノズルでホコリを書き出しながら掃除を行います。

最後にフロア部分ですが、フロアマットへと一通り掃除機をかけたら外でしっかりと布団のように叩いて陰干しを行います。マット下のフロアもゴミがたまりやすい場所となっているため、掃除機をかけましょう。くれぐれもバッテリー上がりには注意して行う事がポイントです!

バッテリーあがりを防ごう!

シガーソケット用の掃除機と掃除方法|吸引力・コードレス・平均価格

モーター駆動の車用掃除機はバッテリーあがりを心配する人も少なくはないかと思います。シガーソケットとバッテリーとは車内の電気回路で繋がっていて、車を停車中に、シガーライターソケットと掃除機とを接続しながらずっと使い続けているとバッテリーあがりを起こしてしまいます。バッテリーあがりを防ぐために、停車中の掃除はできるだけ短時間で済ませるか、あるいは心配な場合はエンジンをかけてアイドリング状態にしながらお掃除を行いましょう。エンジンがかかっている時は、車に搭載されているバッテリー充電器からの電力を使うことができるためにバッテリーあがりを防ぐ事ができるのです。

ハンディクリーナーは家庭内でも使える物を選択!

ハンディクリーナーの用途にもよるかもしれませんが、家庭内で活用する事ができるものを選択するのがオススメです。家庭内でも車内でも使う事ができる製品はポータブルで持ち運びが便利な点に加えて、ハイパワーで吸引力が強く、実用性も高い製品が多く販売されているためです。せっかくお掃除をするのですから、短時間で綺麗な仕上がりにできる掃除機が良いですよね。こんな時には高性能モーターを搭載した、家庭内でも兼用できるモデルにしましょう!

車の掃除機の平均価格

車用掃除機の平均価格

シガーソケット用の掃除機と掃除方法|吸引力・コードレス・平均価格

車用のクリーナーとしてはとてもリーズナブルな価格ですぐに使う事ができるタイプの製品から、高価で長く活用することが出来るメーカー製品まで様々な物が販売されています。例えば、一番安価なタイプとしては1,000円程度から販売されており、海外製サイクロン方式の高級品としては49,000円ほどのものも販売されています。どのタイプの製品でも好みの製品を見つけるのが一番良いですが、メリット・デメリットを調べてから購入するようにしましょう。

メーカー製品のホームページでは主にメリットが中心として紹介されているため、デメリットや使いにくい部分についても参考のため調べて、それでも満足できそうな製品であれば購入するのがオススメです。

安価な製品と高級品との違い

シガーソケット用の掃除機と掃除方法|吸引力・コードレス・平均価格

車用掃除機の場合、安価な製品は「ちょっとした掃除を行うために」という目的で作られている掃除機が多いようです。吸引力も弱く、紙パックタイプですぐに一杯になってしまいますが、例えば出先などでちょっと「車内の掃除を済ませたい」という場合には重宝します。

一方ある程度価格に自信がある製品はモーター吸引力もハイパワーで、サイクロン方式が取り入れられています。設計もしっかりとされてあり、長期的に活用できるほか、車内ばかりではなく家庭内で使っても問題く活用することができてオトクです。目的に合わせてホームページなどで機能性を調べてから、自分に合った機種をしっかりとチェックして購入するようにしましょう。

Related