Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

洗車は人によって作業方法や洗車の頻度などが変わってきます。しかし洗車にも正しい方法があり、正しい方法で行わなければ車の塗装面を痛めてしまいます。そこで今回は車の塗装面を痛めずに洗車する方法や洗車する時の注意点、オススメの洗車用品について紹介します。

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

車にも洗い方がある!?正しい洗車方法は?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

車を洗う時、皆さんはどのように洗っていますでしょうか?車の洗い方は人それぞれだと思いますが、車にも正しい洗い方があります。そこで今回は車の正しい洗い方や、洗車するときのポイントなどを紹介します。正しい洗車方法で車をピカピカにしましょう!

車の洗いすぎは良くない!?

車をマメに洗車すると車がいつも綺麗な状態になりますが、洗車をマメに行うことは、車のボディにとってはあまり良くないことです。

車を洗うとき、洗車に使うスポンジや拭き上げに使う布などでボディ表面に細かい傷をつけてしまいます。この傷は「洗車傷」や「スクラッチ傷」と呼ばれるもので、黒い車や色の濃い車だとこの傷が目立ってしまい、太陽の光などでボディが照らされた時にボディ表面に無数の細かい傷が見えてしまいます。

そのため洗車の回数を多くすると洗車傷を増やしてしまうため、洗車も適切な時期に行うことが重要になってきます。

車の洗車はいつ行うのがベスト?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

洗車を行う頻度は人によって様々です。毎週洗車する人もいれば1〜2ヶ月おきに洗車する人、全く洗車をしない人など、洗車の頻度は様々です。

前の項目でも書いたように、洗車を行いすぎると洗車傷を増やしてしまいます。ですが洗車する機会が少ないと車のボディについた汚れを落としにくくなってしまいます。また鳥のフンや虫の死骸などは車の塗装面に良くないものなので、洗車を全くしないことも車のボディを痛めることになってしまいます。

そのため洗車は多頻度に行わず、期間を開けすぎない程度に洗車をするのがベストでしょう。車が汚れていると感じた時に洗車を行えば良いかと思います。

洗車傷は自分で修理できるもの?

洗車傷は目の細かい研磨剤で削ることで傷を消すことができます。研磨剤がワックスやカーシャンプーなどに入っているものもあるので、それを使って洗車傷を落とすことができますが、研磨剤は削ることによって傷を消しているので、塗装面を削っていることになります。そのため洗車傷を消すために研磨剤で何度も磨いてしまうと塗装面が薄くなっていき、削りすぎてしまうと塗装の下地面が見えてしまうことがあるので、研磨剤を多頻度に使用することは避けましょう。

正しい洗車の方法は?

洗車と言っても洗い方にはいくつかの方法があります。また洗車とは車に付いた汚れを落として車を綺麗にするために行うためのものなので、車の汚れに合った洗車を行うのが良い方法でしょう。

車の汚れが比較的軽いものであれば水洗いで十分でしょう。車の汚れは時間の経過とともに落ちにくくなっていくものなので、車が汚れてからそんなに時間が経っていなければ車の汚れは水洗いで落とすことができます。

車に汚れが付いてから時間が経っていて水垢なども発生している場合は、カーシャンプーを利用して洗いましょう。水垢も時間の経過とともにこびりつくものなので、カーシャンプーで洗車しただけで落ちる水垢もあります。そのため、まずはカーシャンプーで洗ってみましょう。それでも落ちない水垢はカーシャンプーで洗った後に落としていきましょう。

洗車する時の注意点や守りたいこと

車を洗うときは様々なことに注意する必要があります。1つは洗車する時の天候に注意する必要があります。晴れた日で気温が高く、車のボディが熱くなっている時の洗車は避けましょう。水やシャンプーが乾いてしまい、ボディ表面に水垢やシミを作ってしまう原因になるので、洗車を行うときは曇っている時か晴れていてもボディが熱くなっていない朝か夕方などに洗車を行いましょう。

また車を洗う時に力を入れてゴシゴシ洗うとそれも洗車傷を付けてしまう原因になってしまうので、スポンジなどで洗う時であっても力を入れずに優しく洗いましょう。

最初に洗うのはタイヤから

車を洗うときは最初にタイヤやホイールを洗います。タイヤやホイールは車の中でも特に汚れやすいところなので、まずはタイヤを洗います。汚れがひどい場合はホイールクリーナなどの専用の洗剤を使って落とすのも良いでしょう。またこのときにホイールハウスと呼ばれるボディの内側、泥などがいっぱい付いているところも同時に洗っておくのも良いでしょう。

ホイールを洗うときはブラシを使うと楽に作業ができます。ここで注意したいのは、ホイール用のブラシでボディを洗ってはいけない点です。車のボディをブラシでゴシゴシ洗ってしまうと車に傷を付けてしまう原因になるので、車のボディはスポンジで洗いましょう。

ただの水洗いにも注意点がある!?

車を水洗いすることは誰でも簡単にできるものと考える方もいると思いますが、車の水洗いもきちんと行わなければ汚れが車に残ってしまったり洗車傷を増やしてしまう恐れがあるので、水洗いする時も注意して作業しましょう。

水洗いするとき、まずは車のボディに水をかけます。このときは砂や埃を落とすために水をかけるので、ホースの先を潰すなどして水圧を高くした状態で水をかけて落とせる汚れを落としましょう。

水をかけ終えたらボディ表面を濡れたタオルなどで拭きましょう。このときは車の水を拭き取るのではなくて、水をかけただけでは落ちなかった汚れを浮かすために拭いているので、車に水が残ったまま拭きましょう。拭き取る布は十分に濡らしておき、車とボディの間に水を残しておきながら拭きあげることでボディに洗車傷を付けにくくなります。この時に使うタオルはできるだけ柔らかい布で行うのが理想的です。

濡れた布で拭き終わったら車にもう一度水をかけ、車のボディの汚れを完全に洗い流します。車の汚れが完全に流れ落ちたら、車を拭きあげましょう。拭き上げに使う布はマイクロファイバーと呼ばれる布で拭き上げると良いでしょう。この布は吸水性が良く、磨き傷を付けにくいので、普通の雑巾などで拭き上げるよりも良いでしょう。拭き上げるときは布に水を吸わせるように拭き、こまめに絞って車を拭き上げると良いでしょう。

車のボディを水拭きするだけではダメなの?

中には車のボディを水拭きするだけではダメなのかと考える方もいると思いますが、車のボディを水拭きすると、ボディ表面に付いた砂や汚れなどが拭き伸ばされてしまい、磨き傷を付けてしまう原因になるので、水拭きで済ませるのは避けた方が良いでしょう。また水拭きだけでは汚れを完全に取ることができず、汚れが拭いた後となって残ってしまうので、水拭きだけでは車を綺麗にすることができません。そのため手間はかかりますが、しっかりと水をかけて洗車する必要があります。

シャンプーを使った洗車方法は?

カーシャンプーを使用して洗う場合、まずはシャンプーを作りましょう。カーシャンプーはそのまま水で薄めて使用する必要があります。カーシャンプーを適量バケツに入れてから水を注ぎましょう。薄める比率はカーシャンプーの説明通りに薄めましょう。

バケツに入った洗剤に水を加えるときは水圧を高くして水を加えるとシャンプーの泡立ちが良くなり、シャンプーの泡が磨き傷を付けにくくするので水圧を高くして水を加えましょう。

シャンプーができたら車に水をかけ、ボディの表面に付いた砂やホコリを洗い流しましょう。水をかけたらシャンプーをスポンジにつけて車を洗いましょう。

このときも力を入れずにボディ表面を撫でるように洗っていきます。洗う順番は上から下の順で洗っていきましょう。またこのとき、シャンプーの泡がボディの洗車傷を防いでいるので、シャンプーの泡が切れないように、小まめにシャンプーを付け足しながら洗っていきましょう。

またシャンプーを洗い流す前に乾いてしまうとボディにシミとなって残ってしまうので、泡が乾く前に水で洗い流しましょう。泡が乾いてしまうのは厳禁です。

シャンプーで洗い終えたら、泡を水で洗い流します。泡が車に残らないように、水をかけるときも上から下へたっぷり水をかけて洗い流していきましょう。

泡を流し終えたら、車を拭き上げます。車の水分が自然乾燥してしまう前に拭き上げましょう。水分が自然乾燥してしまうと汚れの原因となってしまうので、手早く拭き上げていきましょう。

見落としがちな拭き上げるところ

車を拭き上げるときはボディだけを拭いて完成というイメージを持っている方もいると思いますが、車のボディが拭き終わったら車の細かいところも拭き上げていきましょう。

ドアやトランク周りの拭き上げ

洗車後はドアやトランクの周りに水が付きます。そのためボディを拭き終わったらドアやトランクの周りに付いた水を拭き取りましょう。この辺りには水だけでなく泥が溜まっている場合があるので、その場合は拭き上げる前に汚れを落としてから拭き上げましょう。

ここに付いた水を拭くことで、洗車後にドアやトランクから水が垂れてくることを防ぎ、水垢などを防ぐことができます。

ドアノブやミラー付け根などの隙間

洗車時にドアノブなどの隙間に水が入ってしまい、その水が洗車後に垂れてきて水垢を作ってしまうことがあります。そのようなことを防ぐために隙間などの水はできるだけ取り除いておきましょう。

隙間に溜まった水は少し車を走らせるか、ドアを数回開け閉めすることでボディ表面に出てきます。そのようにして出てきた水を拭き取りましょう。またいつまでも水が出てくる場合は隙間に拭き取り用の布を数秒間当て、隙間に溜まった水を吸水してしまう方法も良いでしょう。

窓などの拭き残し

車の窓に拭き残しがあると非常に目立ち、車が汚く見えてしまいます。そのため、窓の拭き残しを避けるためには乾いた布で窓を拭くのが良い方法でしょう。またドアモールなどが付いた車の場合はモールで覆われているガラス面を拭き忘れがちです。ここを拭き取る場合は窓を少し下げ、ガラス面を拭き取れる状態にしてから拭き上げましょう。

窓を下げて拭き終えたら、窓を完全に上げてからもう一度窓を拭きましょう。もう一度窓を拭くのは、洗車後に窓を下げると下がった部分が濡れてしまうためです。窓に拭き残しを作らないようにすることで車内から見ても綺麗に仕上がったと感じる仕上がりになります。

洗車しても取れなかった汚れはどうする?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

カーシャンプーで洗っても汚れが落ちない場合があります。その場合は汚れの種類ごとに落とし方も変わってくるので、その汚れごとに対応していきましょう。

水垢などの汚れ

ドアやトランクなどに水が垂れた筋状の跡が残っている場合があります。これが水垢と呼ばれるもので、この汚れには水垢クリーナーを使うと良いでしょう。水垢クリーナーも様々なものがあり全塗装色対応のものもありますが、中にはボディ色で分けてあるものもあるので、水垢クリーナーを使用する場合は車の色にあったものを選びましょう。

専用のクリーナーで磨くときも力を入れずに磨きましょう。力を入れて磨いてしまうと車に傷をつける原因になってしまうので、優しく時間をかけて磨きましょう。

ボディ表面やガラス付いたウロコ状の汚れ

ボディやガラスにウロコ状の汚れが付いている場合、これはイオンデポジットやウォータースポットと呼ばれるもので水垢とは違います。このウロコ状の汚れを取るのも専用のクリーナーが販売されているので、専用のクリーナーで落としましょう。この汚れを落とすときも力を入れずに磨くことが大切です。

また専用のクリーナーはボディ用と窓用のものがあるので、ウォータースポットができている箇所に対応したクリーナーで磨きましょう。

コーティングしている車はどう洗う?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

コーティングをかけている車の場合はそのコーティング面を傷めないように洗車する必要があります。

コーティングがかかっている車の特徴として、汚れを落としやすい特徴があります。そのため基本的には水洗いで良いでしょう。中には水洗いで落ちない汚れがある場合があると思いますが、水洗いで落ちない汚れはカーシャンプーで洗うと良いでしょう。

中にはコーティングをお店で施工してもらった時に専用のクリーナーが付いてきた方もいると思います。その場合は水洗いで洗車した後に専用のクリーナーで汚れを落とすのが一番良い方法でしょう。専用のクリーナーを使用することでコーティング面を傷めることなく汚れを落とすことができます。

自分でコーティングをかけた車の洗車は?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

市販のコーティング剤には様々なものがあり、その商品ごとで寿命なども変わってきます。中にはシャンプーで洗ってしまうとコーティングも一緒に剥がれてくる場合があるので、その場合は水洗いで汚れを落とすか、カーシャンプーなどを使ってコーティングを一度落とし、洗車後にコーティングを再施工する方法のどちらかになります。

しかしこれはコーティングの種類によって変わってくるところなので、シャンプーをしたからといってコーティングを再施工しなければならないわけではありません。そのコーティング剤ごとで変わってくるので、使用しているコーティング剤に合った洗車を行いましょう。

一度洗った車を綺麗にし続ける方法は?

車を綺麗にした後は綺麗な状態をできるだけ長く保ちたいと考える方もいると思いますが、車は洗車作業と同時にワックスがけやコーティングを施工することで車を綺麗な状態に保ち続けることができます。

ワックスやコーティングというと施工が難しそうだったり、めんどくさそうなイメージがあるかもしれませんが、ワックスやコーティング剤には様々な種類がありコーティングも簡単に施工できるものがあるので、洗車と同時にワックスがけやコーティングの施工をすると良いでしょう。

ワックスやコーティングのメリット

ワックスやコーティングを施工すると車のボディに水分が残りにくくなるので、頑固な水垢の発生を防ぐことができます。また車のボディに付いた汚れなどが水によって流れ落ちやすくなるので、シャンプーで洗車しなくても水洗いで車を綺麗にすることができます。

その他にもワックスの油膜やコーティングの被膜によってボディが覆われるので、ボディにツヤを与えることができます。また洗車傷を覆い隠すことができるので、太陽の光に照らされても磨き傷が目立つことはありません。

ワックスやコーティングのデメリット

ワックスの場合は油膜を形成することで深いツヤを出すことができますが、油膜は落ちやすいため長時間ツヤや撥水性を保つことができません。そのためワックスは定期的にかけなければなりません。

コーティングはワックスよりも長持ちするものがありますが、その効果がどれぐらい持続するかはそのコーティング剤の成分などで変わってくるため、中には短い期間で落ちてしまうものもあります。そのようなコーティング剤は定期的にコーティングを再施工する必要があります。

またこれはワックスとコーティングのどちらにも言える問題ですが、ボディ表面に出来た水玉が太陽に照らされることでウォータースポットやイオンデポジットを発生させてしまいます。この汚れが発生してボディ表面にウロコ状の汚れを作ってしまい、落としにくい汚れを作ってしまいます。

しかしコーティング剤には親水性や疎水性と呼ばれるものがあり、この特徴を持ったコーティングの表面には水玉が出来にくいので、このような特徴を持ったコーティング剤を選べばウロコ状の汚れを防ぐことができます。

結局ワックスやコーティングは必要か?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

ワックスやコーティングにはメリットもあればデメリットもあり、施工するべきかどうか迷うところだと思います。しかしコーティング剤の種類によっては硬い被膜を形成することができるものがあり、この被膜が洗車傷を塗装面に直接付くのを防いでくれるためボディ表面を保護することができます。

できるだけボディ表面を守りたいと考えるのであればコーティングをした方が良いでしょう。

洗車に使うと良いグッズは?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

洗車用品には様々なものがあるので、洗車に何を使えばいいのか迷う方もいると思います。そこで今回は使用して良かったなど、評価の高い洗車用品を紹介します。

拭き取りはこれで完璧!オススメのマイクロファイバー

水の拭き取りなどで使用する布はマイクロファイバーを使用するのが良いでしょう。マイクロファイバーにも様々なものがありますが、その中でもおすすめなのは「Vacplus ふんわりタッチ マイクロファイバークロス」です。この商品は吸水性がよく、生地も柔らかいので車のボディに洗車傷を付けにくいです。またこの商品は3枚セットになっているので、ボディ用、車内用などに分けて使用することができます。レビューでも良い評価が多いのでオススメです。

普通の洗車にオススメのカーシャンプーは?

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

カーシャンプーも様々なものがありますが、ひどく汚れていなければ強力なカーシャンプーは必要ないです。普段の洗車に使いたいカーシャンプーででオススメなのは「プロスタッフ カーシャンプー2.5L」がオススメです。

容量がたっぷり入っていて、このシャンプーを水で薄めて使うので、これ1本で何回も洗車が可能です。また値段も安いので経済的です。シャンプーの中にはコンパウンドと呼ばれる研磨剤が入っていないため、ボディ面にも優しいシャンプーなので、普段の洗車にオススメのシャンプーです。

頑固な水垢が落ちる洗剤は?

長い間洗車していなくて水垢がしっかり付いてしまっている車には専用の水垢クリーナーを使用して水垢を落とす必要があります。そこででオススメなのが「RINREI(リンレイ) ボディークリーナー NEW水アカ一発!」です。

この洗剤は水垢のついている部分を洗剤の付いたスポンジで塗り伸ばして拭き上げると水垢が落ちるので、カーシャンプーで落ちなかった水垢などに使うと良いでしょう。またこの洗剤はワックスがけも同時に行うことができるので、作業後は綺麗になるだけでなくワックスの効果で汚れが付きにくくなるのでオススメです。ホワイト車用とダーク・メタリック車用の2種類があるので車の色に合わせて選びましょう。

ダーク、メタリック車用はこちら↓

手軽にできるコーティング剤でおすすめは?

洗車後の綺麗なボディにコーティングをすることで、汚れにくい車にすることができるので洗車後にはコーティングをすると良いでしょう。コーティング剤は様々なものがあるので、自分に合ったコーティング剤を使用するのが一番良い方法ですが、洗車後にコーティングするのであれば「プロスタッフ コーティング剤 CCウォーターゴールド」がおすすめです。

このコーティング剤は洗車後の濡れたボディにスプレーして拭き上げるだけでコーティングを行うことができるので、洗車作業と同時にコーティングを施工することができます。施工方法が簡単で使用後の評価も高く、窓やダッシュボードにも使用可能なのでおすすめです。

正しい洗車で車を汚れから守る!

車の洗車の方法・洗車頻度目安・おすすめの洗剤/洗車用品

車には様々な汚れが付きます。そして汚れを放っておくと頑固な汚れとなってボディに残ってしまうので、汚れを落とすのが大変になってしまいます。また洗車する時も正しい方法で洗わなければ塗装面を痛めてしまいます。しかし正しい方法で洗車を行えばボディを痛めることなく車を綺麗にすることができ、汚れによる塗装面へのダメージを防ぐことができます。

正しい洗車方法も難しいものではないので、適切な時期に正しい洗車を行い、車をきちんとケアすることでいつも綺麗で使いやすい車にしましょう!

Related