Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月11日

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

みなさん日本の仕事を支える軽トラックのタイヤをカスタムしてみたいと思ってことはありませんか?その中でも、より軽トラックを魅力的にしてくれるオフロードタイヤやクロカンタイヤについてわかりやすく解説していくと共に、様々なカスタムについて紹介します。

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

軽トラ用タイヤサイズの紹介

みなさんも街中で一度は見たことがある小さい軽トラックのタイヤの詳しいご紹介やタイヤを少し変更して、カスタムしたりする楽しみ方などをわかりやすく解説していきます。ちなみに、軽トラックの標準タイヤサイズは「145R12 6PR LT」となっております。きっとあなたも軽トラックの魅力に惹きつけられるでしょう。

タイヤカスタム方法

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

次に軽トラックについてあるタイヤのカスタム方法を解説していきます。主にリフトアップとインチアップというのが流行っており、リフトアップは車高を大幅に上げて泥道や雪道を爽快に走れるようになります。インチアップというのは簡単に言えばホイールを大きくしてタイヤを小さくすることです。見た目がカッコよくなる、引き締まって車が見えるなど世間では大きく評判の的になっています。

リフトアップ

それでは早速ですが、軽トラックのリフトアップについてわかりやすく解説していきます。リフトアップは先ほどお伝えしたように、車高を上げることですがこの場合このカスタムと同時に、リフトアップに適したタイヤに交換する方が多く、タイヤのサイズを標準より大きくしてバイアスタイヤという雪道や泥道に適したオフロードタイヤに交換します。

リフトアップすることによりそのぶん大きなタイヤを装着可能になり、軽トラックの魅力がまた一段とアップするので、このカスタムが流行っていると言って良いでしょう。

インチアップ

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

次にもう一つにカスタムであるインチアップについて、こちらは車好きなら誰でも知っているほど評判のホイールサイズを上げることです。これにより、タイヤを横から見たときの幅が小さくなり簡単に言えばタイヤが小さくなるので、高速時の安定感が増すようになりますし、何と言っても見た目がカッコよく見えます。

インチアップによってタイヤも同時に購入しないといけないので、少し手間がかかりますが軽トラックがよりカッコよく、スポーティに見えるようになるでしょう。ですので、かなりおすすめのドレスアップと言って良いでしょう。

タイヤ交換方法

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

次に軽トラックのタイヤ交換の方法を簡単にご説明いたします。まずは軽トラックをジャッキスタンドなので、リフトアップしタイヤについている4つのボルトを取り外します。そして、装着してあるタイヤを外します。そのあと新しいタイヤを逆の手順で組み付けるだけです。

タイヤ交換すごく簡単な作業であり、ジャッキスタンドとタイヤを外すレンチさえあれば、女性の方でもタイヤ交換をすることが可能であり、カスタムするには一番優しくて一番見た目も変わるので人気なのでしょう。

目的別タイヤの紹介

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

一般の乗用車と違って軽トラックは目的別に様々なタイヤが用意されており、一般車両が装着しているラジアルタイヤも、もちろん履くことができます。

そして軽トラックは元々、田舎道などの農道や悪路を想定して設計されている車であり、この軽トラックにさらにオフロードに特化したタイヤを装着すればより走行性能のアップが見込めますし、タイヤ一つで大きく車が変化します。

オフロード用

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

軽トラックの標準タイヤは現在ラジアルタイヤとなっており、街中を優先したタイヤが標準になっております。その中でより農道や悪路の走行性能を上げるため、バイアスタイヤというオフロードタイヤに変える方法が評判になっており、主にバイアスタイヤとは、ラジアルタイヤよりも丈夫な構造でオフロードに特化したタイヤとなっております。

しかもタイヤの溝もオフロードの走行性能を上げるため、複雑な溝になっており、オフロードでの走行を想定すれたタイヤと言って良いでしょう。

クロカン用

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

次にクロカンというオフロード車のように、車高を高く施したカスタム車のタイヤを解説していきます。ジムニーなどのようにタイヤの幅を大きくしたのがクロカン用のタイヤになり、とても縦幅が大きくなりますのでより車高も高くなります。簡単に言えば、オフロードタイヤの大きい版と思って頂けたらわかりやすいでしょう。

このタイヤのメリットは大きくなることでより泥道などで、スタックしにくくなり雪道などでも埋まることはないでしょう。ですので、オフロードの上に佇む極めて優秀なオフロードタイヤと言って良いでしょう。

4WD用タイヤはあるのか?

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

次に4WD用のタイヤはあるのかご説明いたします。ちなみに4WDとは四輪駆動のことを言い、簡単に言えば車についてある4つのタイヤが全て動こうとする方式です。ですので、泥道や雪道などでスタックしたり、埋まったりした時に4つのタイヤで動こうとするので抜け出すことがより容易になり、オフロードに適した方式になります。

4WD用のタイヤはありませんが、4WDの車両にオフロードタイヤやクロカン用のタイヤを装着すればより泥道や過酷な悪路、雪道を走破できるようになります。もし軽トラックをカスタムするなら、4WDの車両の購入をおすすめします。

軽トラ用タイヤの価格

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

気になる方もおられると思いますが、軽トラックの標準タイヤであれば軽自動車と同等と言って良いでしょう。おおよそ一本4000円程度です。

しかし上記でカスタムを用いたオフロードタイヤやクロカンタイヤはより高額なタイヤになると思って頂いて良いですが、高いタイヤなので高性能であり、より農道や過酷な雪道や泥道を走行する方にとっては魅力あるタイヤになることは間違いありません。ちなみにオフロードタイヤやクロカンタイヤは一本7000円程度します。

軽トラ用タイヤの空気圧

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

次に軽トラックのタイヤの空気圧についてわかりやすく解説していきます。主に軽トラックは、後ろの積み荷にたくさんの荷物を載せて走ることがよくあり、普通の軽自動車と比べて標準の空気圧は高めに設定されております。

空気圧については軽トラックの種類やタイヤの種類によって変わりますが、おおよそ2,3hPaほどです。ただ、これはおおよそでありますので、正しい空気圧を調べる場合は、運転席のドアを開けた部分に記載されたシールが貼っておりますので、そちらを見てみましょう。

軽トラ用タイヤのグッズ紹介

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

軽トラックの様々なカスタムの中で、おすすめなグッズをご紹介していきたいと思います。よくある質問に軽トラックに「アルミホイールは装着できるの」と疑問がありますが、簡単に言えばどのアルミホイールでも装着することが可能です。ただサイズのみ気をつけて購入すれば、容易に交換することが可能です。

アルミホイール

一番におすすめするのが、アルミホイールです。なぜ一番おすすめする方いうと、見た目が軽トラックをより魅力にしてくれるからであり、標準についているホイールよりも軽く燃費の向上が期待できます。

これと同時にアルミホイールにオフロードタイヤやクロカンタイヤを装着することも可能ですので、交換する際にアルミホイールを選択するのも良いかもしれません。他にもインチアップをアルミホイールで楽しむのも良いでしょう。より、軽トラックが引き締まって見えますし、思っていた以上に軽トラックを魅力的にしてくれるでしょう。

チェーン

次に、軽トラックのチェーンについてご紹介します。雪道走行をラジアルタイヤで走りために用意されているチェーンです。このチェーンは少しい手間がかかりますが雪道を容易の走行できるようになりますし、何と言っても雪道タイヤを購入するよりはるかに安くすみます。

冬でもたまにしか雪は積もらない地域にお住まいの方におすすめです。

軽トラックも手軽にカスタムできる!

軽トラ用タイヤ紹介|サイズ/カスタムと交換方法/価格など

このように軽トラックであっても、普通の乗用車と同じようにカスタムできますし、軽トラックの魅力であるオフロード性能をより、タイヤのカスタムで幅を広げることができます。ですので、もし軽トラックを所持している方がいたら、オフロードタイヤやクロカン仕様にして楽しむのも良いでしょう。

Related