Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

ハイエースの盗難は毎年ワーストトップレベルで、ハイエースを狙った窃盗団のニュースを見かけることも多いです。ハイエースばかりなぜ盗難されやすいのか?盗難されやすい理由や盗難に遭わないための便利な盗難防止グッズなど、ハイエースを所有している方は必見です。

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

なぜハイエースが盗難被害にあうのか?

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

盗難されやすいクルマで必ずと言っていいほど名前が挙がるハイエースですが、何故ハイエースばかり盗難にあうのでしょうか。販売台数が多いことも一因でしょう。街中で見かける商業用のバンなどは、大体がトヨタのハイエースや日産のNVという事でも一目瞭然で、人気の高い車だという事も原因の1つでしょう。

また、世界で共通する「トヨタ」というブランドにも要因があります。海外でベンツやBMWなどと並んでトヨタの車が走っているのをよく見かけるはずですが、それだけ世界全国で人気があるトヨタ車だからという事もあります。

ハイエース盗難手口

「ハイエースを盗難された」その後の盗難の行方を追ってみましょう。

ハイエースは窃盗団にとって“お金”が走っているようなもの、どこに停まっているか、何時に車が帰って来るのか、ちゃんと下見されリサーチされています。最新の盗難防止装置が付いていても、窃盗団も最新突破方法を心得ていてイモビライザー(自動車盗難システム)が装備されていても、その車種に合わせたイモビカッターが作られ簡単にエンジンをかけることが出来てしまいます。

ドアのカギの開錠は、リモコンタイプなら電波を盗難傍受されて簡単に開錠されたり、プロのカギ開錠屋さんが使用するような、ドアキーオープン工具を使用することも、また、ドアのウインドウを割って開錠するケースもあります。

盗んだハイエースは、すぐに解体され部品としてコンテナなどに詰め込まれあっという間に海外に輸出されます。海外に到着したハイエースは、部品として売買される場合や、組み立てられて車両として再利用される場合があります。

ハイエースの盗難率

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

ハイエースの盗難率は、日本損害保険協会の調査では2007年から7年連続ワースト1位の盗難件数が発生しました。2014年からイモビライザーが全車標準装備されたことから少し減りましたが、過去3年の最新調査でもプリウスに続きワースト2位になっています。

2014年11月の調査では、ワースト2位で全国372件の盗難の内ハイエースは40台の10.8%、
2015年11月の調査では、ワースト2位で全国312件の盗難の内ハイエースは55台17.6%、
2016年11月の調査では、ワースト2位で全国300件の盗難の内ハイエースは43台14.3%
となっています。

ちなみに、イモビライザーが搭載される前の件数は2013年11月調査で148台も盗難されていました。

ハイエースが盗難される理由

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

ハイエースが盗難される理由はいくつか考えられます。盗難されてしまう理由をいくつかあげてみましょう。

①世界全国180か国以上で利用されている事で販売台数が多く、盗難後も足がつき辛く取扱い国が多いので容易に転売出来てしまう。

②耐久性が優れたクルマだけに、古くて多走行でも利用価値がある。

③凡庸性のある部品が多く使われているので、部品としての価値も多く解体して部品として輸出されても、組立などの工程を扱える人が多い。

④荷物を沢山詰めるだけのスペースがある車だけに、発展途上国などでも需要が多く必要とされるクルマである。

⑤トヨタという世界で信頼されているブランドである。

ハイエース盗難防止対策

ハイエースには、トヨタ純正盗難対策も備わっています。標準装備のイモビライザー(電子キー照合システムにより、メーカー正規キー以外ではエンジン始動しないというシステム)が全車に装備されています。

但し、このイモビライザーもいくら最新になったとしてもイモビカットと呼ばれる解除装置が出来てしまうため、まるで「イタチごっこ」で、完璧な盗難防止にはなりません。トヨタでは、オプションでも盗難対策の為に、オートアラームや、セルフパワーサイレン付のオートアラームセットなどの設定も出来るようになっています。

但し、これらも電波キーでの操作等で電波傍受の可能性も有る為、盗難防止完ぺきとは言えません。

ハンドルロック

電子盗難防止システムに比べ、アナログタイプの盗難防止の原点に近いハンドルロックは、盗難防止に効果的です。やはり、何事も原点に返れと言われることも良くありますが、このハンドルロックは、2点式1点式タイプがあり、1点式は力を加えれば抜けてしまう可能性も有りますが、2点式は力任せに外そうとしても抜けることはありません。

エアバックの上から抑えるタイプなので、ハンドル事外すことも困難で、ハンドルロックが付いていることが分かると、外すだけでも時間が掛かり手間取ってしまう為、窃盗団は盗難をあきらめる場合が多いのです。

同じアナログ式ですが、カーカバーという防止も効果的です。カバーを外すのに時間が掛かるし、カバーを外す際にガサガサ音がしてしまい、盗難にバレてしまう場合があるので、窃盗団からはカバーがしてある車も盗難対象外になるでしょう。

車盗難防止 超強力 ハンドルロック/クラブツインフォーク/並行輸入

ハンドルをガッチリ固定できるので、盗難防止に効果絶大です。

キーシリンダーは単純な造りっぽいですが、とても目立つので視覚的な防犯効果に期待できそうです。本格的なカーセキュリティーと効果を比べることは出来ませんが、念のための保険としては安上がりだと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1URONQ6AUSQ... |

スマートキー

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

ハイエースのグレードの中には、スマートキーがオプションで装備できるものもあります。スマートキーシステムとは、現在のエコカーなど多く設定されているシステムで、スマートキー本体を持って車に近づけばセンサーが反応して、開錠やボタン1つでエンジンスタートが可能な便利なものです。

このスマートキーがあれば、鍵穴が無い場合が多いので開錠される心配がないと思ったら間違いです。この車ごとのスマートキーから発信される特定電波を傍受され、窃盗団はこの電波を利用し開錠、エンジンスタートと難なく簡単に盗難出来てしまうのです。

ショッピングモールや大型駐車場など、不特定多数の人や車がある場所で傍受されアッという間に盗難されてしまうという被害が多く発生しています。

ハイエース盗難被害保険金はどうなる?

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

「ハイエースが盗難されても、車両保険に入っているから全損対象で保険で次の車を」と思っている方も多いと思いますが、盗難された車の持ち主が、車両保険に加入してしていた台数が500台あったとしても、実際車両保険が全額払い戻されたのは、そのうち10%程度の50台位というのが現実です。

車両保険に加入していても、盗難全損扱いにならない場合があります。盗難での車両保険の支払い条件は「無過失」であることです。「無過失」とは、ドライバーや所有者に過失が全くない場合のみなのです。

例えば、家の前について荷物を下ろしているほんの数分キーをしたまま離れた時の盗難では、所有者の過失扱いになり車両保険は支払われなかったり、エンジンをかけたまま家の忘れ物を取りに行っている隙に盗難されても、エンジンをかけたままでいた持ち主の過失となり、車両保険の支払いはされません。

ハイエース盗難画像・ニュースまとめ

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

いくら最新のイモビライザーを搭載したところでも、すぐにイモビカットなどが作られ盗難被害の減少が少ないハイエースですが、つい先日も神奈川県で楽器を大量に積んでいたハイエースの盗難事件が発生したばかりです。

神奈川県内では、今年に入って100件以上のハイエース盗難が発生していて、ハイエースばかりを狙った窃盗団の犯行である可能性が高いと言われています。また、2017年7月にも茨城県の窃盗団が逮捕されたばかりで、関東近県でハイエースばかりを狙い、136件の犯行を犯し被害総額2億1,250万円相当の車両やナンバープレートを盗んで転売していたことが発表されました。

2016年11月には、関東を中心にハイエースの盗難を繰り返していた窃盗団が逮捕され、被害数は100台以上被害総額1億円近いと言われ、ニュースなどでも窃盗団の仕業と多く取りだたされました。

盗難されないための対策を

ハイエース盗難|理由/手口・盗難防止対策・保険金

「世界に人気のハイエースだから盗難が多い」ことが良くわかりましたが、では指をくわえて盗難されるのを見ているだけでよいのでしょうか。盗難されても泣き寝入りは出来ません。盗難団のターゲットになっている場合は、やはりそれなりの所有者の対策も必要になります。

1日の乗り納めの時は、ハンドルロックをかけておくとか、エンジンをかけたままやドアを開錠にしたまま車から離れないなど、自分なりの盗難対策を日頃から行っておくべきでしょう。

中古車のオークションなどでもハイエースは外国人からとても人気があり、ハイエースなら例え年式が古くても、距離が過走行でも高額で取引されることが多いほど、人気がある車です。ハイエースは、商業車としてもとても人気がある車です。同じ位、盗難団からも人気と高い車だと言えます。所有者の方は用心には用心を重ね気を付けましょう。

Related