Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月28日

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

今回は、フロントガラスの油膜を取る方法をご紹介していき、これから油膜がつきにくい環境にフロントガラスにする方法なども別途ご紹介していくので、梅雨時期のギラギラするフロントガラスや、冬に曇ってしまうことの多いフロントガラスを予防する方法をご紹介していきます。

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

フロントガラス油膜の簡単な取り方紹介

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

今回は、車のフロントガラスについた油膜の取り方を紹介しますので、手軽にフロントガラスの油膜をとって見ましょう。

フロンドガラスに油膜が付いていると、ゴミが付着しやすくなり、ゴミが付着するとガラスは曇りやすくなり、原因の本質である「油膜の汚れを落としてしまうこと」が一番のおすすめな方法と言えるでしょう。

そのため、身近にあるものを使って、油膜を落とすことが簡単にできるので、どんなものがあるのかを一緒に見ていきましょう。

油膜汚れがフロンドガラスに着く原因や特徴をご紹介

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

油膜の取り方をご紹介する前に、なぜフロントガラスに油膜が付着したりするのかを、わかり安くご紹介していきます。

油膜が付着する原因を知ることができれば、油膜がフロントガラスにつく対策も同時にわかり、油膜がつきにくいフロントガラスにする方法が理解でき、対策もできるので一緒に見ていきましょう。

主に油膜とは、油の膜でもありますが、油と一緒にあらゆる小さいゴミが付着しています。
油がフロントガラスにつくことで、あらゆるゴミを付着させてしまうので、油膜がつきにくい環境をフロントガラスに施工してあげれば、あの梅雨時期などに多い「ギラギラや、すぐに曇るといった」問題を解決することができます。

車の排気ガスや油膜がフロントガラスに付着

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

油膜の一番の原因は、排気ガスに含まれている油分や微粒子のゴミです。この油分と微粒子のゴミが、フロントガラスの外側や、ウィンドウを開けて走る際に、内側に付着して、油膜汚れが発生します。

一度油分がついてしまうと取れることはなく、そこにあらゆる微粒子のゴミが付着し、さらに汚れがついていくという悪循環を辿ります。そのため、この油分をつかなくするために、油分を弾くコーティングをすれば、実質は油膜汚れが落ちなくなります。

そこで、これからご紹介していく方法で油膜を除去し、そのあとにコーティングを行うことで、長期間の間「油膜汚れをつかないようにすること」ができます。

ウィンドウを開けたときフロントガラスに油膜がついてしまう

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

もう一つ、油膜汚れがつく要因があり、車のウィンドウを開けたりすると、外の空気が入ってきて、その小さな微粒子によっては、油分が含まれていたりするので、それが原因でフロントガラスの内側が油膜汚れを起こす可能性が多い傾向にあります。

そして、この油膜汚れをティッシュなどで拭いてしまうとより、油膜が広がり、ギラつくことがあるので、このようなシュチュエーションになった場合は、これからご紹介していく方法で、油膜除去を行って、最後にガラス用のコーティング剤を施工しておけば、長期間の間「フロントガラスの油膜汚れを防ぐこと」ができます。

このメカニズムを知っておくことで、より長い間油膜がつきにくい環境を作ることができ、あなたなの梅雨時期のカーライフなどを快適にしてくれるでしょう。

フロントガラスの油膜除去におすすめな商品をご紹介

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

ここからは、油膜除去におすすめな商品を順番にご紹介していきます。

ウーロン茶

はじめにご紹介するのが、ご家庭でもよく飲まれる飲料である「ウーロン茶」が油膜を落としやすいと評判ですので、方法や油膜を取れる仕組みをご紹介していきます。

ウーロン茶を利用したフロントガラスの油膜の落とし方は、ティッシュや綺麗な雑巾などの綺麗な布などに、少量のウーロン茶を含ませて、そのままフロントガラスを拭き取ります。

ウーロン茶が油膜をなぜ落とすかというと、ウーロン茶には油を吸収して、閉じ込める作用があるため、油膜を吸収し、布製品にくっつくことができるので、効率よく油膜を取ることができます。

あまりにも頑固な油汚れには、油膜を吸収することができないため、ウーロン茶では綺麗にフロントガラスの油膜を取ることはできないことが多いですが、根気よく行えば油膜を取ることができますが、中々時間がかかる場合もあるので、この場合は、カー用品店で「油膜専用の取り剤」を購入して使用して見ましょう。

アルコール

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

次に「アルコール」を利用したフロントガラスの油膜の取り方をご紹介していきます。アルコール使った油膜除去の方法は、市販用の成分がアルコール以外に添加物の入っていないものがおすすめであり、添加物が入っていると、拭き取ったあとに乾燥すると、白い斑点が残ったりする可能性があるからです。

そのため、純度100%に近いアルコールを、ティッシュや布などに吹き付けて、フロントガラスの左側か右側のどちらから少しずつ移動していくように、吹いていくと綺麗に油膜を取ることができますので、おすすめな拭き取り方法と言えます。

そして、アルコールが油膜を取る原理ですが、アルコールが油を溶かす素質があり、油膜を拭き取ると同時に、消毒なども行えます。

しかし、一つ注意していただきたい点があり、アルコールの素質である物質を溶かす作用は、車の部品に使用されている「プラスチック製品や革製品」を溶かしてしまう可能性があり、少しだけなら問題はないのですが、長期間行うとひび割れたりする可能性があるので、フロントガラスのみに使用するように心がけましょう。

アルミホイル

アルミホイルを使った手軽なフロントガラスの油膜取り方法をご紹介していきます。アルミホイルを適量にとって、フロントガラスに対して優しく当てて、拭き取っていきます。

アルミホイルには、素質として油膜を擦ることで、摩擦力が働き油を浮かすことができますので、少しずつ油膜を除去していくことができます。

油膜があったり、汚れがある内は、擦るとザラザラする感じが伝わってきますが、油膜が取れてくると、サラサラした感じになっていきますので、工程の中で「サラサラになったら油膜が取れたという」ことになります。

そのあとに、綺麗な布やティッシュなどで、綺麗に拭き取れば、綺麗なフロントガラスに変化しますので、ぜひ実践してみましょう。

ガラスマジックリン

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

一般に販売されている一番身近な商品と言えば「マジックリンシリーズ」でしょう。その中でも「ガラスマジックリン」がおすすめであり、油膜取りの方法も簡単なため、フロントガラスの油膜取りの方法や仕組みをわかりやすくご紹介していきます。

綺麗なキッチンペーパーやティッシュなどに、ガラスマジックリンを含ませて、フロントガラスを拭いていきますが、この時にフロントガラスの左右両端を選んで、油膜を集めていく形で拭き取っていく方法が一番手軽に、時間のかからない方法と言えます。

そして、拭き取る際のキーポイントがあり、最後の仕上げに拭き取る布は「繊維が細かく、繊維のクズがつきにくい」ものを使用することをお勧めします。

例えば、ティッシュを利用すると、繊維の一部がフロントガラスに残るので、何度も拭いても繊維クズが残るという面倒な手間がかかるので、キッチンペーパーなどの繊維クズが落ちにくい商品を利用することをおすすめします。

新聞紙

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

次に、新聞紙を利用したフロントガラスの油膜除去方法をご紹介していきます。ご家庭にある確率がとても高い「新聞紙」なら、今すぐに車のフロントガラスの油膜取りを行えるので、手軽さで言えば一番と言えます。

新聞紙を利用したフロントガラスの油膜取りの方法ですが、新聞紙に少量の水を含ませて、フロントガラスを拭いていくと、油膜の成分を新聞紙に吸いつけることができるので、とても効率よく油膜をとっていくことができます。

この新聞紙で、フロントガラスの油膜を取る仕組みは、新聞紙のインクが油膜をなどの汚れを吸いつけて、新聞紙に吸い付けることができるので、効率よくフロントガラスの油膜を除去でるのでおすすめです。

メラミンスポンジは使用しないほうが良い

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

次にご紹介するのは、今ままでと少し違って、メラミンスポンジを利用したらフロントガラスの油膜除去が簡単という声があるので、本当はあまり使用しないほうが良い理由をわかりやすくご紹介していきます。

なぜ「メラミンスポンジ」を利用しないほうが良いのかというと、メラミンスポンジは、洗剤を使用しなくても良い理由に関係していて、メラミンスポンジには、ガラス繊維が含まれており、このガラス繊維が汚れを擦り落とし、頑固な汚れなども落とすことができます。

車のボディやフロントガラスに利用すると、このガラス繊維を擦り付けていることと一緒なので、汚れを落とすことも可能ですが、同時に深い傷もつけかねないので、あまりおすすめをしません。

これによって、はじめはあまり気になりませんが、徐々にゴミが付着しやすくなったり、フロントガラスが曇りやすくなってしまいます。そのため、メラミンスポンジを利用するのではなく、普通のスポンジを車には使用しましょう。

エタノール

次にご紹介するのが、アルコールよりも少し濃度の高く、コストがかかるエタノールでの、フロントガラスの油膜取りや油膜が取れる仕組みをわかりやすくご紹介していきます。

フロントガラスの油膜を取る方法は、まず綺麗な布やティッシュなどを用意して、フロントガラスにエタノールを吹き付けるか、布に含ませるかを行って、フロントガラスの油膜を拭き取っていきます。

エタノールの利点は、揮発性が非常によく、拭き取るとすぐに乾くので水拭きで残りがちな、付着ゴミや水分の残りあとがないので、とても綺麗に拭き取ることができます。エタノールが油膜を取る仕組みは、水分と一緒に油膜を揮発させることができるためです。そして、油膜残りが起きにくいため、とても手軽に拭き取ることができます。

コンパウンド

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

次にご紹介するのが「コンパウンド」を使用した、車のフロントガラスの油膜除去方法や仕組みをご紹介していきます。

コンパウンドは、研磨剤であるため簡単に言えば、削って汚れを落とす仕組みなります。なので、コンパウンドを利用する際は、ガラス用や超微粒子のコンパウンドを利用して、車のフロントガラスを拭き取っていきましょう。

コンパウンドを利用したフロントガラスの油膜取りの方法は、ティッシュなどの何度も綺麗に拭き取れる物がおすすめで、少しずつフロントガラスかティッシュにコンパウンドを付けて、フロントガラスを拭いていきましょう。

そして、コンパウンドを利用して、拭き取ったらエタノールやアルコールなどの揮発性のある商品を利用して、綺麗に油膜残りを落とすことを行えば、とても綺麗に油膜を取ることができます。

パーツクリーナー

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

最後に車の整備にて、油汚れを強力に落とすことができる「パーツクリーナー」を利用したフロントガラスの油膜除去方法を詳しくご紹介していきます。

このパーツクリーナーは、エタノールやアルコールと同じように揮発性がとてもあるので、油膜を綺麗に落とすことができます。綺麗な布などを用意して、フロントガラスに対してパーツクリーナーを吹きかけて、布で拭き取っていく形になります。

油膜汚れを気化させると同時に、頑固な油膜汚れも浮かすことができるため、ものすごい油膜の除去には、この「パーツクリーナー」を強くお勧めします。

ただ、パーツクリーナーは、プラスチック製品やゴム製品、革製品などにダメージを与える素質もあるので、使用する際は、このような場所に垂れないようにしたり、吹き付けたりしないようにしましょう。

フロントガラス油膜除去のおすすめ洗剤を紹介

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

油膜除去に最適な潜在を厳選してご紹介します。

「クレ」パーツクリーナー

クレという、主に潤滑剤や石油系溶剤の商品を生産している会社の製品であり、油を落とす技術に関して、とてもよく研究しているので、同じ成分が記載されていても、配合率が違ったり、使っている成分がとても高品質であるため、クレのパーツクリーナーがおすすめです。

上記でご紹介したように、フロントガラスに吹き付けて使用するか、布などに吹き付けて使用すれば簡単に油膜汚れを落とすことができますので、手軽さという魅力があります。

鍵穴の洗浄のために購入。
鍵穴が渋くなりまわらなくなったので、以前「鍵穴のクスリ」と一緒に購入した際、
この商品だけで鍵穴の回り具合が解消されました。
この商品だけでもかなり使えると思います。その他にも自転車等気になるパーツにも使用しています。
色々な物に使えるので常備させておきたい商品です。
ただ、鍵穴対策にはしばらくしたらこの商品だけでは一時しのぎで長続きはせず
結局鍵穴のクスリを使用しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/KURE-%E5%91%89%E5%B7%A5%E6%A5%AD... |

「エリエール」除菌クリーナー

こちらの「エリエールの除菌クリーナー」を利用されば、すでにアルコールが含まれているので、この商品のみで、車のフロントガラスの油膜を取ることができます。

なので、車の中に常備しておけば、油膜が気になる際に、すぐに拭き取ることができ、他にも使用方法があり、手などの除菌などにも利用できますし、「お子さんがお菓子を食べた際に汚れを落とすこともできるので、用途がたくさんあり、とてもおすすめと言えます。

手軽に除菌出来るので気にいってます。除菌ティッシュの中では上位の除菌性能だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%8... |

ガラスマジックリン

次に、フロントガラスの油膜を除去するのにおすすめな商品が「ガラスマジックリン」です。

このガラスマジックリンは、マジックリンの中でもガラスに向いたマジックリンであり、成分の配合がガラス専用なので、根本的な油膜取りに向いた商品であるので吹き付けて、拭き取る毛で、綺麗にフロントガラスの油膜を取ることができます。

主成分を解説すると、アルコール類と界面活性剤が含まれているので、油膜を浮きあげさせて、気化させるという一番油膜を取ることができる配合をしておりますので、とてもおすすめです。

一度から拭きした方がよく落ちます。
液も激しくは落ちません。乾いた布でガラスを拭いたら綺麗に落ちました。
他のマジックリンは使用していますが、キッチンもガラスも花王さんの商品は優れものですね。一度お試しくださーい。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%8... |

ガラス用コンパウンド

こちらが「ガラス用コンパウンド」でおすすめな商品であり、超微粒子のコンパウンドとそのコンパウンドに適したクリーニングパッドが付属しており、とても相性がよく、綺麗にフロントガラスの油膜を除去することが可能です。

頑固な油膜汚れの場合は、この製品を利用することで、とても綺麗に油膜汚れを落とすことができ、このあとにガラス用のコーティングを行えば、長期間の間「フロントガラスの油膜汚れを防ぐ」ことが可能です。

キイロビンに比べ楽に落とせます!
フッ素系の撥水剤、親水剤もかなり楽に落とせます!
流す際の薬剤の落ちもサラサラ落ちます!!
これからはコレしか使いません!!
風呂場の鏡もコレ良いですよ!

出典: https://www.amazon.co.jp/SOFT99-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%... |

ウィンドウ専用「ピカピカレイン」

こちらが、油膜をとったあとにおすすめな「ガラス用のコーティング剤」になります。名称がピカピカレインという他にも、車用のコーティング剤も販売している、評判の高い製品となっております。

こちらの製品を施工しておくことで、油膜のつきにくいフロントガラスにコーティングしてくれると同時に、撥水効果も期待できるので、とてもおすすめなコーティング剤と言えます。

そのため、油膜汚れをご紹介してきましたが、油膜汚れを取ってから、このピカピカレインを利用することで、強力なコーティング皮膜を形成できるので、とてもおすすめです。油膜汚れを取らずに、このピカピカレインだけを利用するのは好ましくなく、しっかり下地を整えておくことで、コーティング剤がしっかりと形成されます。

3回目の購入です。この商品は本当に素晴らしい!撥水力は当然ですが、持続力が長いのでとてもいいです。青空駐車で、只今10ヶ月目ですがまだ撥水しています。ただワイパーの後が目立ってきたので新たに施工し直します。施工前の水垢、ウロコの除去は必須ですよ!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%8... |

フロントガラスを整えておこう!

フロントガラス油膜の様々な除去方法紹介・おすすめ洗剤紹介

今回は「フロントガラスの油膜の取り方」をご紹介してきましたが、油膜をよりつかない方法を行なっておくことで、長期間フロントガラスを油膜から守ることができる方法もありますので、ぜひこの油膜除去を行ってから、ガラスコーティングなどを行っておきましょう。

これによって、ただ油膜を取るだけでは、またある程度の期間が経ってしまうと、すぐに油膜汚れが目立つようになってしまい、梅雨時期の際にギラギラするようになってしまったり、冬時期にすぐに曇ってしまうフロントガラスになってしまいます。

旅先などであったなら、中々このような油膜を取る商品を持っていない可能性もあるので、あらかじめ、油膜のつきにくい環境にしておくことで、このような不便さを味わうことなく、快適なカーライフを送ることができます。

上記でご紹介した「除菌クリーナー」であれば、旅先でも利用できるので、ぜひ利用をお勧めします。

Related